クルドラ

レクサスUXのおすすめオプション7つを実際の購入者の声をもとにご紹介!

国産車のトップブランドとして、すっかり定着した感のあるレクサスですが、ご多分に漏れず最近の売れ筋はSUVであるようです。

2018年のレクサス販売実績トップ3の内、1位こそ高級セダンのLSが君臨するものの、2位3位にはそれぞれSUVのRXとNXが付けています。

その2車以外にもレクサスにはトップオブSUVのLXがありますが、2018年11月、ついに待望のコンパクトSUVが発売されました。

それがレクサスUXです。

コンパクトSUVクラスとはいえ、そこは天下のレクサスブランドです。

エクステリアからインテリア、快適から安全までその装備は正に全方位抜かりなしの仕立てとなっています。

今回はそのUXに設定されている選びきれない程のオプション品から、特に厳選したものをご紹介していきます。

メーカーオプションのおすすめは?

まずは新車購入時にしか選択の機会がないメーカーオプションを見ていきます。

定番のムーンルーフやルーフレールから、スマホのおくだけ充電などの便利装備まで様々な設定がありますが、やはりおすすめしたいのが安全関連の装備です。

全方位での安全性を目指すならモニター系の充実を

レクサスブランドだけにブレーキアシストやレーダークルーズコントロール等は標準装備となっていますが、そこへぜひ加えたいのがパノラミックビューモニターです。

車両の前後左右に搭載したカメラから取り込んだ映像を合成し、車両を上から見たような映像がディスプレイに表示されます。

コンパクトとはいえSUV、運転席から目視しにくい車両周囲の状況をリアルタイムで確認でき安全運転をサポートします。

またこの装備にはブラインドスポットモニターパーキングサポートブレーキもセットされているため、現在考えられる最先端の安全装備が揃います。

おそらくは数年の内にはこれら装備は、標準化していくことも考えられ、それに先立ち選択しておけば将来的にクルマの価値を高く維持していくことができるでしょう。

そこへ加えるならカラーヘッドアップディスプレイでしょうか。

運転中に気づく必要のある安全システムの状態や道路標識など、複数の情報をフロントウィンドへ見やすく示します。

高輝度表示の実現により、日中などの車外が明るい環境下でも十分な視認性を確保。

また、運転される方が変わられても、表示位置の調整はステアリングスイッチで行えます。

最新レクサスのアイコンたる三眼フルLEDヘッドランプ

視認性を高めることなら安全装備に分類されますが、三眼フルLEDヘッドランプも外せないオプションかも知れません。

フラッグシップクーペのLCにも通ずる眼光鋭い三眼ライトは、スピンドルグリルに次いで今後のレクサスブランドの新しい記号性を強調していくはずです。

ディーラーオプションも充実のレクサスブランド

次にディーラーオプションを見てきますが、なんとレクサスUXのオプションカタログは30ページ超となっており、エクステリアからインテリア、パフォーマンスパーツまでズラリと揃っています。

エクステリア関連では、かなり攻めたデザインとの声も聞かれるUXをさらに個性的に仕上げるアイテムが豊富に用意され、特にモデリスタブランドのエアロパーツを選択するとクールな印象のレクサスブランドも、ガラリとアグレッシブな表情に変わります。

プレミアムカーは目元が命!ヘッドランプガーニッシュでさらに個性派

その中でもルックスの印象をグッと変えてくれるのが、ヘッドランプガーニッシュではないでしょうか。

メーカーオプションの三眼ライトに合わせれば、その「隈取」風な形状はさらにレクサスLCを彷彿させてくれます。ドア、リヤコンビランプとのセット装着が特におすすめです。

レクサスの匠を感じるオーナメントモールは要注目

インテリア関連のオプションでは、オーナメントモールはいかがでしょうか。

これはいわゆる加飾パネルとなりますが、派手な外観とは一転、室内をシックな装い仕上げてくれます。

シルバー塗装のモールとなりますが、表面に最先端の特殊金属塗装を施し、金属の質感と上質な手触りを表現した、正にレクサスブランドを体現するオプションといえます。

合わせてカップホルダープレートも選択して頂きたいところです。

標準のカップホルダーの底部に設置するプレートですが、こちらも美しいアルミ加飾が施され、平凡なカップホルダーがプレミアムなイメージを放ってきます。

スポンサーリンク

コンパクトSUVには必携のラゲージBOX

レクサスUXのオーナーからウィークポイントとして挙げられることの多いラゲージスペースの小ささ。

コンパクトSUVという立ち位置からは、やむを得ないという見方もありますが、少しでもラゲージを有効に使いたいという方には、ラゲージBOXをおすすめします。

ラゲージ内に荷物を収める際、不定形なものや小物類はBOXに収めキッチリと仕分けをしておくことで、スペースを有効に利用できます。

実際に使用している方からは、未使用時や大きな物を積む際には、コンパクトに折りたためる点が評価されています。

レクサスオーナーならドライブレコーダーも純正品で

今やその必要性が社会的にも認知されつつあるドライブレコーダー

ぜひUXにも装着して頂きたい製品です。

カー用品店でも相当な数が揃うドライブレコーダーですが、もちろんレクサス純正オプションでも用意があります。

カメラ一体型タイプと別体型でスマホ連携タイプがあり、どちらもフルHD200万画素で記録できます。

機能としては社外品でも種類が豊富なため、同質なものもあるでしょう。

それでもレクサス純正用品には高い品質基準があり、何よりレクサスディーラーでの取り付け作業とその仕上げは、一般のカー用品店に比べ一日の長があるのではないでしょうか。

レクサスオーナーとなる方はぜひ純正品をお考えになられては?

以上、レクサスUXのおすすめオプションのご紹介でした。

オプション選択は後悔の無いように

オプションは購入時にしか付けられないものもあり、取捨選択に頭を悩ますところです。

カスタムパーツや内装オプションを充実させての魅力を引き立たせたいのは山々・・・とは言えいくらでも費用をかけるわけにもいかないですよね。そこで大切になってくるのが値引き額を把握することと愛車の下取り相場を調べて買い換え全体で損をしないことです。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>レクサスUXの値引き相場レポート!

UXを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

UXの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「かんたん車査定ガイドって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください
スポンサーリンク

メニュー