クルドラ

BMW3シリーズの値引き相場は?評価、評判をチェック!

エレガントでスポーティーな仕上がりで高級感あふれるBMW3シリーズ。

そんなBMW3シリーズの購入を考えている方が一番気になっているのが“どのくらい値引きが可能なのか”だと思います。

外車は値引きをしてもらえないのが一般的・・・

と言われたりもしますが、実際どうなのかというところを包み隠さず紹介していこうと思います!

値引きの相場・限界は?【2019年5月最新】

値引き額の限界をチェックしておくことはとても大切です。
もし、知らないで買ってしまうとかなりの金額を損することにもなりかねません・・・

BMW3シリーズの値引き相場はズバリ

車両本体 40万円
オプションを含む値引き44万円
が合格目標になります。

目だった安売りはしないが、現行モデルがモデルライフの末期を迎えているのでオプションやローン金利等で総合的な値引きは引き出しやすい状態です。

ちなみにこの目標金額は、月間自家用車、情報誌グーネット、ザ・マイカー、ベストカー、オートックワン、価格.com、みんカラ、管理人独自の聞き取りなどから値引き額の上位30%の平均で出しています。

なので平均点50点のテストで85点を取るイメージです。

もちろんグレードやオプションによっても差が出ますし、値引きが目標に届かない場合もありますので、その時は他のサービスをつけてもらうなどでがんばりましょう。

ライバル車種と競合させる

ライバル車種との競合で値引きを引き出すのにはメルセデスベンツ Cクラス、クラウン
などが効果的です。

これらの名前を出すことで、ディーラーの競争意識を煽り、値引きを引き出しましょう。

“どちらかというとメインで購入を検討しているはライバル車”と思わせられれば、気を変えるためにさらなる値引きを引き出せる場合もあります。

オプション値引き

オプションからの値引きも本体車両からの値引きと同じで大切です。
3シリーズはオプション値引きも普通にできますので粘って交渉を行い、実質的な高額値引きに繋げましょう。

具体的には20~25%程度を目標に交渉しましょう。

また、契約直前だけに通用するやり方ですが、「このオプションをサービスで付けてくれたら契約するよ」と言えば、ちょっとしたオプションなら付けてもらえることもあります。

具体的には
・自動防眩エクステリアミラー
・ホワイトターンシグナルライト
・クロームミラーキャップ
・フロアマット
・ドリンクホルダー

などがねらい目です。

もちろんサービスしてもらうものなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙うのがポイントです。

また、ハンコ、印鑑証明を用意しておくなどして本気度をアピールしましょう

 

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに、“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロです。

黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。

ですのでオススメのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。

「予算は○○万円なので、これ以上は出せない。でもこの予算内でオプションなどもサービスしてくれたら即決してもいい」

などと勝負を賭ける方法もあります。

ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。

値引きのコツ

値引きは粘り強く交渉することが大事です。

ミニの場合、最初は値引きなしと言われることが多く、粘って交渉しないと、できる値引きもしてくれないので結果的に損をすることになります。

ギリギリまで粘って交渉するようにしましょう。

また、決算期を狙うのも値引きの秘訣です。
■中間の決算期(8月下旬~9月末)
■年度末の決算期(1月~3月)
ノルマもありますので普段よりも値引きしてくれる確率が上がります。

納期はやや長め

1~3ヶ月程度の納期です。やや長めになっています。

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!


ディーラーイメージ
新しく車を買うときにはその販売店で今の愛車を下取りに出すことが一般的です。購入と売却をワンセットで行えるので手間もかからずにお得な気もしますが・・・

管理人
実はディーラー査定は安いことが多いってご存知でしたか?

理由は簡単。競合がいないからです。

なのでこの下取りで損をしている人がめちゃくちゃ多いんです。


営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です


管理人
と言われてもその金額が妥当なのか、安いのかプロでもないのにわかりませんよね。


しかし営業マンに言われるがままでは損をしてしまうことも…

下取り額を大幅にアップさせる方法


査定額イメージ図
同じ車でもどこに売るかで査定額は変わります。

下取りに出すときに損をすることなく、むしろ下取り額アップに成功した人に話を聞くとある共通点がありました!

答えは簡単です。複数の車買取店を競合させて愛車の買い取り相場を知っておく。

そうすればその査定額をディーラーにバシッと言うだけであっさり下取り額がアップします。

営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です(この金額で収まれば何十万と儲かるな)


あなた
他の買取店で90万円の査定をしてもらってます。これが見積書です。


営業マン
汗汗。では下取り100万でいかがでしょうか?


あなた
OKです。よし!やった!


これはうまくはまったパターンですが、もしダメでもその時は買取店で売ればいいだけの話なのであなたに損は全くありません。

しかし一軒一軒買取店を回るのは手間も時間もかかりすぎます。

そんなときに便利なのが一括査定サイト。複数の買取業者に出張査定してもらえるサービスです。

管理人
管理人がリサーチした結果、圧倒的に利用者が多かったのはかんたん車査定ガイド(無料)です


かんたん車査定ガイドが選ばれている理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・最大10社の買取店から最高査定額を選べる
・東証一部上場企業グループが運営
・電話がかかってくるのが面倒な人はメールだけで対応可能

↓かんたん車査定ガイド公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
無料の一括査定サービスを知らなかったがために、下取りで安く買いたたかれて 「あのとき買い取り査定しておけば・・・」 と後悔している人は多いです。 やったもん勝ちで、100%損をすることのないサービスですのでぜひ活用してください

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「かんたん車査定ガイドって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

スポンサーリンク

特徴は

日本で扱いやすいサイズで、シリーズの中では3シリーズが人気があります。BMWらしいドライビングの魅力やラグジュアリーさや同乗者の快適さ等トータルで考えると、3シリーズが最もバランスが取れています。

峠道やコーナーが多い道路でも、切れ込んで車体を内側に向ける事ができます。主力の320iはE90ではパワーが少なくて、峠の下りやロングドライブ専用になります。現行のF30の320iは低速域のトルクがあり、飛ばさないといけない人であれば十分なパワーです。

その代わりに低速に割り振った4気筒であるので、高回転域のフィーリングが悪いので揺れがありガラガラとしたエンジンonが目立ちます。内装がシンプルなので、高級感が足りないです。

スポーツカーからの移行組であれば遮音性や内装の高級感は満足できるが、高級車のセダンからの移行であるとそっけない感じがします。エンジンの選択肢が豊富で、ガソリン車は320iと328iと335iから選べます。

評判、評価は?

排気量がダウンしているので、鈍重な走りになっていると思われるが心配は不要です。加速は十分で1.5tを超えた重い車体でも十分で、通常の走行では過不足ない走りができます。ガソリンの方が回転数が高い事と低速トルクがディーゼルに比べると弱いので、踏んだ時の伸びはディーゼルより良いです。

足回りはがっちりとしていて、ボディの剛性がかなり高いです。ドライバーにロードインフォメーションを伝えてくれて、アウトバーンを安心して飛ばしてくれます。

コーナリングは小さいロールを発生しながら、スムーズに曲がってくれます。がっちりとしたボディとエンジンで足回りのバランスが絶妙で、スポーツカーのような走りを感じられます。

日常的にはパワー不足を感じる事はないが、上り坂では少し物足りなさを感じます。318iはしっかりと踏み込んだ時にタイムラグが発生してしまうが、普段の街乗りでは感じないです。追い抜きをする時にはパワー不足を感じてしまうが、このくらいなので3気筒のデメリットを感じないです。

安全装備は?

衝突回避と被害軽減ブレーキで、事前に前方車両の衝突を回避してくれます。ドライビング・アシストは、ルームミラーに内臓されているカメラによって全方を監視して危険を感知しるとドライバーに警告してくれます。

歩行者検知機能によって、歩行者に対しても接近報告をしてくれます。BMW SOSコールで事故を発生すると、車両の通信機能を介してSOS コールセンターに接続して救急や消防に緊急に手配する事ができます。

搭載されていない機能は、後方に障害物があっても感知しないので回避ができません。

収納スペースは?

トランクルームは、リアの窓ガラスが開くのでトランクルームを開けなくても荷物が取り出せます。しかし慣れるまでに多少時間がかかるので、最初は使いにくいです。後部座席は倒せるので、かなり荷物は入ります。

トランクルームの下にも収納スペースがあり、スペアタイヤ等が収納出来て便利です。助手席側の壁には、網とフックとゴムバンドがあり小物が収納できます。荷物カバーになるものか分からないがあるので、上下に仕切りを作る事ができます。

荷室と住居空間を仕切る事もできる網もあるので、荷室の荷物が走行している時に飛んでくるのを防げます。

飲み物や小さい荷物が収納できるスペースが、沢山あるので便利です。セレクターレバーの前には2個のカップホルダーがあり、ローラーとカバーを閉めると追加の収納サーフェイスとして使用できます。

フロントとドアの部分には、1リットルサイズまでのペットボルを収納する事もできます。
ストレージパッケージがあるので、収納スペースを広げる事が可能です。ストレージパッケージには12V電源ソケットが付いているので、携帯等を充電したり出来て便利です。荷物用フックも付いているので、紙袋等が掛けられます。

居住性・快適性は?

ドライバー中心にして設計されたコックピットは、8.8インチワイドディスプレイを装着していて使い勝手が良くなっています。スイッチは使い勝手の良い配置になっていて、初めて使用する人でも迷う事がないです。

ボディが大きいので、室内空間が広くなっていてゆったりと座れます。シートは前席リクライニングが出来て、足を伸ばして座ったり最後まで倒すと横になって寝転がる事もできます。インテリアに使用されているパーツには、レザーとウッドとアルミニウム等マテリアにこだわっています。

室内の装飾はカラーがツートンで、お洒落なデザインになっています。高さも高いので、頭上を気にする必要がないです。

走行性能・エンジン性能は?

エンジンが6種類から選ぶ事が出来て、基本モデルは320iのターボ4気筒エンジンでも充分に勢いがあります。上位モデルは、335iのターボ6気筒エンジンであると万能です。

8段階のトランスミッションの動きがスムーズになっていて、6段階のマニュアルも選択できます。3シリーズは基本モデルでも燃費が良く、ターボディーゼルは328dのセダンは1番燃費が良いです。乗り心地が良く操作性に優れていて、ハンドリングは優れています。ブレーキングもパワフルで、ステアリングは現在のものでも評価が高いです。

エンジン・オート・スタート・ストップ機能やブレーキ・エネルギー回生システムを採用しているので、環境性能とパフォーマンスを両立させています。

効率とパワーを両立していて、180kwでトルクは350Nmで0-100km/hは6.1秒になります。燃費は30%アップしていて、最高出力も13%アップしています。排出ガスも低排出ガスレベル75%で、低減レベルです。

優れているところは

エクステリアは精悍なマスクと流れるようなフォルムが美しく、どこから見ても穴がないスタイルです。インテリアは使いやすい配置にされていて、シートはフィット感があり座り心地が良いです。

走行性能は高速運転が楽で、長時間乗っていても疲れにくいです。燃費は坂道の多い道でも10そこそこで走れるので、高速道路での安定感も抜群ですが、日本の高速道路で走るには少しオーバースペック気味です。日本の交通としては燃費が少し日本車に比べると悪いかもしれいないが、ドイツでは燃費が良いです。

駆け抜ける走行なので運転がしやすく、ストレスなく走行ができます。ハンドルとアクセルとブレ―が全て自然で、運転者の意思を受け取ってくれます。

サスペンション等の足回りの設定が、路面情報がドライバーに逐一フィードバックされています。ハンドリングは、切った量だけ反応してくれるので操る喜びを感じます。ワイディングロード等で少し元気気味に走ると、コーナーでは這いつくばって曲がる感覚になるので気持ち良く走れます。

物足りないところは

剛性が高くて路面の状況を拾っていないので、段差を乗り越えると一発で減衰してくれないです。一般道では気にならないが、高速道路では少し速度を上げると顕著になります。

摩耗しやすいブレーキパッドを使用しているので、1週間乗るとホイールが真っ黒で週1回の洗車でも間に合わないです。操作感が悪く前後左右に回転するのに操作するダイヤル式は、非常に使いずらいです。

押しても反応しない事が多く、ボタンが押しずらくなっています。ナビの情報が少ないので、目的地や番号電話では検索が出てこないので住所から入力しないといけないです。

ブレーキダストが悪く、摩耗しやすいブレーキパッドを使用しています。このため直ぐに真っ黒になってしまい、週1回の清掃でも間に合わないくらいです。
低ダストタイプのブレーキパッドに交換すると、改善する事ができます。長持ちするので、変えた方が良いです。

スカイラインとの比較

ライバル車種は日産のスカイラインで、最高出力が211psで最大トルクが35.7kg-mになっています。
BMW3シリーズは、グレードで異なるが320iの最高出力が184psで最大トルクが27.5kg-mで328iは最高出力が245psで35.7kg-mになっています。

スカイラインの動力性能は実用回転域の駆動力が重視されていて、アクセル操作に対する反応が機敏になるのが1,400rpm付近を上回ってからになっています。

3シリーズの320iは過給効果を抑えていて、体感的な動力性能は2.5リッタークラスであるが運転はしやすいです。

実燃費は?

燃費は13.5km/Lで、初代モデルから卓越した運動性能や高い安全性や快適な住居性能を追求しています。プレミアムコンパクトスポーツセダンというジャンルを確立していて、現行モデルのパワートレインは最高出力245ps/最大トルク350N・mを発生する2Lのツインパワーターボエンジンと8速ATとの組み合わせを組み合わせています。

ツインスクロールターボや高精度直噴技術等の独自の環境技術を採用しているので、スポーティなパワーフィールはそのままであるが低燃費を実現しています。

ダサい?デザインや内装は?


インパネは水平基調の機能的なデザインで、メーターやスイッチの配置がシンプルで使いやすいです。全体的に引き締まった印象で、車両との一体感が得やすいデザインです。

運転席はチルトステアリングの角度から見ても低めに座るタイプで、背もたれを立てて座面の前方の適度に持ち上げて両脇を引き締めるて深く座ると運転姿勢が決まります。後部座席は身長が高い人が乗っても、ゆったりと座れます。

開放感は乏しくて、着座位置が低めで腰が下がって膝は持ち上がります。シートのカラーはブラックとレッドの2色あり、引き締まって見えます。

スポンサーリンク

メニュー