クルドラ

アバルト595の値引き相場レポート!実販売データから合格ラインを算出!

最終更新日 2021/7/23

アバルト595の購入を考えている方が一番気になっているのが“どのくらい値引きが可能なのか”だと思います。

外車は値引きをしてもらえないのが一般的・・・

ではありますが、実際どうなのかというところを包み隠さず紹介していこうと思います!

値引きの相場・限界は?【2021年9月最新】

アバルト595の値引き相場はズバリ

車両本体 20万円
オプション値引き 15%

合格目標になります。

値引き難易度:普通      

販売開始から時間も経ち、徐々に値引きも緩んできています。

「スイフトスポーツの名前を出すと反応が良かった」

「車両本体からはダメだったけどオプション値引きを頑張ってもらった」

などの口コミが上がってきています。

管理人

ワンポイント


コロナ禍と半導体の供給不足のダブルパンチで中古車価格が高騰しています。
新車を売りたい販売店は大幅値下げで攻めてくる場合も。
下取り車の査定額も高くなっていますので買い替えのチャンスです。

"カーナビ無料装着"や"期間限定の低金利ローン"などのキャンペーンは誰でも付けてもらえるものなので、満足せずに本体値引きを狙うのが鉄則です!

ちなみにこの目標金額は、月間自家用車、情報誌グーネット、ザ・マイカー、ベストカー、オートックワン、価格.com、みんカラ、管理人独自の聞き取りなどから値引き額の上位30%の平均で出しています。

もちろんグレードやオプションによっても差が出ますし、値引きが目標に届かない場合もありますので、その時は他のサービスを付けてもらうなどで頑張りましょう。

ライバル車種と競合させる

ライバル車種との競合で値引きを引き出すのにはスイフトスポーツMINIクーパーマーチニスモSなどが効果的です。

これらの名前を出すことで、ディーラーの競争意識を煽り、値引きを引き出しましょう。

“どちらにするか本気で悩んでいる”と思わせられれば、気を変えるためにさらなる値引きを引き出せる場合もあります。

アバルト同士を競合させる

さらにアバルト同士競合させることも効果的です。

アバルトアバルトディーラーフィアットディーラーで売られていますので、行ける距離に複数ある場合は何か所も回ることで競合させられます。

「他店ではここまで値引きしてくれたよ」ということを伝えれば値引きが大きくなることが期待できます。

交渉にも使えますので見積書は必ずもらいましょう。

オプション値引き

オプションからの値引き本体車両からの値引きと同じで大切です。
アバルト595は本体値引きは厳しいですがオプション値引きは普通にできますので粘って交渉を行い、実質的な高額値引きに繋げましょう。

具体的には15~20%程度を目標に交渉しましょう。

また、契約直前だけに通用するやり方ですが、「このオプションをサービスで付けてくれたら契約するよ」と言えば、ちょっとしたオプションなら付けてもらえることもあります。

具体的には
・フロアマット
・サイドストライプ
・LEDナンバープレートナイトバルブ
・アディショナルLED
・アバルトサンシェード

などがねらい目です。

もちろんサービスしてもらうものなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙うのがポイントです。

また、ハンコ、印鑑証明を用意しておくなどして本気度をアピールしましょう。

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに、“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロです。

黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。

ですのでおすすめのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。

「予算は○○万円なので、これ以上は出せない。でもこの予算内でオプションなどもサービスしてくれたら即決してもいい」

などと勝負を賭ける方法もあります。

ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。

値引きのコツ

値引きは粘り強く交渉することが大事です。

アバルト595の場合、最初は値引きなしと言われることが多く、粘って交渉しないと、できる値引きもしてくれないので結果的に損をすることになります。

ギリギリまで粘って交渉するようにしましょう。

スポンサーリンク

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!


ディーラーイメージ
新しく車を買うときにはその販売店で今の愛車を下取りに出すことが一般的です。購入と売却をワンセットで行えるので手間もかからずにお得な気もしますが・・・

管理人
実はディーラー査定は安いことが多いってご存知でしたか?

理由は簡単。競合がいないからです。

なのでこの下取りで損をしている人がめちゃくちゃ多いんです。


営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です


管理人
と言われてもその金額が妥当なのか、安いのかプロでもないのにわかりませんよね。


しかし営業マンに言われるがままでは損をしてしまうことも…

下取り額を大幅にアップさせる方法


査定額イメージ図
同じ車でもどこに売るかで査定額は変わります。

下取りに出すときに損をすることなく、むしろ下取り額アップに成功した人に話を聞くとある共通点がありました!

答えは簡単です。複数の車買取店を競合させて愛車の買い取り相場を知っておく。

そうすればその査定額をディーラーにバシッと言うだけであっさり下取り額がアップします。

営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です(この金額で収まれば何十万と儲かるな)


あなた
他の買取店で90万円の査定をしてもらってます。これが見積書です。


営業マン
汗汗。では下取り100万でいかがでしょうか?


あなた
OKです。よし!やった!


これはうまくはまったパターンですが、もしダメでもその時は買取店で売ればいいだけの話なのであなたに損は全くありません。

しかし一軒一軒買取店を回るのは手間も時間もかかりすぎます。

そんなときに便利なのが一括査定サイト。複数の買取業者に出張査定してもらえるサービスです。

管理人
管理人がリサーチした結果、圧倒的に利用者が多かったのはナビクル車査定(無料)です


ナビクル車査定が選ばれている理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・最大10社の買取店から最高査定額を選べる
・東証一部上場企業グループが運営
・電話がかかってくるのが面倒な人はメールだけで対応可能

↓ナビクル車査定の公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
無料の一括査定サービスを知らなかったがために、下取りで安く買いたたかれて 「あのとき買い取り査定しておけば・・・」 と後悔している人は多いです。 やったもん勝ちで、100%損をすることのないサービスですのでぜひ活用してください

アバルト595の魅力はココだ!

2021年初頭、イタリアFCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)と、プジョーシトロエンを擁するフランスグループPSAとが折半出資で合併し、世界第4位の自動車メーカー「ステランティス(STELLANTIS)」が誕生しました。

そのためFCA傘下だったアバルトは、現在ステランティス子会社ブランドになります。

そのアバルトの主力モデルが595ですが、ご存じのとおり595フィアット500高性能版といったモデル。小さな車体に1.4ℓ直4ターボ(145PS〜180PS)の高出力エンジンが与えられ、硬く締め上げられたサスペンションと大径のタイヤ&ホイールは、ベースのフィアット500とは真逆となる”走り”のキャラクターが与えられています。

サソリマークのアイコン車体のあちらこちらに散見され、アバルト595特別なクルマであることを感じさせます。

内外装とも”走り”を予感させるハード仕上げ

現在販売されているモデルは2017年マイナーチェンジを受けたモデルで、その際前後バンパーの形状が変更され、フロントライトLEDになっています。リアコンビネーションランプの変化がわかりやすく、デザインはドーナツ状になり真ん中はボディカラーの地肌が覗きます。

引用:https://www.abarth.jp/

そうしたディテールの変更はあるものの、全体のフォルム不変で一見してフィアット500の系譜であるのが分かります。ベースのフィアット500は先ごろ電動化された2代目モデルチェンジしましたが、今のところ日本への導入告知はなく、欧州でも現行モデルと併売されています。スパルタンなアバルト595電動化されるとは、すぐには考えられず現行型はまだまだ現役続行となりそうです。

インテリアフィアット500ベースではあるものの、その仕上げは辛口。スポーティーなヘッドレスト一体型シートは抜群にホールド性が高い反面、全体的に硬めなしつらえでクッション性は期待薄です。前後左右に振られてもガッチリと姿勢が保持できることを快適性より重視しているのは、あえてアバルトを選ぼうという方にとっては正解なのでしょう。

引用:https://www.webcg.net/

アバルト595には5速MTの他にATもありますが、こちらはATモード付5速シーケンシャルになっていて、シフトレバーの代わりに4つプッシュボタンでモードを切り替えます。ATモード自動変速でも走れますが、MTモードを選択しパドルシフトを使って変速をすべて自分でやるのが”らしい”かも?

豊富な特別仕様車が揃い選べる愉しさアリ

アバルト595には2021年現在でノーマルツーリズモコンペティツィオーネ3タイプありますが、ツーリズモにはシリーズ唯一のカブリオレモデルも設定されています。

オープンエアが愉しめるツーリズモC180PSトップユニットを積むコンペティツィオーネおすすめですが、アバルト595の特徴の一つにたくさんの特別仕様車が設定されてきたことがあります。

これまでも様々なモデルが販売されてきましたが、2月時点でもホームページ上には4つの特別仕様車がアップされています。アバルト595特装車中古車市場での人気が高く、モデルにより多少違いはありますが、台数限定なことも手伝ってか過去にも希少価値が出て新車と大差ない価格販売されてきたモデルもあります。

例えば今年1月14日受付開始した途端、アッと言う間に予約が締め切られた「アバルト695アンノデルトーロ」は、わずか20台限定モデル

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

先のことは不透明ですが新車購入を考えるときには、こうしたグレードをチョイスしておくことも長い目でみてお得になるかも知れません。

エッセエッセはカタログモデルにない設定も

もう少し余裕がありそうな特別仕様車では、昨年9月発売の「エッセエッセ(限定305台)」はいかがでしょうか。往年の同名モデルをオマージュしたホットハッチで、アクラポヴィッチマフラーコニダンパーサベルトシートなどブランドパーツでチューンされた刺激的な走りを堪能できます。

ベースになるのは現行アバルト595で最も馬力のあるコンペティツィオーネですが、エッセエッセだとカブリオレ(限定135台)も選択できます。標準カタログモデルではコンペティツィオーネカブリオレの設定がないので、その分希少性もあります。売り切れる前にぜひ!おすすめですよ!

引用:https://www.webcg.net/

以上、アバルト595値引相場レポートをお届けしました。

スポンサーリンク

メニュー