クルドラ

アウトランダー/PHEVの値引き相場レポート!【2022年6月最新】実際のデータから出た合格ラインは

最終更新日 2022/5/31

PHEVSUVという魅力的な組み合わせをいち早く市場へ投入したモデル。それが三菱アウトランダーです。

三菱の貴重なグローバルモデルとしてパジェロなき今、名実ともに旗艦モデルとなったアウトランダーですが、2020年末に約9年の時を経て待望のフルモデルチェンジアウトランダーとしては3代目PHEVとしては2代目になる新型プラットフォームからすべて刷新された三菱渾身1台です。

そんなNEWアウトランダー購入を考えている方が、一番気になっているのはどのくらい値引きが可能なのかでしょう。

この記事を読めばわかること

  1. アウトランダーの値引き交渉の効率的なやり方
  2. オプション値引きとオマケしてもらう方法
  3. ライバル車競合はRAV4とエクストレイルが効果的
  4. アウトランダー同士を競合させるコツ

特にこの辺りの情報を包み隠さずご紹介します!

どうしてこんな普通はわからないような情報が手に入るかというとそれには理由があって…

管理人
実は管理人の友達三菱自動車営業マンをしているので現場リアルな情報が入ってきます。

このページは《最新値引き情報》はもちろん《営業マンが困る値引き交渉のやり方》さらにはNEWアウトランダーおすすめポイントまでガッツリと伝授しますので最後まで是非お読みください!


値引きの相場、限界は?【2022年6月最新】

アウトランダー値引き相場はズバリ

交渉のレベル車両本体OP値引き
限界まで値引き交渉22万20%
ライバル車を出して交渉18万15%
特に交渉なし12万0~5%

限界目標

値引き難易度:やや緩い

昨年末発売ですが、値引きは意外なほど緩いです。

もっともジャンルとしては今、各社が力を入れているSUVセグメントなのでライバル車は多め。PHEVであることをウリCX-8フォレスターとは違います!といった様子のセールスさんもいるようですが、ガチライバルとなるRAV4 PHVだけでなく通常のハイブリッドモデルでも十分対抗馬になりますから、遠慮せずガンガンぶつけていきましょう。

もともと値引きには緩い体質三菱ディーラーなので好条件は十分狙えますよ。

「エクストレイル&CX-5と競合させて値引きが伸びた!」
「別資本の三菱系販売店で同士競合させて成功した」

などの口コミも上がってきています。

管理人

ワンポイント


コロナ禍で中古車価格が上がり、買取店が買取価格をアップ→新車ディーラーが下取り車の査定額を高くして対抗の図式になっているので買い替えのチャンス。

特に自社モノは高く下取る傾向にあるので買取店と競争させれば想定外に高く売れることも多いです。
プラスして本体値引きも忘れずにゲットしましょう。
"カーナビ無料装着"や"期間限定の低金利ローン"などのキャンペーンは誰でも付けてもらえるものなので、満足せずに本体値引きを狙うのが鉄則です!
ちなみにこの目標金額は、月間自家用車、情報誌グーネット、ベストカー、オートックワン、価格.com、みんカラ、管理人独自の聞き取りなどから値引き額の上位30%の平均で出しています。

もちろんグレードやオプションによっても差が出ますし、値引きが目標に届かない場合もありますので、その時は他のサービスを付けてもらうなどで頑張りましょう。

ライバル車と競合させるのが基本!

もうアウトランダーに決めてしまっている場合でも、値引きのためには他のクルマと迷っていることにするのは鉄板です。

管理人

三菱営業マン値引き勝負したくなるようなライバル車RAV4、エクストレイル、ハリアー、CX-8、フォレスターなどです。

これらのライバル車見積もりをあらかじめ取っておけば、営業マンにもより本気度が伝わります。ぜひ下記ライバル車クルドラ値引きレポートも一読を!

管理人

それぞれのクルマ良いところと悪いところがあるので

アウトランダーのココが気になる…」風を装えばバッチリ

欠点不満点に関しては下の記事も参考にしてください。

参考⇒後悔しないために確認しておきたい三菱アウトランダーの不満点6つ

アウトランダー同士を競合させれば大幅値引きも

ライバル車による競合でうまくいかなかったときは、アウトランダー同士競合させる方法も有力です。

但し、アウトランダーが販売されている三菱店であればどこでも同士競合ができるわけではなく、経営資本の異なるディーラー同士で競わせなければいけません。
見分け方は簡単で、例えば下の画像は三菱自動車HPの販売店検索画面ですが、〇〇三菱自動車販売㈱△△店などの〇〇の部分が違えば実際に別会社ですので同じアウトランダーでも違った値引きが引き出せます。

基本的には隣県まで足を伸ばせば、ほぼ別資本別会社で間違いありません。

購入者

三菱同士で競合させて値引きを拡大できた!

東京都 30代 男性
購入したグレード:P

値引き額:15万円(オプション値引き含む)
サービス:納車時ガソリン満タン
感想:RAV4 PHVが発売早々に受注停止となるほどの人気と知り、プラグインハイブリッド車に興味を持つようになりました。SUVはBMWなど輸入車以外だと他にはアウトランダーしかないため、おのずと乗り換え候補の第一号に。

新型スクープ画像が出回りはじめ、ルックス的にはRAV4より断然好み。商談が開始できる時期にはもうアウトランダー一択でした。

意気揚々とディーラーへ出向いたものの、展示車もない中での商談は厳しく「今予約してくれるなら10万円」と一律価格のような提案。家からは少し離れたところにもう一件、三菱があるのを知っていたので別の日にそちらを突撃するも「予約なら10万」と判で押したような見積り。

さすがに出たての新型は交渉の余地なしか、、、と思いましたが偶然会社で付き合いのあるモーター屋さんがウチでも見積もれるとのことで、何気にお願いしました。後日もらった見積書には、値引き額の記載はまだなかったのですが一番気になったのは見積書のフォームが前にもらったディーラーと違うところ。よくよく調べるとモーター屋さん紹介のディーラーと家の近くのディーラーでは”違う三菱店“ということが判明。先の2軒同じ系列の店ということも知り、どうりで店構え条件その他が双子のように感じられたわけです。

紹介のディーラーで他店の内容を伝えると、最終的は”ご紹介割り“的なノリで5万円ほど安く買えることになりました。

隣県での購入となりましたが、クルマ通勤なので逆に点検などは便利かなと思いますし、出たての新型から10万オーバーなら大満足です!

オプション値引きはマスト

オプションからの値引き車両本体値引き同様、大切なポイントです。特に発売間もない新型車では、オプション値引きの方が額が大きくなることはよくある話しです。

アウトランダーの場合は選択用品価格の概ね20%程度目標交渉するようにしましょう。

また、契約直前のダメ押しに最後にこのオプションをサービスしてくれたら契約するよと言えば、ちょっとしたオプションなら付けてもらえることもあります。

具体的には

・エンジンフードエンブレム
・フューエルリッド
・オールウェザーマット
・ワンタッチサンシェード
・コンソールアクセントパネル
・ラゲッジトレイ
・エクシードバイザー
・ナンバープレートフレーム

などがねらい目です。

もちろんサービスなので、あまり贅沢は言わずに“取付け工賃が安い”ものを狙うのがポイントです。ハンコを用意しておくなどして本気度アピールしましょう。

管理人

どのオプションを付けるかまだ決めかねている方はこちらの記事を見てから決断してくださいね。

参考⇒アウトランダーのおすすめオプション5つとナビ、不要なオプションも実際の購入者の声をもとにご紹介!

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロです。黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。
ですのでオススメのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。
予算は○○万円なので、これ以上は1円も出せません。オプション品込みでこの予算内に収まるなら即決するよ
などと勝負を賭ける方法もあります。ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。

細かいサービスのオマケをお願いする

思うように値引きが引き出せなかった場合でも、契約直前が一番ワガママを聞いてくれるタイミングですから、

  • ・総支払金額からの端数切捨て
  • ・ボディーコーティング・メンテナンスパック
  • ・登録手数料のサービス・半額
  • ・納車時ガソリン満タン
  • ・ローンを組むなら金利の引き下げ


などはオマケでお願いするのを忘れないようにしましょう。



特にコーティングは、もともと半分がディーラーの利益なこと、納車前の汚れを落とさなくてよくなるのでサービスしてもらいやすいです。

また、任意保険の加入・切り替えの時期が近いなら、新車購入時にそのディーラーで加入することで、営業マンの成績アップになるので、その分値引きを上乗せしてもらえることもあります。

値引きが大きくなる時期を狙う

もし乗り換えるタイミングに余裕があるなら、期末セール在庫一掃的なセールに合わせ値引きを狙う方法もあります。
決算期も相場以上のビックリするような値引きもあり得ますので、タイミングを見計らって値引き交渉してみてもいいかもしれません。

■中間の決算期(8月下旬~9月末)
■年度末の決算期(1月3月
■夏のボーナス時期の6月7月
■冬ボーナス&年末商戦期の12月

 

納期は5か月以上

新型感染症による物流インフラの乱れと半導体不足などで、新車生産はどこのメーカーでも遅れがち。まっさらな新型であるアウトランダーも同様で、現在販売目標の約3倍という売行きと併せて納期は長めです。

既にグレードを問わず納期5か月以上とアナウンスされています。

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!


ディーラーイメージ
新しく車を買うときにはその販売店で今の愛車を下取りに出すことが一般的です。購入と売却をワンセットで行えるので手間もかからずにお得な気もしますが・・・

管理人
実はディーラー査定は安いことが多いってご存知でしたか?

理由は簡単。競合がいないからです。

なのでこの下取りで損をしている人がめちゃくちゃ多いんです。


営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です


管理人
と言われてもその金額が妥当なのか、安いのかプロでもないのにわかりませんよね。


しかし営業マンに言われるがままでは損をしてしまうことも…

下取り額を大幅にアップさせる方法


査定額イメージ図
同じ車でもどこに売るかで査定額は変わります。

下取りに出すときに損をすることなく、むしろ下取り額アップに成功した人に話を聞くとある共通点がありました!

答えは簡単です。複数の車買取店を競合させて愛車の買い取り相場を知っておく。

そうすればその査定額をディーラーにバシッと言うだけであっさり下取り額がアップします。

営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です(この金額で収まれば何十万と儲かるな)


あなた
他の買取店で90万円の査定をしてもらってます。これが見積書です。


営業マン
汗汗。では下取り100万でいかがでしょうか?


あなた
OKです。よし!やった!


これはうまくはまったパターンですが、もしダメでもその時は買取店で売ればいいだけの話なのであなたに損は全くありません。

しかし一軒一軒買取店を回るのは手間も時間もかかりすぎます。

そんなときに便利なのが一括査定サイト。複数の買取業者に出張査定してもらえるサービスです。

管理人
管理人がリサーチした結果、圧倒的に利用者が多かったのはナビクル車査定(無料)です


ナビクル車査定が選ばれている理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・最大10社の買取店から最高査定額を選べる
・東証一部上場企業グループが運営
・電話がかかってくるのが面倒な人はメールだけで対応可能

↓ナビクル車査定の公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
※査定額だけ確認してすぐに売らなくてもOKですよ!
管理人
無料の一括査定サービスを知らなかったがために、下取りで安く買いたたかれて 「あのとき買い取り査定しておけば・・・」 と後悔している人は多いです。 やったもん勝ちで、100%損をすることのないサービスですのでぜひ活用してください

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「ナビクルって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・中間コストがない直接取引
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)に査定を申し込む↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

スポンサーリンク
それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「ナビクルって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・中間コストがない直接取引
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)に査定を申し込む↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

アウトランダーの魅力はココだ!

引用:https://www.gqjapan.jp/

アウトランダーは現在の三菱自動車ラインナップの頂点に立つクロスオーバーSUVパジェロなどの実績で培った4WD技術を背景にタフなSUVとして人気を博していましたが、先代モデル途中からは電動化モデルとしての側面がクローズアップ。SUVとして世界初のPHEV(プラグインハイブリッド)が設定され、グローバルでは30万台近い販売台数を記録して世界一売れているPHEVの称号も手にしました。

そんな注目のアウトランダー2021年新型へとフルモデルチェンジ。商品コンセプトは”威風堂堂”とされ、旗艦モデルらしく環境性能に軸足を置いた電動化技術の更新。それをベースとした圧倒的な走行性能耐久性の実現、乗員を包む楽しく快適な空間の構築、存在感ある力強いスタイリングなど全方位において大幅な進化を達成しました。

日産・ルノー連合下での三菱第一号モデル

アウトランダーがこれまでの三菱車と根本的に違うのは、日産・ルノーとの協業開始後に初めて開発されたモデルとなることです。

2社と比べるとラインナップの持ち駒が少ないため仕方ありませんが、今回のアウトランダーはグループの最新アライアンス技術をフルに投入し開発することができました。とは言えアライアンスに基づくところは基本性能に関する箇所の共有と開発効率の向上であり、クルマそのものが持つ感性の部分三菱日産ルノーともに各々の個性を際立たせています。
アウトランダーではPHEV搭載による車両重量の増加や3列シートを前提としたフロア設計など、クルマの特性がプラットフォームにも反映されています。もちろん操縦安定性といった走りのチューニングは三菱独自の開発によるものです。

全方位で進化を遂げたアウトランダーは単なる3代目モデルというだけでなく、今後の三菱車の指針となり得る重要なクルマとして大きな期待を背負います。

サイズアップした”威風堂堂”のスタイリング

アウトランダーエクステリア先代より拡大されたボディサイズを生かし、すべてのディテールが調和したシンプルで上質なカタマリ感を実現。

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

高めにとられたボンネットフード前後フェンダーの筋肉質な張り出し、20インチ大径ホイールやサイド面の深いキャラクターラインなど正に”威風堂堂”といった造形に仕上がっています。中でも個性的なフロントマスクは、デリカD:5から始まった「ダイナミックシールド」コンセプトを採用。初期の頃には少々ドギツさが勝っていた新三菱顔も、eKクロスエクリプスクロスを経て今回のアウトランダーではかなりこなれた印象となりました。

特徴のあるヘッドライトデイライト及びウインカーを分割して上部へ配置し、ロービーム4灯、その下2灯ハイビームとしています。さらにその下にはフォグランプも全車標準装備で、すべてのライトの光源はLED化されています。

“三菱タッチ”で質感を大きく高めたインテリア

インテリア上質調和といったものを目指し「三菱タッチ」と呼ばれる3つの構成要素が策定されました。

引用:https://www.as-web.jp/

ひとつ目が”ソリッドタッチ”。主に操作系の見てわかる「はっきり感」、触れてわかる「しっかり感」を訴求、二つ目は12.3インチ液晶メーターやUIなど”ビジブルファンクショナリティ”の充実。三つ目は乗員に寄り添った心遣いを忍ばせる”おもてなし”という思想。これらをコンセプトとして追求し、上質な素材を適所へ配して高い質感を愉しめるインテリアが完成しました。

アウトランダーの特徴でもある3列目シート子供用、あるいは緊急用というサイズ感ではあるものの、今回クッション内に尻型のサポート材を使用。体圧を分散することで先代を上回る座り心地を実現しています。

ADASやコネクテッドサービスも一気に充実

プラットフォームが刷新されたことにより三菱版ADAS(先進運転支援システム)であるe-Assistもブラッシュアップ。既にeKシリーズなどへ搭載されているマイパイロットを新たに搭載。日産で言うところのプロパイロットに当たりますが、ACC(アクティブクルーズコントロール)とLKA(レーンキープアシスト)を統合制御したシステムで、速度標識認識やカーブ手前の車速調整などの機能も加わりました。

引用:https://response.jp/

その他新機能では三菱CONNECTと呼ぶコネクテッドサービスの展開も。SOSコールリモートエアコンセキュリティアラームなどのスマホ連携アプリの他、365日オペレーターが常駐する問い合わせサポートも用意。地図データソフトウェアのアップデートも通信で行われるので、いつでも最新のサービスが提供されます。

電動SUVのパイオニアとしてPHEV+4WDに一本化

アウトランダーパワーユニットはモデルチェンジに合わせ、PHEVに一本化。駆動方式も4WDのみになります。先代、あるいは海外に用意するガソリンモデルは、国内ラインナップからは無くなりました。これにより新型電動SUVとして更に個性が先鋭化し、ジャンルのパイオニアであることが強調されます。

システムの構成は先代同様に前輪駆動用に2.4ℓ直4DOHCエンジン+モーター後輪駆動用にはモーターという組み合わせ。注目は前・後モーターで、フロント用は最高出力が25kW向上し85kWに、リヤ用30kW向上した100kWをそれぞれ搭載。それでいながら制御ユニットモーターを一体として小型化し、これが寄与して今回はPHEVながら3列シートを成立させています。

引用:https://clicccar.com/

三菱伝統の4WDシステムは、前述のとおり前後輪ツインモーター式なので、それぞれ自由に駆動力が配分できます。前後をつなぐシャフトドライブ不要なため機械的なロスも少なく、立ち上がりから最大トルクを発生できるモーターならではの力強い加速が愉しめます。

アウトランダーのおすすめグレードは?

前項のとおりアウトランダーのパワーユニット、トレインは1種類グレード構成はシンプルに装備差3タイプが用意されます。
以下の通りとても分かりやすいグレード構成になっていて、各グレード間の価格差はざっと30万円ずつ離れています。標準装備品充実していることもあり、ボトムのMグレードでも普段使いには何の不便もないし、他グレード装備と比べることをしなければこれで十分なモデルと言えるでしょう。

しかしやはりグレード展開している以上、上位モデルとのも気になりますよね。
MからGグレードアップするとシートがファブリックから合皮のコンビネーションシートに変わり、運転席には電動パワー機構も付きます。ハンズフリーテールゲートロールサンシェードワイヤレス充電器など実用品から、流れるタイプウインカー20インチアルミといったドレスアップ関連も充実。今回新型のウリの一つである三菱CONNECT標準化されてきます。

価格に対するお買い得度は高く、例えばMメーカーオプション三菱CONNECT(含む他2点セット)とハンズフリーテールゲートを付けようと思えばそれだけで20万円オーバー価格差30万程度なので残り10万円弱20インチアルミ上級シート等が付いてくる計算です。なのでMメーカーオプションを付けるくらいなら、最初からGグレードお買い得となります。

価格以上の充実装備”Pグレード”がオススメ

この関係はトップグレードPGの関係でも同様です。

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

こちらもPに標準でGメーカーオプション設定されている本革シート(含む他1点セット)とBOSEプレミアムサウンドシステムの二つで35万円となるためグレード間の価格差を超えています。もちろんその他にもPグレードへはヘッドアップディスプレイ3ゾーン式オートエアコン助手席パワーシートなどが付き、別途有償にはなりますがツートーンボディカラーが選べるのもPだけです。

こうして見るとトップグレードP絶対額は高いものの、コスパNO.1でありオススメ度も比例して高くなります。話題の3列シートPには標準ですから。

一方、メーカーオプションに後ろ髪を引かれないという人には、Mグレード買い得感はとても高いと付け加えておきます。

アウトランダーのリセールバリューは?

引用:https://www.kurumaerabi.com/

まだ発売後数カ月にしかならない新型アウトランダーなので、中古車市場での相場形成はこれからと言ったところ。クロスオーバーSUVというジャンルは中古車市場でのウケはいいので、一般的な車種に比べれば残価率は高めと予想できます。

参考までに先代アウトランダー状況を見ると、3年落ちで概ね55~63%程度のリセールバリューとなっています。注目なのはPHEVよりもガソリンモデルの方がややリセールが良いこと。これは本体価格の違いもありますが、未だPHEV特殊なクルマ(自宅に充電設備が要る等々)とイメージする層が多いからかも知れません。現行の新型モデル全車PHEVだけになったので、今後の動向には興味深いものがあります。

とりあえず出たばかりのモデルなので、前項のオススメにも上げたトップグレードPなら年式が進んでも相対的価値は本体価格分残価も維持されるためリセールを視野に入れた新車購入なら無難な選択です。

ライバル比較:強力な好敵手トヨタRAV4 PHV

国産SUVかつPHEV車であるガチライバルと言えばトヨタRAV4 PHVしかありません。

引用:https://www.autocar.jp/

RAV4トヨタの誇る世界戦略車で現行モデルは2019年デビューの5代目となります。PHEVSUVとしてはアウトランダーが販売台数世界一ですが、シンプルに世界一売れているSUVは?と聞かれればそれはRAV4のことを指します。

5代目RAV4トヨタの新世代設計思想TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)がフルに投入され、従来のシティ派SUVからオフロード車の領域に踏み込むなど、コンセプトの転換まで図った渾身の一台2.0ℓガソリン2.5ℓハイブリッドが基本ラインナップですが、そこへ2020年プラグインハイブリッドRAV4 PHVが追加されました。

両車のクラス感はほぼ同等で、スリーサイズを見ると全長・全幅・全高ともにアウトランダーがやや大きく、その分車重RAV4 PHVを上回ります。価格は興味深くRAV4 PHV469万円539万円なのに対し、アウトランダー462万円532万円とかなり被る設定。これは後発アウトランダーが多少意識したのでしょうか。

引用:https://gazoo.com/

パワーユニットアウトランダー2.4ℓエンジン+F/Rモーターでしたが、RAV4 PHV2.5ℓエンジン+F/Rモーター。当然RAV4 PHVがエンジンはパワフルですし、フロントモーターも同様。但しリヤモーターアウトランダーが勝ります。PHEVシステムの気になる電費(EV航続可能距離)は、新型となりバッテリー容量先代より大幅に引き上げたアウトランダーでしたが、車重の関係もあるのかこちらもRAV4 PHVが優勢です。

ちなみトヨタは今後プラグインハイブリッド車を”PHV“から”PHEV“へと表記変更していくとの方針を示しており、将来的には「RAV4 PHEV」に変わるかも知れませんね。

アウトランダーのアピールポイントはココ

アウトランダー独自の美点ですが、メカニズム的には急速充電に対応していることでしょう。大まかな目安としては、40分かからない時間でおよそ80%の充電が完了します。RAV4 PHVだと仮に200V充電できたとしても満充電には5時間以上かかる計算なので、けっこうながあります。

引用:https://autoc-one.jp/

また3列シート仕様を持つのもアウトランダーの強み。前述のとおり確かに絶対寸法は大人長時間座るようなものではありませんが、普段は折りたたんで床下へ収納しておけば2列シート仕様と遜色のないラゲッジスペースを確保しておけます。あくまで”いざ”という時に物理的に7名乗車が可能かどうかがポイントなのです。

デビュー直後はあまりの人気にバッテリーの確保ができず、受注停止にまでなったRAV4 PHV(現在は受注再開済)とすべてが刷新された新型アウトランダー。強力なライバル同士の今後の動向が注目されます。

引用:https://www.webcg.net/

以上、三菱アウトランダー値引き相場レポートをお届けしました。

スポンサーリンク

メニュー