クルドラ

プリウスの【グレード別】値引き相場レポート!【2022年1月最新】体験談をもとに限界額を算出!

最終更新日 2022/1/5

先代の弱点でもあった乗り心地と静粛性と直進安定性が驚くほどの進化を遂げたプリウス。


そんなプリウスの購入を考えている方が一番気になっているのがどのくらい値引きが可能なのかだと思います。

そこで今回はプリウスの

  • ・値引きの相場・限界
  • ・商談・交渉のコツ
  • ・実際の購入者の口コミ

特にこの辺りの情報を包み隠さずご紹介します!

どうしてこんな普通は手に入らないようなリアルな情報を書けるかというとそれには理由があって…

管理人
実は管理人の友達がトヨタの営業マンをしているのです。

なので現場のリアルな情報が入ってきます。

営業マンが困る、値引き交渉のやり方】まで伝授しますので是非お読みください。

値引きの相場・限界は?【2022年1月最新】

プリウスの値引き相場はズバリ

車両本体 27万円
オプション値引き 25%

が合格目標になります。

値引き難易度:緩い

特に交渉なし:20万

22年後半のフルチェンまでは、ほぼ変わらずで推移するでしょう。

マイナーチェンジから時間が経ち、値引きも緩和傾向です。

「トヨタ系列店を全部回って値引きがアップ」

「インサイトと競合させると上手くいった」

などの口コミが上がってきています。

グレード別の値引き相場

グレード車両本体価格
(税込み)
値引き相場
(付属品含まず)
E259万7,000円〜19万円
S273万1,000円〜21万円
S
ツーリングセレクション
290万2,000円〜23万円
A300万4,000円〜28万円
A
ツーリングセレクション
317万1,000円〜33万円
Aプレミアム333万1,000円〜36万円
Aプレミアム
ツーリングセレクション
344万2,000円〜40万円
特別仕様車
Sセーフティプラス2(1番人気)
281万4,000円〜21万円
特別仕様車
Sツーリングセレクション
ブラックエディション
294万7,000円〜22万円
特別仕様車
Aツーリングセレクション
ブラックエディション
321万6,000円〜33万円
ちなみにこの目標金額は、月間自家用車、情報誌グーネット、ベストカー、オートックワン、価格.com、みんカラ、管理人独自の聞き取りなどから値引き額の上位30%の平均で出しています。

もちろんグレードやオプションによっても差が出ますし、値引きが目標に届かない場合もありますので、その時は他のサービスを付けてもらうなどで頑張りましょう。

 

管理人

ワンポイント


1月は新車販売店の稼働日数も少なく、時間がないのですんなり値引きが出やすいです。
「お年玉値引き」などいつも以上の条件をゲットしましょう。
コロナ禍で中古車価格が上がり、下取り車の査定額も高くなっているので買い替えのチャンスです。

"カーナビ無料装着"や"期間限定の低金利ローン"などのキャンペーンは誰でも付けてもらえるものなので、満足せずに本体値引きを狙うのが鉄則です!

ライバル車種と競合させる

プリウスとライバル車

ライバル車種との競合で値引きを引き出すのにはノートeパワー、オーラ、マツダ3などが効果的です。

これらの名前を出すことにより競争意識を煽り“どちらにするか本気で悩んでいる”と思わせられれば、気を変えるためにさらなる値引きを引き出せる場合もあります。

管理人

それぞれのクルマに良いところと悪いところがあるので

「プリウスの悪いところが気になる…」風を装えばばっちりです。

欠点、不満点に関しては下の記事を参考にしてください。

参考⇒買って後悔しないために知っておきたい!新型プリウスの不満点、欠点のまとめ

購入者

購入者:30代男性
値引き額:23万
グレード:Aプレミアム“ツーリングセレクション”

「ヴェゼルと競わせたら値引きがアップした」

プリウスの他にヴェゼルとインプレッサで競わせました。
まずは18万円出たのでもうひと押し欲しかったのでトヨタとホンダで競わせるとトヨタが大きく値引きしてくれたので契約。オプション値引き込みで26万を獲得できました!

プリウス同士を競合させる

ライバル車との競合でうまくいかなかった場合でも、プリウス同士を競合させることが切り札になります。

プリウスは全国のトヨタ4系列(トヨタ店、トヨペット店、カローラ店、ネッツ店)の販売店で売られていますので、その複数店舗を回り、「他店ではここまで値引きしてくれたよ」ということを伝えれば値引きが大きくなることが期待できます。どの販売店も自分のところで買ってくれないと利益になりませんからね。

カローラ店とネッツ店は値引きが大きくなりやすい傾向がありますのでその2点を軸に攻めてみましょう。

購入者

「プリウス同士を競合させて値引きが伸びた!」
40代 男性
購入したグレード:S
値引き額:25万円
サービス:メンテナンスパック
感想:家の近所のトヨタディーラー(カローラ店・ネッツ店・トヨペット店・トヨタ店)全部回って値引き交渉しました。

初回の見積もりでやる気を見せてくれたネッツとカローラに絞って2回目以降の交渉を継続。

最終ネッツで23万まで出たので、カローラで「これ以上出してくれるならこちらで契約します」とやったところ、
「25万まで値引きしますのでぜひお願いします。」と営業マンが言ってくれて迷わず契約してきました!
同士競合が上手くいって良かったです!

オプション値引き

オプションからの値引きも本体車両からの値引きと同じで大切です。

プリウスの場合はおおむね25%程度を目標に交渉するようにしましょう。

また、契約直前だけに通用するやり方ですが、「このオプションをサービスで付けてくれたら契約するよ」と言えば、ちょっとしたオプションなら付けてもらえることもあります。

具体的には

・トランクマット
・リヤアンダーミラー
・ガーニッシュセット
・ラゲージネット
・フロアマット
・サイドバイザー
・ラゲージソフトトレイ

などがねらい目です。

もちろんサービスしてもらうものなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙うのがポイントです。

また、ハンコを用意しておくなどして本気度をアピールしましょう

管理人

どのオプションを付けるかまだ決めかねている方はこちらの記事を見てから決断してくださいね。

参考⇒プリウス後期型の厳選おすすめオプション8種とナビはどれ?

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに、“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロです。

黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。

ですのでオススメのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。

「予算は○○万円なので、これ以上は出せないです。この予算内でオプションなどもサービスしてくれたら即決してもいいです」

などと勝負を賭ける方法もあります。

ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。

納期は長め

3~4か月の納期と長めです。

オプション次第ではさらに遅れることもあります。

上位グレードの「A」は増産が難しい高容量のリチウムイオン電池を搭載しているので長くかかります。

管理人

プリウスの詳しい納期情報と短縮するためのノウハウを知りたい方はこちらを見てください。

参考⇒プリウスの最新の納期情報と短縮する方法

今は買っても良いタイミング

 

マイナーチェンジからそう時間も経ち、この先しばらくは値引き額は大きくは変動しないでしょう。

TNGAモデルですし、モデルチェンジは22年後半の予想なので、今は買っても良いタイミングです。

スポンサーリンク

細かいサービスのオマケをお願いする

思うように値引きが引き出せなかった場合でも、契約直前が一番ワガママを聞いてくれるタイミングですから、

  • ・総支払金額からの端数切捨て
  • ・ボディーコーティング・メンテナンスパック
  • ・登録手数料のサービス・半額
  • ・納車時ガソリン満タン
  • ・ローンを組むなら金利の引き下げ


などはオマケでお願いするのを忘れないようにしましょう。



特にコーティングは、もともと半分がディーラーの利益なこと、納車前の汚れを落とさなくてよくなるのでサービスしてもらいやすいです。

また、任意保険の加入・切り替えの時期が近いなら、新車購入時にそのディーラーで加入することで、営業マンの成績アップになるので、その分値引きを上乗せしてもらえることもあります。

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!


ディーラーイメージ
新しく車を買うときにはその販売店で今の愛車を下取りに出すことが一般的です。購入と売却をワンセットで行えるので手間もかからずにお得な気もしますが・・・

管理人
実はディーラー査定は安いことが多いってご存知でしたか?

理由は簡単。競合がいないからです。

なのでこの下取りで損をしている人がめちゃくちゃ多いんです。


営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です


管理人
と言われてもその金額が妥当なのか、安いのかプロでもないのにわかりませんよね。


しかし営業マンに言われるがままでは損をしてしまうことも…

下取り額を大幅にアップさせる方法


査定額イメージ図
同じ車でもどこに売るかで査定額は変わります。

下取りに出すときに損をすることなく、むしろ下取り額アップに成功した人に話を聞くとある共通点がありました!

答えは簡単です。複数の車買取店を競合させて愛車の買い取り相場を知っておく。

そうすればその査定額をディーラーにバシッと言うだけであっさり下取り額がアップします。

営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です(この金額で収まれば何十万と儲かるな)


あなた
他の買取店で90万円の査定をしてもらってます。これが見積書です。


営業マン
汗汗。では下取り100万でいかがでしょうか?


あなた
OKです。よし!やった!


これはうまくはまったパターンですが、もしダメでもその時は買取店で売ればいいだけの話なのであなたに損は全くありません。

しかし一軒一軒買取店を回るのは手間も時間もかかりすぎます。

そんなときに便利なのが一括査定サイト。複数の買取業者に出張査定してもらえるサービスです。

管理人
管理人がリサーチした結果、圧倒的に利用者が多かったのはナビクル車査定(無料)です


ナビクル車査定が選ばれている理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・最大10社の買取店から最高査定額を選べる
・東証一部上場企業グループが運営
・電話がかかってくるのが面倒な人はメールだけで対応可能

↓ナビクル車査定の公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
※査定額だけ確認してすぐに売らなくてもOKですよ!
管理人
無料の一括査定サービスを知らなかったがために、下取りで安く買いたたかれて 「あのとき買い取り査定しておけば・・・」 と後悔している人は多いです。 やったもん勝ちで、100%損をすることのないサービスですのでぜひ活用してください

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「ナビクルって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・中間コストがない直接取引
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)に査定を申し込む↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

 

未来を見据えたクルマ

日本を代表するハイブリッドカーのシンボルで現在は4代目です。

内装、外装ともに未来的なデザインに進化しました。

 

また、強化ガラスを用いているので事故にも強く、車体の軽量化にも成功しています。

さらに、TNGAに基づいた次世代プラットフォームの採用により、車内が広くなっています。

バッテリーは主にハイエンドモデルでのリチウムイオンバッテリー、エントリーモデルでのニッケル水素バッテリーの使用の2種類あります。

評判、評価は?

prius01

購入者による評価は、走行性能、乗り心地、燃費の点が評価がとても高くて逆にエクステリア、エンジン性能、インテリア、最後に価格の点で低くなっています。

この評価が低くなっている点に関しましては、車内の内装と車の外観のデザイン、そして、収納サイズが大きく影響しています。

エクステリアに関して着目すると、こういった意見が聞こえます。
「ダサい。未来感がない。」
「前面は格好良いけど、横の面が格好悪い」
と、いった声です。

以上が、評価と評判になりますが、これはほんの一部なので、ここで買う買わないをオススメすることは、できません。

ベストグレードはSセーフティプラス(特別仕様車)

先進安全機能を絞って装備することで価格アップを標準グレードのSから約13万円まで抑えたモデルです。

トヨタセーフティセンスP、LEDフォグランプ。他にもSにはオプション設定されないインテリジェントクリアランスソナー、シンプルインテリジェントパーキングワイパー、オートワイパーなども装備されています。

内装の加飾もグレードアプします。

Aに付いている斜め後ろの車両検知、カラーアップディスプレイは付いていませんが、価格差(17万円)を考えると断然お得です。

コスパで選ぶならEグレード

プリウスをコスパで選ぶのであれば最低価格グレードであるEグレードが選択肢に入るでしょう。

40.8km/lとシリーズで最も燃費がよく、オプションとなりますが予防安全装備のToyota Safety Sense Pも装備可能です。

このグレードが低価格なのはヘッドアップディスプレイやフォグライト、IRカットガラスなどの省略などで、先進装備感はだいぶ低下してしまいますが、運転席と助手席は4ウェイシートに、リヤシートは6:4可倒式シートになっており通常の仕様に対して極端なデメリットは発生しないタイプとも言えます。

ただしリヤアームレストやシートバックポケットなどが非装備なので注意が必要です。色も4色のみとなっています。

リセールを考えて選ぶならAプレミアム“ツーリングセレクション”

リセールを考えてプリウスを選ぶのであれば最高価格のAプレミアム“ツーリングセレクション”がおすすめといえます。

燃費は37.2km/lでEグレード以外の上位グレードでは共通となっています。

こちらは本革シートが標準装備されており、リセールへのアピールは強いです。

また、パワーシートが簡略化され、本革シートが合成皮革シートになるAツーリングセレクションやパワーシートではない上質ファブリックシートとなるAグレードと価格とのバランスで検討すると良いでしょう。

Aグレード以上では、非常時給電システム付き1500Wアクセサリーコンセントの装備も利便性の面とリセールの面で強みと言えます。

さらに北国であれば4WDはリセールに大きなアピールポイントとなるでしょう。

安全装備は?

prius05

先進安全装備のトヨタセーフティセンスPがA以上のグレードに標準装備されています。

誤発進抑制機能が備わっているインテリジェントクリアランスソナーが同時装着されるのでサポカーS・ワイドに準拠します。

その反面、S、EはトヨタセーフティセンスPしかオプション設定されないので残念さがあります。

意外と今までに販売されていなかった「車線逸脱」が搭載されています。

周囲の車や人に近づいた時に音で知らせてくれる機能はよくあり、利用している方も多いと思いますが、「車線逸脱」とは道路上の白線(黄色い線も)を単眼カメラで認識してくれるため、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合に、ブザーとディスプレイ表示による警報でお知らせしてくれる機能です。

この機能が搭載されていることによって狭い道での運転や、街灯が少なくはっきりと車線が見えない時にも対応してくれるため事故を未然に防ぐことも可能になってきます。

オプションでの装備は多彩で、インテリジェントクリアランスソナー、シンプルインテリジェントパーキングアシスト、ITSConnect、ドライブスタートコントロール、ブラインドスポットモニター、S-VSC、ABS&ブレーキアシスト、回生ブレーキ、車両接近通報装置、自動防眩インナーミラー、緊急ブレーキシグナルがあります。

標準装備でないのが残念ですが、他社と比べても多くの優れた安全装備がありますので、オプションでも取り付けをオススメします。

収納スペースは?

prius06
車って後部座席やトランクルームに収納場所が多数…なんてものがほとんどでドライバーしか車に乗っていない時に、後ろにあるから必要な時に物が取れない、取りにくい、という事が良くありました。

ですが、プリウスは運転席周りのフロントシートにドリンクホルダーなどを含めた大きく分けて6つの収納スペースが確保されています。

そのため、今まで後部座席やトランクルームに収納していたものがドライバーの使いやすい位置に置くことができます。

また、助手席アッパーボックスがないのは少し残念ですが、代わりに大型コンソールボックスと照明付きのグローブボックスがあるので、物をしまうスペースには満足感を得られます。

居住性・快適性は?

全席がソファーのようなしっかりとした素材を使用している為ロングドライブでも疲れにくく、ドライバーはもちろん、乗った方みんなが自然な姿勢で快適に過ごせる空間になっています。

そしてなんといっても「ムーンルーフ」です。

室内に風と光を採り込むムーンルーフがついている為冷暖房で快適に過ごせるだけではなく、ロングドライブでも自然な風と光のおかげで車内の圧迫感や、息苦しさを感じづらくなりました。

「ちょっとそこまで」といった短距離な運転だけでなく、ロングドライブをする時でも「苦痛」を感じにくい快適性です。

走行性能・エンジン性能は?

「プリウス」といったら「静かな走行」と思い浮かぶ方がほとんどだと思いますが、新型プリウスも走行時の走行音がほとんどなく静かな走行になっています。

そしてなんといっても滑らかな走りが人気です。

ドライブモードが3つあり、自分の状況や同乗者の状況に合わせて「パワーモード」「エコドライブモード」「EVドライブモード」の3つのモードが選べるので、強い冷暖房が苦手な方や、揺れの気になる妊婦さん、住宅街や密集地に駐車場があったり、早朝や帰りの遅い方、ペットを同乗させるときにはとても助かる機能です。

優れているところは

優れている部分ですが、いくつか上げるとまず環境性能が優れています。

次に基本性能が総合的に高いです。
さらに事故率が低い=安全性が高いです。

 

さらにさらに、事故を起こさせないために、衝突を回避することができる「Toyota Safety Sense P」、「ITS Conect」というものを採用しています。

そして最後に、雪道などで安全に安定して走行できるという「E-Four」というものを開発し、電動4輪駆動に発展させました。

このようにプラスの部分が目立ちます。
prius02

ウイークポイントは

ウイークポイントは、車内のインテリアが安っぽいといった声があります。

確かに、キャビンに対するインテリアにはこだわりが強い人にとってはそう見えるのかもしれません。

また、足踏み式のパーキングブレーキも嫌な人がいます。(私もそうです。)

さらには、エンジンのバリエーションが少ないといった声です。

私的には車は乗れれば何でもいいので、そこまで贅沢を言わなくてもいいでしょうにと思います。

最後に、騒音対策が万全なので走行時に静かすぎて、歩行者に気づいてもらえずに逆に危ないといったものもあります。

驚きの実燃費

新型プリウスの燃費は驚異の40.8km/Lとなっています。

この数字は全ての車の中でトップとなっています。

実燃費でも37.0km/L以上を記録しているようで、先代他、他車をも遥かに上回る数字を記録しています。

しかし、この数字はエコ運転を行って記録した数字となっており、交通状況や走り方によっては20.0km/Lを下回ることもあるようです。

この数字では他車と対して開きは無く、驚く数字でもありません。

プリウスで燃費を向上させたい場合は、エコ運転が必須のようです。

ダサい?デザインや内装は?

prius03
新型プリウスの内装の評価はあまり高くはありません。

1番評価が低い場所はセンターコンソールとなっており、洗面台のようだと言う評価もあるようです。

プラスチックを使用しているので、安っぽく見えてしまうのは残念ですが、よく言えば清潔感がある設計になっています。

その他、シートデザインやドアパネルのデザインはセンスがあり、評価も高いです。

色の使い方にも基本は白を基調とされており、先進型で清潔感があります。

無駄なものが付いていない分、スッキリとした内装になっていますが、収納スペースが少ないことも少し評価を下げてしまっているようです。

2018年12月のマイナーチェンジでSのシート表皮がグレードダウンしてしまったのも残念です。
prius04

スポンサーリンク

メニュー