クルドラ

フリードのおすすめオプションは?後悔しないために本当に必要なオプションを調べてみた

フリードを購入しようとするとき、どうしても悩んでしまうのがオプション選び。

付けすぎると予算をオーバーしてしまいますし、ケチりすぎるとあとでやっぱり付けておけばよかった…と後悔することも。。

管理人
実は管理人は車関係の仕事をしていますので、フリードに乗っている方とお話しする機会もあるのです。

そこで、実際のフリード購入者の「生の声」を元に

  • ・必須のオプション
  • ・できれば付けておきたいオプション
  • ・必要そうだけど、実はいらないオプション

についてまとめました。

フリードで必須のオプション

Honda SENSING(¥110,700)


Honda SENSING(¥110,700)は標準装備されているグレードもありますが、低価格のGグレードにも装備可能となっており、衝突軽減ブレーキや誤発進抑制機能に加え、標識認識機能なども装備されるタイプで必須のオプションと言えます。

 

【Honda SENSINGの機能一覧】
・衝突軽減ブレーキ(CMBS)
・歩行者事故低減ステアリング
・ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)
・LKAS(車線維持支援システム)
・路外逸脱抑制機能
・誤発信抑制機能
・先行車発信お知らせ機能
・標識認識機能

安全面で絶対付けたいi-サイドエアバッグシステム・サイドカーテンエアバッグシステム


1列目シート用i-サイドエアバッグシステムとサイドカーテンエアバッグシステムも同じくGグレードにも装備可能となっておりHonda SENSINGとのセット装着ではありませんがこれも必須の装備です。

近年は安全機能が充実してきましたが、それでも全部の接触事故を防ぐことはできません。

車は特に側面からの衝突に弱く、最悪即死までありますからサイドエアバッグは絶対付けましょう。

運転のサポートをしてくれるマルチインフォメーションディスプレイ


マルチインフォメーションディスプレイはタイヤの角度や燃費、外気温などの情報が表示され、快適な運転をサポートする装備で、Gグレードには装備されていませんがぜひ装備したいところです。

車内を少しでも快適にするためにCパッケージ(¥49,800)


特に女性人気の高いCパッケージ(¥49,800)の内容は

  • ・エアコンがプラズマクラスター技術搭載のものにグレードアップされる
  • ・ロールサンシェイドが装備(2列目)され、直射日光を防げる
  • ・遮熱と紫外線カットのIR/UVカット機能付きのフロントガラスが装備される
  • ・スーパーUVカットフロントドアガラス、親水/ヒーテッドドアミラーと熱線入りフロントウィンドウ、フロントドア撥水ガラスのコンフォートビューパッケージが装備される

となっています。ぜひつけておきたいオプションです。

Cパッケージはメーカーオプションなので後付けはできません。

Gグレード以上はこれらオプションが標準装備されますので必須のオプションはありません。

できればつけておきたいオプション

車中泊には必須のルーフラックは収納の少なさもカバーしてくれる


収納スペースが少ないのはフリードの泣き所です。

ラゲッジルームを有効活用するオプションとして、ルーフラック、ラゲッジマルチボード、ラゲッジトレイのセットで¥64,800がありますが、

・値段的にまあまあする
・全部は同時に使わない
・使わないときに荷物になる

ことなどを考えるとルーフラック(¥15,120)だけ買うのがベストだと思います。

ずっとつけっぱなしでも場所も取りませんし、床下収納の無いフリードの上部の空間を有効活用できるのはやはり大きいです。

フリードはフルフラットになるので車中泊をされる方も多く、必須のオプションでもあります。

もしくはラゲッジネット(¥10,800)

でもいいですが、意外と安くないですし、RVボックスなどの社外品でも代用できるのでできればつけておきたいとまでは言えません。

プレミアムマット(¥37,800~)


プレミアムマットは毛足が長く高級感がアップするのでできれば付けておきたいオプションです。

フリードのスタンダードで装備されているフロアマットはペラペラで、特に運転席はすぐにダメになってしまうので、少しでも長く気持ちよく運転するためにも検討しましょう。

毛足が長いぶん手入れに少し時間がかかるのがネックです。

スタンダードでは物足りないけど、プレミアムマットは値段が…という人には無限のフロアマットもありますのでそちらも検討してもいいかもしれません。

Sパッケージ(¥70,200)


・コンビシートと専用のインテリア
・シートバックアッパーポケット
・LEDヘッドライトとLEDアクティブコーナリングライト
・15インチアルミホイール

のセットオプションであるSパッケージは室内のグレードアップやヘッドライトの安全性向上の面で、必須とまでは言えませんがつけておきたいオプションです。

内装シートの色を黒を黒にしたいと思う方も結構いると思いますが、これはSパッケージにしないとできないんですね。

LEDヘッドライトとLEDアクティブコーナリングライトのみ単独のオプション設定があり、予算に応じて選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

ナビ装着用スペシャルパッケージ


カーナビを装着するのであればナビ装着用スペシャルパッケージはETC車載器やリヤワイドカメラ、オーディオのステアリングスイッチが追加されるので装備したいオプションです。ガソリンGグレードのオプションで、ハイブリッドのGグレードには最初から搭載されています。

インターナビ+リンクアップフリー(¥193,700)


カーナビに追加でメーカーオプションのインターナビ+リンクアップフリー(¥193,700)を装備しておきたいところです。
ホンダ純正のナビで渋滞回避情報や災害情報に強く、赤信号の残り時間などが表示される信号情報活用運転システムも装備され、エンターテイメント機能ではTV機能やCD、DVDの再生機能、AM・FMチューナーも装備されます。

ドアバイザーは社外品を買えば1万円浮いて十分に代用可能

ドアバイザーを付けておくと雨の日でも換気ができます。

また、たばこを吸う人だと室内の空気の入れ替えに必須です。

吸わない人は洗車する時に邪魔になるデメリットもあります…。

純正品でも¥19,440とそこまで高くありませんが、安くなる社外品でも十分でしょう。

amazonVOA(ボア) ドアバイザー フリード(¥9,238)

yahoo!ショッピング 新型フリードドアバイザー(¥5,280)

amazon 無限 フリードドアバイザー(¥12,817)

など種類も豊富です。

ドアバイザーは自分でも簡単に付けられる

社外品を買ったはいいけどどうやって付ければいいの?

と思われる方も居るでしょうが、実はそこまで難しくはありません。

購入時についてくる取扱説明書にも書いてありますし、フリードではありませんが、上でも紹介しているドアバイザーメーカー(VOA)の人が取り付け方を教えてくれる動画がありますので参考にしてください。

管理人が自分の車(プリウス)ではじめてやった時も10分かかりませんでしたよ。
ドアバイザーはサービスしてくれることもありますが、それなら他のオプションをサービスしてもらってバイザーは自分で付けた方が良いというのが管理人の考えです。

もちろん「自分で付けるのダルい」「純正品の方が落ち着く」という方は純正品を買いましょう。

必要そうだけど、実はいらないオプション

間違って全く使わないオプションを付けてしまってあとで後悔しないように、不要なものはなにかピックアップしておきたいと思います。

フリードは基本的にファミリーカーとして作られていますのでアルミホイールやフロントグリルなどのエクステリアに関するオプションは見た目にこだわりを持っている人以外は不要のオプションです。

15インチアルミホイール

フロントグリル

テールゲートスポイラー

ドライブレコーダー


最近は高速や路上での危険運転がよくニュースになっていてドライブレコーダーを付ける人が急増しています。

もちろん付けるに越したことはないのですが、フリードの場合はナビ連動タイプで27,000円します。

純正品にこだわらなくても社外品で代用可能ですし、種類・性能・価格も豊富にある中から選んで付けたほうがいいと思います。

オプション選択は後悔の無いように

オプションは購入時にしか付けられないものもあり、取捨選択に頭を悩ますところです。

カスタムパーツや内装オプションを充実させての魅力を引き立たせたいのは山々・・・とは言えいくらでも費用をかけるわけにもいかないですよね。そこで大切になってくるのが値引き額を把握することと愛車の下取り相場を調べて買い換え全体で損をしないことです。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>新型フリードの値引き相場は?評価、評判をチェック!

フリードを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ


フリードの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

スポンサーリンク