クルドラ

スペイドのおすすめオプション5コとカーナビ、不要オプション2コを実際の購入者の声から紹介!

スペイドを購入しようとするとき、どうしても悩んでしまうのがオプション選び。

付けすぎると予算をオーバーしてしまいますし、ケチりすぎるとあとでやっぱり付けておけばよかった…と後悔することも。。

管理人
実は管理人は車関係の仕事をしていますので、スペイドに乗っている方とお話しする機会もあるのです。

そこで、実際のスペイド購入者の「生の声」を元に

  • ・必須のオプション
  • ・できれば付けておきたいオプション
  • ・最もおすすめのカーナビ
  • ・不要なオプション

についてまとめました。

スペイドで必須のオプション

SRSサイドエアバッグ・SRSカーテンシールドエアバッグ


SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)& SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)を必須オプションとしておすすめします。

スペイドは、室内空間の広さと使い勝手を特徴とした、ファミリカーで、小さいお子さんを乗せる機会が非常に多いと思います。

ファミリーカーは日常生活で買い物や子供の送り迎えそして、休日の行楽と大忙しです。また、ファミリーカーは、運転する楽しみ、運転のしやすさを求められるほか、運転時の安全性が強く求められます。

この車には、全グレードに衝突の回避や衝突時の被害軽減、車線逸脱による事故の防止機能、夜間の歩行者など早期発見などセーフティサポートとしてToyota Safety Sense Cが装備されています。

この衝突回避支援システムとあわせて、SRSサイドエアバッグ& SRSカーテンシールドエアバッグを装備することで更に安全性を向上できます。

万一の衝突時に前方からの強い衝撃や側面衝突の衝撃を感知しシートベルトの働きと合わせて、乗員の頭や胸への重大な障害を軽減します。

目立たないオプションですが命を守る大切な必須オプションです。

スマートエントリーパッケージ(¥51,055)


その他に、乗り降りのしやすさと安心をプラスしたスマートエントリーパッケージをおすすめします。

このパッケージの特徴は、スマートエントリーによりドアの施錠・解錠が簡単にできます。

電子キーをポケットやバッグに入れているだけで施錠・解除できるので、手がふさがっているときや雨天時などに重宝します。

また、エンジンをかける時もキーを使わずエンジン・プッシュスタートボタンを押すだけで始動します。

登録されたキー以外ではエンジンが始動できないイモビライザー盗難防止システムも付いています。

さらに、オート電動格納式リモコンカラードドアミラーはドアの施錠・解除に連動してドアミラを開閉してくれ、狭い駐車場などで、いちいちドアミラを閉じる必要がありません。

スペイドの乗り降りの便利オプションとしておすすめします。

これらのオプションは後付けできないので必ず購入時に装備が必要です。

スポンサーリンク

できればつけておきたいオプション

カーナビ


最近の車は、オーディオレスが採用されていています。

スペイドもオーディオレスなのでナビシステムまたはオーディオ(CD,AM,FM)などをオプションとして選択します。

スペイドなど一家に一台ファミリーカーとしてメインで運転する場合はカーナビは、できれば付けておきたいオプションです。

休日のドライブ、パパが運転して行楽地にお出かけのシーン、カーナビに案内してもらい、迷うことなく知らない道もスイスイ運転できます。

ママはお買い物、子供の送り迎え、ママ友とのお食事会など、いろんな場面でカーナビに案内してもらって楽ちんです。

知らない場所に行くにも運転に集中できます。
そして、同乗するお子様は気に入ったDVDやアニメなどTV視聴にも活躍します。

もちろん気に入った音楽を聴きながらリラックスした運転にも欠かせないですね。

カーナビは、使いやすいエントリーモデルかフルセグ・Bluetooth対応DVDなど映像や音楽メディア通信も楽しめるハイスペックまで必要に応じて選択できます。

また、カーナビは純正品や社外品、機能や価格で迷ったときは、後からの購入が可能です。
じっくり検討してください。

カーナビと合わせてETCもできればつけておきたいオプションです。

高速道路を使う場合は通行料金の割引や支払いの便利さなどからおすすめします。

ディスチャージランプ・LEDランプ


スペイドは全グレード、プロジェクタ式ハロゲンヘッドランプが採用されています。

最近では、視認性の高いディスチャージランプやLEDランプが主流になっています。

HIDパッケージ

夜間の安全運転サポートHIDパッケージは、トンネル侵入時などライト自動点灯・消灯システムも装備されています。

安全運転サポートのために、できればつけておきたいオプションの一つです。

最もおすすめのカーナビはエントリーナビ

スペイドには「T-Connectナビ」と「エントリーナビ」、2種類のカーナビがラインナップされています。「T-Connectナビ」はカーナビとしての基本的な機能はもちろん、多彩な機能が充実している上位モデルです。

※T-Connectナビ

それに対し「エントリーナビ」は機能を最低限にすることで、価格を抑えたエントリーモデルになります。魅力が盛りだくさんなのは「T-Connectナビ」の方ですが、「エントリーナビ」の安さと性能も侮れません。

※エントリーナビ

安さは正義

スペイドに装着するなら、個人的におすすめしたいのは「エントリーナビ」の方です。なぜ「エントリーナビ」の方がおすすめなのかというと、まず大前提として価格の安さが挙げられます。

「T-Connectナビ」の価格が146,880〜192,240円(税込)となっているのに対し、「エントリーナビ」は85,320〜106,380円(税込)です。同じカーナビであるにもかかわらず、これだけ価格差があります。

管理人

スペイドの魅力は片側スライドドアを採用していながら、安価な価格を実現しているところですよね。そのため、スペイドの購入を検討している人の多くはスペイドをできるだけ安く買いたいと考えていると思います。

せっかく車両価格が安いスペイドを購入するのに、高価なカーナビを選択してしまっては本末転倒のように感じます。だからこそ、私個人としては「エントリーナビ」をおすすめしています。

操作性も抜群

「エントリーナビ」の魅力は価格が安いことだけではありません。「エントリーナビ」は最低限の機能しか備わっていないので、操作性や動作がいたってシンプルです。タッチの反応が鈍いカーナビにイライラした経験がある人は多いと思いますが、「エントリーナビ」は快適に操作することができます。

最低限の機能しか備わっていないとはいっても、Bluetoothによるスマートフォン連携機能やハンズフリー通話機能などもあります。Bluetoothでスマートフォンとカーナビを連携することで、スマートフォンに入れているミュージックをカーナビから流すことも可能です。

もちろん、CDやSDカードなどのメディアから音楽を再生することもできますが、残念ながらDVDやBlu-rayディスクなどの映像メディアを再生することはできません。

最先端の機能「スマートデバイスリンク」も付いている

スポンサーリンク

「エントリーナビ」の最大の魅力は、「スマートデバイスリンク」を採用していることです。「スマートデバイスリンク」とは、スマートフォンとカーナビを連携することで、スマートフォンアプリをカーナビのディスプレイに表示、操作することができる機能のこと。

「スマートデバイスリンク」を使うためには、「スマートデバイスリンク」対応のアプリをスマートフォンにインストールする必要があります。

現在、「スマートデバイスリンク」対応のアプリはまだ少ないですが、将来的にはLINEのメッセージを既読したり送受信したりすることが可能になるようです。

不要なオプション

間違って全く使わないオプションを付けてしまって、あとで後悔しないように、不要なものはなにかピックアップしておきたいと思います。

ファミリーカーに求められるものは、運転のしやすさ利便性そして購入し安い価格です。

アルミホイールはファミリーカーには似合わない


そんな中で、見た目重視になるアルミホイールやドレスアップパッケージは不要なオプションです。スペイドの全グレードはスチールホイールを装着しています。

アルミホイールはデザイン性から見た目の向上は間違いなく良くなります。

そして一般的には足回りの軽量化による燃費の向上やハンドリングが良くなるなどのメリットがあります。

しかし、ファミリーカーに求めるほどのメリットはありません。

したがってスペイドにはアルミホイールは必要ないオプションではないでしょうか。

メッキ加飾オプションパッケージ

また、LEDフォグランプも悪天候や前方視界の向上で利便性がありそうですが、実際には見た目重視になっています。

その他フロントグリル、ドアミラー、ドアハンドルなどアクセサリーのメッキ加飾オプションパッケージやこれまた見た目重視のリヤスポイラーは不要なオプションパーツです。

オプション選択は後悔の無いように

オプションは購入時にしか付けられないものもあり、取捨選択に頭を悩ますところです。

カスタムパーツや内装オプションを充実させての魅力を引き立たせたいのは山々・・・とは言えいくらでも費用をかけるわけにもいかないですよね。そこで大切になってくるのが値引き額を把握することと愛車の下取り相場を調べて買い換え全体で損をしないことです。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>スペイドの値引き相場は?評価、評判をチェック!

スペイドを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

スペイドの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「かんたん車査定ガイドって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください
管理人
最高額を提示してくれる1社とだけ電話をしたいなら「車査定・買取の窓口見積もり(無料)」がオススメです。
今ならご成約者全員にamazonギフト券5000円分プレゼントと太っ腹!※過去1か月以内に一括査定サイトを利用していないことが条件
車査定・買取の窓口が選ばれている理由
・しつこい電話がない
・最高額の買取会社のみ紹介してくれる
・個人情報は1社にしか公開されない
・入力項目が10個以下とほかの一括査定と比べてかなり少ない

▽車査定・買取の窓口公式サイトはこちら▽
管理人
車査定・買取の窓口ってなに?大丈夫なの?と心配な方は「「車査定・買取の窓口」のメリット・デメリットを他のサービスと比較!」をご覧ください
スポンサーリンク

メニュー