クルドラ

新型キャストアクティバ、スタイル、スポーツの2018年10月の値引き相場レポート!611件の実販売データから合格ラインを算出

上質な乗り味と静粛性の高さが魅力の新型キャスト。楽しくて実用的な仕上がりで買った人の評価も高いです。

そんな新型キャストの購入を考えている方が一番気になっているのがどのくらい値引きが可能なのかだと思います。

そこで今回は

  • ・新型キャストの値引きの相場・限界
  • ・商談・交渉のコツ
  • ・実際の購入者の口コミ

特にこの辺りの情報を包み隠さず紹介していこうと思います!

どうしてこんな普通はわからないようなリアルな情報を書けるかというとそれには理由があって…

管理人
実は管理人の友達がダイハツの営業マンをしているのです。

なので最新の値引き情報上手なキャストの値引き交渉のやり方などの重要な情報が入ってきます。

営業マンが困る、値引き交渉のやり方】まで伝授しますので是非お読みください。

値引きの相場・限界は?

値引き額の限界をチェックしておくことはとても大切です。
もし、知らないで買ってしまうとかなりの金額を損することにもなりかねません・・・

2018年10月のキャストの値引き相場はズバリ

車両本体 13万円
オプションを含む値引き16万円

が合格目標になります。

スポーツに関しては渋めですが、アクティバとスタイルはある程度値引き可能となっています。

初回はあまり値引きが出ないことも多いので複数回の商談は覚悟しておいた方が良いでしょう。

届け出済み未使用中古車も多数出回っているので相場と在庫状況を確認して商談に活かしましょう。

>>キャストの未使用車を無料で探す

ちなみにこの目標金額は、月間自家用車、情報誌グーネット、ザ・マイカー、ベストカー、オートックワン、価格.com、みんカラ、管理人独自の聞き取りなどから値引き額の上位30%の平均で出しています。

なので平均点50点のテストで85点を取るイメージです。

もちろんグレードやオプションによっても差が出ますし、値引きが目標に届かない場合もありますので、その時は他のサービスをつけてもらうなどでがんばりましょう。

ライバル車種と競合させる

ライバル車種を出して競合させたほうが、キャスト一本にしぼって交渉するよりも値引きが出やすくなります。

ダイハツの営業マンが値引きで対抗したくなるライバル車で、引き合いに出すと良いのが

スタイルはラパン

アクティバはハスラー

スポーツはアルトターボRS

です。

“どちらかというとメインで購入を検討しているはライバル車”と思わせられれば、気を変えるためにさらなる値引きを引き出せる場合もあります。

キャスト同士を競合させる

さらにキャスト同士を競合させることも効果的です。

キャストはもちろんダイハツ店で売られていますが、どことでも同士競合できるわけではありません。

競合させられるのは別資本で、別会社の場合です。

ダイハツ○○店の○○部分が少しでも違うところが別会社ですので、その複数店舗を回り、「他店ではここまで値引きしてくれたよ」ということを伝えれば値引きが大きくなることが期待できます。

基本的には隣の県まで足を伸ばせば必ず別会社になります。

また、いくつかのダイハツ店を回ることで、中には販売ノルマに未達のディーラーや営業マンに遭遇するときもあります。

そのときは鼻血が出るくらいがんばって値引いてくれますのでかなりラッキーです。

オプション値引き

オプションからの値引きも本体車両からの値引きと同じことですので大切なポイントです。

キャストは車両本体の値引きにプラスしてオプションも値引きも期待できますので、おおむね20~25%程度を目標に交渉しましょう。

また、契約直前だけに通用するやり方ですが、「このオプションをサービスで付けてくれたら契約するよ」と言えば、ちょっとしたオプションなら付けてもらえることもあります。

具体的には
・オーバーヘッドネット
・セパレーターネットセット
・クロスシステムバー
・カーペットマット
・オールウェザーマット
・ルームランプ

などがねらい目です。

もちろんサービスしてもらうものなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙うのがポイントです。

また、ハンコと印鑑証明を用意しておくなどして本気度をアピールしましょう

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに、“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロです。

黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。

ですのでオススメのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。

「予算は○○万円なので、これ以上は出せない。でもこの予算内でオプションなどもサービスしてくれたら即決してもいい」

などと勝負を賭ける方法もあります。

ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。

値引きのコツ

値引きは粘り強く交渉することが大事です。

新型キャストの場合、最初は10万円程度の値引きを提示されることが多く、それ以上を求めないと、できる値引きもしてくれないので結果的に損をすることになります。

ギリギリまで粘って交渉するようにしましょう。

細かいサービスのオマケをお願いする

思うように値引きが引き出せなかった場合でも、

  • ・総支払金額からの端数切捨て
  • ・ボディーコーティング・メンテナンスパック
  • ・登録手数料のサービス・半額
  • ・納車時ガソリン満タン
  • ・ローンを組むなら金利の引き下げ


などは特に契約直前が一番ワガママを聞いてくれるタイミングですから、オマケでお願いするのを忘れないようにしましょう。

オマケお願いイメージ

特にコーティングは、もともと半分がディーラーの利益なこと、納車前の汚れを落とさなくてよくなるなのでサービスしてもらいやすいです。

また、任意保険の加入・切り替えの時期が近いなら、新車購入時にそのディーラーで加入することで、ディーラー・セールスマンの成績となるので、その分値引きを上乗せしてもらえることもあります。

セール・決算狙い

期末セールや在庫一掃的なセールを狙うことで値引きを狙う方法もあります。

決算期も相場以上のビックリするような値引きもあり得ますので
■中間の決算期(8月下旬~9月末)
■年度末の決算期(1月~3月)
■ボーナス時期の6月
■ボーナス&年末商戦期の12月
タイミングを見計らって値引き交渉してみてもいいかもしれません。

納期は?

1~2か月と標準的な納期です。

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!


ディーラーイメージ
新しく車を買うときにはその販売店で今の愛車を下取りに出すことが一般的です。購入と売却をワンセットで行えるので手間もかからずにお得な気もしますが・・・

管理人
実はディーラー査定は安いことが多いってご存知でしたか?

理由は簡単。競合がいないからです。

なのでこの下取りで損をしている人がめちゃくちゃ多いんです。


営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です


管理人
と言われてもその金額が妥当なのか、安いのかプロでもないのにわかりませんよね。


しかし営業マンに言われるがままでは損をしてしまうことも…

下取り額を大幅にアップさせる方法


査定額イメージ図
同じ車でもどこに売るかで査定額は変わります。

下取りに出すときに損をすることなく、むしろ下取り額アップに成功した人に話を聞くとある共通点がありました!

答えは簡単です。複数の車買取店を競合させて愛車の買い取り相場を知っておく。

そうすればその査定額をディーラーにバシッと言うだけであっさり下取り額がアップします。

営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です(この金額で収まれば何十万と儲かるな)


あなた
他の買取店で90万円の査定をしてもらってます。これが見積書です。


営業マン
汗汗。では下取り100万でいかがでしょうか?


あなた
OKです。よし!やった!


これはうまくはまったパターンですが、もしダメでもその時は買取店で売ればいいだけの話なのであなたに損は全くありません。

しかし一軒一軒買取店を回るのは手間も時間もかかりすぎます。

そんなときに便利なのが一括査定サイト。複数の買取業者に出張査定してもらえるサービスです。

管理人
管理人がリサーチした結果、圧倒的に利用者が多かったのはかんたん車査定ガイド(無料)です


かんたん車査定ガイドが選ばれている理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・最大10社の買取店から最高査定額を選べる
・東証一部上場企業グループが運営
・電話がかかってくるのが面倒な人はメールだけで対応可能

↓かんたん車査定ガイド公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
無料の一括査定サービスを知らなかったがために、下取りで安く買いたたかれて 「あのとき買い取り査定しておけば・・・」 と後悔している人は多いです。 やったもん勝ちで、100%損をすることのないサービスですのでぜひ活用してください

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「かんたん車査定ガイドって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

スポンサーリンク

大人4人がゆったり過ごせる余裕空間

キャストはダイハツの軽自動車で、メッキパーツでレトロ風な要素もあるデザイン重視のスタイル、大型フォグランプやグレーのバンパーを装備してSUV的なデザインを取り入れたアクティバ、走りをイメージした内装やアルミホイールなどの外観を持つスポーツの3つのバリエーションが用意されています。

前輪駆動車と四輪駆動車の設定があり、燃費は前輪駆動車の非ターボエンジンでは30.0km/lと優れた数値です。
タイプを問わず全車に予防安全装備であるスマートアシストⅡ を装備することができます。

評判、評価は?

cast02

キャストシリーズを評価サイトで見るとキャストアクティバは走行性能、インテリア、乗り心地の評価が高く、スタイルはエクステリア、インテリア、走行性能への評価が高く、スポーツはエンジン性能とインテリアの評価が高く価格以外は好評といったところです。

ユーザー層に最も評価されているのはキャストスタイル、ついでアクティバ、その次がスポーツとなっていますが、特殊な走行性能や走行性能の高性能化を必要としないスタイルが購買層の期待度などに最もうまく答えられたのかもしれません。

キャストの販売台数はレビュー数からの類推でアクティバ、スタイル、スポーツの順に売れているようです

コスパで選ぶならX SA Ⅲ

キャストアクティバ・スタイル共にX SA Ⅲがコスパが良いでしょう。
アクティバ・スタイル共に1.285.200円(税込)でスマートアシストⅢが標準装備で、スタイルは15インチフルホイールキャップになってしまいますが、上質な外装デザインと内装も落ち着いたカラー肉厚なシートでチープさはありません。

カラーバリエーションも豊富で自分の思い通りのスタイルが作れます。
スタイルは女性に好まれるデザインで、おすすめしたいオプションは、コンフォータブルパックです。

スーパーUV&IRカットガラスが紫外線を99%カットし、ジリジリした日差しを低減してくれ、女性には大変嬉しいオプションです。

アクティバもX SA Ⅲがコスパ良しです。
アクティバも15インチフルホイールキャップになりますが、リアコンビネーションランプは3Dエフェクトのクリアタイプでリアスタイルをカッコよく演出しています。
男性にオススメしたいアクティバのオススメオプションはウォームパックです。

シートヒーター・ウインドシールドディアイサーは、スノーボードなどアウトドア派な男性を更にアクティブにしてくれるでしょう。

リセールを考えて選ぶならG SA Ⅲ、スプラッシュブルーメタリック

キャストアクティバのG SA IIは15インチアルミホイールやLEDヘッドランプなどが付いているオススメグレードです。
フォグランプが付き外装は更にアクティブな印象になります。

リセールバリューを考えると、イメージカラーでもあるスプラッシュブルーメタリックがオススメです。

アクティバの躍動的なスタイルにぴったりです。

これで、ウォームパックが付いていると今すぐ出掛けたくなること間違いなしです。

スタイルもG SA IIがオススメです。
15インチアルミホイールはスタイルにぴったりの上品なデザインでより格質高い雰囲気を演出してくれます。
LEDヘッドランプ・フォグランプが付き女性でも夜のドライブを手助けしてくれます。
キャストスタイルは、どのカラーも不思議とマッチしますが、やはりパールホワイトが清楚で凛とした女性をイメージさせてくれるでしょう。
コンフォータブルパックを付け、日差しを気にせずドライブを楽しめるでしょう。

ボディカラーの人気NO.1はパールホワイトⅢ

ボディカラーの上位人気は以下のようになっています。

  • パールホワイトⅢ
  • ファイアークォーツレッドメタリック
  • ダークエメラルドマイカ

パールホワイトは車種に関係ない定番中の定番色となっているので個性を出したい方にはファイアークォーツレッドメタリックの方がオススメとなります。

 

 

どんな人向けの車か?

軽自動車、4人乗りという制約もあり、ファミリーカーとしては向いていないようにも思えます。

もちろん、デザイン的には若い独身の男性向けという感じもしますが、丸い感じが女性好みのデザインでもありますし、価格的にグレードをあげればそれなりの経済力のある30代、40代も購入意欲のわくような車かと思います。

確かに多人数乗車はできませんが、普段乗りとして使うには十分ですし、何しろランニングコストや維持費は普通車に比べて格段に安いです。

家庭の2台目の車として、ママの日常の交通手段としてなどの使い方は十分にあり得ます。

安全装備は?


ダイハツは安全装備には早い段階から取り組んでおり、2012年には軽自動車では初となるスマートアシスト(SA)という衝突回避支援システムを装備しました。

今回キャストには、上位2グレードにはこのスマートアシストの進化版のスマートアシストⅡが標準装備になっています。
スタンダードモデルではオプションです。内容は、レーザーレーダーに加えて、カメラによる走行中の車両や歩行者に対する衝突警報機能、ソナーによる後方の誤発進抑制機能、車両逸脱警報機能となっています。

加えて、レーザーレーダーの性能もアップして、従来よりも車速域が広がっています。

収納スペースは?


収納スペースは小さいながらも及第点はクリアーしています。

運転席側のドリンクホルダーは備え付け型で、奥の方に設置しており、操作のじゃまにならず適所になっています。

ハンドル右側、ドア部分にも小物入れがあります。

アームレスト内にも開閉式で小物を入れるスペースがあり、無駄なく工夫されています。

中央部分には下部にセンターボックス、上面にも薄型の収納スペースがあります。

オーバーヘッドコンソールを装備しており、サングラスなどを入れるには重宝します。

グローブボックス、シートアンダーボックスも装備しています。

リアの荷物は4人フル乗車ではさすがにきついですが、3人以下であればシートをたたみ、人数分の荷物は十分に載せられます。

居住性・快適性は?

4人でのフル乗車でも十分に広いです。

同じ軽自動車でも全高の高いハイトワゴンに比べれば、頭頂部の余裕は少ないのですが、足下の余裕や横幅は変わらないのでそう気にはなりません。

背の高い成人の男性はちょっときついかなという感じです。

後部席のヒップポイントが少し低めなので、見晴らした感覚がハイトワゴンに比べると狭い感じはします。
しかし、それはデザイン性の問題であり、ハイトワゴンはちょっとという場合はキャストのようなセダン的なものになります。
当然燃費や取り回しもキャストに軍配はあがります。

走行性能・エンジン性能は?


ノーマルエンジンとターボエンジンの設定があります。

ノーマルエンジンでは、最高出力が52馬力(6800回転)、最大トルクは6.1kg-m(5200回転)になります。

やや高回転指向な感じになっています。

ターボは、最高出力が64馬力(6400回転)、最大トルクは9.4kg-m(3200回転)となっています。

エコカー減税は2WDで見るとキャストアクティバのノーマルエンジンは免税です。

「GターボSAII」は自動車取得税が80%、同重量税が75%の減税となっています。

優れているところは

スタイルを重視した軽自動車ながら30.0km/lの低燃費のエンジンが選べ、燃費が27.0km/lの64馬力のターボエンジンも用意されているところ。

三種類のスタイルが選べる車ですが、特に内装はスポーツ、アクティバ、スタイルそれぞれインパネのデザインなどが異なっており、それぞれのイメージに合ったデザインになっていると思います。

またスタイルでは赤と白のツートンなどが選べ、スポーツでは赤のストライプの入ったデザインが選べるなど、現在のトレンドに合わせた色が選るところも優れているところです。
cast01

物足りないところは

スタイル、スポーツ、アクティバと3種類用意されているのですが、内装がそれぞれで変化をつけているのに対し、外見デザインはバンパーやドア下程度の違い程度となっていてヘッドライトはほぼ共通デザインのためややイメージの変化が小さいようにも思います。

特にスタイルとスポーツは外観面で共通点が多いためもう少し変化があっても良いかなとも思います。

また、軽自動車に多く存在する押しの強いデザインの「カスタム」的なバリエーションがアクティバとスタイルにはあってもいいのかもしれません。

ハスラーとの比較は?

ダイハツキャストのライバル車種は、スズキのハスラーであると考えられます。
車体の形はどちらもSUVタイプとなっていますが、キャストは丸みを帯びており、ハスラーは角ばった形となっています。

内装の質感はどちらも同じくらいですが、座席シートでは後席に限り少し差が出ており、柔軟な作りとなっているハスラーに比べて、キャストは少しは硬めとなっているので、後席の座り心地ではやや劣るように感じてしまうようです。

エンジン性能ではほぼ同じて、2台とも52馬力と軽自動車では標準の最高出力となっています。
なので、加速力では同等と考えられるので、外装の好みによって意見が分かれそうな車種であります。

実燃費は?

cast03
ダイハツキャストの燃費は、30.0km/Lとなっています。
スポーツやアクティバでは燃費は異なってきますが、軽自動車としては全然悪くない数字となっています。

実燃費にすると14km/Lから17km/L程のようですが、こちらの数字は小型軽自動車としてはやや劣るように感じます。
ガソリン車である事を考慮すれば良い方ではありますが、やはりハイブリッドタイプには負けてしまいます。

しかし、高速道路など一定のスピードで走れると20km/Lを超える燃費も計測されているようなので、街中ではあまり高い燃費は期待できませんが、長距離ドライブでは中々の燃費を出しているようです。

ダサい?デザインや内装は?

cast04
キャストの内装デザインは、値段の割に非常にオシャレなデザインとなっています。
ドアの内張でも軽自動車にしては珍しい、合成皮革となっており質感は高いように感じます。

ウインドウスイッチ部分は少し安っぽく見えてしまいますが、ドアに関しては評価は高いです。
インパネでは色の使い方が上手でこちらもオシャレな仕上がりとなっています。

フロントエアコン前にドリンクホルダーが設置してあるところと、使用性に良いと思われます。
122万円からの車体価格となっているので、この金額でこのデザイン性なら十分満足いく仕上がりだと思います。

cast05

スポンサーリンク