クルドラ

ジープチェロキーのおすすめオプションとナビはなに?徹底調査しました!

モータリゼーションの先進国であるアメリカですが、こと”アメ車”についてはその大陸的なキャラクターのせいか日本国内ではあまりウケているとは言えず、欧州車に比べると存在感希薄です。しかしそんなアメリカ車にあって、確固たる基盤を築いているブランドが「ジープ」でしょう。
遡れば軍用車両としての歴史も持つジープは、高い耐久性悪路における優れた走行性能を有し、黎明期の日本車へも影響を与えたと言われています。

現在のジープフィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)を構成する1ブランドとして、主にSUVモデルを中心にセールスを展開中です。

引用:https://response.jp/

チェロキージープラインナップ中核となるクロスオーバーSUVで、通算5代目となる現行型フィアット傘下に入ってから発売された初めてのモデルです。

今回のクルドラでは、ジープブランドのミッドサイズモデルとなるチェロキーを実際に購入する際に役立つ、おすすめオプションをご紹介していきます。

チェロキーのプロフィール

初代チェロキー1974年登場(日本未発売)していますから、既に45年以上の歴史を持つモデルです。中でも日本的馴染み深いモデルは2代目チェロキーでしょう。

当時はパジェロランクルを中心とした”RVブーム”が起きており、オリジナルのSUV(RV?)を持たないホンダは、レンジローバーディスカバリーHマークバッヂを付けてOEMしていた他、2代目ジープチェロキーをそのまま全国のホンダディーラーで販売していました。

やがてそのブーム沈静化すると、チェロキー国内市場からひっそりと撤退し、3代目4代目はサブディーラーによる並行輸入などで扱われる程度でした(ちなみにアメリカ本国では3、4代目はチェロキーではなく「リバティ」という名称)。イタリアフィアットの血が入った現行5代目は、日本でも2014年に発売。FCAジャパンディーラー網正規販売が開始されました。このモデルからアメリカでも車名チェロキーに戻しています。

以下2枚引用:https://www.autocar.jp/

5代目チェロキーエクステリアデザインは、台形型フェンダーアーチ7スロットグリルといったジープの伝統を受け継ぎつつも、これまでのスタイリング一新。よりフロントリアウィンドウを寝かせたスポーティなデザインになりました。2018年マイナーチェンジでは、グランドチェロキーコンパスといったモデルに通じるマスクへと意匠を変更。ヘッドライトフォグランプテールライト等もすべてLED化されています。

またエンジンFCA製2.0ℓ直4DOHCターボ2.4ℓ直4SOHC2種類となり、全車4WDです。


インテリアには身体をしっかり固定しながら、柔らかな座り心地を実現するレザーシート全グレードで採用。フロントシートには、シートヒーター8ウェイパワーシート4ウェイパワーランバーサポートも標準装備されています。

チェロキーのメーカーオプションはあるの?

チェロキー国内販売は、ディーラー数知名度の関係からRAV4ライズと言った国産SUV勢、あるいはジャーマンブランドSUV群ほどには期待できません。そのためコストを勘案するとグレード装備であまり多くのバリエーションを持ことができず、ある程度決め打ちで以下の通りラインナップを設定しています。

ベーシックLongitude(ロンジチュード)に装備をプラスしたLimited(リミテッド)。後はオフロードでの走行性能を高めたTrailhawk(トレイルホーク)の3グレードだけで、ボディカラーもグレードにより2~4色しか用意がありません。

国産車などでは、ベーシックなモデルにコレこの装備を選んで、等々好みでオプションカスタマイズしていくこともありますが、チェロキーの場合はLimitedサンルーフが唯一のメーカーオプションになります。

従ってLongitudeを基準に考えると、フルにメーカーオプションを付けたのがLimitedになるという見方もできます。同様にオフロードサスペンションヒルディセントコントロールと言ったオプションを選択したのがTrailhawkになります。

Limitedに追加される装備はなに?

引用:https://www.webcg.net/

チェロキーグレードを絞っているため、ベーシックモデルLongitudeにも過不足ない装備は設定されています。

例えばLEDヘッドライト8ウェイパワーレザーシート8.4インチタッチパネルモニターナビゲーションシステム、アルパイン製プレミアムオーディオ17インチアルミホイールなど。もちろん安全装備も抜かりなくフルエアバックをはじめ、アドバンストブレーキアダプティブクルーズコントロールブラインドスポットモニター車線逸脱警報パーキングアシストなど先進装備標準です。

その上でLimited追加される装備は以下の通りです。

上記の通りですが、雑感としてはそれほど大きな装備差ではないような気がします。

それはベーシックLongitudeでも装備が充実していることの裏返しにもなるわけですが、追加装備の中で特にこれはおすすめだと感じるものは次の2点です。

チェロキーにも先進ライトを手に入れる

オートハイビームヘッドライトCCD(電荷結合素子)カメラを利用して、対向車ヘッドライト先行車テールランプなどを含め、周囲の光の状況を検知します。必要な場合にはヘッドライト自動ロービームへ切り替えることで、夜間走行に最大限の明るさ自動で確保するインテリジェントなシステムです。また、夜間に住宅地にさしかかる際など車速が特定の速度以下になる場合にも、ハイビーム明るさを調整します。

サポカーSワイド認証基準になる「先進ライト」がこれに当たりますが、最近ではハイブランド車を中心に更にライト照射の精度を高めた”マトリクスLEDヘッドライト”の搭載も増えており、これから買うクルマならこの先進装備はぜひとも付けておきたいところです。

視認性を高め安全運転をサポート

フルカラー7インチマルチビューディスプレイステアリングに配置されたスイッチ類を指先で操作するだけで、インストルメントパネルのクリアな画面で豊富車両データに目を通すことができます。

車両データにはナビゲーション(進路変更の案内をドライバーの正面に表示して、安全に確認できるようにする)、性能(エンジン温度や各種液面レベルなど、車両性能にかかわる重要なデータをリアルタイムで表示)、パフォーマンス(タイヤの空気圧や走行速度を表示)、車両アラート(安全システムの警報を表示)、燃費(燃費や燃料補給のタイミングをリアルタイムでお知らせ)の五つが設定されています。

面白いのは画面表示がとてもグラフィカルで見やすく、登場する他車両が同社の人気車種ジープラングラーになっているなど遊び心も感じさせますね。

引用:https://www.gqjapan.jp/

価格上昇は470,000円也

あとはLimitedだけコマンドビュー® デュアルペインパノラミックサンルーフ(長!!:オプション価格163,000円)が選択できることや、エクステリア1サイズ大きいアルミが付き、クロームフォグベゼルマフラーカッターが付くところがLongitudeとの主だった装備の差異です。

前述の通り装備差だけなら個人的にはLongitudeで十分と考えますが、差額47万円の多くはLimited馬力が上がってかつ燃費も上回るパワーユニットとの違いでしょうから、どこにプライオリティを置くかによって判断は分かれます。

引用:https://www.webcg.net/

Trailhawkだけにある装備はなに?

もう一つのグレードTrailhawkですが、この呼称ジープブランドの中では特別な意味を持っており、その証としてTrailhawkグレードには全て赤いTRAIL RATEDバッヂが装着されます。もともとは1953年に155人ものジープマニアたちが、カリフォルニアの過酷な山道を激走したイベント起源になっていて、シエラ山脈からレイクタホに向かう約35kmそのルートが、後にルビコン・トレイルと名付けられました。

引用:https://www.chameleon-blog.com/

以来、ジープ社はこのルートオフロード走行のテクノロジーをテストし、開発に役立ててきました。ジープにとってオフロード性能を磨き抜いてきた聖地を意味するTRAIL RATEDバッヂは正に「その聖地で認められた」パフォーマンスをアピールする大切なアイコンなのです。
そんなTrailhawkだけの装備は以下の通りです。

チェロキーの持つオールマイティ走りを、さらにバージョンアップさせるための装備が充実しています。専用の内外装デザイン差別化を図るとともに、オフロード性能を高めるセレクスピードコントロール(ヒルディセントコントロール/ヒルアセントコントロール)や、状況に応じて前後トルクを配分し、自動4×4にシフトするアクティブドライブロックなどを搭載しています。

スポンサーリンク

さらに悪路走破性を高めるためにスキッドプレート各部に装着。フューエルタンクトランスファーケースフロントサスペンションアンダーボディなどを守っています。17インチアルミホイール専用デザインで、245/65R17オールシーズンタイヤも履いています。

引用:https://nara.jeep-dealer.jp/

Trailhawkはそもそも全幅車高トレッド地上最低高も他の2グレードとは違う本格派なので、オフロード走行等に興味があればこのグレード一択となりますね。

ディーラーオプションはベーシックなラインナップ

FCAグループ純正アクセサリーを「Mopar®」(モパー)というブランドで展開しており、車種ごとの専用アクセサリーグッズを製造しています。

ジープブランドに関しても国産車によく見られる派手なエアロパーツドレスアップキットなどはありませんが、ベーシックフロアマットサイドディフレクター(ドアバイザー)、マッドガードなど機能性商品は充実した品揃えです。

あれば役立つストレージキット

アメリカンSUVを代表するジープモデルだけあってラゲッジスペースアイテムは相当に充実しています。カーゴトレイカーゴマットは定番ですが、ストレージキットは特におすすめです。ラゲッジスペース荷物をまとめるのに便利なトート型収納ケースですが、なかなか便利そうなサイズ感実寸幅61cm×奥行き37cm×高さ21cmです。

引用:https://www.tigerauto.com/

荷物だけでなく普段使いの小物類などもここに入れておけば、ゴチャゴチャにならずに便利です。ラゲッジルームだけでなく、リヤシートストレージを置いて地図バッグなどを入れて使うこともできそうです。また、使わないときは畳んでしまっておけば場所も取りません。

大切なロードバイクはラゲッジで移動

もう一つ収納系で目を引いたのがインナーバイシクルキャリアです。ルーフベースキャリアを付け、バイク用アタッチメントを付けてトランスポートするアイテムはよく見かけますが、チェロキーのそれはラゲッジルームへ積み込むセットです。

リヤシートが使えなくなるなどの制約が出てきますが、大切なバイク汚れから守れます。知人にウン十万するロードバイクを所有している者がいますが、そうした方には必要な装備かも知れませんね。

ジープらしいさすがのアイテム

珍しいと言えばこちらのボーンバーアウトドア系趣味を持たぬ者だと、普段あまり見かけないアクセサリーです。硬質なステンレス素材ウイリスジープのシルエットを刻印した質感の高さを感じさせるアイテム。パッと見ただけでは使用方法もわかりませんでしたが、画像の通り車内で休憩する際にこのボーンバーを使用してリアゲート半開きで固定しておけば、ウィンドウだけの時よりも効率的に換気できます。

引用:https://jeepstyle.jp/

また、アイデアなのがドリンクの栓抜きとしても使用できるように設計してあるため、アウトドアシーンでのキャンプなどでも重宝しそうです。

SUV定番のルーフ系収納はこの二つ

SUV純正アクセサリーで必ず掲載されているアイテムハードタイプルーフボックスがありますが、チェロキーカタログには入っていません。おそらく社外品ではいくつも販売されていると思われますが、代わって純正アクセサリーとしてはTHULE社ルーフボックスソフトルーフバスケット+バスケットネットが用意されています。前者ソフト素材ながら悪天候でも使える防水仕様未使用時には丸めて専用バッグにしまいラゲッジルーム収納しておくこともできます。

引用:https://ms-cji.com/

後者アウトドア好きにとって、ルーフラックとともに活用したいアイテムルーフバスケットキャンプなどへ行く際に、車内に積みきれない大きさのかさばるグッズや、終わった後に汚れた荷物なども気軽にたくさん積み込めるので便利です。ボックス型のようにフタ閉まるかなどを気にしなくて済みそう。

また、ルーフバスケットには、乗せた荷物をしっかりと固定する専用バスケットネット(別売:7,700円)を必ず同時に使用する必要があります。

変わり種のモバイルホルダー

インテリア用品で少し毛色が変わっているのがオートホールドモバイルホルダーです。これはセンターコンソールドリンクホルダーに設置するスマホ等モバイルホルダー

変わっているのが、タッチセンサーが内蔵されていて、スマホを置くと自動的アーム(圧力センサー付)が閉じホールドします。外すときはホルダー上部に触れることにより自動オープンスマホを置いていない状態では、モーションセンサーの反応によりエンブレム光るオマケ付き。正直、スマホ置きにここまで必要ある?という気もしますが、国産車ほどには小物入れがないチェロキーにはいいかも知れません。どうせなら自動給電する機能なんかも付いてれば尚良しと思いますがどうでしょうか。

ちなみにドリンクホルダー用アタッチメントの他、自宅のデスクなどに貼り付ける両面接着用アタッチメントセットなので、車外でも使えます(単4乾電池2本使用)。

ドラレコのちょっとお得な話

引用:https://response.jp/

チェロキーオプションカタログには2種類ドライブレコーダーがあります。一つは輸入車でよく純正指定されている「スマートレコ」。このモデルは㈱TCLが扱っている「Smart Reco WHSR-510」という商品のODM品で、ジープ以外にもプジョーBMWでも純正オプションに採用されています。機能標準的で可もなく不可もなしといったところ。

それよりも少し新しいドラレコが「DR-SJP1」です。こちらはスマホと連携することが前提のモデルで本体画面がない分、小型化され装着時の見た目もスマートです。スペック表を読む限りDR-SPJ1は現行のドラレコマーケットの中ではアッパーミドルクラス機能を有しており、今買うならこちらのモデルおすすめします。


ちなみにこちらの元の製品は、韓国のBLACKVUE社が販売するDR590W-2CHという機種です。同社の製品群の中ではいくつかの機能を省いた廉価版という位置づけで、令和2年5月の現在、Amazonでは33,900円で売っていました。Jeepロゴは入りませんが半値近いので、ポチる方がお得ですね。

ブラックをまとった”夜の鷲”が再登場

ジープグレード展開ボディカラー設定を絞っていることもあり、定期的特別仕様車限定販売し、カタログにない個性的なモデル市場へ供給しています。

引用:http://urawa.fivestartoto-blog.com/

2020年の5月9日に発売となったばかりの特別仕様車が「Night Eagle(ナイトイーグル)」です。現行チェロキーにNight Eagle限定販売されるのは2018年に続いて二度目です。その名をイメージさせる外装は、ベース車となるLongitudeにはないボディカラーグラナイトクリスタルメタリック」となり、随所にブラックパーツをあしらったスタイリッシュデザインです。

特別装備としてフロントまわりの印象を引き締めるブラックフロントグリルブラックフォグランプベゼルブラックウィンドウモールディングブラックルーフレールなどで統一。またベース車に比べて大径化した18インチブラックアルミホイールも採用されています。


Jeepバッヂブラックでコーディネートされ、インテリアにもピアノブラックアクセントパーツが用いられるなど、渋い大人の仕上げになっています。

エンジンスペック等機能面変更はないものの、Night Eagleの価格は452万円Longitudeに比べてわずか3万円のアップです。アルミタイヤインチアップだけでもお釣りがきそうな感じですが、限定台数200台なので、前回買いそびれた方などお早めにご検討されてはいかがでしょうか。

引用:https://www.autocar.jp/

以上、ジープチェロキーおすすめオプションをご紹介しました。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>チェロキーの値引き相場レポート!

チェロキーを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「ナビクル車査定」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽ナビクル車査定の公式サイトはコチラ▽

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

メニュー