クルドラ

日産ルークスの値引き相場レポート!実販売データから合格ラインを算出!


ルークス購入を考えている方が一番気になっているのがどのくらい値引きが可能なのかだと思います。

そこで今回は

  • ・ルークスの値引きの相場・限界
  • ・商談、交渉のコツ
  • ・実際の購入者の口コミ

特にこの辺りの情報を包み隠さずご紹介します!

どうしてこんな普通は手に入らないようなリアルな情報を書けるかというとそれには理由があって…

管理人
実は管理人友達日産の営業マンをしているのです。

なので現場リアルな情報が入ってきます。

このページには最新値引き情報とルークスのおすすめポイントだけをフォーカスしていますので最後まで見ていただけると嬉しいです!

値引きの相場、限界は?【2021年7月最新】

ルークス値引き相場はズバリ

車両本体 20万円
オプション値引き 15%

合格目標になります。

モデルチェンジから1年が過ぎ、ルークス値引きが緩んできています。

これからしばらくはマイナーチェンジなども控えていないので、ほぼ変わらず推移するでしょう。

「eKスペースとの兄弟車競合効果的だった

「日産店プリンス店サティオ店で競わせて値引きUPした

などの口コミが上がってきています。

ちなみにこの目標金額は、月間自家用車、情報誌グーネット、ザ・マイカー、ベストカー、オートックワン、価格.com、みんカラ、管理人独自の聞き取りなどから値引き額の上位30%の平均で出しています。

もちろんグレードやオプションによっても差が出ますし、値引きが目標に届かない場合もありますので、その時は他のサービスを付けてもらうなどで頑張りましょう。

ライバル車と競合させる

もうルークスに決めてしまっている場合でも、値引きのためには他のクルマ迷っていることにするのは鉄板です。

カテゴリ性能が全然違うクルマを出してしまっては効果も薄いので、ルークスに近いクルマを出しましょう。具体的にルークスの場合はN-BOXタントスペーシアそれにeKスペースとの兄弟車競合も絡めましょう。これらの名前を出すとライバル車として値引き効果的です。

これらのライバル車見積もりをあらかじめ取っておけば、営業マンにもより本気度が伝わります。

購入者の声

「N-BOXとタントとの競合で上手くいきました」

大分県 30代 男性
購入したグレード:ハイウェイスターG
値引き額:15万円
サービス:納車時ガソリン満タン

感想:近くに三菱店がなかったのでeKとの兄弟車競合はあきらめてN-BOXとタントの競合車競合作戦で行きました。

あらかじめ見積もりを取っていてタントが14万値引きしてくれるからこれ以上勉強してくれるならルークスで決めるよ。

とコロナの影響もあるので販売店にも短期決戦でお願いしました。

営業さんが奥で店長さんと相談した結果、下取りの査定額5万アップに本体から15万値引き、付属品からも10万サービスしてくれるということだったのでもちろん即決しました!

ルークス同士を競合させる

ライバル車による競合でうまくいかなかったときは、経営資本の異なる日産同士競わせる方法も有力です。
日産○○○○の部分が違えば実際は別会社ですので、同じルークスでも違った値引きが出てきます。

基本的には、隣県まで足を伸ばせばまず間違いありません。

オプション値引き

オプションからの値引き車両本体値引き同様、大切なポイントです。

ルークスの場合は選択用品価格の概ね20%程度を目標に交渉するようにしましょう。

また、契約直前だけに通用するやり方ですが、「このオプションをサービスで付けてくれたら契約するよ」と言えば、ちょっとしたオプションなら付けてもらえることもあります。

具体的には

・フロアカーペット
・親水鏡面ドアミラー
・プラスチックバイザー
・ウィンドウ撥水12ヶ月
・クリーンフィルター(花粉/におい/アレルゲン対応タイプ)
・ラゲッジマット
などがねらい目です。

もちろんサービスしてもらうものなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙うのがポイントです。ハンコ印鑑証明を用意しておくなどして本気度アピールしましょう。

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに、“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロです。

黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。

ですのでおすすめのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。

「予算は○○万円なので、これ以上は1円も出せません。オプション品込みでこの予算内に収まるなら即決するよ」

などと勝負を賭ける方法もあります。

ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることが多いです。

値引きのコツは何度でも交渉すること

値引きは粘り強く交渉することが基本です。

ルークスの場合、最初は5万円程度値引き額を提示されることが多く、それ以上を求めないとできる値引きもしてくれないので結果的損をすることになります

交渉停滞したら必要に応じて「また後日に、、、」と仕切り直しを求め、こちらには余裕がある雰囲気を感じさせるのも大事なポイント。

軽自動車値引きが少ないとあきらめず、ギリギリまで粘って交渉するようにしましょう。

セール・決算狙い

期末セール在庫一掃的なセールに合わせ値引きを狙う方法もあります。

決算期も相場以上のビックリするような値引きもあり得ますので
■中間の決算期(8月下旬~9月末)
■年度末の決算期(1月3月
■夏のボーナス時期の6月7月
■冬ボーナス&年末商戦期の12月
こうしたタイミングを見計らって値引き交渉してもいいかもしれません。

納期は標準的

1~2カ月と標準的な納期です。

今は買っても良いタイミング

ルークスはモデルサイクルを考えると、マイチェンはあるにしてもフルモデルチェンジはまだまだ先の話なので値引き金額もあまり動きません。

2~3カ月待てばもっと安く買えていたのに…」

といった心配もありませんので今買ってもOKです。

細かいサービスのオマケをお願いする

思うように値引きが引き出せなかった場合でも、

  • ・総支払金額からの端数切捨て
  • ・ボディーコーティング・メンテナンスパック
  • ・登録手数料のサービス・半額
  • ・納車時ガソリン満タン
  • ・ローンを組むなら金利の引き下げ


などは特に契約直前が一番ワガママを聞いてくれるタイミングですから、オマケでお願いするのを忘れないようにしましょう。



特にコーティングは、もともと半分がディーラーの利益なこと、納車前の汚れを落とさなくてよくなるなのでサービスしてもらいやすいです。

また、任意保険の加入・切り替えの時期が近いなら、新車購入時にそのディーラーで加入することで、ディーラー・セールスマンの成績となるので、その分値引きを上乗せしてもらえることもあります。

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!


ディーラーイメージ
新しく車を買うときにはその販売店で今の愛車を下取りに出すことが一般的です。購入と売却をワンセットで行えるので手間もかからずにお得な気もしますが・・・

管理人
実はディーラー査定は安いことが多いってご存知でしたか?

理由は簡単。競合がいないからです。

なのでこの下取りで損をしている人がめちゃくちゃ多いんです。


営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です


管理人
と言われてもその金額が妥当なのか、安いのかプロでもないのにわかりませんよね。


しかし営業マンに言われるがままでは損をしてしまうことも…

下取り額を大幅にアップさせる方法


査定額イメージ図
同じ車でもどこに売るかで査定額は変わります。

下取りに出すときに損をすることなく、むしろ下取り額アップに成功した人に話を聞くとある共通点がありました!

答えは簡単です。複数の車買取店を競合させて愛車の買い取り相場を知っておく。

そうすればその査定額をディーラーにバシッと言うだけであっさり下取り額がアップします。

営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です(この金額で収まれば何十万と儲かるな)


あなた
他の買取店で90万円の査定をしてもらってます。これが見積書です。


営業マン
汗汗。では下取り100万でいかがでしょうか?


あなた
OKです。よし!やった!


これはうまくはまったパターンですが、もしダメでもその時は買取店で売ればいいだけの話なのであなたに損は全くありません。

しかし一軒一軒買取店を回るのは手間も時間もかかりすぎます。

そんなときに便利なのが一括査定サイト。複数の買取業者に出張査定してもらえるサービスです。

管理人
管理人がリサーチした結果、圧倒的に利用者が多かったのはナビクル車査定(無料)です


ナビクル車査定が選ばれている理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・最大10社の買取店から最高査定額を選べる
・東証一部上場企業グループが運営
・電話がかかってくるのが面倒な人はメールだけで対応可能

↓ナビクル車査定の公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
無料の一括査定サービスを知らなかったがために、下取りで安く買いたたかれて 「あのとき買い取り査定しておけば・・・」 と後悔している人は多いです。 やったもん勝ちで、100%損をすることのないサービスですのでぜひ活用してください

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「かんたん車査定ガイドって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・中間コストがない直接取引
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)に査定を申し込む↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

スポンサーリンク

 

ルークスの魅力はココだ!

引用:https://topics24.jp/

日産は長らく軽自動車についてスズキや三菱からのOEMモデルを主力として展開してきましたが2011年に方針転換。三菱自動車との共同出資による軽自動車専門の開発会社「株式会社NMKV」を設立しました(NMKVとは、Nissan Mitsubishi Kei Vehicleの頭文字)。

そのNMKV製モデル第1弾2013年初代デイズデイズは全高1600mm台のハイト系ワゴンでしたが、およそ1年後の2014年スーパーハイト系に属するデイズルークス追加設定されました。そして2020年に初のフルモデルチェンジが行われ、名称も”デイズ”が外れ「日産ルークス」として市場へ投入されました。

ご承知のとおり現在の軽自動車マーケット、と言うより日本自動車マーケットにおいて最も売れているのがこのスーパーハイト系と呼ばれる全高1700mm超えの軽自動車です。販売ベスト3は長らくホンダN-BOX、ダイハツタント、スズキスペーシアが固めていますが、日産ルークスでその牙城に切り込むため全方位で開発を主導初代モデル三菱中心の開発体制であったこともあり、2代目は実質”初の日産製軽自動車”となりました。

引用:https://www.autech.co.jp/

新プラットフォームエンジンの投入をはじめ、先進運転支援装備プロパイロットや事故自動通報システムSOSコール等がスーパーハイト系軽自動車へ初めて採用され、正に軽の枠を超え、新たなベンチマークを目指した日産渾身1台です。

Vモーショングリルで二つの個性

先行して発売されたデイズ同様にルークスにも標準系カスタム系エクステリアが用意され、販売の中心となるのは後者カスタム系の「ハイウェイスター」になります。

標準系のフロントマスクにも日産のデザインアイデンティティのVモーショングリルが控えめに入りますが、ハイウェイスターのマスクは大胆にアレンジされ強調されています。実際デザイン開発ハイウェイスターが先行し、その後に標準系が設計されています。

全体のプロポーションの特徴としては、タイヤを限界まで4隅にレイアウトして、どっしりとした安定感を与え、ベルトラインを高く保つことでボディパネルウィンドウのバランスを最適化。さらにフロントウィンドウからルーフへ流れるようなラインを作り上げることでキャビン全体が薄く長いルーミーな印象に仕上げられました。

“軽のミニバン”を感じさせるインテリア

インテリアはクラスを超えたミニバンを思わせるような品質感が目指され、軽自動車としては珍しいインパネからドアに向かってラウンドしたデザインが採用されています。前後シートともにライバル車よりも着座位置が高いため、そのぶん視線の位置も高まり結果としてミニバンに近い見晴らしを実現しました。

また、収納については「助手席カップホルダー&センタートレイ」「引き出しティッシュBOX」「センターロアトレイ」「センターロアBOX」など豊富に用意されていますが、いずれも車内造形にしっかりインテグレートさせ、すっきり片付く内装に仕上げています。

引用:https://gazoo.com/

インテリアカラー標準系がベージュとグレーの中間色グレージュハイウェイスター系ではブラックを基調にネイビーがアクセントとして使われていますが、デイズ同様にオプション内装も用意されています。シート下側に濃いめのブラウン、上側に明るめのモカカラーを使い、インパネにはPVCラッピングカラーステッチをあしらった「プレミアムグラデーションインテリア」は軽自動車質感を超えています。

プロパイロットの性能がブラッシュアップ

2代目デイズ初搭載され話題となったプロパイロット。いわゆるACC(オートクルーズコントロール)に車線維持支援機能レーンキープアシストが融合した機能ですが、当然ルークスへも装備されます。

ルークスへ搭載にあたりプロパイロットマイナーチェンジし、従来単眼カメラですべてをまかなっていましたが、そこへミリ波レーダーが加わり雨天時でもACCが使えるようになりました。ACC速度維持性能エンジンブレーキ制御に加え、油圧ブレーキも介入するように変わり、より正確なスピード制御が可能に。

引用:https://clicccar.com/

カメラおよびミリ波レーダーは、衝突軽減ブレーキなど予防安全システムにも共用され、カメラの視認性が低下する気象条件等でも測距性能への影響がなくなりました。加えて直前を走行するクルマの下にレーダー波をくぐらせ、2台前のクルマの動きも検知。そのクルマと衝突する恐れがあるときは、表示ドライバーへ通知してくれます(インテリジェントFCW)。

その他、ふらつき警報先行車発進通知標識検知機能などは全車に採用。またハイウェイスター系ではSRSニーエアバッグシステム後席ロードリミッター付きプリテンショナーシートベルトLEDフォグランプSOSコール標準装備です。

なお、兄弟車デイズルークス発売後の年次改良ADAS(先進運転支援システム)は同等のものに変更されました。

引用:https://www.webcg.net/

ルークスのおすすめグレードは?

ルークスのパワーユニットは直列3気筒DOHC660ccBR06型エンジンとCVTの組み合わせ。NA(自然吸気)とターボのいずれもSM21モーターと組み合わせたスマートシンプルハイブリッド仕様です。

ターボは最高出力64PS、最大トルク100NmNAは同52PS60Nmになります。

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

このうちターボが選択できるのはハイウェイスター系だけとなり、こうした設定からも垣間見えますが、ルークス販売の中心モデルはやはりハイウェイスターになります。

ルークスグレード全6種標準系がベーシクなSと上級装備のX2グレード。後はすべてハイウェイスター系(以下HWS)となり下からHWS-XHWS-XプロパイロットエディションHWS-GターボHWS-Gターボプロパイロットエディションです。ちなみに全グレードで4WD選択可能となっています。

デイズのおすすめ記事ではターボNAかはどちらも大差ないと紹介しましたが、100kg以上車重の増えるルークスでは出来ればターボおすすめします。

引用:https://blog.nissan.co.jp/

ターボとなると標準系は選べずHWSからの選択になりますが、価格差は同装備で約9万円。但し、ターボには15インチアルミ本革ステアリング標準なので差し引くと実体は6〜7万円差です。ルークスターボエンジンは燃費が良いのも特徴で、NAとはカタログ値で1割程度しか変わらず、それでいてパワートルクは各々2割増7割増しなのでコスパの高いユニットと言えます。

さらにルークスを選ぶなら外したくないのがプロパイロット。こちらが装備されるのは”プロパイロットエディション“となり、ターボ車で比較すると約11万円のアップになります。

プロパイロットルークスの目玉アイテムですが、プロパイロットエディション装備されるのはそれだけでなく、アダプティブLEDヘッドライト両側ハンズフリーオートスライドドアもセットなので決して割高にはなっていません。

引用:https://www.goo-net.com/

結局「トップグレードじゃん」と言われてしまいそうですが、ことルークスに限ってはHWS-Gターボプロパイロットエディションがイチ推しです。

ライバル比較:絶対王者のN-BOXに勝てるか!?

前述したとおりこのジャンルの絶対的王者は、2020年まで4年連続国内販売台数トップを維持しているホンダN-BOXです。

当然ルークスが真正面からライバルとして捉えているモデルになります。

引用:https://www.gqjapan.jp/

N-BOXの強さの理由は、軽乗用車で最も広い室内空間でしょう。全高は1790mmと高く、ホイールベースも軽自動車最長2520mm。後席のスライド位置を後方に寄せると足もと空間が大きく広がり、たためば大容量の荷室になって自転車なども積みやすいです。

しかしながら今やルークスを含めたスーパーハイト系ワゴンのほとんどが遜色ないスペックを誇っているわけで、N-BOXだけの強みとは言えません。それでもN-BOXが強いのはシンプルに歴史が長いことでしょうか。歴史と言ってもせいぜい10年くらいのものですが、当時は単に背の高い軽ならダイハツタントスズキパレットなど既にありましたが、それらと比べるとN-BOXはダントツで広い室内空間でした。

その初代の功績が早々にマーケットへN-BOXイイらしい、広いらしい、すごいらしいと浸透しブランド化。後発のクルマがいかに近い(もしくは上回る)スペックを披露しても、びくともしない商品へと成長し、今も進化を続けています。

引用:https://motor-fan.jp/

2020年末にはマイナーチェンジが行われ、全タイプに標準装備された安全運転支援システムHonda SENSINGや走行性能を進化させることで、日常の安心・快適さを更に向上させました。

発売後まだ1年を過ぎていないルークスN-BOXの勝負の行方はわかりませんが、タントスペーシアより後発のルークスは全ての面で最先端N-BOXの牙城を崩すだけの実力を備えているのは間違いなく、明らかに勝っている部分もあります。例えばルークスプロパイロットは、電動パーキングブレーキを介し再発進機能付きの全車速対応なのに対して、N-BOXACCは時速25kmを下まわると制御がキャンセルされてしまうタイプ。高速道路渋滞時などはその機能がある無しで疲労軽減度はかなり変わるでしょう。

今後、両車の販売実績の推移から目が離せません。

先進技術で、家族はもっと楽しめる

引用:https://www.goodspress.jp/

2代目ルークスでは、子育て家族にフォーカスしてマーケティング活動を行なったと言います。そうした子育て家族がクルマに対してどういうニーズがあるのか調査したところ「家族一緒に出掛けたいと願う一方、子供がグズり、はイライラし、楽しいドライブにならない」というが多かったそうです。

そこでルークスは”目的地までの移動価値あるものに”をテーマに掲げ、数々の先進装備を採用。『先進技術で、家族はもっと楽しめる』という想いのこもったモデルとして誕生しました。

スーパーハイト系軽自動車に求められる要素を高い次元で成立させたルークスは、今最も安心しておすすめできる1台です。

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

以上、日産ルークス値引き相場レポートをお届けしました。

スポンサーリンク

メニュー