クルドラ

エクストレイルのおすすめオプション8つとナビを実際の購入者の声をもとにご紹介!

エクストレイルを購入するとき、悩ましいのがオプション選び。

 

付けすぎると予算をオーバーしてしまいますし、ケチりすぎるとあとでやっぱり付けておけばよかった…と後悔することも。。

管理人
実は管理人は車関係の仕事なので、エクストレイルに乗っている方とお話しする機会もあるのです。

そこで、実際のエクストレイル購入者の「生の声」を元に

  • ・必須のオプション
  • ・できれば付けておきたいオプション
  • ・最もコスパの良いカーナビ
  • ・5YEARS COATは必要なのか?

についてまとめました。

エクストレイルで必須のオプション

SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンエアバッグ(¥75,600)


SRSサイドエアバッグ〈運転席・助手席〉+SRSカーテンエアバッグは安全性向上のためにぜひ装備したいオプションです。

クルマは横からの衝撃に最も弱いですし、欧米では標準装備化も進んでいますので、もしものことを考えても付けておいて損はありません。

NissanConnectナビゲーションシステム(¥327,240)


また、NissanConnectナビゲーションシステムに付属するセーフティサポートとしてセットオプションとなっているアラウンドビューモニター、インテリジェントパーキングアシスト、後側方車両検知警報のBSW、ふらつき警報、クルーズコントロールもそれぞれ単独で装備できるオプションではないためナビゲーションも同時に装着されますが必須と言えるでしょう。

この装備にはオーディオとクルーズコントロールのステアリングスイッチも装備されます。

LEDフォグランプ(¥75,600)


LEDフォグランプ(ヘッドランプなどとセットで¥75,600)もエクストレイルの行動半径の広さから考えれば必須の装備といえます。

プッシュエンジンスターターとインテリジェントキー

低価格グレードにはプッシュエンジンスターターとインテリジェントキーがオプションとなっています。

利便性を考えれば必須の装備といえます。

ラゲージフルカバー(¥20,572)


防水機能を持ったラゲージフルカバーは2列シート車3列シート車に対応しており、荷物固定のラゲッジネットや荷物を外から見えにくくするトノカバーと同様、荷室の使い勝手を向上する面では必須のオプションと言えます。

できればつけておきたいオプション

ルーフレール


エクストレイルは全グレードでルーフレールが装備できます。

積載量を高めたいのであれば装備したいオプションです。

ルーフレールは荷物を載せるためだけでなく、キャンプの時などはテントを張るのに利用したり、野営用のライトを付けられるなどメリットも大きいです。

ただし、装着することにより全高が1770mmに上がりますので立体駐車場を利用する予定であれば、入らなくなってしまわないように注意が必要です。

また、パノラミックガラスルーフという大型のガラスルーフが装備できます。

電動スライド機能など多彩な機能があり、レジャーで使用するには装備を考えたいオプションです。

LEDヘッドランプ

グレードによってオプションとなるLEDヘッドランプはオートレベライザー、フレンドリーライティング作動、シグネチャーLEDポジションランプが付きさらにフォグランプが装備できることを考えると、安全性向上という面もあり装備を検討しても良いでしょう。

インテリアLEDパッケージ

夜間乗車が多ければ、白色LEDによるインテリアイルミネーションとLEDの橙色発光キッキングプレートが装備できるインテリアLEDパッケージや後席を照らすシステムのインテリアイルミネーションの装備がおすすめです。

X-TREMERパッケージ(¥102,652)


迫力ある外観がほしいという場合にはフロントオーバーライダー+フロントアンダーカバーとリヤアンダーカバーで構成されるX-TREMERパッケージを装備するのも良いでしょう。

色が二種類用意されていますが、最初から搭載されているタイプも有り、価格差との検討も必要です。

 

最もコスパの高いカーナビはプレミアムナビ MM518D-L

 

エクストレイルに設定されているカーナビは以下の5種類です。

NissanConnectナビゲーションシステムメーカーオプション
プレミアムナビ MM518D-L318,022円(取付費・消費税込)
ベーシックナビ MM318D-L268,021円(取付費・消費税込)
ベーシックナビ MM318D-W169,530円(取付費・消費税込)
シンプルナビ MJ118D-W118,666円(取付費・消費税込)

「NissanConnectナビゲーションシステム」はメーカーオプションで、先進安全技術とのセットパッケージになっています。そのため、単品で装着することはできません。

NissanConnectナビゲシステムを除けば、最も機能が充実しているのは「プレミアムナビ MM518D-W」です。最も機能が乏しいのは「シンプルナビ MJ118D-W」となっています。

基本的には、価格が高ければ高いほど高性能だと考えても問題はありません。唯一の例外はNissanConnectナビシステムですが、こちらは単品で装着することができないので、セットになっているほかのメーカーオプションが必要ない場合は選ばない方がいいでしょう。

高価格、高スペック、高性能のプレミアムナビ MM518D-L

私がおすすめしたいのはプレミアムナビです。価格が高いという欠点はありますが、その分、高スペック・多機能で、複数のセットパッケージがディーラーオプションとして用意されています。

スポンサーリンク
ナビレコお買い得パック317,151円(消費税込)
ナビレコお買い得パック+ETC336,156円(消費税込)
ナビレコお買い得パック+ETC2.0351,863円(消費税込)
ナビレコツインモニターパック+ETC436,423円(消費税込)
ナビレコツインモニターパック+ETC2.0452,129円(消費税込)

「ナビレコお買い得パック」はプレミアムナビとドライブレコーダーがセットでお得に購入できるセットパッケージ。「ナビレコツインモニターパック」はプレミアムナビとドライブレコーダーに加えて、後席専用モニターがセットになったパッケージです。

ETC車載器もしくはETC2.0車載器がセットになっているパッケージが多いので、セット内容をよく確認し、必要だと感じているアイテムが多い場合はセットパッケージを選ぶべきです。そうじゃない場合は必ずしも選ぶ必要はなく、プレミアムナビの単品購入でも問題はありません。

プレミアムナビ MM518D-Lの魅力

プレミアムナビはセレナ・エクストレイル・エルグランド専用設計となっています。エルグランドのプレミアムナビは8インチモデルで、セレナとエクストレイルのプレミアムナビは9インチモデルなので、実質セレナとエクストレイルだけの専用設計です。

9インチディスプレイを採用しているだけあって、視認性はとても良好。地図上の細かい路地や小さな文字もはっきりと表示してくれます。

また、プレミアムナビはタッチパネルを採用しているのですが、画面サイズが小さいとディスプレイ上のスイッチが小さく、上手にタッチできないことがあります。しかし、9インチディスプレイならスイッチも大きく表示されるため、タッチミスをしてイライラすることもほぼありません。

専用設計というだけあって、プレミアムナビのデザインはエクストレイルに最適化されています。後付け感が一切なく、最初から内装に装着していたかのような一体感が魅力です。

※エクストレイル装着例

大画面の魅力はそれだけではありません。エクストレイルは日産の先進安全技術である「インテリジェントアラウンドビューモニター※1」をグレード別設定しています。

※1 車のフロント・サイド・リアの4点にカメラを設置し、車を真上から見下ろすような形で安全に周囲を確認できるシステムのこと。いわゆる全方位モニターのことで、特にバック駐車をするときに役立つ。

インテリジェントアラウンドビューモニターは左側に全方位視点、右側にバック視点を同時に表示しますが、画面サイズが小さいとディスプレイに映し出された映像がとても見えにくいです。

しかし、9インチディスプレイならばインテリジェントアラウンドビューモニターも大きく表示され、安全かつ快適に周囲の状況を入手することができます。

・5YEARS COATは必要なのか?


5YEARS COAT(ガラスコーティング)は普段あまり洗車をしない方や、回数を少なくしたい方には役に立ちます。

汚れが付きにくいですし、日頃の手入れが楽で、経年劣化が少なくてすみます。

その他、最大5年間の保証とメンテナンスキットが付きます。※保証の条件はメンテナンスクリーナーで手入れして、1年ごとの定期点検を受けること。

逆にコーティングするデメリットですが、

・細かな傷や汚れが付着しても、コーティング被膜を削る研磨剤が使用できない
・費用がかかる(エクストレイルで新車の場合は¥65,340)

くらいです。

頻繁に自分で洗車をする方であれば簡易コートと言われる、ゼロウォーターやスマートミストなんかでも十分だと思います。

オプション選択は後悔の無いように

オプションは購入時にしか付けられないものもあり、取捨選択に頭を悩ますところです。

カスタムパーツや内装オプションを充実させての魅力を引き立たせたいのは山々・・・とは言えいくらでも費用をかけるわけにもいかないですよね。そこで大切になってくるのが値引き額を把握することと愛車の下取り相場を調べて買い換え全体で損をしないことです。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>エクストレイルの値引き相場は?評価、評判をチェック!

エクストレイルを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ


エクストレイルの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

それでも・・・

あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「かんたん車査定ガイドって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

スポンサーリンク

メニュー