クルドラ

アルカナの値引き相場レポート!「外車は値引きできない」は古い!【2024年6月最新】実販売データから合格ラインを算出!

最終更新日 2024/5/30

輸入車唯一のフルハイブリッドE-TECH HYBRID“を搭載したルノーアルカナ購入を考えている方が一番気になっているのが”どのくらい値引きが可能なのか“だと思います。外車値引きをしてもらえないのが一般的・・・ですが、実際どうなのでしょうか?

この記事を読めばわかること
  1. アルカナの値引き交渉の効率的なやり方
  2. オプション値引きとおまけゲットの方法
  3. ライバル車競合はGLAとTロックが効果的
  4. アルカナ同士を競合させるコツ
  5. アルカナの魅力はココだ!

特にこの辺りの情報を包み隠さずご紹介します!どうしてこんな普通はわからないような情報が手に入るかというとそれには理由があって…

管理人
実は管理人の友達がルノー・ディーラーに勤めているので現場のリアルな情報が入ってきます。このページは最新値引き情報とアルカナのおすすめポイントだけにフォーカスしていますので最後まで見ていただけると嬉しいです!

値引きの相場・限界は?【2024年6月最新】

アルカナ値引き相場はズバリ
交渉のレベル車両本体OP値引き
限界まで値引き交渉8万20%
ライバル車を出して交渉5万15%
特に交渉なし0~3万0~10%

値引き難易度:厳しい リセール価値:B+

輸入がスタートしましたが、まだ本体値引き期待薄。オプション値引き下取り額アップで頑張ってもらいましょう。
今の車を下取りに出す前に…査定額をチェック!!
・下取りよりも平均22万もオトク!
・申し込み後すぐに相場額が出る!
ナビクル車査定(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
輸入車の中でもまだまだマイナー感のある車種なため、車両本体価格の割には値引きが期待できる状況です。好条件が揃えばコミコミ10万円超えも不可能ではないかも。
ちなみにこの目標金額は、月間自家用車、情報誌グーネット、ベストカー、オートックワン、価格.com、みんカラ、購入者への聞き取りなどの上位30%の平均で算出しています。

グレードやオプションによって差が出ますし、目標に届かない場合もありますので、その時は他のサービスを付けてもらうなどで調整しましょう。

ライバル車種と競合させるのが基本

ライバル車種との競合で値引きを引き出すには、輸入車クーペ風SUVとしてならメルセデスベンツGLAVW Tロック、国産ハイブリッド勢ならトヨタC-HRホンダヴェゼルなどが効果的。

これらの車名を出すことで、ディーラーの競争意識を煽りどちらにするか本気で悩んでいると思わせられれば、気を変えるためにさらなる値引きを引き出せる場合もあります。

関連記事                                             
ベンツGLAの値引きレポート                                                   
Tロックの値引きレポート                                      
C-HRの値引きレポート                                         
ヴェゼルの値引きレポート
管理人
それぞれのクルマに良いところと悪いところがあるので アルカナのココが気になる…」風を装えばバッチリです。 

アルカナ同士を競合させれば大幅値引きも!

ライバル各社の車名を出しても値引きが思わしくなかった場合でも、同士競合させることが切り札になります。特にアルカナルノーディーラーだけでなく、一部日産ディーラーでも取り扱いがありますので、足を延ばせる距離にある店舗同士競合させてみましょう(日産ルノーの連結子会社)。

オプション値引きは簡単にできる

オプションからの値引き車両本体値引き同様、大切なポイント。営業マンにお願いするだけで手間もかかりません。

アルカナの場合は選択用品価格概ね20%程度目標に交渉しましょう。また、契約直前だけに通用するやり方ですが、このオプションをサービスで付けてくれたら契約するよと言えば、ちょっとしたアクセサリー類なら付けてもらえることもあります。

具体的には

・サイドバイザー
・ブルーワイドドアミラー
・シェードカーテン
・リアライセンスプレートランプカバー
・フロアマットセット
・マルチルーフレール
・トリコロールエンブレム

などがねらい目です。もちろんサービスなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙うのがポイント。

ハンコを用意しておくなどして本気度アピールしましょう。

管理人
どのオプションを付けるかまだ決めかねている方はこちらの記事を見てから決断してくださいね。 参考⇒アルカナのおすすめオプション

 

細かいサービスのオマケをお願いする

思うように値引きが引き出せなかった場合でも、契約直前が一番ワガママを聞いてくれるタイミングですから、

  • ・総支払金額からの端数切捨て
  • ・ボディーコーティング・メンテナンスパック
  • ・登録手数料のサービス・半額
  • ・納車時ガソリン満タン
  • ・ローンを組むなら金利の引き下げ


などはオマケでお願いするのを忘れないようにしましょう。



特にコーティングは、もともと半分がディーラーの利益なこと、納車前の汚れを落とさなくてよくなるのでサービスしてもらいやすいです。

また、任意保険の加入・切り替えの時期が近いなら、新車購入時にそのディーラーで加入することで、営業マンの成績アップになるので、その分値引きを上乗せしてもらえることもあります。

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロ。黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。

ですのでおすすめのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。

予算は○○万円なので、これ以上は1円も出せません。オプション品込みでこの予算内に収まるなら即決するよなどと勝負を賭ける方法もあります。

ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。

値引きのセオリー、セール・決算期を狙う

アルカナのように発売直後新型は中々好条件を勝ち取るのは難しいものですが「輸入車だから…」と気後れすることなく値引き交渉しましょう。車検等に余裕があるなら、いっそ腰を落ち着けて期末セール在庫一掃的なフェアに合わせて値引きを狙う方法もあります。

決算期も相場以上のビックリするような値引きもあり得ますので■中間の決算期(8月下旬~9月末)■年度末の決算期(1月3月)■夏のボーナス時期の6月7月 ■冬ボーナス&年末商戦期の12月

こうしたタイミングを見計らって値引き交渉してみてもいいかもしれません。

納期は普通でも・・・

在庫車がある場合は半月~1か月半。メーカーオプションはありませんが、希望ボディカラーにより輸入待ちになる場合は納車まで4~8か月かかります。モノグレード設定なため、そこを迷うことはないので展示車両があれば積極的に狙っていくのが上手い商談です。「コレでいいから」と切り出せばサービスも引き出しやすいでしょう。

スポンサーリンク

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!


ディーラーイメージ
新しく車を買うときにはその販売店で今の愛車を下取りに出すことが一般的です。購入と売却をワンセットで行えるので手間もかからずにお得な気もしますが・・・

管理人
実はディーラー査定は安いことが多いってご存知でしたか?

理由は簡単。競合がいないからです。

なのでこの下取りで損をしている人がめちゃくちゃ多いんです。


営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です


管理人
と言われてもその金額が妥当なのか、安いのかプロでもないのにわかりませんよね。


しかし営業マンに言われるがままでは損をしてしまうことも…

下取り額を大幅にアップさせる方法


査定額イメージ図
同じ車でもどこに売るかで査定額は変わります。

下取りに出すときに損をすることなく、むしろ下取り額アップに成功した人に話を聞くとある共通点がありました!

答えは簡単です。複数の車買取店を競合させて愛車の買い取り相場を知っておく。

そうすればその査定額をディーラーにバシッと言うだけであっさり下取り額がアップします。

営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です(この金額で収まれば何十万と儲かるな)


あなた
他の買取店で90万円の査定をしてもらってます。これが見積書です。


営業マン
汗汗。では下取り100万でいかがでしょうか?


あなた
OKです。よし!やった!


これはうまくはまったパターンですが、もしダメでもその時は買取店で売ればいいだけの話なのであなたに損は全くありません。

しかし一軒一軒買取店を回るのは手間も時間もかかりすぎます。

そんなときに便利なのが一括査定サイト。複数の買取業者に出張査定してもらえるサービスです。

管理人
管理人がリサーチした結果、圧倒的に利用者が多かったのはナビクル車査定(無料)です


ナビクル車査定が選ばれている理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・最大10社の買取店から最高査定額を選べる
・東証一部上場企業グループが運営
・電話がかかってくるのが面倒な人はメールだけで対応可能

↓ナビクル車査定の公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
※査定額だけ確認してすぐに売らなくてもOKですよ!
管理人
無料の一括査定サービスを知らなかったがために、下取りで安く買いたたかれて 「あのとき買い取り査定しておけば・・・」 と後悔している人は多いです。 やったもん勝ちで、100%損をすることのないサービスですのでぜひ活用してください
それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「ナビクルって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・中間コストがない直接取引
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)に査定を申し込む↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

アルカナの魅力はココだ!

引用:https://www.pen-online.jp/

世界的に見ても日本ハイブリッド車ニーズはダントツに高く、世が急速EV車への流れに向かう中、現在も新車販売半数近くはハイブリッド車が占めています。エンジンモーターを組み合わせたハイブリッド車は、モーターオンリーのEV車へ向かう過渡的なモデルと捉えられているのか、海外ではプリウスに代表されるストロングハイブリッドは殆ど普及せず、小さなモーターを付けたマイルドハイブリッドか、もしくは一気にバッテリーEV(BEV)へと向かっています。

そうした中、突如フランスルノーからブランニューのストロングハイブリッドモデル「アルカナ」が発表、今年5月から発売開始となりました。

トレンドど真ん中のクーペライク・クロスオーバーSUV

アルカナは昨今流行りクーペSUV。エクステリアはルノーのデザイン言語Cシェイプデイライトのマスクから連なり、なだらかな弧を描くルーフラインが特徴。きっちりと200mmが確保された最低地上高にボリューム感のあるサイドフェンダーの造形、その中に収まる大径タイヤホイールなども力強さを感じさせます。

引用:https://vague.style/

一方、インテリアはルノースポール系スポーティなデザインを採用。具体的には運転席周辺のディスプレイ操作系にはドライバーが操作しやすいよう角度がつけられていて、レッドラインが走るドアダッシュボードカーボン調パネルも気分を高めます。このレッド差し色は他にもステアリングシートステッチシートベルトなど随所にも用いられ、アルミホイールにまで効かせているのはフランス車らしいセンスの良さを感じさせます。

パワーユニットにはルノーF1で培ったノウハウを活用したとアピールする独自フルハイブリッドシステムE-TECH HYBRID」が搭載されます。NA(自然吸気)の1.6ℓ直4エンジンに、メインモーターであるEモーターサブモーターHSG(ハイボルテージスターター&ジェネレーター)、これらをつなぐトランスミッション電子制御ドグクラッチマルチモードATで構成されています。

ルノーF1の技術を投じたドグクラッチで走りのハイブリッド

モータースポーツでも使用されるドグクラッチは、一般的なクラッチより軽量コンパクトで、6つギア(エンジン側に4段、モーター側に2段)のコンビネーションにより動力を切れ目なく効率的に引き出せます。燃費だけでなく、レスポンスの良い快適な走りを実現するといい、アルカナのセリングポイントになっています。

引用:https://monomax.jp/

なお、スタート時の走行モード100%EVモードとなるほか、市街地などでの低走行時にも積極的にモーターが活用され、WLTCモード燃費22.8km/ℓに達します。

アルカナのグレードはどうなっている?

アルカナ日本での販売は「R.S.ラインE-TECH HYBRID」という1グレード展開になっていて、海外仕様にある1.3 ℓマイルドハイブリッド直噴ガソリンターボなどは用意されません。また、右ハンドルFFのみで価格は4,290,000円になります。

現行日本仕様アルカナは装備全部盛りでオプション要らず

新車購入時にしか選択できないメーカーオプションは後悔のないよう、じっくりと検討したいところですが、アルカナについては当てはまりません。なぜならメーカーオプションの設定はなく、今回上陸したモデルはいわゆる”全部盛り”状態のグレードオンリーですから。 ACC(アダプティブクルーズコントロール)に電動パーキングブレーキ衝突被害軽減ブレーキはもちろん、国産車では通常メーカーオプションになりがちな360°カメラステアリングヒーターリアクロストラフィックアラートなどまで標準装備。反面、アダプティブハイビームスマホを介したコネクテッド機能など、最新国産モデルで充実し始めた装備がない点はやや物足りないところです。

ディスプレイオーディオ標準でも画面サイズがちょぴり不満?

アルカナの場合、選択が難しいのはナビゲーションシステムでしょう。

標準だと「7インチマルチメディアEASY LINK」という、スマートフォンのミラーリング機能を備えたディスプレイオーディオが付きます。こちらでスマホ地図アプリなどをつなぎナビ代わりに用いるのが基本。デザインはインパネにマッチしていて悪くありませんが、昨今のモデルだとセンターディスプレイ大型化はもはやトレンドで、大きなものだと10.512.3インチ軽自動車でも9インチへ突入しています。

引用:https://www.asahi.com/

それに比べるとアルカナ7インチはやや前時代的。本国フランスでは9.3インチの用意もあるそうですが、インフォメント系のシステムが日本の仕様とマッチしていないようで見送られています。スマホナビでは心もとない方へは、ディーラーオプションナビキットが用意されていて、VICS WIDE対応車載ナビ(おそらくパイオニア製)を7インチディスプレイ表示することができます。

もっとも選択しようにも7月現在、このナビキットETC2.0ユニットは≪準備中≫となっていて、選べるまでにはまだ時間が掛かりそうです。

ライバルは同じフランスの新バッテリーEVシトロエンE-C4

アルカナライバル車をピックアップしてみると、同じ輸入車勢ではガチンコのライバルは見当たりません。 現在輸入されているクルマにはルノー以外、ストロングハイブリッド車はないからです。フランスプジョー3008ハイブリッドというグレードがありますが、こちらは充電もできるPHEV車であり、4WD専用モデルということもあって本体が627万円アルカナ価格レンジからは外れてしまいます。まぁデザイン的にもクーペSUVという雰囲気はやや希薄ですしね。

引用:https://www.gqjapan.jp/

そこで思いつくのが、同じくフランスシトロエンC4。こちらも2022年新型輸入スタートしたばかりのモデルです。前述のとおり当然ハイブリッド車設定はありませんが、新型にはE-C4 ELECTRICというBEVモデルが設定されています。E-C4のエクステリアは、ボディを高く持ち上げたスタイルハッチバックのエレガンスとダイナミズムを備え、そこにSUV的な力強さ個性を融合。正にアルカナデザインコンセプトに近いものが感じられます。インテリアの独創的な造形もしかり。

ボディサイズはややアルカナが大きいといった程度ですが、大型バッテリーを積む分、車重E-C4の方があります。

スペックや装備は拮抗ながら購入価格は補助金で逆転も

日本仕様の装備面ではどちらも”全部盛りグレードなため、若干甲乙つけがたいところもあって、例えばカラーヘッドアップディスプレイ電動ガラスサンルーフE-C4にしかなく、例のディスプレイサイズもこちらは10インチ大型サイズ。片や360°カメラレーンキープアシスト坂道発進アシストなどはアルカナだけの装備。タイヤサイズは両車とも18インチですが、アルカナの方がより”走り“を意識しているのか扁平率の高いタイヤを履いています。

引用:https://www.webcg.net/

気になるのは車両本体価格ですが、当然これはBEVE-C4が高く480万円アルカナの約50万円アップです。な・ん・で・すが、今日本ではEV車に対しては公的な補助金が設定されていて、仮に東京都に住んでいる方ならからの補助補助を合わせると100万円以上受けることができます。

そうするとBEVE-C4ハイブリッドアルカナよりも安く買えてしまう計算に。これは悩みどころですが、そうは言ってもE-C4マイカーとするには、自宅充電設備があることが基本でしょうから、そこのハードルを越えているかが前提でしょうね。

ハイブリッド王国”Nippon“へ上陸したフランスの刺客

完全EV化の世の中へは、今しばらく時間も掛かるという見方が大勢の現在においては、まだまだハイブリッド車メリットが享受できそうです。

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

ルノー日産三菱とのアライアンスを持つメーカーですから、例えば日産のハイブリッドe-POWER流用すれば簡単なところ、高速走行が多い欧州ではそこが苦手e-POWREは不向きと判断。あえて独自開発してきたわけです。

そうしたの入ったニューモデルアルカナは日本ブランドハイブリッド勢を脅かす存在になれるかどうか注目しましょう。

以上、ルノーアルカナ値引き相場レポートをお届けしました。

 

スポンサーリンク

メニュー