クルドラ

マツダ2の【グレード別・2022年1月最新】値引き相場レポート!実販売データから合格ラインを算出!

最終更新日 2022/1/1

インテリアも上質で、硬派な走りや仕様が人気のマツダ2。

G-ペダリングコントロールが採用されて以降はその走りがさらに洗練されました。

そんなマツダ2(旧デミオ)の購入を考えている方が一番気になっているのがどのくらい値引きが可能なのかだと思います。

そこで今回はマツダ2

  • ・値引きの相場・限界
  • ・商談・交渉のコツ
  • ・実際の購入者の口コミ

特にこの辺りの情報を包み隠さずご紹介します!

どうしてこんな普通はわからないようなリアルな情報を書けるかというとそれには理由があって…

管理人
実は管理人の友達がマツダの営業マンをしているのです。

なので現場のリアルな情報が入ってきます。

営業マンが困る、値引き交渉のやり方】まで伝授しますので是非お読みください。

目次

値引きの相場・限界は?【2022年1月最新】

マツダ2の値引き相場はズバリ

ガソリン車 車両本体 22万円
ディーゼル車 車両本体 24万円
オプション値引き 20%

が合格目標になります。

値引き難易度:普通

特に交渉なし:10~15万

マツダ2は安売りしたくないというマツダの方針があるのでモデル末期にしては値引きがやや厳しいです。ハイブリッドがありませんのでそこを突いて値引きを広げるのも手。

特に地方は値引きが出づらい状況です。都市部に行ける方はなるべく足を延ばしましょう。

グレード別の値引き相場

エンジンタイプグレード名車両本体価格(税込み)値引き相場
(オプション含まず)
ガソリン15C145万9,150円〜14万円
15S157万3,000円〜15万円
特別仕様車
15Sスマートエディション
159万8,000円〜16万円
15Sプロアクティブ169万4,000円19万円
特別仕様車
15SプロアクティブスマートエディションⅡ
179万8,000円〜23万円
特別仕様車
15Sブラックトーンエディション
174万8,500円〜24万円
ディーゼルXD190万3,000円〜23万円
XDプロアクティブ199万1,000円〜24万円
特別仕様車
XDブラックトーンエディション
206万5,000円〜25万円
XDプロアクティブSパッケージ215万6,000円〜26万円
特別仕様車
XDサンリットシトラス
222万2,000円〜26万円
XD Lパッケージ245万8,500円〜27万円
管理人

ワンポイント


1月は新車販売店の稼働日数も少なく、時間がないのですんなり値引きが出やすいです。
「お年玉値引き」などいつも以上の条件をゲットしましょう。
コロナ禍で中古車価格が上がり、下取り車の査定額も高くなっているので買い替えのチャンスです。

"カーナビ無料装着"や"期間限定の低金利ローン"などのキャンペーンは誰でも付けてもらえるものなので、満足せずに本体値引きを狙うのが鉄則です!
ちなみにこの目標金額は、月間自家用車、情報誌グーネット、ベストカー、オートックワン、価格.com、みんカラ、管理人独自の聞き取りなどから値引き額の上位30%の平均で出しています。

もちろんグレードやオプションによっても差が出ますし、値引きが目標に届かない場合もありますので、その時は他のサービスを付けてもらうなどで頑張りましょう。

マツダ2の未使用車(新古車)、中古車もオトクに買える

マツダ2は人気もあり、販売台数も多いですから登録しただけで全然走っていない未使用車も市場にたくさん出ています。

新車に比べて数十万円から安いこと、納期も短くて済むメリットも大きいです。

新車商談では未使用車も同時に検討しながら進めるのがベターです。

また、未使用車だけでなく、走行距離が短い中古車も視野に入れて探してみるのも賢い選択です。

ライバル車種と競合させるのが基本!

マツダ2とライバル車

ライバル車種との競合で値引きを引き出すのにはフィット、アクア、スイフトなどが効果的です。

これらの名前を出すことにより競争意識を煽り“どちらにするか本気で悩んでいる”と思わせられれば、気を変えるためにさらなる値引きを引き出せる場合もあります。

管理人

それぞれのクルマに良いところと悪いところがあるので

「マツダ2の悪いところが気になる…」風を装えばばっちりです。

欠点、不満点に関しては下の記事を参考にしてください。

参考⇒マツダ2の6つの欠点に関する口コミ!オーナーならではの不満点を集めました

購入者

「値引きとサービスが充実していたのでデミオに決めました!」
福島県 40代 男性
購入したグレード:13S Touring L Package
値引き額:13万円
サービス:スタッドレスタイヤ交換無料、ディーラーオプション ナビ
感想:デミオがイメージしていた大きさとちょうどマッチしていました。
アクアとも迷ったのですが、実際に商談をして、デミオの方が条件や、特典も良く

・下取り入庫キャンペーンで査定額に5万円上乗せ
・ディーラーオプション ナビ無料プレゼント

という特典が、ありました。
通常の値引きは、ほぼ同じだったのですが、特典分を考えるとデミオの方が、断然お得になってきます。これでも既に十分な条件かとも思いましたが、最終的に「もう1つなにかサービスしてください!」とお願いしてみると、営業マンさんが

「では今年のスタッドレスタイヤ交換を、無料で実施させていただきます」
とありがたい申し出までしてくれて感激しました。
アクアももちろん良い車だと思いましたが、今回はデミオの方が、値引きも、サービスも上回っていたのでデミオに決めて良かったと思います!

マツダ2同士を競合させれば大幅値引きも

ライバル車種の名前を出しても値引きが思わしくなかった場合、マツダ2同士を競合させることも効果的です。

マツダ2はマツダ店、オートザム店で扱われていて、マツダ○○の○○部分が少しでも違うところが別会社で別資本ですので、その複数店舗を回り、「他店ではここまで値引きしてくれたよ」ということを伝えれば値引きが大きくなることが期待できます。

経営の違いはメーカーではなく販売店のHPを見ると、どことどこで違っているのかわかりやすいです。

基本的には隣の県まで足を伸ばせば必ず別会社になります。

また、いくつかのマツダ店を回ることで、中には販売ノルマに未達のディーラーや営業マンに遭遇するときもあります。

そのときは鼻血が出るくらいがんばって値引いてくれますのでかなりラッキーです。

 

それでも値引きに満足できないときはサブディーラーを当たってみる

ライバル車との競合や別資本ディーラー回りでも満足できる値引きを得られなかったときはサブディーラーを当たるのも1つの方法です。

サブディーラーとは新車販売も手掛けている自動車整備工場、中古車販売店のことです。

表の看板に「各種自動車販売」、「各メーカー(全メーカー)新車販売」と書かれていたらそれです。スバルサブディーラー

マツダ系サブディーラーは「オートザム」が付いているのがわかりやすいですが、それ以外はなかなか探しにくく、普通に検索しても出てこないことも普通です。

そんな時は中古車販売サイトで、探している自動車メーカーの車種の「走行距離0~1,000km」、「住んでいる地域で」検索してみてください。

新車が出てくれば、その店舗はサブディーラーとして新車販売もしているということです。

メリット、デメリットや正規ディーラーとの違いなどはサブディーラーでも新車はオトクに買えるのかで解説していますのでチェックしてみてください。

値引きが大きくなる時期

1年のうちでもさらに値引きが大きくなる時期があり、一般的に以下の表のようになっています。

値引きが多くなる時期
1月~3月末
(年度末決算セール)
約5万円
6月~7月末
(夏のボーナス商戦)
約3万円
8月中旬~9月末
(お盆明け~中間決算セール)
約4万円
11月~12月末
(ボーナス&年末商戦)
約3万円

この時期にマツダ2を買うタイミングならさらに大きい値引きが期待できます。

決算期も相場以上のビックリするような値引きもあり得ますのでタイミングを見計らって値引き交渉してみてもいいかもしれません。

オプション値引き

オプションからの値引きも本体車両からの値引きと同じなので大切なポイントです。
マツダ2は本体値引きもオプション値引きも渋めですが、そこは粘って交渉を行い、実質的な高額値引きに繋げましょう。

マツダ2の場合はやや低めの15%程度を目標に交渉しましょう。

また、契約直前だけに通用するやり方ですが、「このオプションをサービスで付けてくれたら契約するよ」と言えば、ちょっとしたオプションなら付けてもらえることもあります。

具体的には

・MAZDASPEEDステッカー、エンブレム
・アクリルバイザー
・フロアマット
・フットレスト
・ラゲッジルームマット
・カーゴボックス
・保安用品セット

などがねらい目です。

もちろんサービスしてもらうものなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙うのがポイントです。

また、ハンコを用意しておくなどして本気度をアピールしましょう

管理人

どのオプションを付けるかまだ決めかねている方はこちらの記事を見てから決断してくださいね。

参考⇒マツダ2のおすすめオプション7つと不要オプションを実際の購入者の声からご紹介!

予算は伝えるべきか?


値引き交渉をするときに、“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロです。

黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。

ですのでオススメのやり方としては、

これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが…、

最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。

「予算は○○万円なので、これ以上は出せない。でもこの予算内でオプションなどもサービスしてくれたら即決してもいい」

などと勝負を賭ける方法もあります。

ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。

 

ディーゼル車がやや長めの納期

1~3か月となっています。
ガソリン車の方が納車まで早く、1~2か月程度、ディーゼル車が2~3か月かかることが多いです。

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!


ディーラーイメージ
新しく車を買うときにはその販売店で今の愛車を下取りに出すことが一般的です。購入と売却をワンセットで行えるので手間もかからずにお得な気もしますが・・・

管理人
実はディーラー査定は安いことが多いってご存知でしたか?

理由は簡単。競合がいないからです。

なのでこの下取りで損をしている人がめちゃくちゃ多いんです。


営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です


管理人
と言われてもその金額が妥当なのか、安いのかプロでもないのにわかりませんよね。


しかし営業マンに言われるがままでは損をしてしまうことも…

下取り額を大幅にアップさせる方法


査定額イメージ図
同じ車でもどこに売るかで査定額は変わります。

下取りに出すときに損をすることなく、むしろ下取り額アップに成功した人に話を聞くとある共通点がありました!

答えは簡単です。複数の車買取店を競合させて愛車の買い取り相場を知っておく。

そうすればその査定額をディーラーにバシッと言うだけであっさり下取り額がアップします。

営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です(この金額で収まれば何十万と儲かるな)


あなた
他の買取店で90万円の査定をしてもらってます。これが見積書です。


営業マン
汗汗。では下取り100万でいかがでしょうか?


あなた
OKです。よし!やった!


これはうまくはまったパターンですが、もしダメでもその時は買取店で売ればいいだけの話なのであなたに損は全くありません。

しかし一軒一軒買取店を回るのは手間も時間もかかりすぎます。

そんなときに便利なのが一括査定サイト。複数の買取業者に出張査定してもらえるサービスです。

管理人
管理人がリサーチした結果、圧倒的に利用者が多かったのはナビクル車査定(無料)です


ナビクル車査定が選ばれている理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・最大10社の買取店から最高査定額を選べる
・東証一部上場企業グループが運営
・電話がかかってくるのが面倒な人はメールだけで対応可能

↓ナビクル車査定の公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
※査定額だけ確認してすぐに売らなくてもOKですよ!
管理人
無料の一括査定サービスを知らなかったがために、下取りで安く買いたたかれて 「あのとき買い取り査定しておけば・・・」 と後悔している人は多いです。 やったもん勝ちで、100%損をすることのないサービスですのでぜひ活用してください

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「ナビクルって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・中間コストがない直接取引
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)に査定を申し込む↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

スポンサーリンク

2021年6月のマイナーチェンジの主な内容

・ガソリンエンジン搭載グレードのエンジンが、より圧縮比を高め(12:1→14:1)、環境性能を向上(WLTCモード燃費で最大6.8%アップ)させたものに変更
・ワイヤレス充電機能とApple CarPlayワイヤレス接続機能をオプション設定
・4WD車にワイパーデアイサーを標準装備
・ボディーカラーに新色「プラチナクオーツメタリック」を全グレードで追加
・特別仕様車、サンリット シトラスを追加設定

2020年5月の大幅マイナーチェンジの主な内容

・1.3ガソリンエンジンが廃止となり1.5ガソリンエンジンに変更
・電動パーキングブレーキを採用
・先進安全技術「i-ACTIVSENSE」にマツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)[全車速追従機能付]を装備
・360度ビューモニターメーカーオプションに追加(一部のグレードを除き)。全グレードサポカー Sワイドに相当する。
・スーパーUVカットガラス(フロントのみ)に加え、IRカットガラスを採用。
・一部グレードにはフロントグリルガーニッシュ(グレーメタリック)、フォグランプを標準装備。

2017年11月のマイナーチェンジの主な内容

・先進安全技術「i-ACTIVSENSE」をレベルアップ
・特別仕様車に「Noble Crimson ノーブル・クリムゾン」を追加
・ボディカラーに「ソウルレッドクリスタルメタリック」の採用(ソウルレッドプレミアムメタリックよりも彩度を約2割、深みを約5割増す)
・先進安全技術「i-ACTIVSENSE」に被害を軽減する自動ブレーキ「スマート・シティ・ブレーキ・サポート[前進時](SCBS F)」を改良してアドバンストSCBS(スマート・シティ・ブレーキ・サポート)に(歩行者などへの衝突回避のサポートが80km/hまで伸びた)
・車線逸脱警報システム(LDWS)、ハイビーム・コントロール・システム(HBC)、スマート・シティ・ブレーキ・サポート[後退時]、(SCBS R)リアパーキングセンサー(センター/コーナー)標準装備
・交通標識認識システム(TSR)を追加。(13C、15MB、13S、XD、13S/XD回転シート以外)

セールスポイントはエクステリア


マツダ2の独特の外装ですが、カッコ良さのあるフロントと落ち着きのあるリアは多くの世代で人気があります。

また、ハイブリッド機能を採用していないマツダにはディーゼルエンジンがあります。

これはハイブリッド車に迫る機能があり、燃費では30とやや物足りなさを感じますが、総合的な走りに関しては満足する人が多いです。

車体価格がやや高めなのは気になってしまいますが、値引き幅もある程度ありますので、トータルではライバル車ともあまり変わらないので他社とのコンパクトカー争いにも遅れを取っていません。

評判、評価は?

demio01

マツダ2は燃費は30km/lですので、他社のライバル車には劣りますが、それ以上に支持を集めている理由があります。

まずはフロントマスク。マツダ2のフロントマスクは初代と比べて大きく変わっています。

マツダ独特の顔立ちでカッコ良さを醸し出しています。

また、エンジン性能が長けていて走行性が高いのも人気を集める要因です。

インテリアでもコンパクトカーながら高級感があると評判です。

車体価格は少し高めですが、値段以上の満足感を得られます。

 

ベストグレードはXDツーリング

ディーゼル車はガソリン車よりも30万円ほど高いですが、それを補って余りある動力性能があります。

ツーリングとLパッケージの差はシートやインパネの加飾で価格差も6万円ほど、メーターも変わりマニュアルエアコンになるなど装備も上がります。

乗りつぶすならディーゼル

マツダの顔を持つコンパクトカーとして人気の高いマツダ2ですが、コストパフォーマンスを考えた場合、どの様なエンジングレードが良いのか調べて見ます。

車のグレードとして3種類の選択が有りますが、最安値のグレードで180万円から200万円、中間のグレードで195万円から215万円、ハイグレードでは200万円から220万円となります。最安値価格と最高値の差はおおよそ40万円の開きがある事になります。

燃料費のコストで言えばディーゼルエンジンが良いと言う事になりますが、マツダ2の場合ガソリンエンジンでも24.6km/Lの低燃費を実現していますので、そこにはほとんど差が無いと考える方が良いです。

乗りつぶす予定の方や、頻繁に長距離を走る方にはディーゼルエンジンの方がコストパフォーマンスが良くなります。

リセールを考えて選ぶ場合のカラー、グレード、オプション?

将来的に車を手放す際の価格は少しでも高い方が良いと思いますが、マツダ2を購入する場合にも、同じ事が言えます。

それは人気のある色であったり、オプション装備が充実していたりです。

また、メーカーオプションでメーカーカーナビ、バックモニター等が有りますので、多少購入時の価格が上がってしまいますが、是非とも付けておきたいです。

更にエアロパーツやアルミホイールは見た目にもカッコよさをより引き立ててくれますので、こちらも検討される方が望ましいと考えます。

グレードに関しては特別仕様車のXD Tailored BrownやXD Noble Crimsonにしておけばリセールには強いでしょう。

ボディカラーの人気NO.1はソウルレッドクリスタルメタリック

ボディカラーの人気はマツダの象徴でもあるソウルレッドがダントツです。

特別塗装色のため、メーカー希望小売価格54,000円かかりますが、それでもこの色を選ぶ方が多いです。

人気から上位3つは

  • ソウルレッドクリスタルメタリック
  • ソニックシルバーメタリック
  • スノーフレイクホワイトパールマイカ

となっています。

買って満足したポイント

購入者
グレード:15Sツーリング

「買って良かった」

どのグレードでも歩行者対応自動ブレーキとサイド&カーテンエアバッグ、斜め後ろの車両検知が付いているので安全面では深く考える必要がないのがGOOD!

購入者
ディーゼルなのでガソリンの価格高騰をしり目に優越感に浸れる。

お買い得感がある車。

買って後悔したポイント

購入者
グレード:15C

「買って失敗かも」

このサイズの車の中でも後席と荷室が狭く感じますね。

後席背もたれが一体可倒式だしカップホルダーが1つなのも不便。

グレードを上げて15Sツーリングにしておけばよかった。

安全装備はコンパクトカー屈指

全車
システム名称i-ACTIVSENSE
システムの構成ミリ波レーダー+カメラ
自動ブレーキ対車両(昼夜)標準装備(自車4~80km/h)
対歩行者(昼)標準装備(自車10~80km/h)
対自転車設定なし
踏み間違い加速抑制装置標準装備(前進、後退)
車線逸脱警報標準装備(自車45km/h以上)
ブラインドスポットモニター標準装備
オートマチックハイビーム標準装備
レーダークルーズコントロールオプション
サイド&カーテンシールドエアバッグ標準装備

demio05
マツダ車のコンセプトは、”楽しく走行するには安全性があってこそ”です。

マツダは先進安全装備を差別化せずに搭載しているので、最も小さいマツダ2でも自動ブレーキとサイド&カーテンエアバッグ、このクラスでは珍しい斜め後ろの車両検知まで全グレードに装備されています。

事故を防ぐのではなく、その前に危険を未然に防ぐという事でアダプティブLFDヘッドライトも装備されています。

また、ブラインドスポットモニタリングも搭載され車線逸脱警報システムの他、ドライバーアテンションアラート、スマートブレーキサポート、AT誤発進抑制制御など数多くの安全装備が搭載されています。

一部オプションのになっているのもありますが、危険を未然に防ぐという事で、他社を上回る機能を有しています。

収納スペースは?

demio07
収納スペースはあまり多くはありません。

ボディが小さいので荷室もそれなりのサイズです。

グローブボックスは広いので使い勝手も良いですが、全体的には他車と比べると、物足りなさを感じてしまうかもしれません。

ETCは、運転席のサンバイザー裏という変わった場所についています。うまくスペースを利用していて、この発想はとても面白いと思います。

居住性・快適性は?

マツダ2の室内長は1805mm、室内幅が1445mm、室内高が1210mmとなっています。

ソリオなどのハイトワゴンタイプの車種に比べると背が低くなるので狭く感じてしまいますが、マツダ2は他社のコンパクトカーと比較すると、飛び抜けて広い数字とは言えませんが全体でバランスが取れており、総合的には広い方です。

特別仕様車にはステアリングヒーター、Lパッケージには本革シート&前席シートヒーターが装備と充実しています。

シートなどの質感も非常に良いので居心地が良く、ずっと乗っていたくなる内装デザインとなっています。

フロントではゆったりと寛げるスペースはあるので、快適性にも不満は全く感じません。

走行性能・エンジン性能は?

demio08
マツダ2の馬力は92ps、最大トルクでは12.3kgf・mとなっています。

車体重量が1020kgとなっているので、92馬力があれば走行性には難がなく快適な走行が実現されています。

エンジンも水冷直列4気筒DOHC16バルブとなっているので、標準ではありますがこのサイズの車であれば十分な性能を発揮できます。

排気量も1300ccとなっているので、力不足はなく大人4人が乗っても十分な加速ができます。

ディーゼル車ではもっとパワーが上がるので、ハンドリングの正確性やキレが良くなり、より満足感を得られることは間違いないです。

優れているところは

demio02
マツダ2は、マツダが生み出す新鮮なデザインを、体現している自動車のひとつです。

見た目が良く、ヨーロッパの街の通りを走り抜けるような、小粋な雰囲気を持っています。

インテリアはゆったりとして、落ち着いた大人の居場所としての風格があります。

忠実なバトラーのように、乗っている人をグレードアップさせる魔法を使える不思議な車です。

ウイークポイントは

マツダ2のウイークポイントはもともと、道路が凸凹しているところでリアサスの想定以上の揺すられ感があるので、路面が悪いところや首都高でもきつく感じます。

それ以外にもマツダ流の「魂動」デザインを採用したことでキャビンスペース、特に後席と荷室が極狭になってしまっています。

フロントガラス、サイドガラスも近く、Aピラーもすぐそこにあるように感じて圧迫感がすごいです。

スポーツカーじゃないのでもう少し運転席周りを広く取ってほしかったのが本音です。

逆に、サイズが4mオーバーとやや大きすぎることも気になります。

そのため、例えばカーフェリーに乗せた場合は船賃がかなり高額になってしまいます。

スタイル重視型の反面、積載スペースや後席の居住性が若干削られているのも物足りない面と言えます。

フロントデザインのバリエーションも一種類しかないのも物足りなく、廃止されてしまったベリーサの代わりになるようなかわいらしさ方向にデザインをしたモデルがあってもいいかもしれません。

ライバル視している日産ノートと競わせる

マツダ2のライバル車種といえばたくさんありますが、中でもノートが一番手にあがるでしょう。

売上を見てもほぼ同じぐらいで推移していますし、これはマツダの社員から聞いた話しですが、日産は特にマークしているみたいなのです。

どういうことかと言いますと、去年私が車を色々探しているときに話しですが、マツダでマツダ2を試乗したあとに「結構狭いな」と言いました。

すると営業の方が他にも試乗はされましたかと聞いてきたので、ノート試乗したらすごく広かったと言ったんです。
実際車内の長さでいうとノートのほうが約20cm長いんです。

見積りもらった後日に試乗に訪れていたので、自然と試乗の後は金額の話しになりました。

するとこちらは何も言ってないのに、営業マンがこの見積り金額からこれだけ引かせて頂きます。と言い出したのです。

びっくりした私は色々聞いてみると、日産にはお客さんを取られたくない、その中でもノートは競合車なので早く決断してもらいたい。と言ってきたのです。

このことからもわかるように、相当気合入れてお客さんを取られないようにしてますしノート、もっといえば日産を非常にライバル視しています。
demio03

ディーゼル車は実燃費も良く経済的

ディーゼル車の実燃費

  • ・高速道路中心の燃費:24~28km/L
  • ・郊外・幹線道路の燃費:19~23km/L
  • ・渋滞のある市街地の燃費:17~20km/L

ガソリン車の実燃費

  • ・高速道路中心の燃費:20~23km/L
  • ・郊外・幹線道路の燃費:16~19km/L
  • ・渋滞のある市街地の燃費:14~17km/L

マツダ2の燃費はディーゼル6MTの最も優れたモデルで30.0km/lと優れた数値を出しています。

実燃費に関してはガソリンモデルで16~19km/l、ディーゼルエンジンモデルで19~23km/lとなっています。

ディーゼルのオートマチックの場合は26.4km/lですが、二酸化炭素排出量ベースではディーゼルはガソリンの同数値と比べて二割多くなるそうで、24.6km/lの燃費を誇るガソリン車と比べた場合、燃料コスト面では明らかにディーゼルですが、環境問題の点では排ガスも含めて考えるとややガソリンに分があるという複雑な状態でもあります。

15MBというモデルはプレミアムガソリン仕様で116馬力1.5リッターエンジンで19.2km/lで、他メーカーなら近い馬力でもう少し燃費がいいものがありそうですが、燃費で選ぶタイプのグレードではないとも言えます。

 

スポンサーリンク

メニュー