クルドラ

知らないと大損するCX-5の【グレード別2022年10月最新】値引き相場レポート!渋い?実際のデータから導かれた合格ラインとは

最終更新日 2022/9/30

ライバル達を凌駕する走行性能で安全装備も充実、コスパを考えてもとってもオトクで人気なマツダCX-5

そんなCX-5の購入を考えている方が一番気になっているのが”どのくらい値引きが可能なのか“だと思います。

この記事を読めばわかること

  1. CX-5の効率的な値引き交渉のやり方
  2. グレード毎の適正な値引き額
  3. オプション値引きとオマケしてもらう方法
  4. ライバル車競合で有効なのはハリアーとRAV4が効果的
  5. CX-5同士を競合させるコツ

特にこの辺りを包み隠さず紹介していこうと思います!(記事の中で詳しく解説!)

どうしてここまでリアルな情報を書けるかというと…

管理人
実は管理人の友達がマツダのディーラーに勤めているので現場のリアルな情報が入ってきます。

営業マンが困る、値引き交渉のやり方】まで伝授しますので是非ご覧ください。

値引きの相場は?[2022年10月最新版]

CX-5の値引き相場はズバリ

交渉のレベル車両本体OP値引き
限界まで値引き交渉26万25%
ライバル車を出して交渉21万20%
特に交渉なし11~14万0~10%

が合格目標。

値引き難易度:やや厳しい

マイチェンを機に引き締め傾向。特に地方が厳しく10万で打ち止めというケースも多いです。

ブログではオプション込みで40万の報告も。

他車では、時期や営業マンなどで値引き金額が変わってきますが、CX-5ではそれらはあまり影響しません。

「RAV4、ハリアーと競わせると反応が良い」
「CX-5同士の競合で値引き額が増えました!」

などの口コミが上がってきています。

グレード別の値引き相場

ガソリン車

グレード(ガソリン車)駆動車両本体価格(税込み)値引き相場
(オプション含まず)
20S2WD267万8,500円15万円
特別仕様車
20Sスマートエディション
2WD270万6,000円16万円
20Sプロアクティブ2WD290万9,500円19万円
25S4WD290万9,500円19万円
特別仕様車
20Sシルクベージュセレクション
2WD304万1,500円20万円
20Sブラックトーンエディション2WD304万1,500円22万円
特別仕様車
フィールドジャーニー
4WD323万1,500円23万円
特別仕様車
25S Lパッケージ
2WD320万1,000円22万円
特別仕様車
25S Lパッケージ
4WD343万2,000円24万円
特別仕様車
25S スポーツアピアランス
2WD325万6,000円22万円
特別仕様車
25S スポーツアピアランス
4WD348万7,000円24万円
特別仕様車
25S エクスクルーシブモード
2WD352万5,500円24万円
特別仕様車
25S エクスクルーシブモード
4WD375万6,500円25万円

ディーゼル車

グレード(ディーゼル車)駆動車両本体価格(税込み)値引き相場
(オプション含まず)
XD2WD299万7,500円13万円
4WD322万8,500円17万円
特別仕様車
XDスマートエディション
2WD302万5,000円13万円
4WD325万6,000円17万円
XDプロアクティブ2WD322万8,500円17万円
4WD345万9,500円20万円
特別仕様車
XDシルクべージュセレクション
2WD336万0,500円19万円
XDブラックトーンエディション2WD336万0,500円19万円
4WD359万1,500円22万円
XD スポーツアピアランス2WD357万5,000円21万円
4WD380万6,000円24万円
XD フィールドジャーニー
4WD355万3,000円24万円
XD Lパッケージ(1番人気)2WD352万0,000円21万円
4WD375万1,000円23万円
XD エクスクルーシブモード2WD384万4,500円25万円
4WD407万5,500円26万円
管理人

グレードの違いがよくわからない方は下の記事を参考にしてください。

参考⇒CX-5のおすすめグレードを比較して検証!後悔しないために選んでおきたいのは?

管理人

ワンポイント


コロナ禍で中古車価格が上がり、買取店が買取価格をアップ→新車ディーラーが下取り車の査定額を高くして対抗の図式になっているので買い替えのチャンス。

特に自社モノは高く下取る傾向にあるので買取店と競争させれば想定外に高く売れることも多いです。
プラスして本体値引きも忘れずにゲットしましょう。
"カーナビ無料装着"や"期間限定の低金利ローン"などのキャンペーンは誰でも付けてもらえるものなので、満足せずに本体値引きを狙うのが鉄則です!
ちなみにこの目標金額は、月間自家用車、情報誌グーネット、ベストカー、オートックワン、価格.com、みんカラ、管理人独自の聞き取りなどから値引き額の上位30%の平均で出しています。

もちろんグレードやオプションによっても差が出ますし、値引きが目標に届かない場合もありますので、その時は他のサービスを付けてもらうなどで頑張りましょう。

ライバル車種と競合させるのは基本!

管理人

ハリアーやエクストレイル、フォレスターなどの競合車と迷っていることをアピールして値引きを引き出すのがコツ。

マツダの営業マンが一番意識しているのがRAV4なのでここを競合のメインに据えましょう。

ハリアーよりも人気は落ちますので、営業マンに”なんとかCX-5を買わせよう”と思わせれば勝ちです。

もちろんライバル車の見積もりを取っておいて交渉材料に使うのも良いでしょう。

好条件が出る場合もあります。

管理人

それぞれのクルマに良いところと悪いところがあるので

「CX-5の悪いところが気になる…」風を装えばばっちり

欠点、不満点に関しては下の記事を参考にしてください。

参考⇒CX-5の7つの欠点に関する口コミ!オーナーならではの不満点を集めました

購入者の声

「RAV4と競わせてうまくいきました」

福岡県 男性 50代
グレード:20S Smart Edition
値引き額:車両本体25万
サービス:オプションから20%値引き
感想:RAV4やハリアー、CX-5の購入を考えていたんですが、試乗でCX-5に決めました。値引きは最初は20万円と物足りなさを感じたので粘って交渉することに。

「実は妻がRAV4がいいんじゃない?って話しててどちらにしようか迷っている。私自身はよくしてくれるあなたから買いたいんだけど」と営業マンの気持ちに訴える作戦に出たところ、営業マンさんが「これ以上は私では決済できないので店長に相談してみます」と奥で5分くらい話した後戻ってきて「25万までなら値引けます。これが限界なのであとは下取り車を3万高くします」とのこと。

総額でも38万値引きまで出て、妻も大喜びのとても満足できる買い物になりました!

CX-5同士を競合させれば大幅値引きも!

ライバル車による競合でうまくいかなかったときは、経営資本の異なるマツダ店同士競わせる方法も有力です。

CX-5全マツダ店で扱われていて、㈱〇〇マツダ〇〇部分が少しでも違うところが別資本=別会社です。その複数店舗を回り他店ではここまで値引きしてくれたよということを伝えればさらに条件が良くなることも期待できます。

近所に知っているお店がなければ、マツダ公式サイトから店舗が検索できます。

⇒ http://www.mazda.co.jp/purchase/dealer/?prefecture=14

例えば神奈川県で検索すると下のような画像が出てきます。

少し見づらいですが、画像には全部で6つディーラー名が出ています。このうち赤マルの3つの店舗社名に注目してください。ココが違うところが経営資本が異なる店舗になります。は全て湘南マツダ同系列ですから値引き枠の設定は同じと予想できます。でも、会社が変わりますから違う枠が設定されている可能性です。

管理人

手間も掛かりますが多くの店舗を回ることで、中には販売ノルマ未達のディーラー営業マンに遭遇するときもあります。そのときは鼻血が出るくらいがんばって値引いてくれますのでかなりお得な買い物ができますよ。

値引きに満足できないときはサブディーラーという手も

ライバル車別資本同士競合でも満足できる値引きを得られなかったときは、サブディーラーを当たるのも一つの方法です。

サブディーラーとは新車販売も手掛けている自動車整備工場中古車販売店のことです。表の看板に「新車・中古車販売」「全メーカー取り扱い」などと書かれていたらソコです。
特にマツダはかつて業販(業者販売の略)も多かったため、サブディーラーでの取り扱いが多いメーカーのひとつでした。店舗や社名に「オートザム」とあるのは、地域にもよりますがサブディーラーに近いお店です。サブディーラーは独自のサービス(点検/修理割引・オイル交換サービス等)があり”それ狙い”で検討する価値もあるでしょう。

サブディーラーを簡単に見つけるには中古車販売サイトで、探している車種の「走行距離0~1,000km」「住んでいる地域」を入力し検索してみてください。
新車がヒットすれば、その店舗はサブディーラーとして新車販売もしているということです。

メリットデメリット正規ディーラーとの違いなどは「サブディーラーでも新車はオトクに買えるのか」で解説していますのでぜひチェックしてくださいね

オプション値引きはマスト

オプションからの値引きも車両本体からの値引きと同じで大切。営業マンにお願いするだけで手間もかかりません。

おおむね25%程度を目標に交渉しましょう。

また、契約直前だけに通用するやり方ですが、「このオプションをサービスで付けてくれたら契約するよ」と言えば、ちょっとしたオプションなら付けてもらえることもあります。

具体的には

・ドアミラーガーニッシュ
・アクリルバイザー
・メッシュポケット
・シートバックポケット
・ラゲッジマット
・サンシェード

などがねらい目です。

もちろんサービスしてもらうものなので、あまり贅沢を言わずに簡単に付けられるものを狙うのがポイント。

また、ハンコを用意しておくなどして本気度をアピールしましょう。

管理人

どのオプションを付けるかまだ決めかねている方はこちらの記事を見てから決断してくださいね。

参考⇒CX-5のおすすめオプションはどれ?後悔しないために本当に必要なオプションを調べてみた

細かいサービスのオマケをお願いする

思うように値引きが引き出せなかった場合でも、契約直前が一番ワガママを聞いてくれるタイミングですから、

  • ・総支払金額からの端数切捨て
  • ・ボディーコーティング・メンテナンスパック
  • ・登録手数料のサービス・半額
  • ・納車時ガソリン満タン
  • ・ローンを組むなら金利の引き下げ


などはオマケでお願いするのを忘れないようにしましょう。



特にコーティングは、もともと半分がディーラーの利益なこと、納車前の汚れを落とさなくてよくなるのでサービスしてもらいやすいです。

また、任意保険の加入・切り替えの時期が近いなら、新車購入時にそのディーラーで加入することで、営業マンの成績アップになるので、その分値引きを上乗せしてもらえることもあります。

セール・決算狙い

CX-5は人気車種であるため、期末セールや在庫一掃的なセールを狙うことで値引きを狙う方法もあります。

決算期も相場以上の値引きが期待できます。
■中間の決算期(8月下旬~9月末)
■年度末の決算期(1月~3月)
タイミングを見計らって値引き交渉してみてもいいかもしれません。

スポンサーリンク

予算は伝えるべきか?


値引き交渉をするときにこちらの予算を伝えないというやり方もありますが、営業マンもその道のプロ。黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。

ですのでおすすめのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。
予算は○○万円なので、これ以上は1円も出せません。オプション品込みでこの予算内に収まるなら即決するよ

などと勝負を賭ける方法もあります。ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。

納期は1~2か月

1~2か月と標準的な納期となっています。4WDの方が長め。

人気の「XD Proactive(2WD 6EC-AT)ディーゼル」に残価設定型プランなら月々35,400円で乗れる

マツダでは残価設定型クレジット「マツダスカイプラン」が用意されています。

上の画像が見積もりの例ですが、月々の支払い35,400円でCX-5に乗ることも可能です。

グレードXD Proactive(2WD 6EC-AT)ディーゼル
支払回数37回
頭金228,500円
3年後の残価保証額1,614,000円(55%)
最終回1回前の支払い35,381円
月々の支払い額35,400円
ボーナス月加算額89,843円(2回/年)
金利2.9%

グレードは人気のXD Proactive(2WD 6EC-AT)支払回数は37回ボーナス時は9万なのでかなり現実的な条件ですよね。値引きと金利の交渉をきちんとやればさらに好条件で契約することも可能!

管理人

cx-5はリセールも強めで、残価設定ローンを利用するのに向いてる車種。最近では新車購入者の半分が利用しているというメーカーもありますので検討されてはいかがでしょうか。

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!


ディーラーイメージ
新しく車を買うときにはその販売店で今の愛車を下取りに出すことが一般的です。購入と売却をワンセットで行えるので手間もかからずにお得な気もしますが・・・

管理人
実はディーラー査定は安いことが多いってご存知でしたか?

理由は簡単。競合がいないからです。

なのでこの下取りで損をしている人がめちゃくちゃ多いんです。


営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です


管理人
と言われてもその金額が妥当なのか、安いのかプロでもないのにわかりませんよね。


しかし営業マンに言われるがままでは損をしてしまうことも…

下取り額を大幅にアップさせる方法


査定額イメージ図
同じ車でもどこに売るかで査定額は変わります。

下取りに出すときに損をすることなく、むしろ下取り額アップに成功した人に話を聞くとある共通点がありました!

答えは簡単です。複数の車買取店を競合させて愛車の買い取り相場を知っておく。

そうすればその査定額をディーラーにバシッと言うだけであっさり下取り額がアップします。

営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です(この金額で収まれば何十万と儲かるな)


あなた
他の買取店で90万円の査定をしてもらってます。これが見積書です。


営業マン
汗汗。では下取り100万でいかがでしょうか?


あなた
OKです。よし!やった!


これはうまくはまったパターンですが、もしダメでもその時は買取店で売ればいいだけの話なのであなたに損は全くありません。

しかし一軒一軒買取店を回るのは手間も時間もかかりすぎます。

そんなときに便利なのが一括査定サイト。複数の買取業者に出張査定してもらえるサービスです。

管理人
管理人がリサーチした結果、圧倒的に利用者が多かったのはナビクル車査定(無料)です


ナビクル車査定が選ばれている理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・最大10社の買取店から最高査定額を選べる
・東証一部上場企業グループが運営
・電話がかかってくるのが面倒な人はメールだけで対応可能

↓ナビクル車査定の公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
※査定額だけ確認してすぐに売らなくてもOKですよ!
管理人
無料の一括査定サービスを知らなかったがために、下取りで安く買いたたかれて 「あのとき買い取り査定しておけば・・・」 と後悔している人は多いです。 やったもん勝ちで、100%損をすることのないサービスですのでぜひ活用してください

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「ナビクルって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・中間コストがない直接取引
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)に査定を申し込む↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

CX-5の魅力はココだ!

エンジンシャシーボディに渡るマツダの新世代技術”SKYACTIV TECHNOLOGY”を全面採用した初めての車種が2012年に登場した初代CX-5でした。CX-5は世界中で高い評価を受け、今やマツダの屋台骨を支えるモデルへと成長、5チャンネル販売網の瓦解などで企業イメージがやや低下していたマツダブランド力回復へ大きく貢献しました。

現行モデル2017年フルモデルチェンジを受けた2代目モデル。デザインはキープコンセプト、エンジンや足回りも基本キャリーオーバーながら全体を「上質化」していく方向でブラッシュアップ。初代に引き続き堅調な売れ行きを維持しています。

マツダ車は年度ごとにしっかり商品改良を繰り返していくため、5年目に突入したCX-5は熟成が進み、エンジンバリエーション及びスペックADAS(先進安全装備)などはデビュー時とかなり変化しています。直近では2021年末に大掛かりなマイナーチェンジが行われました。

5年目のマイナーチェンジでさらなる深化

引用:https://www.goodspress.jp/

その際、エクステリアはフロントグリルヘッドライトバンパーなどフロントマスクを刷新。マツダ3以降の次世代商品群のデザインエッセンスを汲んだ意匠へと変わっています。リアコンビランプも4つのリングで構成される新デザインを採用、ボディカラー「ジルコンサンドメタリック」も新たに設定されました。

SUVらしくラゲッジルームの進化も見逃せません。荷室床下の収納スペースの容量が30ℓから50ℓへと大幅に拡大し、フロアボードの高さも2段階調整式になりました。上段にセットした場合、リアゲート開口部から背もたれを倒したリアシート部まで段差のないフラットフロアにでき、車中泊派には嬉しい変更点と言えます。

メカニズム面ではフレーム骨格をはじめサスペンション改良による快適な乗り心地の実現や、シートレール取り付け剛性アップなど細かなところまで手が入り、2代目モデルの肝である上質感をさらに高い水準まで引き上げました。

引用:https://www.goo-net.com/

2.5ℓターボ廃止で3タイプのエンジンラインナップに

一方、パワーユニットは2018年の改良で追加設定されていた2.5ℓガソリンターボ車カタログ落ちとなり、最新ラインナップは2.0ℓ2.5ℓガソリン(ともにNA(自然吸気))と2.2ℓディーゼルターボに整理されました。

CX-5の最新グレード構成は以下のとおりです。通常のカタログモデルとしては4グレードでいずれも4WDが選択できるほか、ディーゼルXDにはATと同一価格ですが6速マニュアル車の用意もあります。

ご覧のとおりモデルライフ後半に入っているCX-5には、たくさんの特別仕様車が設定されています。

多彩な特別仕様車投入でお好みのCX-5が選べる

上から「スマートエディション」はマツダの安全思想である”プロアクティブセーフティ”にもとづいた先進安全技術と日常で便利な快適装備お得価格設定で充実させたモデル。「ブラックトーンエディション」はその名のとおりで引き締めたエクステリアにより、個性際立つクールな世界観を表現したモデルです。

フィールドジャーニー」はアウトドアスポーツギアを思わせるデザイン要素を取り込んだ4WD専用のモデル。「スポーツアピアランス」はグリル、バンパー下部、ホイールアーチ、ドア下ガーニッシュなど黒樹脂だったパーツを光沢のあるブラック仕上げとしスポーティ感をアピールしたモデル。「エクスクルーシブモード」はホイールアーチやクラッディングパネルなどがボディ同色となり、高輝度塗装の19インチホイールを装着、また内装にはナッパレザー本杢パネルを採用したCX-5最上位モデルです。

オススメは”新キャラ”のフィールドジャーニー

特別仕様車販売台数期間のアナウンスがないことから、もはや通常のカタログモデルとして見ることもできるでしょう。そうすると豊富なラインナップとなるCX-5は、コレ一択!といったグレードオススメも難しいところですが、特別仕様車スポーツアピアランスフィールドジャーニーは直近のマイナーチェンジで新たに設定されたモデル。それだけに「こうしたモデルが欲しかった」というユーザーの要望を反映させている車種と思われます。

特にフィールドジャーニーはこれまでのCX-5やその他マツダSUVラインナップでは設定されていなかったオフロードテイストのモデル。バンパー下部のアンダーガード風塗装や専用の17インチオールシーズンタイヤ、ステッチやエアコン吹出し口等のライムグリーン加飾、荷室のリバーシブルボードなどは他モデルにないもの。

内外観のドレスアップだけではなくメカニズム面でもドライブセレクトMi-Drive“へ4WD機構トラクションコントロールG-ベクタリングコントロールプラスの制御をオフロードに最適化したフィールドジャーニー専用モードが搭載されています。

引用:https://www.webcg.net/

それでいて価格も控えめ、極めて個性的なフィールドジャーニーは今もっともオススメしたいグレードです。

おすすめオプションはワイドなセンターディスプレイ

CX-5メーカーオプションはグレードやモデルによって設定に幅がありますが、Lパッケージスポーツアピアランスエクスクルーシブモード以外をお考えならば、ぜひオススメしたいのは「10.25インチセンターディスプレイ」です。
CX-5ディスプレイサイズはけっこう変遷していて、2017年のデビュー時は7インチでしたが2019年の改良時に8インチ化しています。昨年暮れのマイチェン時に8.8インチへとさらに拡大されましたが、同時に上位グレード10.25インチサイズが与えられました。上位グレード以外ではメーカーオプションとして同サイズへの変更が可能となります。

やはり情報を得るディスプレイは視界に影響がない限り、大きい方が機能面で優位なのは間違いありません。もともとCX-5不満点としてモニターサイズを上げる声は以前から多く、今回ようやく他メーカーと肩を並べるところまで進化しましたから、これを逃す手はありません。

引用:https://kakakumag.com/

価格も最もベーシックな20Sプロアクティブに装着する場合、地デジチューナーセット44,000円。ぜひ検討してほしいオプションですね。

次世代商品群と共に進化を止めないCX-5

マツダは昨年10月に「2022年以降のクロスオーバーSUV商品群の拡充計画」を発表しています。米国新工場で生産するCX-50や、ラージ商品群と呼ばれるCX-607080902022年から順次導入していくもようです。

他にもMX-30などEV電動化モデルの導入やロータリー技術を用いたレンジエクステンダーモデルなども計画の中には謳われていました。しかしそれらのプレスリリースの中ではCX-5について、今後も継続的な商品改良により最新の安全技術やコネクティビティ機能を導入、商品力を強化し続け、マツダクロスオーバーSUVラインアップのひとつとして大切に育てていく方針も明記されています。

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

ユーザーニーズの間口をグッと拡大した2022年モデル進化は、それらをしっかりと証明しています。CX-5マツダのグローバルセールス30%を占める重要なモデルであり、少なくとも国内市場での「主役の座は当面安泰といったところでしょうか。

以上、CX-5値引き相場レポートをお届けしました。

引用:https://www.gqjapan.jp/

 

スポンサーリンク

メニュー