クルドラ

N-BOXスラッシュのおすすめグレードを比較して検証!後悔しないために選んでおきたいのは

2011年にNEW NEXT NIPPON NORIMONOをキャッチフレーズに発売となったホンダの軽自動車N-BOXは、アッという間に大人気車種となり、年間販売台数トップの成績を収めるまでに成長していきました。

軽自動車の勢力図を塗り替えたとさえ言われるN-BOXシリーズの第五弾として、2014年末に登場したのが今回の主役N-BOXスラッシュです。

引用:https://www.webcg.net

ここではN-BOXスラッシュを購入する際に気になるグレード毎の特徴をご紹介し、チョイスすべき1台を考えていきたいと思います。

N-BOXスラッシュのプロフィール

上記のとおりN-BOXスラッシュは既に登場から5年が経過していて、母体である本家N-BOXは2017年に二世代目へとフルモデルチェンジを完了しています。

初代モデルでN-BOXスラッシュが登場するまでにおよそ3年が掛かっていますので、スラッシュの新型がこの先追加されるのか、あるいは現行モデルを持って消滅してしまうのかはまだ不透明です。

スラッシュは新世代ファミリーカーを標榜するN-BOXシリーズの中にあって、ひと際異彩を放つモデルであり、型にとらわれない遊び心満点のキャラクターは、日本独自規格の軽自動車のフトコロの深さを感じさせます。

引用:https://www.webcg.net

スラッシュ一番の特徴はチョップドルーフと呼ばれる1930年代にアメリカで流行した、車高を低くするためピラーの一部を水平に切り落として屋根を溶接する、というカスタム手法を連想させるルックスです。

インテリアも同様にアメリカンダイナーを意識したようなビビッドな色使いのものや、海や青空をイメージとしたものなど、8種類ものテーマ別仕様を用意しています。

このように特異なキャラクターを与えられたクルマですから、本来軽に求められる実用性や経済的といった側面からよりも、趣味性やホンダの遊び心に共感できる方がチョイスされるのではないでしょうか。

グレード展開はシンプル

デビュー以降、時間が経っているため幾度かの変更がありましたが2019年10月時点でのグレード構成は、大きく4タイプとなり、もっともベーシックな「G」、快適装備が充実した「G-L」、走行性能も向上した「G-Lターボ」、最上級となる「Xターボ」です。

引用:https://www.webcartop.jp

これに各々スラッシュ自慢の「インテリアカラーパッケージ」が選択できます(Xターボはインテリアカラーパッケージのみ)。

また昨年追加でG-Lグレードに「インディロックスタイル」と「ノヴァカントリースタイル」の二つの特別仕様車が発売となりました。

なお、全グレードともFFか4WDが選べ、トランスミッションはオートマのみです。

自然吸気か、ターボか

グレードを決めるに当たり、駆動方式についてはご自身の生活環境によって選択が決まってくると思われますが、エンジンに関しては悩ましいところです。

引用:https://www.webcg.net

コストとパワーがトレードオフの関係ですから、フトコロ事情が優先されるのか、ストレスフリーな走り味を求めるのか、、、それはあなた次第と言ってしまうと身も蓋もありませんが、ネット上に飛びかうあまたの口コミからすると、燃費はターボで極端に悪い、あるいはノンターボだから最高にイイ、といったありがちな意見はあまり見られません。

元々が燃費番長的なクルマではありませんが、ターボ有り無しに関わらずアイドリングストップECOモードは標準で装備、ターボ車にはさらにクルーズコントロールが付きますのでクラス水準並みのレベルは維持されているようです。

おすすめとしては、新時代のファミリーカーをコンセプトとするN-BOXには小型車からの乗り換え需要も高いそうなので、その場合にはやはりターボ車を選択しておく方が違和感なく使えるかも知れません。

ターボは2択!

スラッシュのターボ車には、G-LターボXターボの二種類が用意されています。

二車の装備差ですが、Xターボにはインテリアカラーパッケージしかありませんので、G-Lターボも同パッケージとして比較した場合には、差はわずかです。

具体的にはXターボにのみ、15インチアルミホイールサウンドマッピングシステムステアリングヒーターサングラスホルダーが装備され、価格差は約14万円です。

このうちウーハーを含む9スピーカーが軽らしからぬ音を聴かせるサウンドマッピングシステムを、G-Lターボに付けようと思うと約9万円の追い金が必要となりますので、残り5万円でアルミホイールやステアリングヒーター等が付くと思えばXターボは決して高くはないでしょう。

特にステアリングヒーターは、他グレードにはオプションでも設定がありませんので、Xターボはおすすめです。

もっともG-Lターボにはインテリアカラーパッケージではないグレードもありますので、そちらが不要な方であればXターボとの価格差が20万円近くに広がり、悩ましくもありますが。

スラッシュ最大のセールスポイントはインテリア

スラッシュのエクステリアは十分に個性的で、2トーンルーフカラーも含めれば、2019年の車体色バリエーションは17種に上ります。

ただ昨今、軽自動車のボディカラーバリエーションは、どこのメーカーも注力していて中には20色近い車種もあり、スラッシュだけの特徴とは言えません。

しかし、ことインテリアカラーとなるとスラッシュほど個性的な設定があるものは珍しいのではないですか?

スラッシュのインテリアは、インテリアカラーパッケージというスタイルで計8パターンも用意されています。

スポンサーリンク

それらは単にシート色の変更に留まらず、ステアリングホイールインテリアパネルドアトリムさらに専用デザインキーまで一体となってコーディネイトされています。

いずれのパッケージに人気が集まっているのかは定かではありませんが、その中からいくつかをご紹介します。

イメージリーダーのダイナースタイル

2014年のデビューとなるN-BOXスラッシュは、これまでの間にいくつかカラー設定の見直しもありましたが、発売当初から継続してもっともこのクルマのコンセプトを体現しているのがダイナースタイルでしょう。

そもそもスラッシュのエクステリアは、昔のアメ車に見られるチョップドルーフを採用しており、それと対を成すインテリアにはやはりアメリカンダイナー風の要素がしっかりとハマります。

強烈な個性であり、好き嫌いはあるにしてもこのクルマの性格を分かりやすく表現するとこのパッケージになるのでは?

特別仕様車①インディロックスタイル

こちらは2018年7月に追加されたモデルで、オールブラックにこだわったインテリアが特徴ですが、エクステリアにも手が入っており、ブラックペイントフロントグリルCピラーのビレットホイールカバーなども装備され、その上通常のインテリアカラーパッケージよりも低い価格設定がされています。

特別仕様車②ノヴァカントリースタイル

2018年11月に追加された最新スタイルがノヴァカントリーで、こちらはインテリアもエクステリアもブラウンがポイントとなります。

専用装備としてはクリーム色の本革ステアリングにヒーターが付きますが、これは最上級のXターボにしかなかったものです。

またツートンカラーブラウンルーフが選べるのも、このノヴァカントリーだけとなります。

結論、おすすめは・・・

N-BOXスラッシュは実は贅沢なクルマです。

母体となるN-BOXが空前の売行きを叩き出す人気車種だけに造ることができた派生車種と言えます。

ホンダもスラッシュには思い描く個性やニッチ商品だからこそできるアイデアを大胆に注ぎ込んでおり、それほどコスパを遡及するクルマではないという割り切りが感じられます。

価格も決して安くはなく、経済性で選択しているユーザーは見向きもしないモデルでしょう。

さらに言えばベースとなるN-BOXは、既にモデルチェンジしてしまっていて、現行スラッシュは最新モデルというわけでもないです。

それでもスラッシュの持つ世界観に惹かれる方は、この際本当に気に入った仕様を選ぶべきでしょうし、実際選ばれることでしょう。

引用:https://www.webcg.net

雰囲気重視、ゆる~く50’sのアメ車の香りを生活に取り入れたいというなら、ノンターボのダイナースタイルで十分満足いくでしょう。

前述したとおり小型車以上からのダウンサイザーの方なら、ターボ車をおすすめします。

Xターボなら音楽通も唸らせるサウンドマッピングシステムが標準です。

若いカップルだけではなく、子育てを終え会社を終え、所謂リタイアした世代のご夫婦が時間を気にせずスラッシュで旅に出て、景色が気に入った水辺のパーキングでウィンドウを開け音楽を愉しむ。

軽四ながらそんなシーンを演出できるクルマです。

以上、N-BOXスラッシュのおすすめグレードをご紹介致しました。

この記事を見てくれた人には絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>N-BOX SLASHの値引き相場レポート。限界はいくら?

N-BOXスラッシュを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

N-BOXスラッシュの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

それでも・・・

あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「かんたん車査定ガイドって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

 

スポンサーリンク

メニュー