クルドラ

新型ステップワゴンの値引き相場レポート!1754件の実販売データから導き出された限界と合格ライン

ファミリーカーを選ぶ際に必ず候補に挙がるステップワゴンは使い勝手、走行性能、燃費性能と3拍子揃った実力車です。

2017年9月29日のマイナーチェンジでハイブリッドの追加とスパーダのフロントフェイスが大きくリニューアルされ、注目されています。

そんな新型ステップワゴンの購入を考えている方が一番気になっているのがどのくらい値引きが可能なのかだと思います。

そこで今回は

  • ・新型ステップワゴンの値引きの相場・限界
  • ・値引き交渉のコツ
  • ・実際の購入者の口コミ

特にこの辺りの情報を包み隠さずご紹介します!

どうしてこんな普通はわからないようなリアルな情報を書けるかというとそれには理由があって…

管理人
実は管理人の友達がホンダの営業マンをしているのです。

なので現場のリアルな情報が入ってきます。

営業マンが困る、値引き交渉のやり方】まで伝授しますので是非お読みください。

値引きの相場・限界は?【2019年9月最新】

新型ステップワゴンの値引き相場はズバリ

車両本体 27万円
オプション値引き 20%

が合格目標になります。

値引き難易度:普通

マイナーチェンジからそれほど時間が経っていないので値引きは厳しい状況ですが20万円以上の値引きは引き出したいところです。

管理人

ワンポイント


夏商戦も終わり、まもなく消費税増税がスタートします。
しかし9月は半期決算で値引きも出やすいタイミング。
自動車取得税廃止や自動車税引き下げもありますが、その効果は限定的…
なので消費税の税率アップ分を補える値引きを引き出す腹積もりでいきましょう。

"カーナビ無料装着"や"期間限定の低金利ローン"などのキャンペーンは誰でも付けてもらえるものなので、満足せずに本体値引きを狙うのが鉄則です!
ちなみにこの目標金額は、月間自家用車、情報誌グーネット、ザ・マイカー、ベストカー、オートックワン、価格.com、みんカラ、管理人独自の聞き取りなどから値引き額の上位30%の平均で出しています。

もちろんグレードやオプションによっても差が出ますし、値引きが目標に届かない場合もありますので、その時は他のサービスを付けてもらうなどで頑張りましょう。

ライバル車種と競合させる

管理人

ライバル車種との競合で値引きを引き出すのにはヴォクシーを中心としてセレナノアエスクァイアなども効果的です。

これらの名前を出すことにより競争意識を煽り、値引きを引き出しましょう。

“どちらにするか本気で悩んでいる”と思わせられれば、気を変えるためにさらなる値引きを引き出せる場合もあります。

ステップワゴン同士を競合させる

ライバル車との競合でうまくいかなかった場合は、ステップワゴン同士を競合させることも効果的です。

新型ステップワゴンは全国のホンダカーズで売られていますが、どことでも同士競合できるわけではありません。

競合させられるのは別資本で、別会社の場合です。

見分け方は簡単で、ディーラーの名前を見て「Honda Cars ○○」の○○部分が少しでも違うところが同じ地域でも別資本です。

その複数店舗を回り、「他店ではここまで値引きしてくれたよ」ということを伝えれば値引きが大きくなることが期待できます。

基本的には隣の県まで足を伸ばせば必ず別会社になります。

また、いくつかのホンダカーズを回ることで、中には販売ノルマに未達のディーラーや営業マンに遭遇するときもあります。

そのときは鼻血が出るくらいがんばって値引いてくれますのでかなりラッキーです。

オプション値引き

オプションからの値引きも本体車両からの値引きと同じで大切です。

ホンダはよくキャンペーンなどでオプションサービスなど行っていますが、そこで満足する事なく交渉を行って実質的な高額値引きに繋げましょう。

ホンダは基本的に車両本体値引きに渋いこともありますので、ステップワゴンのオプションではおおむね20%程度を目標に交渉しましょう。

また、契約直前だけに通用するやり方ですが、「このオプションをサービスで付けてくれたら契約するよ」と言えば、ちょっとしたオプションなら付けてもらえることもあります。

具体的には
・ドアバイザー
・荷室用ユーティリティボード
・センターテーブル
・シートバックアッパーポケット

などがねらい目です。

もちろんサービスしてもらうものなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙うのがポイントです。

また、ハンコを用意しておくなどして本気度をアピールしましょう

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに、“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロです。

黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。

ですのでオススメのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。

「予算は○○万円なので、これ以上は出せない。でもこの予算内でオプションなどもサービスしてくれたら即決してもいい」

などと勝負を賭ける方法もあります。

ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。

細かいサービスのオマケをお願いする

思うように値引きが引き出せなかった場合でも、

  • ・総支払金額からの端数切捨て
  • ・ボディーコーティング・メンテナンスパック
  • ・登録手数料のサービス・半額
  • ・納車時ガソリン満タン
  • ・ローンを組むなら金利の引き下げ


などは特に契約直前が一番ワガママを聞いてくれるタイミングですから、オマケでお願いするのを忘れないようにしましょう。

オマケお願いイメージ

特にコーティングは、もともと半分がディーラーの利益なこと、納車前の汚れを落とさなくてよくなるなのでサービスしてもらいやすいです。

また、任意保険の加入・切り替えの時期が近いなら、新車購入時にそのディーラーで加入することで、ディーラー・セールスマンの成績となるので、その分値引きを上乗せしてもらえることもあります。

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!


ディーラーイメージ
新しく車を買うときにはその販売店で今の愛車を下取りに出すことが一般的です。購入と売却をワンセットで行えるので手間もかからずにお得な気もしますが・・・

管理人
実はディーラー査定は安いことが多いってご存知でしたか?

理由は簡単。競合がいないからです。

なのでこの下取りで損をしている人がめちゃくちゃ多いんです。


営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です


管理人
と言われてもその金額が妥当なのか、安いのかプロでもないのにわかりませんよね。


しかし営業マンに言われるがままでは損をしてしまうことも…

下取り額を大幅にアップさせる方法


査定額イメージ図
同じ車でもどこに売るかで査定額は変わります。

下取りに出すときに損をすることなく、むしろ下取り額アップに成功した人に話を聞くとある共通点がありました!

答えは簡単です。複数の車買取店を競合させて愛車の買い取り相場を知っておく。

そうすればその査定額をディーラーにバシッと言うだけであっさり下取り額がアップします。

営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です(この金額で収まれば何十万と儲かるな)


あなた
他の買取店で90万円の査定をしてもらってます。これが見積書です。


営業マン
汗汗。では下取り100万でいかがでしょうか?


あなた
OKです。よし!やった!


これはうまくはまったパターンですが、もしダメでもその時は買取店で売ればいいだけの話なのであなたに損は全くありません。

しかし一軒一軒買取店を回るのは手間も時間もかかりすぎます。

そんなときに便利なのが一括査定サイト。複数の買取業者に出張査定してもらえるサービスです。

管理人
管理人がリサーチした結果、圧倒的に利用者が多かったのはかんたん車査定ガイド(無料)です


かんたん車査定ガイドが選ばれている理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・最大10社の買取店から最高査定額を選べる
・東証一部上場企業グループが運営
・電話がかかってくるのが面倒な人はメールだけで対応可能

↓かんたん車査定ガイド公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
無料の一括査定サービスを知らなかったがために、下取りで安く買いたたかれて 「あのとき買い取り査定しておけば・・・」 と後悔している人は多いです。 やったもん勝ちで、100%損をすることのないサービスですのでぜひ活用してください

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「かんたん車査定ガイドって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

在庫車が最も値引きされる場合もよくある

「すぐに乗りたい」「値引きが不満」という方には在庫車も選択肢に入れると良いでしょう。

在庫車といっても売れ残りではなく、売れ筋モデルの先行発注分がストックされている場合も多いです。 その分値引き条件も良くなりますし、納期も早いです。

一部キャンセル車両などのネガティブ在庫車もありますが、営業マンに確認すればわかりますので、まずは在庫車の有無から気軽に聞いてみましょう。

運転する人のことを考えたクルマ

2017年9月にマイナーチェンジされたステップワゴン。
特徴として安全機能のホンダ センシングが強化されました。

この機能、衝突回避やクルーズコントロール、車線をはみ出さずそのまま車線内を走行できるようステアリング操作を助けたり、標識を認識したりさらには信号待ちや渋滞中に前の車が発進した時に先行車の発進をお知らせしてくれる機能までついています。

この多機能でドライバーを事故から守りさらに事故を起こさないようサポートしてくれるのです。

ファミリーに愛されるミニバンだけに、運転に慣れている方から運転に不安があるがどうしても運転しなくてはならない方などこの車を運転するすべてのドライバー視点にたった良い機能だと思います。

評判、評価は?

step01

さまざまな記事の反応や販売後に発表された装備率などから独自装備のわくわくゲートの採用に関しては評判が良いです。

特にファミリー向けに特化して作られており、縦にも横にも開きますし、ベビーカーの出し入れも楽々です。

ランチやおやつに最適なシートバックテーブル、日差しに効果的なロールサンシェイドもついています。

3列目はわずかな力で床下に格納できますので女性の力でも簡単です。荷室スペースは高さもあるのでとっても便利です。
ゴルフバッグも縦に詰める高さなのでパパのニーズにもあっています。

買って満足したポイント

クロスビー購入者
グレード:モデューロ Xホンダセンシング

「買って良かった」

ワクワクゲートが横にも開くので目いっぱい荷物を積めるし、何といっても出し入れが便利。

出入り口としても使えるので他にはないお得感がある。

購入者
グレード:G・EXホンダセンシング

3列目が床下格納機構もあるので色んな用途に使えて助かりますね。

低重心で走行しやすいし排気量も大きくない1.5Lターボでもパワフルに走ります。

買って後悔したポイント

購入者
グレード:スパーダ ハイブリッドGホンダセンシング

「買って失敗かも」

実燃費が思ったほどではなくてせっかく高いのを買った元が取れない。これならガソリン車の方が良かった。

 

 

コスパで選ぶならBグレード

ステップワゴンをコスパで追求するのであれば価格が最も安いグレードのBグレードでしょう。

予防安全装備のHonda SENSINGはセットオプションでサイドエアバッグとリヤ左側パワースライドドアが装備されますが、それらを装備した場合でも標準装備グレードよりは若干安くなります。

ただしリアゲートの横開きドア機能を持ったわくわくゲートが装備されない点がBグレードの欠点とも言えます。

わくわくゲートを装備しつつコスパを追求するのであれば標準装備されているGグレード、または予防安全装備を搭載したG Honda SENSINGがおすすめです。

テーブルやアクセサリーソケットの装備も充実します。

リセールを考えて選ぶならSPADA・Cool Spirit Honda SENSING

リセールを考えた場合は人気グレードのスパーダで最も装備が充実しているSPADA・Cool Spirit Honda SENSINGがおすすめとなります。
コンビシートと専用展テリアが採用されており、本革シートのオプションは存在していません。

オプションとして純正のカーナビも装備可能で、装備した際のリセールも期待できるでしょう。オプションではリヤエンターテイメントシステムもリセールの期待できる部類と言えます。

一方最高価格グレードのModulo Xは装備が充実しており、専用の外観デザインを持っているのですが、人気グレードというわけではないため、価格差以上のリセール効果は期待できないかもしれません。

ハイブリッドは経済的に思えますが、初期投資が大きくなるのでリセールを考えてもあまりメリットのある選択にはなっていません。

ボディカラーの人気NO.1はプラチナホワイトパール

ボディカラーの人気順は

  • プラチナホワイトパール※
  • プレミアムスパークルブラックパール※
  • モダンスティールメタリック

となっています。※は37,800円の有料色

ホワイトとブラックで7割程度を占めています。

色にこだわりがない方でもリセールを考えるとどちらかにしておくのが無難かもしれません。

 

安全装備は?

STEP05
ステップワゴンは大勢の人を乗せることを前提としたミニバンですから、やはり安全性能にはかなり力を入れています。

新型ステップワゴンにはホンダ センシングと呼ばれる機能が搭載されているのですが、これはレーダーとカメラによって危険な状況を未然に防ぐことを可能としたホンダのシステムのことです。

たとえば前方車や対向車、また歩行者との衝突を回避するような運転をサポートしたり、車線からはみ出したかどうかを敏感に察知、やはりきれいに走れるような支援を行ってくれるのです。

その他急発進抑制機能や道路標識の見落としを防ぐようなサイン表示等も充実、これらの機能によって平成27年度自動車アセスメントでは予防安全性能評価が満点で最高ランクを獲得しているのです。

収納スペースは?

STEP06
元々多人数乗りを前提としたミニバンですから、当然大容量荷物を運ぶ際にもかなりの性能を発揮しているのです。

ステップワゴンでは多彩なシートアレンジが可能となっていますから、ただ7人乗りの乗用車としてだけではなく、多目的に利用できます。

たとえば3列目シートを取り外すことで非常に容量の大きな空間を確保することができ、2列目をオプション装備のベンチシートにすることで5人による長期旅行にも対応できるのです。

またリアゲートがドアにもなっていることによって、乗り降りや荷物の積み下ろしの自由性が高まっています。

居住性・快適性は?

発売時の5ナンバーの常識を覆す居住スペースはさらに進化、非常にゆとりのあるドライブを体感できるのが新型ステップワゴンの特徴となっています。

エンジンの小型化によって室内長は3220mmを確保、低床式のキャビンスペースは室内高を1425mmまでとることに成功、また一体感のある室内ではちょっとした会話も全員でシェア、快適に過ごすことができます。

乗り降りの快適性は非常に評価が高いですし、パワースライドドアによる開閉も高齢者に負担を感じさせません。

その他バックシートに搭載されたテーブルやドリンクホルダー、ロールサンシェイドなど、細やかな配慮が行き届いているのも魅力となっています。

走行性能・エンジン性能は?

STEP07
ステップワゴンはモデルチェンジ毎に排気量を変更させてきているのですが、新型では旧型よりも低排気量化、いわゆるダウンサイジングが図られています。

多人数乗りで小排気量とは少し違和感を感じるところでもありますが、ダウンサイジングは近年の自動車業界のトレンドですし、新型ステップワゴンではホンダ初となる直噴1.5L VTEC TURBOエンジンを搭載しています。

高回転域で初めて実力を発揮するイメージの強いターボ機能ですが、最新技術によって実用回転域での力強さを獲得、坂道や多人数乗車の際にもストレスを感じない加速を実現しています。

優れているところは

1.5リッターターボエンジンを搭載しており、低燃費と高出力というポイントに加えて2.0リッターエンジン搭載車と比べて税金が安くなるという点で優れています。

リアハッチからの乗り降りが可能なわくわくゲートの採用がステップワゴン最大の特徴でもあり、荷物の取り出しや多人数乗車時の乗り降りのスムーズさが優れています。

実燃費は?

ハイブリッド車の実燃費

  • 高速道路の燃費:18~23km/L
  • 郊外・幹線道路の燃費:14~18km/L
  • 渋滞のある市街地の燃費:11~15km/L

ガソリン車の実燃費

  • 高速道路の燃費:14~18km/L
  • 郊外・幹線道路の燃費:9~13km/L
  • 渋滞のある市街地の燃費:9~12km/L

燃費は1.5リッターターボエンジンを搭載していて17.0km/lという数値です。

これは同じホンダの1.5リッターの非ターボエンジンを搭載しているフリードガソリン車の19.0km/lと比べても優秀な数値と言えますが、フリードハイブリッドの27.2km/lには及ばないのが事実です。

他メーカーのミニバンの日産セレナハイブリッドが17.2km/、トヨタのノアガソリン車が16km/lと、このクラスのミニバンとしては比較的優秀と言えます。

大人向けのデザイン


マイナーチェンジで、スパーダのフロントフェイスが大きくリニューアルされました。

ホンダらしいもっと挑戦したデザインを期待していましたが、期待にたがわぬカッコイイ、大人の男向けのデザインに一新されました。

内装のデザインはごくごく普通だと思いますが、広々とした空間は気持ちがいいと思いますし、誰にでも好感が持てるデザインになっているのではないでしょうか。


メニュー