クルドラ

メルセデスベンツCクラスのおすすめグレードを比較して検証! 後悔しないために選んでおきたいのは

メルセデスベンツ。いつかは乗ってみたいと思いつつも、なかなか踏み出せないでいた方も少なくないのではないでしょうか?

【高級車】というイメージが強いベンツですが、その最新のテクノロジーや内装の質感を見ると、本当に素晴らしい車と気付かされます。

そんなメルセデスベンツ。いざ購入しようと思うと、「何でこんなに種類があるの?」
と思ってしまいます。

今回はこれからメルセデスベンツの購入を検討する方の為に、日本で一番多く走っているベンツ【Cクラス】について、その種類とグレードを比較検証していきたいと思います。

メルセデスベンツCクラスには、
ベーシックな4ドア【セダン】
荷物もたくさん積める【ステーションワゴン】
スポーテイな2ドア【クーペ】
オープントップの【カブリオレ】
の4車種がラインナップされています。

Cクラスに限らずメルセデスベンツでは、モデル毎の一番小さな排気量の物から、モンスターエンジンを搭載するAMGまで、ボディが共通です。ではどのように選んでいくのか?エンジン性能、価格などの特徴を比較していきます。
※今回AMGは紹介しません。AMGについてはまた別に機会に

ベンツCクラスセダン エントリーモデルの【C180】

ベンツCクラスの中では最も安価であり、エンジン排気量も小さな【C180】。冒頭でもお伝えした通り、ボディ・インテリアは上級グレードと変わりません。ではエンジンはどうでしょうか。

【C180】に搭載される1600cc 直列4気筒ターボエンジンは最高出力115kw(156ps)最大トルク250Nmを発揮します。

日本国内でCクラスがたくさん走っている理由の一つにはそのボディサイズ、FR(後輪駆動)レイアウトによる取り回しの良さ、小回りの自由度があります。

車両重量は約1500kgと、小排気量エンジンに対しては決して軽くありませんが、車体の重さなど感じさせないフィーリングを持っています。

その理由は【9段AT】の動きによって、常に最適なエンジン回転数で走行するため。動力性能に不満は感じないはずです。

価格は【C180】が455万円、アルミホイールや内装が本革シートとなる【C180 AVANTGARDE】でも495万円と、500万円を下回る価格で他のモデルと同様の上質なインテリアや最先端の安全装備が手に入るのはある意味驚きです。

2リッター ディーゼルターボエンジン搭載
【C220  AVANTGARDE】

環境への配慮から世界的に【EV】【クリーンデイーゼル】が勢いを増す中、ベンツのクリーンディーゼルエンジンはやはり秀逸です。

最新型では排気量が下げられているものの、最高出力はアップしており、実に143kw(194ps)、最大トルクは400Nmを発揮します。

この溢れるトルクは、通勤や買い物などでの街中での走行から、高速道路でのクルージングはもちろん、加速や追い越し、さらにはアップダウンのあるワインディングまで、ストレスなく走行することが出来るはず。どこを走っても優雅にドライブを楽しむことが出来る仕様になっています。

軽油を燃料とするディーゼルエンジンは、燃料代も安価であり、燃費もガソリンエンジンに比べ良くなっているため、家計にも優しいというのがメリットの一つです。

ディーゼルエンジンというと、大型トラックなどが黒煙をまき散らしながら走行している姿や、ガラガラガラガラとうるさいエンジン音を想像する方もいると思いますが、ベンツに搭載されるのはそれらとは全くの別物です。

車外では「ん?なんか今までと違うかな?」と感じることもあるかもしれませんが、ひとたび車内に入ってしまえば、優れた遮音性でエンジン音が気になることはないでしょう。

むしろ。高トルクの恩恵で低回転での走行ができることから、今までのガソリンエンジンよりも静かに感じることもあるでしょう。
価格は586万円となっており、【AVANTGARDE】のみの設定となっています。

今買うならこれ!新開発の1600ccターボエンジン+48V BSG
【C200  AVANTGARDE】

やはり本モデルの一番の目玉はそのパワーユニットです。排気量は【C180】と同じ1600ccのターボエンジンですが、【C200  AVANTGARDE】に搭載される【BSG※】による【マイルドハイブリッド機構】が強力にエンジンをアシストするため、そのエンジン特性は全くの別物。

エンジン単体で発生する280Nmのトルクと、【BSG】により160Nmが加わる為、単純計算をすれば従来の2リッターターボエンジンを上回るパワーを発生させます。ガソリンや軽油を燃料とする内燃機関(エンジン)は回転の上昇とともにパワーが立ち上がっていきますが、モーターは【起動トルク】=【最大トルク】なので、信号待ちからのスタートや、急にアクセルを踏み足した際などに、特にこの恩恵を感じることが出来ると思います。ターボエンジンにありがちなアクセルを踏んでからパワーが発生するまでのいわゆる【ターボラグ】を埋めるために最適な組み合わせです。

また、従来のアイドリングストップは再始動の際のボディの振動がどうしても気になったのですが、この【48V BSG】により大幅に改善されています。

容量の大きなモーターを採用しているため余裕を持ったエンジン始動が可能となり、高級感を損なうことがなくなりました。
※Belt-driven Starter Generator
ベルトを介してクランクシャフトとつながっており、スタータモータとジェネレータの役割を担う。減速時に回生ブレーキで発生した電気を蓄え、ターボチャージャの効力が発生しない低回転域でエンジン出力のアシストを行う。

また、ギアシフト際に回転数を同期させる役割も担うので9段A/Tとの組合せによりシフトチェンジの際の振動も大幅に軽減されている。

【C200  AVANTGARDE】には4輪駆動である【4MATIC】が用意されています。
メルセデスベンツの【4MATIC】は単純に前後左右の4輪が駆動輪になるというだけでなく、そのシチュエーションにおいて最適なトルク配分を、全て車両が行ってくれます。

スポンサーリンク

雪が降り積もった路面や凍結したアイスバーン。突然の雨により濡れてしまった高速道路などの滑りやすい路面では【4ESP】により空転したタイヤをロックさせ、残りのタイヤに最適な駆動力を伝達します。

カーブなどで加速をした際のスリップも防ぎ、常に安定した走行姿勢を保つことが出来ます。これらはすべて車両が自動制御で行うため、どのような場面でも快適、安全にドライブを満喫することが出来ます。

価格は【C200 AVANTGARDE】 が560万円
【C200  4MATIC AVANTGARDE】が588万円
となっているため、その差は28万円。降雪地帯であればもちろんですが、雪が降らない地域でも突然の悪路は誰にでも遭遇する可能性があります。使用目的に応じてではありますが、筆者は【C200  4MATIC AVANTGARDE】を強くお勧めします!

オプションでCクラスをさらに充実させる

さて、Cクラスの基本的な車種・グレードの比較においては上記の通りとなりますが、ここからは少し、オプションのお話をしていきたいと思います。冒頭少しだけ名前が出てきた【AMG】ですが、これは各クラスにおけるフラッグシップモデルとなっており、搭載されるエンジンや足まわり、ブレーキまで、ベースボディは同じですが、その性格も価格も全く別物となります。

ですが上記で紹介した各種【AVANTGARDE】モデルには【AMG Line】と【Leather Exclusive Package】のオプションが用意されています。

 

【AMG Line】では外装、アルミホイールが専用のスポーティスタイルに変更され、内装も専用のインテリアトリム、スポーツシートやスポーツステアリングにグレードアップ。ブレーキもスポーツタイプになり、【C200  AVANTGARDE】以上のグレードでは足回りがエアサスペンションに変更されます。

AMG Line

【Leather Exclusive Package】ではより豪華で快適な室内空間を演出するため、12.3インチコックピットディスプレイ、エアバランスパッケージなどが用意されています。

Leather Exclusive Package

【C200 AVANTGARDE】をベースに自分好みの一台に仕上げることも可能となっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はベンツCクラスセダンについて各グレードを比較してみました。それぞれに良いところがありますので迷うこともあると思います。

そんな時にこの記事が読者様のCクラス選びに少しでもお役にたてれば幸いです。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>ベンツCクラスの値引き相場は?評価、評判をチェック!

Cクラスを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「かんたん車査定ガイドって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください
スポンサーリンク

メニュー