クルドラ

試乗で確認した新型RAV4の欠点と評価を購入者の口コミからレポート!

トヨタが満を持してSUV市場に投入した新型RAV4ですが、勢いで買ってしまって大丈夫でしょうか?

管理人
実は管理人は車関係の仕事なので、RAV4を購入した方とお話しする機会もあるのです。

また、試乗もしてきましたので、RAV4を購入しようとしている方、一度冷静になって考えてみたい方に、

ここが気に入らないなら購入を控えた方がいい

という点をまとめました。見ていただければと思います。

ダート&オフロード向けSUV

トヨタにはコンパクトSUVの「C-HR」、Lサイズで豪華な「ハリアー」という2車種のシティ派SUVがラインアップされていますが、オフロードに適した車種が無く、走破性に優れたアウトドア志向を求めるユーザー向けに投入されたのが5代目RAV4です。

 

どちらも悪路の走破についてはほとんど考慮されていない。いっぽう、ライバル車を見ればスバル「フォレスター」や日産「エクストレイル」など、走破性にすぐれるSUVが高い人気を誇る。そこで、トヨタは悪路にも強いRAV4を日本市場に再び投入した。

 

RAV4は、価格やボディサイズを考慮すればC-HRとハリアーのちょうど中間に収まる3兄弟のように見えるが、オフロード指向が強く、性格はほかの2車とはまったく異なる。

 

アドベンチャーはガソリン車しか設定がない

売れ筋でオフロード感の強いグレード、アドベンチャーはガソリンしか設定がありません。

2トーンの設定等、売りたいことは間違いないでしょうから(実際に一番売れているグレード)性能を考えてもハイブリッドもあって良かった気がします。

 

 

シートベンチレーションはオプションで付けられないというのは「嘘」

RAV4_シートベンチレーション

 

「シートベンチレーションがアドベンチャーにしか付けられない・・・」

という口コミがいくつかありましたが、

シートベンチレーションとは座席の下から空気が出てくる装備のことです。

座席シートの風通しを良くするために付けたいという意見なのでしょうが、トヨタのシートベンチレーションには吸い込み・吐き出しの2方式あり、RAV4は吸い込み式が標準装備で、シートと体表の隙間にある熱気を吸い込んで蒸れなくしてくれます。

なのでわざわざオプションで付ける必要はないんですね。

 

 

トルクベクタリングAWDがガソリン車の上位グレードしか選べない

4WDシステムは純粋に性能だけを比較すればトルクベクタリングAWDが一歩リードしていますが、これがガソリン車の上位グレード(アドベンチャー、G・Zパッケージ)のみしか選べない設定なのが残念です。

X&Gのトルクコントロール4WDの走りも優秀とはいえやはり一歩劣ります。

 

パノラミックビューモニターが無い

※画像はハリアーのパノラミックビューモニター

上から見下ろしているかのように映像を映し出すパノラミックビューモニターがRAV4の海外モデルには付いているのですが、日本仕様では省略されてしまいました…。

 

ミドルサイズSUVで全長も全幅もそこそこあり、死角や運転がバック駐車が苦手な人のためにぜひ付けておいてほしかったです。

ちなみにハリアーやRAV4よりも小さいシエンタにも付いているんですけどね…。

 

インパネの見づらさ

TFTの液晶メーターがくっきり感がなく、にじんだ感じで見づらいという口コミが多いです。

 

両側のアナログメーターは明るいのに真ん中だけくすんでいるので、デザイン的に失敗ではないかと感じているようです。

フォレスターなどの見やすいメーターと比べてしまうとどうしても見劣りしてしまいます。

※フォレスターのメーター

 

前席はドアの取っ手にゴムが巻いてますがリアはプラスチックで滑ります。そこはけちる必要ないと思うのですが…

 

路面のひび割れを拾う

RAV4の静粛性は高く評価されていますが、管理人の他にも試乗した多くの方が言われていることがあって、それは道路のひび割れを拾ったり低周波の感じの音が入ってくることです。

スポンサーリンク

 

Adventureのボディカラーに白(ホワイトパールクリスタルシャイン)が無い

人気のボディカラーといえば、白や黒が定番ですが、新型RAV4の「Adventure」には白の設定がありません。※アドベンチャー以外では選択可能

その代わりに2トーンルーフがあるのかもしれませんが、モノトーン6色の中でも圧倒的に人気の「ホワイトパールクリスタルシャイン」をぜひ用意しておいてほしかったのが本音ですね。

リセールでも白や黒がプラス査定なのは常識ですし、ホワイト派の管理人としては悲しい限りです。

純正ナビだと9インチが限界

新型RAV4のナビは全グレードでオプション扱いとなり、メーカーオプションの設定は無く、ディーラーオプションナビも10インチは設定されません。

最近の自動車メーカーでは、ナビ周りを標準装備しているところも多いのですが、RAV4ではそれに当てはまりません。

 

最大画面サイズは9インチまでとなってしまい、ヴォクシーやアルファードの10インチサイズは用意されていません。

9インチあれば十分とも考えられますが、車体の大きさから10インチの選択肢も用意してほしかったのが本音です。

社外品にすると、DCM(車載通信機)の性能が一部発揮できなくなるのはなんとかならないものでしょうか。

意外と暗い室内

この画像ではちょっと伝わりづらいかもしれませんが、室内等はこのクラスの車とは思えない暗さで、ちょっと意外でした。

リアシートがめっちゃ狭いC-HRとは違い開放感がありますし、リアウインドーもC-HRに比べたらだいぶ大きいのですが、なぜか暗く感じてしまいます。

リアクォーターガラスも先代よりも拡大されているので運転席からの視認性に関しては問題ありませんでした。

まとめ

以上、新型RAV4の欠点をいろいろあげてきましたが、総合的に良くできたクルマなのは間違いありません。

これらの点が許容できるのなら買って後悔することはないと思います。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>RAV4の値引き相場レポート!

RAV4を安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

RAV4の新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「かんたん車査定ガイドって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

 

 

 

スポンサーリンク

メニュー