クルドラ

パッソのおすすめグレードを比較して検証!後悔しないために選んでおきたいのは?

パッソを買うことは決めていても、どのグレードにするかは迷ってしまうもの。

そこでこのページではどのグレードが一番あなたにマッチしているのか、それぞれの特徴を解説しながら見ていきたいと思います。

関連記事:>>パッソ値引き

関連記事:>>パッソおすすめオプション

X“G package”の特徴



X“Gpackage”はパッソの標準仕様としては最も高価格なグレードです。アルミホイールを装備し、パッソ標準仕様唯一のLEDヘッドランプやキーフリーシステムも標準装備となります。

フロントウィンドウにはIRカット機能、フロントドアのガラスはスーパーUVカットIRカット機能付きグリーンガラスにグレードアップされています。ドアハンドルがボディと同色になっていますが、ボディ外観上にスポイラーのような特別な装備はありません。

衝突回避支援システムのスマートアシストⅡが装備され、燃費や室内空間の数値は他グレードと同等となっています。

X“L package・S”/ X“L package”の特徴



X“Lpackage”シリーズではアルミホイールやLEDヘッドランプの搭載されない中間的なグレードとなっています。

衝突回避支援システムのスマートアシストⅡが装備されるものがX“Lpackage・S”となり、装備されないものはX“Lpackage”となります。

スーパーUVカットパッケージでガラスは上級グレードど同等のものにグレードアップが可能で、LEDパッケージの装備でLEDヘッドランプの装備が可能です。

室内はメッキパーツが簡略化されていますがシート表皮はX“Gpackage”と同じです。

X“S”/Xの特徴



X“S”/Xはパッソの最も低価格なグレードとなっていますが、燃費や室内空間の数値は同じです。衝突回避支援システムのスマートアシストⅡが装備されるものがX“S”となり、装備されないものはXとなります。

リアシートは6:4分割式の可倒式シートではなく、一体型可倒式シートとなっているため、三人乗車で荷物を多く積むという使い方はできません。キーフリーシステムやエンジンプッシュスタート、助手席シートアンダートレイなども装備されません。また、ドアハンドルが黒塗装になっています。LEDヘッドランプなどは装備不可能です。

MODA“G package”の特徴



MODA“Gpackage”はパッソのデザイン重視型MODAグレードでも最も装備が充実した一台でパッソシリーズで最も価格の高い一台となっています。

スポンサーリンク

ライトはより高性能なBi-BEAMLEDヘッドランプとなり、メーターはオプティトロンメーターとなるなど、標準グレードのX“Gpackage”よりもさらに装備が優れています。

室内はシート表皮がグレードアップし、インパネとシートにアクセントカラーが取り入れられています。フォグライトやアルミホイールも標準装備されます。

MODA“S”の特徴

MODA“S”はパッソのデザイン重視型MODAグレードでの中間グレードに当たります。ライトはより高性能なBi-BEAMLEDヘッドランプとなり、メーターはオプティトロンメーターとなるなど、上級グレードのMODA“Gpackage”と同等の装備を持つ部分もあります。

室内はシート表皮がグレードアップし、インパネとシートにアクセントカラーが取り入れられています。

スーパーUVカットパッケージのオプションでガラスは上級グレードど同等のものにグレードアップが可能です。フォグランプとアルミホイールはオプションとなります。それ以外の外観はMODA“Gpackage”とほぼ同等です。

MODAの特徴


MODAはパッソのデザイン重視型MODAグレードでのスマートアシストIIを省略した最廉価グレードにあたります。

MODA“S”と基本的な部分は全て同一で、ライトはより高性能なBi-BEAMLEDヘッドランプとなり、メーターはオプティトロンメーターとなるなど、上級グレードのMODA“Gpackage”と同等の装備を持つ部分もあります。

室内はシート表皮がグレードアップし、インパネとシートにアクセントカラーが取り入れられています。スーパーUVカットパッケージのオプションでガラスは上級グレードど同等のものにグレードアップが可能です。フォグランプとアルミホイールはオプションとなります。それ以外の外観はMODA“Gpackage”とほぼ同等です。

おすすめはどのグレードか

標準グレードであれば少なくともX“Lpackage・S以上のグレードがおすすめとなります。スマートアシストIIの装備やオプションの装備でガラスやヘッドライトのグレードアップが可能なところが大きいです。

最も安いX“S”は二人暮らしや一人暮らしであれば低価格のメリットを活かせるかもしれません。

スタイル重視型のMODAグレードではMODA“Sがおすすめです。こちらも必要に応じてオプション装備でグレードアップが可能です。

オプションをすべて載せるのであればMODA“Gpackage”のほうがお得でしょう。MODAは安全装備が省かれているのであまりおすすめではありません。

パッソを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

パッソの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

スポンサーリンク

メニュー