クルドラ

ノアのおすすめグレードを比較して検証!後悔しないために選んでおきたいのは?

ノアを買うことは決めていても、どのグレードにするかは迷ってしまうもの。

そこでこのページではどのグレードが一番あなたにピッタリなのか、それぞれの特徴を解説しながら見ていきたいと思います。

関連記事:>>ノア 値引き

>>ノア おすすめオプション

特別仕様車 HYBRID Si“W×B”/Si“W×B”の特徴



HYBRID Si“W×B”/Si“W×B”グレードはハイブリッド7人乗り、ガソリン7人乗り8人乗り、FF、4WDに用意される特別仕様で、専用シート表皮で合成皮革とファブリック製のホワイトステッチが入った消臭機能付のシートが装備され、グリルなどシルバーメッキパーツがダークメッキ調になりヘッドランプなどもブラックで引き締まった印象になったグレードです。

室内もブラック形でまとめられ、メッキもダーク系となります。専用エンブレムも装備されます。

それ以外の装備は3ナンバーモデルのSiをベースにしています。

HYBRID Siの特徴




HYBRID SiはHYBRID Gグレードをベースにフロントフェンダーなどの大型エアロパーツやリアスポイラーを装備し、3ナンバーサイズとなる上級モデルです。シート表皮も専用のものとなります。

サイズは大きくなりますが燃費や馬力の数値、室内空間の数値は他グレードと同等です。

予防安全装備はToyota Safety Sense Cは標準装備となりますがクルーズコントロールは装備されません。
16インチの専用アルミホイールが装備されます。リヤオートエアコンがオプションです。

HYBRID G




HYBRID Gはノアのハイブリッド車では中間グレード的な立ち位置ですが、エアロパーツが装備されないタイプで5ナンバー車では最も高価格なモデルとなり装備が充実しています。

予防安全装備はToyota Safety Sense Cは標準装備となり、クルーズコントロールが標準装備となります。

15インチのアルミホイールが装備されます。リヤオートエアコンが標準装備となり、エアコン自体もナノイー機能付きにグレードアップしています。

スポンサーリンク

シート表皮はハイグレードなファブリックを使用して消臭機能付きで、快適遮熱機能もついています。フロントドアガラスもスーパーUVカット+撥水機能付きとなります。

HYBRID Xの特徴




HYBRID Xはノアのハイブリッド車では最低価格のタイプで、エアロパーツが装備されないタイプで5ナンバー車となります。

予防安全装備はToyota Safety Sense Cは標準装備となり、クルーズコントロールがオプションとなります。15インチのアルミホイールが装備されます。

室内はフロントオートエアコンが標準装備で、機能的にはナノイー機能がつかないことをのぞいて上位グレードと同等です。リヤオートエアコンがオプション装備となります。

低価格モデルではありますが助手席側パワースライドドアは標準装備され、両側もオプションで設定されます。

Gʼsの特徴



GʼsはSiグレードをベースに専用のエアロパーツやLEDイルミネーションビームなどを装備した専用のフロントフェイスを採用し、剛性アップを行い、フロア下に空力パーツを装備しサスペンションなどをチューニングするなどスポーティグレードとなります。

内装カラーも専用のものとなります。ガソリン車のみの設定で7人乗りのみとなります。18インチの専用アルミホイールが装備されます。

インパネも専用装飾が施され、マルチインフォメーションディスプレイの起動画面も専用のものになります。

ボディには赤いストライプが入り、ボディカラーは五色のみの設定となります。

おすすめはどのグレードか

基本グレードではHYBRID Gがもっとも装備が就実しており、クルーズコントロールも装備されるなど長距離乗車の面でもおすすめの一台となっています。

HYBRID Si“W×B”/Si“W×B”とHYBRID Siは3ナンバーになり迫力あるスタイルが特徴でスタイルが気に入れば他と比較の難しいグレードといえます。“W×B”系とSi系はメッキの色の違いなどが中心で見比べて判断すると良いでしょう。

HYBRID XはGとくらべてやや装備が劣り、価格差を考えればGがおすすめとなります。

Gʼsは完全に独特のグレードとなり、ガソリン車しか選べないですがSiグレード以上に迫力あるデザインが魅力です。

ノアを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ


ノアの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

スポンサーリンク

メニュー