クルドラ

タントの値引き相場レポート!1783台の実販売データから合格ラインを算出!

最終更新日 2021/10/21

スーパーハイト系という軽自動車で人気のジャンルを確立したのがダイハツタントです。ミラクルオープンドアに代表される子育て世代のファミリー層、特にママさんドライバーからたくさんの支持を集めています。

そんなタント購入を考えている方が一番気になっているのがどのくらい値引きが可能なのかだと思います。

そこで今回はタントの

  • ・値引きの相場、限界
  • ・商談・交渉のコツ
  • ・実際の購入者の口コミ

特にこの辺りの情報を包み隠さずご紹介します!

どうしてこんな普通はわからないようなリアルな情報を書けるかというとそれには理由があって…

管理人
実は管理人友達ダイハツ営業マンをしているのです。

なので現場リアルな情報が入ってきます。

このページは最新値引き情報とタントのおすすめポイントだけにフォーカスしていますので最後まで見ていただけると嬉しいです!

値引きの相場・限界は?【2021年10月最新】

タントの値引き相場はズバリ

車両本体 15万円
オプション値引き 25%

タントカスタムの値引き

車両本体 16万円
オプション値引き 25%

合格目標になります。

値引き難易度:普通

フルモデルチェンジから時間も経ち、鮮度低下で値引き拡大傾向。
特に昨年実績N-BOXスペーシアに遅れをとったこともあり、シェア回復のために価格競争になると勝負してくれる状態です。

「異なるダイハツ店同士の競合が効いた」

「N-BOXと競わせると値引きが出やすくなった」

などの口コミが上がってきています。

グレード別の値引き相場

グレード名車両本体価格(税込み)値引き相場
(オプション含まず)
L(スマアシなし)124万3,000円〜15万円
L(スマアシ付き)134万2,000円〜16万円
Xスペシャル140万8,000円〜17万円
X149万0,500円〜18万円
Xターボ164万4,500円〜18万円
管理人

グレードの違いがよくわからない方は下の記事を参考にしてください。

参考⇒タントのおすすめグレードを比較して検証!後悔しないために選んでおきたいのは?

また軽自動車の場合、登録済未使用車(新古車)も多数出回っているので相場在庫状況を確認して商談に活かしましょう。

>>タントの未使用車を無料で探す

ちなみにこの目標金額は、月間自家用車、情報誌グーネット、ザ・マイカー、ベストカー、オートックワン、価格.com、みんカラ、管理人独自の聞き取りなどから値引き額の上位30%の平均で出しています。

もちろんグレードやオプションによっても差が出ますし、値引きが目標に届かない場合もありますので、その時は他のサービスを付けてもらうなどで頑張りましょう。

ライバル車種と競合させるのは基本!

ライバル車種を出して競合させたほうが、タント一本に絞って交渉するよりも値引きが出やすくなります。

ダイハツの営業マンが値引きで対抗したくなるライバル車は、おそらく断トツでスペーシアですが、もちろん王者N-BOXも外せません。

忘れがちなダークホースとしてシフォンとの兄弟車競合も視野に入れていきましょう。

営業マンどちらにするか本気で悩んでいると思わせれば、成約を勝ち取るためさらなる好条件が出る場合もあります。

管理人

タント、ライバル車にもそれぞれに良いところと悪いところがあるので

「タントの悪いところが気になる…」風を装えばばっちりです。

欠点、不満点に関しては下の記事を参考にしてください。

参考⇒買って後悔しないために知っておきたい!新型タントの不満点、欠点のまとめ

購入者の声

「決め手は値引きでもタントを選んで正解でした」
神奈川県 30代 女性
購入したグレード:X 2WD
値引き額:15万円
サービス:ディーラーナビ
感想:旦那と私と息子の3人家族です。

そんなに大きな車はいらないので最初から背の高い軽自動車に絞って検討。タントスペーシアN-BOXを候補に商談を続け、最終的に値引き15万円一番良かったタントに決めました。
スペーシアのハイブリッド機能やN-BOXの質感や完成度も捨てがたかったですが、タントの広い居住空間や開放感抜群のスライドドアなどの機能が気に入りました。

私の場合、競合させたというよりも本当に迷っていたので、それが値引きにつながって結果オーライです!
ダイハツの営業の人も「これ以上の値引きは厳しいです」と弱気の姿勢だったのですが、最後はディーラーナビサービスで付けていただきとても感謝しています。

助手席側に柱のないミラクルオープンドアの使い勝手は思っていたよりもはるかに良かったです!!

タント同士を競合させて大幅値引きも!

さらにタント同士競合させることも切り札になります。
タントダイハツ全ディーラーで扱われていて、例えば○○ダイハツ販売○○部分が少しでも違うところが別会社別資本ですから、その複数店舗を回り他店ではここまで値引きしてくれたよということを伝えれば、条件がさらに良くなることも期待できます。

どの販売店も自分のところで買ってくれないと利益になりませんからね。

多くの店舗を回ることで、中には販売ノルマ未達のディーラー営業マンに遭遇するときもあります。そのときは鼻血が出るくらいがんばって値引いてくれますのでかなりお得な買い物ができますよ。

購入者の声

「タント同士を競わせたら値引きが増えた!」
千葉県 30代 男性
購入したグレード:カスタムRS
値引き額:15万円
サービス:フロアマット、ドアバイザー
感想:以前から付き合いのあるダイハツタントの見積もりを取ったところ、値引き10万円で上限。。。

それでは妻のOKがもらえないので別系列ダイハツディーラー2店で見積もりを取りました。良い方は13万円まで出たので、近所の方に戻って「あっちは13万まで値引きしてくれたよ。向こうで買っちゃうよ?」と揺さぶりをかけます。
営業マンも「いや~わかりました。店長から15万円までOKをもらいましたのでぜひウチで!これからも末永くお付き合いよろしくお願いします!」条件が大幅に見直されました

面倒くさがらずに足をのばして成功でした!

値引きに満足できないときはサブディーラーという手も

ライバル車別資本同士競合でも満足できる値引きを得られなかったときは、サブディーラーを当たるのも一つの方法です。

サブディーラーとは新車販売も手掛けている自動車整備工場中古車販売店のことです。表の看板に「新車・中古車販売」「全メーカー取り扱い」などと書かれていたらソコです。
特にダイハツ軽自動車メインのため、昔からサブディーラーでの取り扱いが多いメーカーのひとつです。

サブディーラーを簡単に見つけるには中古車販売サイトで、探している車種の「走行距離0~1,000km」「住んでいる地域」を入力し検索してみてください。
新車がヒットすれば、その店舗はサブディーラーとして新車販売もしているということです。

メリットデメリット正規ディーラーとの違いなどは「サブディーラーでも新車はオトクに買えるのか」で解説していますのでチェックしてみてください。

オプション値引きはマスト

オプションからの値引き車両本体値引き同様、大切なポイントです。
タントの場合は選択用品価格概ね20〜25%程度目標に交渉しましょう。

また、「10万円分の用品プレゼント」は6月いっぱいで終了していますが同様のサービスを要求して応じてくれた例も複数報告されていますのでダメもとでお願いしてみるのも良いでしょう。

また、契約直前だけに通用するやり方ですが、最後にこのオプション品をおまけで付けてくれたら契約するよと言えば、ちょっとした純正アクセサリーなら付けてもらえることもあります。
具体的には

・カーペットマット(グレー)
・マッドガード
・ドアハンドルプロテクション
・シートバックテーブル(グレー)
・クリーンポケット
・キーフリーシステム
・ナンバーフレームセット

などがねらい目です。

もちろんサービスなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙うのがポイントです。ハンコを用意しておくなどして本気度アピールしましょう。

管理人

どのオプションを付けるかまだ決めかねている方はこちらの記事を見てから決断してくださいね。

参考⇒タントのオプションを徹底調査!おすすめアイテムとナビはどれ?

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロです。黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。

ですのでおすすめのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。

予算は○○万円なので、これ以上は1円も出せません。オプション品込みでこの予算内に収まるなら即決するよ
などと勝負を賭ける方法もあります。ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。

納期は安定していて標準的

1~2カ月標準的な納期です。急ぐ場合はこまめに店頭在庫をチェックし、希望と折り合えるモデルがないかの確認も忘れずに。

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!


ディーラーイメージ
新しく車を買うときにはその販売店で今の愛車を下取りに出すことが一般的です。購入と売却をワンセットで行えるので手間もかからずにお得な気もしますが・・・

管理人
実はディーラー査定は安いことが多いってご存知でしたか?

理由は簡単。競合がいないからです。

なのでこの下取りで損をしている人がめちゃくちゃ多いんです。


営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です


管理人
と言われてもその金額が妥当なのか、安いのかプロでもないのにわかりませんよね。


しかし営業マンに言われるがままでは損をしてしまうことも…

下取り額を大幅にアップさせる方法


査定額イメージ図
同じ車でもどこに売るかで査定額は変わります。

下取りに出すときに損をすることなく、むしろ下取り額アップに成功した人に話を聞くとある共通点がありました!

答えは簡単です。複数の車買取店を競合させて愛車の買い取り相場を知っておく。

そうすればその査定額をディーラーにバシッと言うだけであっさり下取り額がアップします。

営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です(この金額で収まれば何十万と儲かるな)


あなた
他の買取店で90万円の査定をしてもらってます。これが見積書です。


営業マン
汗汗。では下取り100万でいかがでしょうか?


あなた
OKです。よし!やった!


これはうまくはまったパターンですが、もしダメでもその時は買取店で売ればいいだけの話なのであなたに損は全くありません。

しかし一軒一軒買取店を回るのは手間も時間もかかりすぎます。

そんなときに便利なのが一括査定サイト。複数の買取業者に出張査定してもらえるサービスです。

管理人
管理人がリサーチした結果、圧倒的に利用者が多かったのはナビクル車査定(無料)です


ナビクル車査定が選ばれている理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・最大10社の買取店から最高査定額を選べる
・東証一部上場企業グループが運営
・電話がかかってくるのが面倒な人はメールだけで対応可能

↓ナビクル車査定の公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
※査定額だけ確認してすぐに売らなくてもOKですよ!
管理人
無料の一括査定サービスを知らなかったがために、下取りで安く買いたたかれて 「あのとき買い取り査定しておけば・・・」 と後悔している人は多いです。 やったもん勝ちで、100%損をすることのないサービスですのでぜひ活用してください

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「ナビクルって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・中間コストがない直接取引
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)に査定を申し込む↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

在庫車が最も値引きされる場合もよくある

「すぐに乗りたい」「値引きが不満」という方には在庫車も選択肢に入れると良いでしょう。

在庫車といっても売れ残りではなく、売れ筋モデルの先行発注分がストックされている場合も多いです。 その分値引き条件も良くなりますし、納期も早いです。

一部キャンセル車両などのネガティブ在庫車もありますが、営業マンに確認すればわかりますので、まずは在庫車の有無から気軽に聞いてみましょう。

スポンサーリンク

タントの魅力はココだ!

引用:https://gazoo.com/

今や新車販売4割に迫ろうかという軽自動車マーケット。その中でも断トツで売れているのが全高1700mm超えのスーパーハイト系ジャンルです。

タントはそのスーパーハイト系ジャンルを確立したパイオニア的モデル。初代がデビューした2003年頃は、ワゴンRなどに代表される全高1600mm前後のハイト系ワゴンが各社の主力商品でした。そこへ突如投入された初代タントは全高1725mm、ホイールベース2440mmという型破りなディメンションで瞬く間に人気車種に。スズキパレット(スペーシア前身)やホンダN-BOXなど他社のフォロワーも生み出します。

2代目モデルでは後のタントの代名詞ともなる左側Bピラーレスの「ミラクルオープンドア」や先代より遥かにアグレッシブになったカスタムの投入などで人気に拍車が掛かります。
そしてついに3代目モデル2014年に登録車を含めた新車販売台数No.1を獲得。これはダイハツ車で”“のみならず、軽乗用車としても初の快挙となりました。

引用:https://221616.com/

そして現在販売されているのは、2019年にフルモデルチェンジした4代目モデル。記録保持者(車?)となった先代を超えるべく、ダイハツの新開発アーキテクチャー”DNGA”投入の第一号モデルです。

4代目タントはサスペンションや骨格の部品配置をゼロベースで再構築したDNGAプラットフォームを採用。CVTエンジンなど全ての機構を一新したことで、走る・曲がる・止まるといった基本性能が大幅に向上しました。

水平基調フロントマスクは安定感を表現

エクステリアは従来どおり標準系カスタム系二種類が設定されていますが、この2フェイス戦略元祖ダイハツ。90年代に発売されたムーヴカスタム仕様追加(当時は裏ムーヴと呼ばれてましたっけ)したのをきっかけに、ダイハツではタントでも初代モデルからタントカスタムを設定。こちらも他社が追随する格好になります。

引用:https://car-moby.jp/

4代目デザインはシンプルで親しみやすいフロントフェイスと、連続したシームレスな面で洗練された塊を表現したボディが特徴。テーマは「素の魅力」とされ、具体的な箇所で見るとターボ車のインタークーラー用インテークはグリル内に、スライドドアレールはボディサイドレリーフにそれぞれ取り込まれ、機能箇所が突出して目立たないようシンプルに仕上げられています。もちろんただシンプルなだけではなく、ヘッドライトにはLEDデイライトが組み込まれ先進性も感じさせます。

また、正面から見ると横方向に流れるデザインラインが強調されるため、規格目一杯のサイズは先代と同様ながら、よりワイドに、安定感が増して見えるエクステリアです。

生まれ変わった「大人カスタム」なタント

タントカスタムの方はこれまでの”カスタム手法”とは明確に路線変更されていて、目指されたのは「大人のカスタム」。

引用:https://www.bigmotor.co.jp/

従来の派手派手のカスタムデザインから、ヤングシニア層からも支持される方向で調整され、わかりやすいのはメッキパーツが大きく減っていること。カスタムらしい存在感は維持しながらも、光ものは効かせどころを絞ってさり気なく配置されています。

先代カスタムはボンネットやフロントフェンダーまで別パーツでしたが、4代目はそこは標準系と共通。しかしながらグリルとマスクだけの意匠変更にも関わらず、カスタムには新潮流が感じられます。

ミラクルウォークスルーパッケージ誕生

タント自慢ミラクルオープンドアはもちろん4代目でも健在。それを今回は各機能をブラッシュアップし「ミラクルウォークスルーパッケージ」として訴求、大きなセリングポイントになりました。

引用:https://car-moby.jp/

ミラクルオープンドアBピラーレスのように見えますが、実際はピラードア側に内蔵しています。そのこともあって助手席側リヤドアの重さが従来タントウィークポイントとされていましたが、ここへ2017年時点では”軽初”だったイージードアクローザーを設定。半ドアでも自動的に全閉してくれるようになりました。さらにこれまでは助手席のみだったロングスライド機構運転席にも採用されたため、降車や座席移動することなく、運転席に座ったまま後席のお子さんをケアすることもできます。

また、こちらも2017年時点では軽自動車として初めての「ウェルカムオープン機能」を装備。これは降車時にリアパワースライドドア予約スイッチを入れておけば、次に乗車する際に両手がふさがっていても、クルマに近づくだけでドアが自動オープンする機能です。

引用:https://www.autocar.jp/

タント子育て世代に圧倒的な支持を受ける理由がわかりますね。

ダイハツの10年先を見据えたDNGAを投入

タントメカニズム的な進化は、すべての面においてDNGAプラットフォーム採用成果と言えます。中でも軽量化は車両全体で従来比約80kg減を達成し、一方ではボディの曲げ剛性約30%向上しているためハイト系モデルの弱点とされていた走行性能、特にコーナリング時安定感が劇的に進化しました。

搭載されるパワートレインを見るとまずNA(自然吸気)エンジンは、高回転域を除いてプラグ2度点火するマルチスパーク方式日本で初めて実用化し、燃費走行性能の改善を図っています。さらにトランスミッションも新型のD-CVTを採用、これまでCVTのネガとされてきた走り出しのモタつき静粛性を大きく向上させました。

引用:https://www.webcartop.jp/

DNGAの投入でタント、さらに以降のダイハツ車のポテンシャルは大幅アップデートすることになります。

先進安全装備のスマートアシストⅢ(スマアシⅢ)は、2020年末ステレオカメラ等へ小改良が実施されていて、従来の機能に加え「夜間歩行者検知機能」「路側逸脱警報機能」「ふらつき警報機能」を追加。他にも「標識認識機能」には最高速度一時停止も検知が可能となりました。

タントのおすすめグレードは?

2021年5月時点でのタントのラインナップは以下のとおりです。ターボ車は標準系がXターボ、カスタム系がRSRSスタイルセレクション“になります。

タントは直近だと2020年末グレード設定を若干見直していて、2019年末に追加設定していた「セレクションシリーズ」を廃止しています。セレクションシリーズとは標準系XXターボカスタムXRSに設定されていた、本来メーカーオプションである「コンフォータブルパック」「スマートクルーズパック」「スタイルパック」をグレード毎に組み合わせお買い得価格にしていたモデルです。

2020年末にはそれらパック装備内容を各グレード標準化して統合、「セレクション」というシリーズを無くしたわけです。

但し、カスタムについては「セレクション」を新たに「スタイルセレクション」としてリニューアル。大型フロントグリルガーニッシュ(バンパー&サイド)にメッキ加飾を施したほか、RSスタイルセレクション“には専用15インチアルミも用意されました。

引用:https://dressup-navi.net/

以上のとおり現行タントはパックオプションが標準化されたため、どのグレードもコスパは高くおすすめが悩ましいところですが、標準系でお考えらならラインナップ中、特にお買い得度が高いXスペシャル”でしょうか。

セレクションと混同しそうですが、Xスペシャル”はタントの優れた機能はそのままに一部機能を省き約8万円価格を下げたモデル。省かれた装備はシートバックテーブルUSBソケットなどわずかですが、左側パワースライドドアがないのはネックですね。ベース車右側ノンパワーですし、割り切れて少しでもお安い方が!という方には安全装備エクステリアX以上と全く同一なのでおすすめです。

引用:https://cbp-colors.com/

タントカスタムについてはやはりそのルックスに見合う動力性能という点ではターボおすすめタントターボ先代までの燃費はイイがパンチがイマイチと言った評価に応え、全域トルクアップを実現、加速性能15%も引き上げました。そうすると燃費にはマイナスに作用するところですが、前述のとおりタントエンジンDNGA効果でベースの燃費性能が向上しているため、十分にカバーできるわけです。

特にトップグレードRSスタイルセレクション“は専用アルミが目を惹く他、モデルチェンジでやや”大人び過ぎ”と感じている方には嬉しいフードガーニッシュなど、メッキ加飾も”チョイ増し”ですよ。

リセールバリューもカスタム&ターボ強し

また、リセールバリューで考えてもターボ仕様カスタムの評価が高いです。3年落ち、5年落ち、7年落ちで比べるといずれも3代目モデル実績になりますが、残価率10%以上カスタムが上回っています。そうすると新車価格差はある意味「後で取り返せる」感があり、それだったら所有期間をより満足させてくれるターボや(お好みなら)カスタムが良いかと考えます。

ライバル比較:実力拮抗の好敵手スズキスペーシア

自動車業界にはSD戦争という言葉があります。これはそのままスズキVSダイハツ販売合戦のことで、一昔前のアルト対ミラから始まりハイト系ワゴンのワゴンR対ムーヴ、そして現在はスペーシア対タントという流れが続きます。現在の軽自動車NO.1ホンダN-BOXであり、スズキダイハツは”し烈”な2位競争となっているのが少々寂しいところですが、やはりタントにとってスペーシアこそガチライバルでしょう。

引用:https://motor-fan.jp/

そのスペーシア初代タント大ヒットした後にスズキが送り出したパレットの後継モデル。パレットは一代限りの地味なモデルでしたが、軽クラス両側スライドドアを持ち込んだ先駆でした。それを受けて誕生したスペーシアは、現行型は2017年発売2代目モデルです。

全車にマイルドハイブリッドを搭載。ひと目見てわかる個性的なデザインは、スーツケースをモチーフとしたもので、それはインテリアの造形にも生かされています。スペーシアもご多分に漏れず標準系カスタム系がありますが、タントのそれに比べるとスペーシアカスタムはかなりド派手な印象。いわゆる”オラオラ感”がハンパないです。

タントカスタムと比べると好みが分かれそうですが、最近の2フェイス戦略のクルマを見ると、タントのほか例えばホンダN-WGNスズキソリオなどメッキ巨大グリルで”ドーン路線からクール路線変化しつつあるようにも感じます。

引用:https://www.webcg.net/

現行タントより一足先にモデルチェンジしていたスペーシアは、2020年末にマイナーチェンジを受けその際、先進安全装備スズキセーフティサポートアップデートされました。

これにより全車速追従式ACC(オートクルーズコントロール)が装備されたこともあり、後発のタントに差を付けられていた点はほぼ解消。互角の勝負を展開し、2020年のスーパーハイト系SD戦争スペーシア軍配が上がりました。

もっとも台数勝負の内訳の中に2018年に追加発売されたスペーシア・ギアの数字が入っているのは大きいです。今流行りのSUVライクなドレスアップを施したモデルで、実質現行スペーシア標準系カスタムギア三本立てになっています。

引用:https://gazoo.com/

果たしてタント・ギアとか出るのかは不明ですが、タントスペーシアと違い標準系にもしっかりとターボモデルを用意するなどグレード展開差別化は行っています。

果たして2021年SD戦争の結末はどうなるのか、クルマ好きの興味は尽きません。

引用:https://motor-fan.jp/

以上、ダイハツタント値引き相場レポートをお届けしました。

スポンサーリンク

メニュー