クルドラ

タフトの値引き相場をレポート!実販売データから合格ラインと限界を算出!

最終更新日 2021/10/20

2020年の夏に発売されたクロスオーバー軽SUVダイハツタフト

車名の「タフト(TAFT)」は“Tough & Almighty Fun Tool”の略です。(Almightyは全能の意味)

そんなタフトの購入を考えている方が一番気になっているのがどのくらい値引きが可能なのかだと思います。

そこで今回はタフトの

  • ・値引きの相場、限界
  • ・商談、交渉のコツ
  • ・実際の購入者の口コミ

特にこの辺りの情報を包み隠さずご紹介します!

どうしてこんな普通は手に入らないようなリアルな情報を書けるかというとそれには理由があって…

管理人
実は管理人友達ダイハツ営業マンをしているのです。

なので現場リアルな情報が入ってきます。

このページには最新値引き情報とタフトのおすすめポイントだけをフォーカスしていますので最後まで見ていただけると嬉しいです!

値引きの相場・限界は?【2021年10月最新】

タフト値引き相場はズバリ

車両本体 13万円
オプション値引き 20%

合格目標になります。

値引き難易度:普通

発売から時間も経ってきたせいか、普通に値引きが出るようになりました。

「オプションをたくさんつけたので多めにサービスしてもらった」

「ハスラーと競わせて値引きが伸びた」

などの口コミが上がってきています。

ちなみにこの目標金額は、月間自家用車、情報誌グーネット、ザ・マイカー、ベストカー、オートックワン、価格.com、みんカラ、管理人独自の聞き取りなどから値引き額の上位30%の平均で出しています。

もちろんグレードやオプションによっても差が出ますし、値引きが目標に届かない場合もありますので、その時は他のサービスを付けてもらうなどで頑張りましょう。

ライバル車種と競合させるのは基本!

もうタフトに決めてしまっている場合でも、ライバル車種を出して競合させたほうが、タフト一本に絞って交渉するよりも値引きが出やすくなります。

ダイハツ営業マン値引きで対抗したくなるライバル車で、引き合いに出すと効果的なのがハスラーeKクロスです。営業マン“どちらにするか本気で悩んでいる”と思わせれば、成約を勝ち取るためさらなる好条件が出る場合もあります。

管理人

タフト、ライバル車にもそれぞれに良いところと悪いところがあるので

「タフトの悪いところが気になる…」風を装えばばっちりです。

欠点、不満点に関しては下の記事を参考にしてください。

参考⇒後悔しないために確認しておきたいタフトの不満点4つ+α

購入者

「ハスラーとの競合で値引きをゲット!」

富山県 20代 男性
購入したグレード:G
値引き額:10万円
サービス:端数切捨て、コーティング
感想:以前はワゴンRに乗っていたのですが、年式が古くなってきて車検代も高くなりそうなので車検前に新車を購入することにしました。

SUVが好きで最初からタフト希望だったのですが、車雑誌に“ハスラーと競合させると良い”と書いてあったので先にスズキディーラーまで行って見積もりをゲットしておきました。

最初は7万円の値引きでしたが、ハスラーの値引きが9万だと伝えると…それではウチで買っていただけるなら10万まで値引きさせていただきます!と言ってもらえたので快くハンコを押させてもらいました。

商談に彼女同伴で行って本気を見せたのも良かったのかもしれません。

タフト同士を競合させれば大幅値引きも!

さらにタフト同士競合させることも効果的です。

タフトはもちろん全ダイハツ店で売られていますが、どことでも同士競合できるわけではありません。競合させられるのは別資本で、別会社の場合です。

〇〇ダイハツ○○部分が少しでも違うところが別会社ですので、その複数店舗を回り「他店ではここまで値引きしてくれたよ」ということを伝えれば値引きが大きくなることも期待できます。基本的には隣の県まで足を伸ばせば必ず別会社になります。

隣県まで越境できない方も、ダイハツ新車を扱っているサブディーラー整備工場中古車販売メインとするいわゆる町のモーター屋さん)なら十分競合させることができますので、近くにあればぜひ行ってみましょう。

多くの店舗を回ることで、中には販売ノルマ未達のディーラー営業マンに遭遇するときもあります。そのときは鼻血が出るくらいがんばって値引いてくれますのでかなりお得な買い物ができますよ。

オプション値引きもマスト!

オプションからの値引き車両本体値引き同様、大切なポイントです。

10万円分の用品プレゼントが9月末まで延長されましたが、それ以上にオプションを付けるなら必須。

タフト場合選択用品価格概ね15〜20%程度目標交渉するようにしましょう。

また、契約直前だけに通用するやり方ですが、「このオプションをサービスで付けてくれたら契約するよ」と言えば、ちょっとしたオプション品なら付けてもらえることもあります。

具体的には

・ナンバーフレームセット
・ラゲージマット
・マッドフラップ
・ドアミラーガーニッシュ
・バックドアフック
・トレイマット

などがねらい目です。

もちろんサービスしてもらうものなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙うのがポイントです。ハンコ印鑑証明を用意しておくなどして本気度アピールしましょう。

管理人

どのオプションを付けるかまだ決めかねている方はこちらの記事を見てから決断してくださいね。

参考⇒タフトのオプションを徹底調査!おすすめアイテムとナビはどれ?

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロです。

黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。ですのでおすすめのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。

「予算は○○万円なので、これ以上は1円も出せません。オプション品込みでこの予算内に収まるなら即決するよ」

などと勝負を賭ける方法もあります。

ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることが多いです。

値引きのコツは何度でも交渉すること

値引きは粘り強く交渉することが大事です。

タフトの場合、最初は5万円程度値引き額を提示されることが多く、それ以上を求めないとできる値引きもしてくれないので結果的損をすることになります。
交渉停滞したら必要に応じて「また後日に、、、」と仕切り直しを求め、こちらには余裕がある雰囲気を感じさせるのも大事なポイント。

軽自動車値引きが少ないとあきらめず、ギリギリまで粘って交渉するようにしましょう。

セール・決算狙い

期末セール在庫一掃的なセールに合わせ値引きを狙う方法もあります。

引用:https://toyama-daihatsu.co.jp/

決算期も相場以上のビックリするような値引きもあり得ますので
■中間の決算期(8月下旬~9月末)
■年度末の決算期(1月3月
■夏のボーナス時期の6月7月
■冬ボーナス&年末商戦期の12月
こうしたタイミングを見計らって値引き交渉してもいいかもしれません。

納期はやや長め

オプションにもよりますが納期は2~3カ月やや長めです。

今は買っても良いタイミング

タフトは今後しばらくはマイナーチェンジフルモデルチェンジ予定もありませんので値引きの金額もあまり動きません。

2~3カ月待てばもっと安く買えていたのに…」

といった心配もありませんので今買ってもOKです。

細かいサービスのオマケをお願いする

思うように値引きが引き出せなかった場合でも、契約直前が一番ワガママを聞いてくれるタイミングですから、

  • ・総支払金額からの端数切捨て
  • ・ボディーコーティング・メンテナンスパック
  • ・登録手数料のサービス・半額
  • ・納車時ガソリン満タン
  • ・ローンを組むなら金利の引き下げ


などはオマケでお願いするのを忘れないようにしましょう。



特にコーティングは、もともと半分がディーラーの利益なこと、納車前の汚れを落とさなくてよくなるのでサービスしてもらいやすいです。

また、任意保険の加入・切り替えの時期が近いなら、新車購入時にそのディーラーで加入することで、営業マンの成績アップになるので、その分値引きを上乗せしてもらえることもあります。

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!


ディーラーイメージ
新しく車を買うときにはその販売店で今の愛車を下取りに出すことが一般的です。購入と売却をワンセットで行えるので手間もかからずにお得な気もしますが・・・

管理人
実はディーラー査定は安いことが多いってご存知でしたか?

理由は簡単。競合がいないからです。

なのでこの下取りで損をしている人がめちゃくちゃ多いんです。


営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です


管理人
と言われてもその金額が妥当なのか、安いのかプロでもないのにわかりませんよね。


しかし営業マンに言われるがままでは損をしてしまうことも…

下取り額を大幅にアップさせる方法


査定額イメージ図
同じ車でもどこに売るかで査定額は変わります。

下取りに出すときに損をすることなく、むしろ下取り額アップに成功した人に話を聞くとある共通点がありました!

答えは簡単です。複数の車買取店を競合させて愛車の買い取り相場を知っておく。

そうすればその査定額をディーラーにバシッと言うだけであっさり下取り額がアップします。

営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です(この金額で収まれば何十万と儲かるな)


あなた
他の買取店で90万円の査定をしてもらってます。これが見積書です。


営業マン
汗汗。では下取り100万でいかがでしょうか?


あなた
OKです。よし!やった!


これはうまくはまったパターンですが、もしダメでもその時は買取店で売ればいいだけの話なのであなたに損は全くありません。

しかし一軒一軒買取店を回るのは手間も時間もかかりすぎます。

そんなときに便利なのが一括査定サイト。複数の買取業者に出張査定してもらえるサービスです。

管理人
管理人がリサーチした結果、圧倒的に利用者が多かったのはナビクル車査定(無料)です


ナビクル車査定が選ばれている理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・最大10社の買取店から最高査定額を選べる
・東証一部上場企業グループが運営
・電話がかかってくるのが面倒な人はメールだけで対応可能

↓ナビクル車査定の公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
※査定額だけ確認してすぐに売らなくてもOKですよ!
管理人
無料の一括査定サービスを知らなかったがために、下取りで安く買いたたかれて 「あのとき買い取り査定しておけば・・・」 と後悔している人は多いです。 やったもん勝ちで、100%損をすることのないサービスですのでぜひ活用してください

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「ナビクルって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・中間コストがない直接取引
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)に査定を申し込む↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

スポンサーリンク

 

タフトの魅力はココだ!

引用:https://www.sankei.com/

今や積極的に新型モデルが投入されるのは、を除けばコンパクトカーSUVくらいです。トレンドはそのイイとこ取りのようなコンパクトSUVで、各社とも血道を上げているように感じられます。

そのSUVの流れは日本のある種メインストリームとも言える軽自動車へも波及しており、軽の雄スズキではクロカン系のジムニーやクロスオーバー系のハスラーなどヒットを飛ばしています。一方の雄、ダイハツと言えばかつてネイキッドテリオスキッドなどSUV系モデルを持っていましたが、いずれも今はなくしばらく傍観の状態でした。

そんなダイハツから2020年のブランニューモデルとして待望の軽SUVタフトが発売となりました。

引用:https://news.mynavi.jp/

スクエアなフォルムの四隅にがっちりとハマった黒い樹脂フェンダー、その中に納まるFF軽乗用車最大の外径サイズを持つタイヤなど、誰の目にも分かりやすいクロスオーバーSUVルックですが、ライバル車とは異なったアプローチにより初代モデルながらタフトの個性を感じさせます。
ダイハツでは40年近く前にタフトという同じ車名のモデルを発売していたことはありますが、今回のタフトに関連性はなく、新たに「ムーヴ」「ミライース」「タント」に並ぶ基幹商品となるか注目が集まります。

バックパックスタイルで前後席の役割りを明確化

四角の塊を組み合わせたようなエクステリアタフトは、意外と背丈が抑えられているのが特徴。特にサイドウィンドウグラフィックドアパネルに比べて、けっこう薄めになっているために余計そう感じるのかも知れません。

もちろん1630mm全高なので天井が低いわけではなく、むしろ全車標準装備されるグラスルーフスカイフィールトップ」の効果で前席のレベルを超える開放感さえあります。

反対に後席サイドウィンドウのサイズが小さいため閉塞感もあり、かつ背もたれが低くスライド可動もしないなど居住性は二の次といった印象。但し、これはタフトのコンセプトを具現化したものであり、”バックパックスタイル“と呼ばれるそれは、後席はあくまで荷室の一部という発想。実際、簡単にシート背もたれが倒せて、ラゲージルームとツライチにできる構造となっています。

クルースペース前席フレキシブルスペース後席ドアパネルシートカラー配色まで変えるなど、コンセプトアピールはかなり徹底しています。

開放感抜群のスカイフィールトップは全車標準

インテリアの特徴はもちろん前述のスカイフィールトップでしょう。かつて国産車でも日産ラフェスタやホンダエアウェイブなどでグラスルーフのクルマはありましたが、今はラージクラスのSUVに一部オプションである程度。それを軽自動車全車標準にしたのは驚きです。この辺りもタフトの「前席はクルーへ最大のおもてなしをする」を体現しているのでしょう。

引用:https://www.webcg.net/

インパネのデザインも個性的で、ブロックを組み合わせたような造形にビタミンカラーのオレンジ差し色でアクセントに。助手席前にはアッパーとロアに前後差をつけて使い勝手の良い大きなトレイ状にしています。

またベンチ型が多い軽自動車では珍しいセパレートシートが採用され、こちらもではあまり見られないフロアコンソールが設けられています。これにより前席コクピット感を高める狙いがあるのでしょう。

DNGA+最新スマアシで全方位進化

タフトスーパーハイト系の現行「タント」から採用されたDNGA(ダイハツニューグローバルアーキテクチャー)採用第3弾モデルです。そのためDNGA新プラットフォームパワートレーンが投入され、メカニズムは最新スペックの仕様。

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

エンジンNA (自然吸気)とターボ2タイプですが、パワートレーンに若干の違いがあり、NAは従来からのCVTを組み合わせていますが、ターボ新開発のスプリットギヤを使ったD-CVTを設定。ギヤを組み合わせたCVTのためアクセル操作にリンクして車速が高まるのが特徴で、ドライブフィールにリニア感があり、レスポンスのよいスポーティな走り味になります。

タフトは先進安全装備スマアシ(スマートアシスト)を採用しますが、タフト投入に当たりステレオカメラ刷新されアップデート。これにより衝突回避支援ブレーキ夜間歩行者にも対応できるようになり、道路標識認識機能もこれまでの進入禁止だけから一時停止最高速度も認識可能となります。
また、パーキングブレーキ電動式になりオートホールド機能も付くため、これで全速域対応ACC(アダプティブクルーズコントロール)はさらに停止保持まで自動で行うタイプになりました。

オススメグレードはGターボ

タフトはわずかに3グレードしかないため、それぞれに役割分担明確であまり迷うことはないかも知れません。

Xはボトムグレードですが、タフト充実装備がウリのため他車でありがちな何も付かないから安い、といったモデルとは違います。例えばLEDヘッドライトオートハイビーム機能付きですし、スカイフィールトップスマアシは当然装備。さすがにACCは含まれませんが「サポカーSワイド」認定です。

純正アクセサリーアルミホイールなどで自分仕様ドレスアップしていきたい方にはイイ選択です。

そうした志向がなく、デフォルトの状態で使用したい方ならGグレードが手っ取り早いでしょう。Xから装備の上乗せはアルミホイールルーフレールリヤワイパーLEDフォグランプ等が標準、またヘッドライトXのオートハイビームから一段進化したアダプティブドライビングビームになります。オプションでACCも選ぶことができ、価格のバランスが取れたタフト販売の中心になる「お買い得モデル」です。

しかしながら本稿でイチ推しなのは「Gターボ」です。トップグレードなのでイイのは当たり前で、その分価格も上がるわけですが、XよりGお買い得であるように、GよりGターボも十分お買い得になっています。価格差は121,000円ですが、ACCLKA(レーンキープアシスト)がGターボ標準なので、単純計算ではエンジンのパワーアップ代77,000円馬力差から試算すると1PSあたり約6,400円の価格上昇ですから、パワーアップの追い金は案外リーズナブルです。

引用:https://dressup-navi.net/

また燃費面でも、フツーなら当然NAエンジンの方が良好なわけですが、タフトの場合はターボ燃費NAとほとんど変わりません。

この要因はトランスミッションにもあり、タフトは全車CVTなのですが、GターボにだけDNGAの新技術”D-CVT”が奢られます。これは走行状況に応じてベルトだけでなくギヤ駆動も併用することにより、伝達効率向上変速比幅の拡大を実現したものです。コンベンショナルなCVTが苦手とする中~高速域での伝達効率に優れるD-CVTは今のところGターボのみの装備。Gターボこそタフトの本命といえるでしょう。

リセールバリューで見ても本命

発売後まだ1年も経たない新しいモデルのため、中古車市場での買取り相場に確定的な実績はありませんが、人気のSUVジャンルだけに高いリセールバリューになることは想定されます。

引用:https://toyota.jp/ucar/

3年後あたりを見据えればやはりトップグレードGターボが強いリセールを誇るでしょう。NAエンジンGグレードも装備は悪くないですが、今やマストアイテム化しつつあるACCメーカーオプションのため「付いている」「付いていない」の判別が必要になります。逆に言えばG購入しようとするなら、ぜひ選択しておきたいオプションですね。

SUV個性が評価されるところもなため、ボディカラーはどの色を選んでもリセールバリューにそれほど差は出ないところも強み。それでも定番の以外だとスモーキーに振った水色(レイクブルーメタリック)と(フォレストカーキメタリック)の査定には”イロが付くような気もします。

引用:https://motor-fan.jp/

ライバル比較:ハスラーの独走にストップを掛けられるか!?

言わずもがなのド定番ライバルスズキハスラーでしょう。

実際ハスラーはこのセグメントのパイオニアで、初代モデル2014年に登場。当時小型登録車はSUVブームに突入し始めていた頃で、に該当するモデルはまだありませんでした。
そこへ突如現れた新生ハスラーは、瞬く間に人気車となりデビュー年に10万台以上販売実績を叩き出しました。

引用:https://car-me.jp/

その後も軽販売トップ10位内からこぼれることはなく、今やワゴンRスペーシアに並ぶスズキの屋台骨の一つとなりました。

そして2020年タフトを迎え撃つかのようにハスラーは一足先にフルモデルチェンジされ2代目へと進化しました。

ハスラーの強みはISGと呼ばれるモーター機能付発電機リチウムイオンバッテリーを組み合わせたマイルドハイブリッドシステムを搭載し、加速時のアシスト燃費向上に活用している点です。スズキ車はこのシステムの採用を拡大していて、日産デイズなど他社での採用例もありますがやはり一日の長があります。燃費性能を見るとWTLCモードハスラー20.825.0km/ℓ。一方のタフト19.620.5km/ℓなので、マイルドハイブリッドを搭載したハスラーが上回っています。

引用:https://bestcarweb.jp/

またSUVらしく悪路走破性では、同門にジムニーというクロカンも頂くスズキハスラーが一枚上手。タフトにも滑りやすい路面での発進脱出をサポートしてくれるグリップサポート制御は付きますが、ハスラー4WDにはグリップコントロールのほか、ヒルディセントコントロールスノーモードまで装備されます。

その他、後席の居住性などでもハスラーのポイントは高いですが、タフトリードしているところももちろんあります。

それは可愛げに映るハスラーよりもワイルドタフな印象を与えるエクステリアデザインであったり、割り切った前席優先のパッケージングスカイフィールトップの気持ち良さだったりします。さらにダイハツコネクトを含む先進機能&装備の充実度も高く、先のACCの機能性ではハスラーにない電動パーキングブレーキを採用している分、停止保持再発進利便性タフトの優れた美点。

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

つまるところ本当に実力が拮抗していて、どちらを選んでも間違いのない選択と言える好敵手同士に違いありません。

以上、タフト値引相場レポートをお届けしました。

スポンサーリンク

メニュー