クルドラ

ミライースの値引き相場レポート!【グレード別・2022年12月最新】実販売データから合格ラインを算出

最終更新日 2022/12/3

「第3のエコカー」ミライースは低燃費・低価格だけでなく、「安心・安全」装備も充実しています。

そんなミライースの購入を考えている方が一番気になっているのがどのくらい値引きが可能なのかだと思います。

この記事を読めばわかること

  1. ミライースの値引き交渉の効率的なやり方
  2. グレード毎の適正な値引き額
  3. オプション値引きとオマケしてもらう方法
  4. ライバル車競合はアルトとスペーシアが効果的
  5. ミライース同士を競合させるコツ

特にこの辺りの情報を包み隠さずご紹介します!

どうしてこんな普通はわからないような情報が手に入るかというとそれには理由があって…

管理人
実は管理人の友達がダイハツの営業マンをしているので現場のリアルな情報が入ってきます。

このページは《最新値引き情報》はもちろん《営業マンが困る値引き交渉のやり方》さらにはミライースのおすすめポイントまでガッツリと伝授しますので最後まで是非お読みください!

値引きの相場・限界は?【2022年12月最新

ミライースの値引き相場はズバリ

交渉のレベル車両本体OP値引き
限界まで値引き交渉12万15%
ライバル車を出して交渉9万10%
特に交渉なし5~6万0~5%

が合格目標。

値引き難易度:普通

大人しく商談すると7~8万引きでまとめようとしてきます。新型アルトを引き合いに出して「値引き次第ではミライースを購入する」とやるといいでしょう。

グレード別の値引き相場

グレード名車両本体価格(税込み)値引き相場
(オプション含まず)
B860,200円〜8万円
B“SAⅢ”926,200円〜9万円
L893,200円〜9万円
L“SAⅢ”(1番人気)959,200円〜10万円
X“SAⅢ”1102,200円〜12万円
特別仕様車
X“リミテッドSAⅢ”
1118,700円〜13万円
G“SAⅢ”1232,000円〜15万円
特別仕様車
G“リミテッドSAⅢ”
1248,500円〜16万円

「プレオプラスとの兄弟車競合が効果的だった」

「オプション用品値引きで活路を開きました」

などの口コミが上がってきています。

管理人

ワンポイント


コロナ禍で中古車価格が上がり、買取店が買取価格をアップ→新車ディーラーが下取り車の査定額を高くして対抗の図式になっているので買い替えのチャンス。

特に自社モノは高く下取る傾向にあるので買取店と競争させれば想定外に高く売れることも多いです。
プラスして本体値引きも忘れずにゲットしましょう。
"カーナビ無料装着"や"期間限定の低金利ローン"などのキャンペーンは誰でも付けてもらえるものなので、満足せずに本体値引きを狙うのが鉄則です!
ちなみにこの目標金額は、月間自家用車、情報誌グーネット、ベストカー、オートックワン、価格.com、みんカラ、管理人独自の聞き取りなどから値引き額の上位30%の平均で出しています。

もちろんグレードやオプションによっても差が出ますし、値引きが目標に届かない場合もありますので、その時は他のサービスを付けてもらうなどで頑張りましょう。

ライバル車種と競合させるのが基本!

ライバル車種を出して競合させたほうが、ミライース一本にしぼって交渉するよりも値引きが出やすくなります。

ダイハツの営業マンが値引きで対抗したくなるライバル車で、引き合いに出すと良いのがアルトスペーシア。加えてピクシスエポックプレオプラスとの兄弟車競合も有力。“どちらにするか本気で悩んでいる”と思わせられれば、気を変えるためにさらなる値引きを引き出せる場合も。

また、届け出済みの未使用軽自動車も出ているようなので商談の前にはチェックしておきましょう。

管理人

それぞれのクルマに良いところと悪いところがあるので

「ミライースの悪いところが気になる…」風を装えばバッチリ

欠点、不満点に関しては下の記事を参考にしてください。

参考⇒買って後悔しないために知っておきたい!ミライースの欠点、デメリットのまとめ

ミライース同士を競合させれば大幅値引きも

さらにミライース同士を競合させることも決め手になります。


ミライースはもちろん全ダイハツ店で売られていますが、どことでも同士競合できるわけではありません。競合させられるのは別資本で、別会社の場合です。 ダイハツは原則として各都道府県に1社なので隣県に越境して他店ではここまで値引きしてくれたよということを伝えれば値引きが大きくなることも期待できます。

管理人

多くの店舗を回ることで、中には販売ノルマ未達のディーラー営業マンに遭遇するときもあります。そのときは鼻血が出るくらいがんばって値引いてくれますのでかなりお得な買い物ができますよ。

値引きに満足できないときはサブディーラーという手も

ライバル車別資本同士競合でも満足できる値引きを得られなかったときは、サブディーラーを当たるのも一つの方法です。

サブディーラーとは新車販売も手掛けている自動車整備工場中古車販売店のことです。表の看板に「新車・中古車販売」「全メーカー取り扱い」などと書かれていたらソコです。
特にダイハツ軽自動車メインのため、昔からサブディーラーでの取り扱いが多いメーカーですよ。

サブディーラーを簡単に見つけるには中古車販売サイトで、探している車種の「走行距離0~1,000km」「住んでいる地域」を入力し検索してみてください。
新車がヒットすれば、その店舗はサブディーラーとして新車販売もしているということです。

メリットデメリット正規ディーラーとの違いなどは「サブディーラーでも新車はオトクに買えるのか」で解説していますのでチェックしてみてください。

オプション値引きはコスパも良い

オプションからの値引きも本体車両からと同じで大切

ミライースは年末まで8万円分の用品値引きキャンペーン中ですが、さらにオプション値引きも、おおむね15%程度を目標に交渉しましょう。

また、契約直前だけに通用するやり方ですが、「このオプションをサービスで付けてくれたら契約するよ」と言えば、ちょっとしたオプションなら付けてもらえることもあります。

具体的には

・サイドエンブレム
・ドアミラーガーニッシュ
・カーペットマット
・オールウェザーマット
・ルームランプ
・アッシュトレイ
・アシストグリップ

などがねらい目です。

もちろんサービスしてもらうものなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙うのがポイント。

また、ハンコと印鑑証明を用意しておくなどして本気度をアピールしましょう

細かいサービスのオマケをお願いする

思うように値引きが引き出せなかった場合でも、契約直前が一番ワガママを聞いてくれるタイミングですから、

  • ・総支払金額からの端数切捨て
  • ・ボディーコーティング・メンテナンスパック
  • ・登録手数料のサービス・半額
  • ・納車時ガソリン満タン
  • ・ローンを組むなら金利の引き下げ


などはオマケでお願いするのを忘れないようにしましょう。



特にコーティングは、もともと半分がディーラーの利益なこと、納車前の汚れを落とさなくてよくなるのでサービスしてもらいやすいです。

また、任意保険の加入・切り替えの時期が近いなら、新車購入時にそのディーラーで加入することで、営業マンの成績アップになるので、その分値引きを上乗せしてもらえることもあります。

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロ。黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。
ですのでオススメのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。
予算は○○万円なので、これ以上は1円も出せません。オプション品込みでこの予算内に収まるなら即決するよ
などと勝負を賭ける方法もあります。ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。

値引きのコツは何度でも交渉すること

値引きは粘り強く交渉することが大事です。

ミライースの場合、最初は5万円程度値引き額を提示されることが多く、それ以上を求めないとできる値引きもしてくれないので結果的損をすることになります。交渉停滞したら必要に応じて「また後日に、、、」と仕切り直しを求め、こちらには余裕がある雰囲気を感じさせるのも大事なポイント。

軽自動車値引きが少ないとあきらめず、ギリギリまで粘って交渉しましょう。

納期はやや長め…

3~5か月と長くなってきています。折からの半導体不足の影響もあり、解消されるまでは続く見込みです。

今は買い時なの?

ミライース一部改良があり、この先値引きが大きくなることも考えられないので今が買い時」です。

売れ筋グレードの「Xリミテッド SAⅢ」にも残価設定ローンを使えば月々4,200円で乗れる

 

ダイハツには残価設定プランが用意されていて、上の画像が見積もりの例ですが、頭金40万、月々の支払い4,200円でミライースに乗ることも可能です。

グレードX リミテッド SAⅢ
支払回数29回
頭金400,000円
5年後の買取価格616,000円
初回支払い額5,058円
2回目以降支払い額4,200円
ボーナス月加算額40,000円
金利3.9%

グレードは1番人気のX リミテッド SAⅢ支払回数は29回(3年)、ボーナス時は4万円なのでかなり現実的な条件ですよね。もちろん値引きを頑張ればもっと支払額は減ります。

「えっ?こんなに安くミライースに乗れるの???」

って感じですが、実は落とし穴があってダイハツのクレジットシミュレーションはオプションなしの状態でしか結果が出せないんですよね…。なのでこれにオプションを付けると支払い金額は上がります。

頭金が0だと毎月約17,000円の支払いになりますので頭金は少しでもあったほうが月々が楽。

管理人

残価設定ローンは最近は新車購入者の半分が利用しているというメーカーもあるほど流行りなので検討されてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!


ディーラーイメージ
新しく車を買うときにはその販売店で今の愛車を下取りに出すことが一般的です。購入と売却をワンセットで行えるので手間もかからずにお得な気もしますが・・・

管理人
実はディーラー査定は安いことが多いってご存知でしたか?

理由は簡単。競合がいないからです。

なのでこの下取りで損をしている人がめちゃくちゃ多いんです。


営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です


管理人
と言われてもその金額が妥当なのか、安いのかプロでもないのにわかりませんよね。


しかし営業マンに言われるがままでは損をしてしまうことも…

下取り額を大幅にアップさせる方法


査定額イメージ図
同じ車でもどこに売るかで査定額は変わります。

下取りに出すときに損をすることなく、むしろ下取り額アップに成功した人に話を聞くとある共通点がありました!

答えは簡単です。複数の車買取店を競合させて愛車の買い取り相場を知っておく。

そうすればその査定額をディーラーにバシッと言うだけであっさり下取り額がアップします。

営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です(この金額で収まれば何十万と儲かるな)


あなた
他の買取店で90万円の査定をしてもらってます。これが見積書です。


営業マン
汗汗。では下取り100万でいかがでしょうか?


あなた
OKです。よし!やった!


これはうまくはまったパターンですが、もしダメでもその時は買取店で売ればいいだけの話なのであなたに損は全くありません。

しかし一軒一軒買取店を回るのは手間も時間もかかりすぎます。

そんなときに便利なのが一括査定サイト。複数の買取業者に出張査定してもらえるサービスです。

管理人
管理人がリサーチした結果、圧倒的に利用者が多かったのはナビクル車査定(無料)です


ナビクル車査定が選ばれている理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・最大10社の買取店から最高査定額を選べる
・東証一部上場企業グループが運営
・電話がかかってくるのが面倒な人はメールだけで対応可能

↓ナビクル車査定の公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
※査定額だけ確認してすぐに売らなくてもOKですよ!
管理人
無料の一括査定サービスを知らなかったがために、下取りで安く買いたたかれて 「あのとき買い取り査定しておけば・・・」 と後悔している人は多いです。 やったもん勝ちで、100%損をすることのないサービスですのでぜひ活用してください

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「ナビクルって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・中間コストがない直接取引
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)に査定を申し込む↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

ミライースの魅力はココだ!

引用:https://response.jp/

ダイハツの持つ軽自動車技術(小型化・軽量化・低コスト)を徹底して磨き上げ、EVハイブリッドなどのコスト増を招く電動化に頼らない、「第3のエコカー」として登場したのがミライースです。
2011年初代モデルハイブリッド車に引けを取らない燃費性能(30km/ℓ)を70万円台からという驚異の価格設定で世に問い、一気に人気モデルへと成長。2012年の年間軽自動車販売台数第1位に輝いています。

現在販売されているミライース2017年にモデルチェンジされた2代目モデル低燃費低価格というコンセプトはしっかりと引継ぎながらも、より頑丈なボディ構造としたり、外板の一部に軽い樹脂素材を用いたりと更なる軽量化を達成し、限界と思われた初代燃費性能を上回る数値(35.2km/ℓ)を実現しています。

また、初代の途中から設定されたダイハツの先進安全装備「スマートアシスト」は、2代目からはより進化した「スマートアシストⅢ」を搭載。新たにステレオカメラが採用され、前方のクルマだけでなく歩行者に対しても緊急自動ブレーキが作動するようになりました。

引用:http://www.motordays.com/

圧倒的な低価格はミライースの大きな魅力

ミライースの大きな魅力である価格面は、先進安全装備の充実などもありややアップしましたが、それでも最もベーシックなグレードなら86万円。上記したスマートアシストⅢが装備されたモデルでも100万円を下回る92万円から用意があります。

今年も食品を中心に値上げラッシュ家計にも厳しさを感じていませんか?実は国産車の価格もけっこう値上がりしていて、令和4年の今アンダー100万円の設定があるクルマはミライース(およびその兄弟車)とスズキアルト(同)しかなく貴重な1台と言えます。

ミライースのエクステリアは燃費に直結する空気抵抗にこだわった造形で、整流効果を高めるバンパードアパネルのデザインはキリッとシャープなライン。軽自動車だからと言ってあざとめな可愛いデザインに振っていないところは好感ですね。むしろ2段構えに映るLEDヘッドランプなど、絶妙なポイントで決して”安クルマ”を感じさせない上手い造形になっています。

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

インテリアもクルマのコンセプト通りにシンプルクリーンな仕立て。着座時の頭上のゆとりセダン型ながら十分な空間があり、これに慣れるとタントN-BOXといった昨今流行りの超背高型持て余し感が返って笑えてしまうかも知れませんよ。

マイカーならスマートアシストは絶対選ぼう

ミライース1ボディ1エンジン1トランスミッションとなるため、選ぶのはFFにするか4WDにするかというところです。

あとは装備差によって以下のとおりグレード展開されています。

大まかに言えば「スマートアシストⅢ(スマアシ)」が付いているかいないかが、まずは選択ポイントグレード名に「SAⅢ」と付いているものがスマアシ付きになっています。現行ミライーススマアシの内訳は衝突回避支援ブレーキ車線逸脱警報誤発進抑制制御先行車発進お知らせオートハイビーム5種類になっています。

他車で見られるACC(オートクルーズコントロール)などの用意がないのは寂しいところですが、基本省エネエンジンでターボモデルの設定がないミライースでは、高速走行する機会も少ないという判断かも知れません。その分、スマアシ付き66,000円高に抑えられていますので、パーソナルユースならSAⅢの付くグレードからのチョイスをおすすめします。

純正ナビ派なら特別仕様車”リミテッド”がお得デス

特別仕様車の「リミテッド」と付いているモデルは、ベースとなるグレード純正ナビ装着用アップグレードパック(バックカメラ、16cmリヤスピーカー、GPSアンテナ)とリバース連動リヤワイパーなどの寒冷地仕様標準で付きます。

引用:https://www.goo-net.com/

例えばG”SAⅢ”ナビアップグレードパック寒冷地仕様をオプション装着すると52,800円高になりますが、G”リミテッドSAⅢ”ならそれが16,500円で付く計算です。G”SAⅢ”X”SAⅢ”を考えている方なら、リミテッドが断然お得です。また、2021年末追加されたL”SAⅢ10thアニバーサリーエディション”は記念エンブレムの他は「リミテッド」モデルの装備内容同一となっています。

オススメの1台ならX”リミテッドSAⅢ”で決まり

全グレードの中からオススメ1台決めるのは難しいところです。ミライースのウリである低価格をフィーチャーするならギリ100万円切りを達成しているL”SAⅢ10thアニバーサリーエディション”特別装備もありイイかと思います。でもせっかくのマイカー、ある程度見栄え装備にも拘りが欲しいならやはりX”リミテッドSAⅢ”になるでしょう。

引用:https://www.carsensor.net/

確かに価格112万円と大台へ入りますが、下のL系グレードに比べてヘッドランプがLEDヘッドランプとなる他、電動格納式ドアミラー14インチホイール車内メッキ加飾ツートンカラーインパネリヤヘッドレストなど内外観とも質感が一気に高まります。また全てのウィンドウUVカットガラスになり、リアドアバックドアウィンドウスモークも入って、女性にはお肌優しいところも高得点でしょう。

これでL”SAⅢ10thアニバーサリーエディション”の約14万円高なら納得です。

おすすめオプションはナイトドライブがアガるコレ

ミライース純正アクセサリー豊富に用意されています。クルマのキャラクターから中にはビジネスユースに役立ちそうなアイテムや、エコカーでもルックスには拘りたい方向けのエアロキットなど様々。本稿でオススメしたいのはインテリアのディーラーオプションから「イルミネーションパック」です。

昨今、輸入車上級車では夜間車内ライティングがトレンド化しつつあります。中には夜間照明アンビエントライト50色ものカラーから選択できるものまで出てきました。

ミライースではそこまでは行かないものの、ブルーLEDが淡く夜間インテリアを照らします。照明箇所足元だけではなく、センターコンソールカップホルダー内側ドアハンドルなどで、趣味性だけでなく実用的にも効果のあるスポットが設定されていて助かります。
一度この夜間ライティングされたクルマに慣れてしまうと、そうでないクルマに乗ったときに「こんなに真っ暗なんだっけ??」と思えてくるようになるそうです。

さらにダイハツ純正アクセサリーお得なパック価格が設定されているものも多く、このイルミネーションパックもセットの3点別個購入した場合より20%オフになっているのは嬉しいポイント。どうせなら3点パックオススメですし、余裕があればルームランプマップランプLED化も併せてご検討してみてください。夜のドライブが華やぎますよ。

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

ライバルが新型へ移行も引けを取らないミライース

軽自動車市場では、宿命のライバルといえるスズキアルト2021年末新型に切り替わりました。全体的に丸みを帯びたルックスは、シャープなミライースとは好対照。パワーユニットには歴代アルトマイルドハイブリッド仕様も加わっています。

デビューから4年が経過したミライースですが、価格面はもちろんノンハイブリッドにもかかわらず燃費性能新型アルトにまだまだ引けを取りません。

何もかも値段が上がっていく昨今、”日本一(か二?)リーズナブルな自動車”ミライース存在価値はますます高まっていくでしょうね。

引用:https://mobile.twitter.com/mirala350s/

以上、ダイハツミライース値引き相場レポートをお届けしました。

スポンサーリンク

メニュー