クルドラ

N-ONEのおすすめオプションはどれ?後悔しないために本当に必要なオプションを調べてみた

N-ONEを購入しようとするとき、どうしても悩んでしまうのがオプション選び。

付けすぎると予算をオーバーしてしまいますし、ケチりすぎるとあとでやっぱり付けておけばよかった…と後悔することも。。

管理人
実は管理人は車関係の仕事をしていますので、N-ONEに乗っている方とお話しする機会もあるのです。

そこで、実際の購入者の「生の声」を元に

  • ・必須のオプション
  • ・できれば付けておきたいオプション
  • ・必要そうだけど、不要なオプション

についてまとめました。

必須のオプション

デカール フロントグリル(¥14,040)


個性を出して自分だけのN-ONEにしたいならデカール フロントグリルは外せません。

管理人のおすすめなのは
・タンポポの綿帽子がモチーフの「フラフ」
・小粋なイタリアンカラーの「カフェレーサー」
です。

リアカメラ de あんしんプラス(¥22,680)は必須


多機能な運転支援機能(後退出庫サポート、後方死角サポート、車線キープサポート)が付いていて運転をサポートしてくれます。

N-ONEは安全性能でライバル車に劣っていますのし、バックカメラが2万円で付くなら安いものです。

あんしんパッケージ

ホンダセンシングが付いていないN-ONEですのであんしんパッケージも絶対に付けるようにしましょう。

軽自動車は特に横からの衝撃に弱く、命を失う事故になる可能性が最も高いのが側面衝突です。

万が一の時に「付けておいてよかった」と思える安全装備です。

 

できれば付けておきたいオプション

撥水ガラスコート

雨の日にガラスに付着したまま流れるのが遅くて視界が悪くなることって時々ありますよね。

ガラス面に耐摩耗性・撥油性のすぐれた撥水被膜を形成し、雨水を水滴にしてはじき飛ばすので、雨天時の視界確保に役立ちます。

また、油膜や汚れの付着防止にも効果があります。

さらにガラス凍結時の解氷効率も向上させたタイプなので、降雪地帯などに住んでいる方にもオススメのオプションです。

短時間で施工できるお手入れなのでちょっとディーラーに寄ったついでにやってもらうこともできます。

スタンダード インターナビスタンダード インターナビ(¥165,240)


リアカメラ de あんしんプラス、ドライブレコーダー、ETC車載器などと連動しているので使いやすさを考えてもぜひとも付けておきたいです。

ETC2.0車載器(¥25,920)


高速道路を利用するならやっぱり付けておきたいのが「ETC2.0」。

スポンサーリンク

ETC機能も搭載し、ナビ画面と音声で料金をご案内、ETCカードの有効期限切れもお知らせしてくれます。

ナビ画面での履歴確認も可能になっています。

ドアバイザーとフロアカーペットマットは社外品でもOK

あったら便利なフロアマットとサイドバイザーですが、社外品でも機能的には純正品に劣りませんので十分に代用可能です。

今の時代、純正にこだわらなくてもオシャレでピッタリなマットやバイザーはたくさんあります。

※画像はヤフーショッピングのステップワゴン EZクリーン 運転席フロアマット
ちなみにN-ONEの場合は両方とも純正でそろえると4万円以上かかります。

これが社外品にすると合わせて2万もかかりませんので2万以上浮く計算になります。

ちなみにマットは簡単に付けられますが、

「ドアバイザーは付けるの大変じゃない?」

という方のために参考動画を載せておきますね。

これを見て管理人も自分の車(プリウス)にドアバイザー付けましたけど10分かかりませんでした。

ちなみにそれでも自信ない方はカーショップやディーラーでも工賃がかかりますが、付けてもらえますよ。

必要そうだけど、不要なオプション

全く使わないオプションを付けてしまってあとで後悔しないように、不要なものはなにかピックアップしておきたいと思います。

マッドガード(¥11,880)


マッドガードは最近は付けている車も少ないですし、デザイン的にすっきり感が無くなります。

また、汚れ防止の効果はあるのですが、マッドガード自体が汚れてしまってそれが気になって洗車する方も多くあまり付けている意味がないといった口コミも多いです。

オプション選択は後悔の無いように

オプションは購入時にしか付けられないものもあり、取捨選択に頭を悩ますところです。

カスタムパーツや内装オプションを充実させての魅力を引き立たせたいのは山々・・・とは言えいくらでも費用をかけるわけにもいかないですよね。

そこで大切になってくるのが値引き額を把握することと愛車の下取り相場を調べて買い換え全体で損をしないことです。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>N-ONEの値引き相場レポート

N-ONEを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ


N-ONEの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

スポンサーリンク