クルドラ

ジェイドのおすすめオプションはどれ?後悔しないために本当に必要なオプションを調べてみた

ジェイドを購入しようとするとき、どうしても悩んでしまうのがオプション選び。

付けすぎると予算をオーバーしてしまいますし、ケチりすぎるとあとでやっぱり付けておけばよかった…と後悔することも。。

今回はそんなあなたのために、ジェイドで本当に必要なオプション、できればつけておきたいオプションを詳しく見ていきたいと思います。

ジェイドで必須のオプション

HONDA SENSING


HONDA SENSINGは衝突軽減ブレーキ突するおそれがある場合、音とメーター内の表示で警告、注意を促します。

さらに接近した場合は軽いブレーキングを行い、衝突のおそれが高まった場合は強いブレーキングを行い、衝突回避・被害軽減を支援します。

路外逸脱抑制機能

路外メーター内の表示とステアリング振動の警告で注意を促すとともに、車線内へ戻るようにステアリング操作を支援します。

それでも道路から大きく逸れそうな場合は、ステアリング操作の支援に加えて自動的にブレーキによる減速を行い、車線内へ戻るように支援します。

誤発信抑制機能

ミリ波レーダーが近距離にある車両などの障害物を検知。

アクセルペダルを踏み込んだ場合の急加速を抑制し、音とメーター内の表示で注意を促します。

その他にも安心で役立つ機能がついていますが、このオプションに入るだけで上記の機能はすべてついていて万が一のことを考えると絶対に入っておくべきオプションです。

さらにメーカーオプションなのであとからつけることはできませんので初めの段階で検討してみてください。

できればつけておきたいオプション

ナビ+バックモニター


メーカーオプションでナビを付ける場合バックモニターもつけるかどうかの説明があります。

値段的にナビだけでいいと言われる方が多いですが、ジェイドに関してはリアガラスが狭く、後方が見づらいため、バックモニターは必須です。

ちなみに後からつける場合、カーショップに依頼すると純正ナビは取り付け部品も純正のを使うため金額もかさみます。

さらにハッチバックの部分にモニターを付ける為加工を施す際に多少のゆがみ、傷などがつく場合があるので気を付けてください。

スポンサーリンク

ディーラーはすでに加工してあるパーツを使うので初めからディーラーにお任せが結局安く済みます。

ライセンスフレームナンバー

フレームの周りにつけるカバーです。手洗いされる方は特に必要はないかもしれませんが、洗車機等でお車を洗われる方は是非装着された方がいいと思います。

近年の洗車機はスポンジに近い特殊素材に変わり傷がつきにくくなりましたが、布や従来のスポンジを使用の洗車機はナンバーフレームを巻き込み曲がったり変形するケースが多いので是非つけてください。

不要なオプション

全く使わないオプションを付けてしまってあとで後悔しないように、不要なものはなにかピックアップしておきたいと思います。

ボディーコーティング


今現在耐久力の有るガラス系のコーティングが流行っていて、メーカーでは5年耐久、10年耐久のコーティングをおススメしています。

ですがここに落とし穴があります。

5年、10年のコーティングをした場合メンテナンスキッドという溶剤を渡され汚れた時にお使いくださいと説明されますがいくらガラス系のコーティングでも限界があり、毎年のメンテナンスをしないと5年。

10年はもちません。なので10万近くお金をかけてキレイにするぐらいなら毎年1万ぐらいでコーティングした方が安く済みます。

今はコーティング専門店やガソリンスタンドでも作業できるのでそこに頼むのが無難です。

オプション選択は後悔の無いように

オプションは購入時にしか付けられないものもあり、取捨選択に頭を悩ますところです。

カスタムパーツや内装オプションを充実させての魅力を引き立たせたいのは山々・・・とは言えいくらでも費用をかけるわけにもいかないですよね。

そこで大切になってくるのが値引き額を把握することと愛車の下取り相場を調べて買い換え全体で損をしないことです。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

スポンサーリンク
<<お得に車を買い替えたい方は必見!>>

車の買い替えに焦りは禁物です。
ディーラーに下取りに出すつもりでも
愛車の査定相場を知らずに交渉すると
安く買いたたかれて大損をしてしまうかも…。

【ディーラー下取り額<車査定の金額】
になることが多いのも今では常識です。
管理人おすすめのネット一括査定カービューで愛車の査定額をチェックしてから値引き交渉に臨みましょう!

カービュー公式サイトはこちら