クルドラ

タンク/ルーミーのおすすめオプションはどれ?後悔しないために本当に必要なオプションを調べてみた

タンク/ルーミーを購入しようとするとき、どうしても悩んでしまうのがオプション選び。

付けすぎると予算をオーバーしてしまいますし、ケチりすぎるとあとでやっぱり付けておけばよかった…と後悔することも。。

管理人
実は管理人は車関係の仕事をしていますので、タンク/ルーミーに乗っている方とお話しする機会もあるのです。

そこで、実際のタンク/ルーミー購入者の「生の声」を元に

  • ・必須のオプション
  • ・できれば付けておきたいオプション
  • ・必要そうだけど、実はいらないオプション

についてまとめました。

必須のオプション

ナビレディパッケージ(¥29,160)のバックカメラは駐車時に必須


バックカメラとステアリングスイッチが付くパッケージオプションです。

今時バックカメラが無いとバック駐車時などに不便で仕方ないですし、後ろに子供などがいたら危ないです。

バック時にどこかに1回ぶつけることを考えると十分に元が取れます。

ステアリングスイッチはナビや音楽をハンドルを握ったまま操作できますので、

「オーディオ操作時に視線がそれて危ない」

といった危険をあらかじめ避けることができます。

バックカメラは社外品を買う方もいますが、よほどなれていないと接着が取れてしまったり、そこから錆びたりすることも多いので注意してください。

シートヒーター付きのコンフォートパッケージはコスパ良し


コンフォートパッケージ(¥22,680)は運転席・助手席シートヒーター、シートバックテーブル[買い物フック・ドリンクホルダー2個付]、フロントセンターアームレスト、運転席シート上下アジャスター、助手席シートアンダートレイのパッケージオプションです。

特にシートヒーターは寒い地域に住んでいる方にとっては温まり方が違いますので必需品と言えます。

できればつけておきたいオプション

リモートスタートがあると夏冬助かる


家の中にいながらリモコン操作でエンジンを始動させられます。

乗車前に車内の温度を快適にできるので真夏と真冬は特に助かります。

¥46,440出しても惜しくないオプションと言えます。

サイドバイザーとフロアマットは社外品でもOK

あったら便利なフロアマットとサイドバイザーですが、社外品でも機能的には純正品に劣りませんので十分に代用可能です。

ちなみにタンク/ルーミーの場合は両方とも純正でそろえると5万円近くかかります。

スポンサーリンク

※画像はヤフーショッピングのトヨタ TANK タンク ROOMY ルーミー EZクリーン フロアマット

これが社外品にすると2万もかかりませんので3万ほど浮く計算になります。

ちなみにマットは簡単に付けられますが、

「サイドバイザーは付けるの大変じゃない?」

という方のために参考動画を載せておきますね。

これを見て管理人も自分の車(プリウス)にサイドバイザー付けましたけど10分かかりませんでした。

ちなみにそれでも自信ない方はカーショップやディーラーでも工賃がかかりますが、付けてもらえますよ。

不要なオプション

コーナーセンサー(ボイス4センサー)は高い


バンパーの角に取り付けられた4個の超音波センサーで、障害物との距離を検知して、ぶつかりそうなときに音声と表示ランプ、アラーム音で知らせてくれるものです。

もちろん無いよりはあった方がいいですが、タンク/ルーミーは車体も大きくないですし、¥50,760はちょっと高いので不要と言えます。

マッドガード(¥5,940)は付けなくて良い


マッドガードは最近は付けている人は少ないです。

舗装されていない砂利道を走る人はめったにいないですし、ガードを付けていても泥は付きます。

オプション選択は後悔の無いように

オプションは購入時にしか付けられないものもあり、取捨選択に頭を悩ますところです。

カスタムパーツや内装オプションを充実させての愛車の魅力を引き立たせたいのは山々・・・とは言えいくらでも費用をつぎ込むわけにもいかないですよね。

そこで大切になってくるのが値引き額を把握することと愛車の下取り相場を調べて買い換え全体で損をしないことです。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>新型タンクの値引き相場をレポート!
>>新型ルーミーの値引き相場をレポート!

タンク/ルーミーを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

タンク/ルーミーの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

スポンサーリンク