クルドラ

新型C-HRの2018年10月の値引き相場レポート!920件の実データから合格ラインを算出!

国内の最多販売車種となったトヨタのコンパクトSUV。

そんなC-HRの購入を考えている方が一番気になっているのがどのくらい値引きが可能なのかだと思います。

そこで今回は

  • ・新型C-HRの値引きの相場・限界
  • ・値引き交渉・商談のコツ
  • ・実際の購入者の口コミ

特にこの辺りの情報を包み隠さず紹介していこうと思います!

どうしてこんな普通は手に入らないようなリアルな情報を書けるかというとそれには理由があって…

管理人
実は管理人の友達がトヨタの営業マンをしているのです。

なので最新の値引き情報上手な新型C-HRの値引き交渉のやり方などの重要な情報が入ってきます。

営業マンが困る、値引き交渉のやり方】まで伝授しますので是非お読みください。


値引きの相場・限界は?

値引き額の限界をチェックしておくことはとても大切です。
もし、知らないで買ってしまうとかなりの金額を損することにもなりかねません・・・

2018年10月の新型C-HRの値引き相場はズバリ

車両本体 20万円
オプションを含む値引き26万円

が合格目標になります。

5月に行われた改良から時間が経ち、以前よりも値引きが緩んできていますので、ある程度強気にいっても良いでしょう。


ちなみにこの目標金額は、月間自家用車、情報誌グーネット、ザ・マイカー、ベストカー、オートックワン、価格.com、みんカラ、管理人独自の聞き取りなどから値引き額の上位30%の平均で出しています。

なので平均点50点のテストで85点を取るイメージです。

もちろんグレードやオプションによっても差が出ますし、値引きが目標に届かない場合もありますので、その時は他のサービスをつけてもらうなどでがんばりましょう。

また、いつ買うのがベストか?

ですが、しばらく待ったとしても大幅な値引きは期待できませんのでオプション値引きやサービスを充実させる方にシフトしてすぐに買っちゃっても良いと思います。

ライバル車種と競合させる

ライバル車種との競合で値引きを引き出すのにはジュークヴェゼルcx-3などが効果的です。

また、3月に発売されたばかりのエクリプスクロスとの競合も条件アップが狙えます。

これらの名前を出すことにより競争意識を煽り、値引きを引き出しましょう。

C-HRの弱点である、

  • ・ドライブモード変更が面倒
  • ・アイドリングストップが用意されていない
  • ・後方の視界が悪い

など、ここら辺が気に入らないから基本、他の車種を買おうかと思っている。くらいのことは言って、

ディーラーに「ライバル車種からC-HRに鞍替えさせるにはもっと値引かないと!」と思わせるくらいでないといけません。

“どちらかというとメインで購入を検討しているはライバル車”と思わせられれば、気を変えるためにさらなる値引きを引き出せる場合もあります。

C-HR同士を競合させる

ライバル車との競合でうまくいかなかった場合は、C-HR同士を競合させることも効果的です。

新型C-HRはレクサスを除く全チャネル(トヨタ店、トヨペット店、ネッツ店、カローラ店)で販売されていますので、同士競合も簡単です。

しかし、どことでも同士競合できるわけではありません。

競合させられるのは別資本で、別会社の場合です。

見分け方は簡単で、ディーラーの名前を見て「○○トヨペット」などの○○部分が少しでも違うところが別資本です。

その複数店舗を回り、「他店ではここまで値引きしてくれたよ」ということを伝えれば値引きが大きくなることが期待できます。

基本的には隣の県まで足を伸ばせば必ず別会社になります。

オプション値引き

オプションからの値引きも本体車両からの値引きと同じことですので大切なポイントです。

新型C-HRの場合はおおむね20~25%程度を目標に交渉するようにしましょう。

また、契約直前だけに通用するやり方ですが、「このオプションをサービスで付けてくれたら契約するよ」と言えば、ちょっとしたオプションなら付けてもらえることもあります。

具体的には
・リヤアンダーミラー
・ガーニッシュセット
・後席確認ミラー
・フロアマット
・サイドバイザー
・網戸付サンシェード
・バックドアストラップ
・ラゲージソフトトレイ

などがねらい目です。

もちろんサービスしてもらうものなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙うのがポイントです。

また、ハンコを用意しておくなどして本気度をアピールしましょう

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに、“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロです。

黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。

ですのでオススメのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。

「予算は○○万円なので、これ以上は出せないです。この予算内でオプションなどもサービスしてくれたら即決してもいいです」

などと勝負を賭ける方法もあります。

ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。

値引きのコツ

値引きは粘り強く交渉することが大事です。

新型C-HRの場合、最初は18万円程度の値引きを提示されることが多く、それ以上を求めないと、できる値引きもしてくれないので結果的に損をすることになります。

ギリギリまで粘って交渉するようにしましょう。

セール・決算狙い

期末セールや在庫一掃的なセールを狙うことで値引きを狙う方法もあります。

決算期も相場以上のビックリするような値引きもあり得ますので
■中間の決算期(8月下旬~9月末)
■年度末の決算期(1月~3月)
■ボーナス時期の6月
■ボーナス&年末商戦期の12月
タイミングを見計らって値引き交渉してみてもいいかもしれません。

納期は?

2~3カ月です。
発売から人気が続き現在でもやや長めの納期です。

ガソリン車のほうの1200ccターボ車のほうが納期は早いことが多いです。

細かいサービスのオマケをお願いする

思うように値引きが引き出せなかった場合でも、

  • ・総支払金額からの端数切捨て
  • ・ボディーコーティング・メンテナンスパック
  • ・登録手数料のサービス・半額
  • ・納車時ガソリン満タン
  • ・ローンを組むなら金利の引き下げ


などは特に契約直前が一番ワガママを聞いてくれるタイミングですから、オマケでお願いするのを忘れないようにしましょう。

オマケお願いイメージ

特にコーティングは、もともと半分がディーラーの利益なこと、納車前の汚れを落とさなくてよくなるなのでサービスしてもらいやすいです。

また、任意保険の加入・切り替えの時期が近いなら、新車購入時にそのディーラーで加入することで、ディーラー・セールスマンの成績となるので、その分値引きを上乗せしてもらえることもあります。

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!


ディーラーイメージ
新しく車を買うときにはその販売店で今の愛車を下取りに出すことが一般的です。購入と売却をワンセットで行えるので手間もかからずにお得な気もしますが・・・

管理人
実はディーラー査定は安いことが多いってご存知でしたか?

理由は簡単。競合がいないからです。

なのでこの下取りで損をしている人がめちゃくちゃ多いんです。


営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です


管理人
と言われてもその金額が妥当なのか、安いのかプロでもないのにわかりませんよね。


しかし営業マンに言われるがままでは損をしてしまうことも…

下取り額を大幅にアップさせる方法


査定額イメージ図
同じ車でもどこに売るかで査定額は変わります。

下取りに出すときに損をすることなく、むしろ下取り額アップに成功した人に話を聞くとある共通点がありました!

答えは簡単です。複数の車買取店を競合させて愛車の買い取り相場を知っておく。

そうすればその査定額をディーラーにバシッと言うだけであっさり下取り額がアップします。

営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です(この金額で収まれば何十万と儲かるな)


あなた
他の買取店で90万円の査定をしてもらってます。これが見積書です。


営業マン
汗汗。では下取り100万でいかがでしょうか?


あなた
OKです。よし!やった!


これはうまくはまったパターンですが、もしダメでもその時は買取店で売ればいいだけの話なのであなたに損は全くありません。

しかし一軒一軒買取店を回るのは手間も時間もかかりすぎます。

そんなときに便利なのが一括査定サイト。複数の買取業者に出張査定してもらえるサービスです。

管理人
管理人がリサーチした結果、圧倒的に利用者が多かったのはかんたん車査定ガイド(無料)です


かんたん車査定ガイドが選ばれている理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・最大10社の買取店から最高査定額を選べる
・東証一部上場企業グループが運営
・電話がかかってくるのが面倒な人はメールだけで対応可能

↓かんたん車査定ガイド公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
無料の一括査定サービスを知らなかったがために、下取りで安く買いたたかれて 「あのとき買い取り査定しておけば・・・」 と後悔している人は多いです。 やったもん勝ちで、100%損をすることのないサービスですのでぜひ活用してください

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「かんたん車査定ガイドって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

スポンサーリンク

大人気の新型コンパクトクロスオーバー

「C-HR」の特徴は、別名プリウスSUVと呼ばれるだけあって、ハイブリッドエンジンを積んだタイプとガソリンエンジンのタイプがあります。
c-hr01
現行プリウスに続きトヨタの新世代プラットフォームTNGAが採用されています。

それにプリウスSUVらしく、燃費を考慮して常時四駆ではなく、路面の状態を読んで四輪駆動に切り替わるE-Four(HV4WD)を搭載しています。

走破性も兼ね揃えたエコカーですね。

その他に注目すべき点は、各メーカーから出ているコンパクトSUVの中でも、ボディサイズが小さめでどこの立体駐車場でも問題なく入れるという所です。

細かい点ですが、意外と重要なポイントですね。

評判、評価は?

C-HRはトヨタが初めて発売した小型のSUVで人気もあり、すぐに4万台以上が売れました。

小型と言ってもトランクルームは非常に広く、荷物が多く積むことができる上、パワーも申し分ありません。

燃費はガソリン車が15.4で、ハイブリッド車は30.2あるようでハイブリッド車の燃費はSUVとしては頭一つ抜けていると思います。

また、エクステリアもセンスがあり評価されている一つだと思います。
c-hr02

コスパで選ぶなら2WDハイブリッドのSグレード

C-HRをコスパで選ぶのであれば2WDハイブリッドのSグレードがおすすめです。

4WDのS-Tグレードのほうが13万円安くはありますが、ハイブリッドはエコカー減税があることと、燃費が15km/lほど向上している点でコスパはハイブリッドの方が上と言えるでしょう。

ただし、4WDハイブリッドは設定されていないので4WDの走行性能が必要という方はS-Tグレードがおすすめとなります。

C-HRは予防安全装備やサイドエアバッグ、アルミホイールなどが標準装備されており、コスパを重視した場合はオプションをほ装着する必要はほとんどなく、必要に応じてナビを装着すればよいでしょう。

リセールを考えて選ぶなら2WDハイブリッドのGグレード

C-HRをリセールを考えて選ぶのであれば2WDハイブリッドのGグレードがおすすめです。
高価格グレードですが燃費はSグレードと同等ですし、エコカー減税もあります。

4WDであればG-Tグレードが高価格グレードであるためリセールでは有利でしょう。

また、ハイブリッドならではの装備のAC100V・1500W 非常時給電システム付コンセント1つが装備されるアクセサリーコンセントはリセールと利便性の面でかなり有利でしょう。

Bi-Beam LEDヘッドランプは外観が未来的になり安全性も向上しますが、15万1200円の価格に見合ったリセールは得られないかもしれません。

7万5600円の本革シートの方がアビールは強そうです。

ボディカラーの人気NO.1はホワイトパールクリスタルシャイン

ボディカラーの人気順は

  • ホワイトパールクリスタルシャイン
  • ブラックマイカ
  • メタルストリームメタリック

となっています。※ハイブリッド車

上位の2色でおよそ6割を占める人気っぷりです。

どの色にしようか迷われている方はリセールに強い上記の色がオススメになります。

どんな人向けの車か?

C-HRは室内長が1800mmと小型SUVとしては長くなっています。

足元空間は当然のこと、トランクルームも広く設計されています。

室内の広さからすると大柄な大人が4人乗っても窮屈さは感じないと思いますが、馬力が116pとなるので走行性を考えた場合は大人3人程が理想です。

チャイルドシートを取り付けても広さは維持できるので小さい子供のいる家庭では4人家族、大きな子供のいる家庭では3人家族が理想でしょう。

トランクルームが大きいので、色々なところはお出掛けするのにも向いているので、家族で楽しめる車となっています。

実際に試乗してみての感想

先日、管理人がC-HRに試乗してきましたのでそのとき感じたことをお伝えしたいと思います。
よく言われているバックミラーの視界は狭いことは狭いですが、致命的とまではいえません。
以前乗っていたプレマシーと同じくらいに感じました。

これもよく言われる運転席がコックピットみたいという評判ですが、確かにそのとおりでした。

運転席に「座る」というよりもスポッと「収まる」といった表現がしっくり来るような感覚です。

もちろん助手席も同じような感じで、決して広くはありません。

しかし狭いかといわれるとそこまでの狭さは感じず、心地よい空間と感じる人は多いのではないでしょうか。

後席の広さですが、どうしてもひざが窮屈になりますのでお子さんがいる家庭で利用するとすれば小学生くらいまでが理想だと思います。

前席は長時間乗っても苦にならないと思いますが、後席は圧迫感があります。

前席の背もたれが大きめに作られているのと、横からも光が入らないためにかなりの暗さを感じます。

小さい子供だと日中でもすぐに寝てしまいそうです。

実際はこんな感じです。

ウインドウは上の方にあり、光量も少ないです。

「もっと光を」と言いたくなります(笑)

また、後席のドアノブはかなり上のほうについているので小学校高学年にならないと届かなそうなのが気になりましたね。。。

C-HRハイブリッドを実際に走らせて見ての感想ですが、確かにパワーは若干物足りないかもしれませんが、実用性を考えるとエンジンと燃費を追究したCVTなどでうまくまとめたのかなという気もしますね。

パワーで勝負するわけでも、常に荷物いっぱいで走らせたりもしませんからね。

プリウスのエンジンなのでとっても静かです。カーブを曲がった時のロールもSUVにしてはかなり抑えめなのも好印象でした。

1番驚いたのは走行中に全然揺れないことです。

道路に凹凸があってもショックの柔らかさや吸収がハンパなく、全然振動を感じないのには良い意味でショックを受けました

これは採用されているショックアブソーバーをヨーロッパで人気の高いザックス製に変更したことで実現されました。

また、この乗り心地の良さはTNGAというプリウスにも使われているトヨタのコア技術が大きく関係しています。

個人的にはデザインもそうですが、運転性や乗り心地も全然悪くない良いクルマだと感じました。

実際売れてますしね(笑)

斬新なデザインなので好き嫌いははっきり分かれますが、自分が良いと思えるなら十分に350万円を出す価値はあることがわかった試乗でした。

安全装備は?

c-hr05
C-HRの安全装備はGグレードとSグレードで少し装備が異なっています。

標準装備でトヨタセーフティセンスPが装備されていますが、内容が若干違い、上位グレードのGにはブラインドスポットモニターとLEDインジケーターがプラスで装備されています。

どちらにもも付いているのは、プリクラッシュセーフティシステム、レーンディパーチャーアラート、オートマチックハイビーム、レーダークルーズコントロールとなっています。

これだけでも十分な安全装備ですので、Sグレードでも安全性能には良い車種です。

残念なのは収納スペース

c-hr06
C-HRの収納スペースは全部で8ヶ所となっています。

小型のSUVとしては多い方ではありませんが、不便するほど少ない訳でもありません。

正直1つひとつの収納ボックスは大きくはありません。

ある程度の大きさのものでグローブボックスと収納ボックス付きアームレストとなっています。

この2つに関してはティッシュ箱が入るなど使い勝手の良いスペースとなっています。

その他の収納スペースは小さいですが、スマホなどの小物を置くのには全く問題ないので、有効活用していけば幅広く使えます。

荷室は318Lと狭いがレジャー用途にも対応可能

荷室は容量が318Lと既にこの時点で狭いですが、さらに残念なのはルーフはBピラー付近を頂点にリアに向かってどんどん傾いているのです。

ただでさえ狭い荷室なのに斜めになっていては使い勝手もかなり悪いと言わざるを得ません。

後席を倒せば容量が1112Lとかなり増えるするのでフル乗車でなければレジャー用途などにはこちらで対応するようにしましょう。

ただしこの容量だけを見ると少なくありませんが。

居住性・快適性は?

C-HRの室内長は1800mmとなっており、室内幅は1455mmとなっています。

室内幅は他車と比べても普通といったところだと思いますが、室内長は同じ小型SUVと比べると長い設計になっています。

その分足元空間が広くなっているのですが、ライバル車と比べて一番差が出ているのはトランクルームです。

正直室内の居住スペースはホンダヴェゼルとあまり大差はないと思います。

とは言えヴェゼルも十分な広がり確保されているので、圧迫感や窮屈感を感じる事は全くないと思います。

小型ですが、居住性、快適性共に素晴らしい評価となります。

走行性能・エンジン性能は?

c-hr07
C-HRの車体重量は1470kgとなります。

特段重い訳ではありませんが、エンジンタイプが直列4気筒DOHCICターボmとなっており、馬力も116psあります。最大トルクは18.9kg・mとなっているので、走行性能には全く問題はないと考えます。

大人4人と重たい荷物を多く乗せている場合は加速力に不満を感じてしまうかもしれませんが、大人3人程であれば加速にも不自由さを感じないと思います。

優れているところは

未来的なスタイリングで、シャープかつダイナミックなフロントフェイスや今までになかった後席ドアハンドルの位置、ウィンカーが曲がる方向に光が流れるシーケンシャル方式を採用していることなどもスタイルに磨きをかけています。

また、FFハイブリッド車の燃費がこのクラスのSUVとしては30.2km/lと抜群に良いところも優れています。

インテリアは室内にイルミネーションを装備できるところもCH-Rのスタイルへのこだわりとして優れているところといえるでしょう。

物足りないところは

トヨタのCH-Rの物足りないところは、ハイブリッド車には4WDが設定されておらず、ターボ車には2WDが設定されていないところが特に大きいです。

同じトヨタのハイブリッドのプリウスには4WDが設定されているため、マイナーチェンジでハイブリッド4WDが追加される可能性はあるのではと思います。

もう一つ物足りない点はCH-Rのターボ車が最高出力116馬力ながら燃費が16.2km/lといまいち振るわないところです。

ホンダヴェゼルのガソリン4WD車が131馬力で19.0km/lなことを考えると、もう少し燃費は伸びてほしいところです。

実燃費は?

ハイブリッド車の実燃費(FF)

  • 高速道路中心の燃費:23~26km/L
  • 郊外・幹線道路の燃費:22~25km/L
  • 渋滞のある市街地の燃費:19~23km/L

ガソリン車の実燃費(4WD)

  • 高速道路中心の燃費:13~17km/L
  • 郊外・幹線道路の燃費:10~14km/L
  • 渋滞のある市街地の燃費:9~12km/L

SUVとしてはソコソコの燃費ですが、ライバル車でもあるホンダのヴェゼルはガソリン車で20.6で、ハイブリッド車が27となっているので比べるとガソリン車ではかなり劣っています。

ハイブリッド車では優っているものの、C-HRはガソリン車はあまり燃費が良くないことがわかります。

燃費には物足りなさを感じますが、SUVなので乗り心地や走行性重視でいいと思います。

ダサい?デザインや内装は?

c-hr03
C-HRの内装はモダンで上質な仕上がりになっていて、言葉は悪いですがトヨタらしくないものです。

「センシュアル・テック」をコンセプトにファッショナブルで大人の色気を感じさせるスタイルといった評価がある一方で、一見日産車のようなので内装となっており、今までと違う感じ。といった評価もあります。

日産車の内装が悪いわけではないですが、それぞれの独自性があるものなので今回のC-HRに関しては少し残念のような気もします。

また、後席のドアのノブもトヨタらしくないデザインとなっています。

ぱっと見ではノブがないように感じてしまいますが、こらは恐らくわざと目立たないようにしていると思われます。

新しいデザイン性となっていますが、売れている台数が物語っているように全て評価されているようです。
c-hr04

 

スポンサーリンク