クルドラ

ハイエースの2018年4月の最新値引き相場レポート!1658件の生のデータから合格ラインを算出!


そんな新型ハイエースの購入を考えている方が一番気になっているのが“どのくらい値引きが可能なのか”だと思います。

そこで今回は

  • ・新型ハイエースの値引きの相場・限界
  • ・値引き交渉のコツ
  • ・値引きにプラスして、できること

特にこの辺りの情報を包み隠さず紹介していこうと思います!

どうしてこんな普通はわからないようなリアルな情報を書けるかというとそれには理由があって…

実は管理人の友達がトヨタの営業マンをしているのです。

なので最新の値引き情報上手なハイエースの値引き交渉のやり方などの重要な情報が入ってきます。

営業マンが困る、値引き交渉のやり方】まで伝授しますので是非お読みください。

値引きの相場・限界は?

値引き額の限界をチェックしておくことはとても大切です。
もし、知らないで買ってしまうとかなりの金額を損することにもなりかねません・・・

2018年4月の新型ハイエースの値引き相場はズバリ

車両本体 37万円
オプションを含む値引き42万円

が合格目標になります。

車両価格が高い分、ある程度の値引き額があります。
ちなみにこの目標金額は、情報誌グーネット、ベストカー、オートックワン、価格.com、みんカラ、管理人独自の聞き取りなどから値引き額の上位30%の平均で出しています。

なので平均点50点のテストで85点を取るイメージです。

もちろんグレードやオプションによっても差が出ますし、値引きが目標に届かない場合もありますので、その時は他のサービスをつけてもらうなどでがんばりましょう。

ライバル車種と競合させる

ライバル車種との競合で値引きを引き出すのには日産NV350キャラバンが効果的です。

“どちらかというとメインで購入を検討しているはライバル車”と思わせられれば、気を変えるためにさらなる値引きを引き出せる場合もあります。

ハイエース同士を競合させる

さらにハイエース同士を競合させることも効果的です。

ハイエースはトヨペット店で売られていますが、どことでも同士競合できるわけではありません。

競合させられるのは別資本で、別会社の場合です。

見分け方は簡単で、ディーラーの名前を見て「○○トヨペット」の○○部分が少しでも違うところが別資本です。

その複数店舗を回り、「他店ではここまで値引きしてくれたよ」ということを伝えれば値引きが大きくなることが期待できます。

基本的には隣の県まで足を伸ばせば必ず別会社になります。

オプション値引き

オプションからの値引きも本体車両からの値引きと同じことですので大切なポイントです。

新型ハイエースの場合はおおむね25~30%程度を目標に交渉するようにしましょう。

また、契約直前だけに通用するやり方ですが、「このオプションをサービスで付けてくれたら契約するよ」と言えば、ちょっとしたオプションなら付けてもらえることもあります。

具体的には
・サイドバイザー
・マッドガード
・リヤラダー
・デッキマット
・ステップカバー
・フロアマット

などがねらい目です。

ハイエースは車両価格も高いのである程度のオプションならサービスで付けてもらえます。

また、ハンコを用意しておくなどして本気度をアピールしましょう

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに、“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロです。

黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。

ですのでオススメのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。

「予算は○○万円なので、これ以上は出せないです。この予算内でオプションなどもサービスしてくれたら即決してもいいです」

などと勝負を賭ける方法もあります。

ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。

値引きのコツ

新型ハイエースの場合、最初は30万円程度の値引きを提示されることが多く、それ以上を求めないと、

できる値引きもしてもらえないので結果的に損をすることになります。

ギリギリまで粘って交渉するようにしましょう。

下取り車は値引きに有利なのか?

“下取り車があったほうが値引きが大きくなる”

と思いがちですが、これは大いなる錯覚です。

ディーラーは、値引きと下取りの上乗せを合算して、多く値引きしたように見せかける

のが常套手段です。

「下取り車は無し」で商談を進めて、愛車の最大買取価格はネットの一括査定で把握しておきましょう。

セール・決算狙い

期末セールや在庫一掃的なセールを狙うことで値引きを狙う方法もあります。

決算期も相場以上のビックリするような値引きもあり得ますので
■中間の決算期(8月下旬~9月末)
■年度末の決算期(1月~3月)
■ボーナス時期の6月
■ボーナス&年末商戦期の12月
タイミングを見計らって値引き交渉してみてもいいかもしれません。

細かいサービスのオマケをお願いする

思うように値引きが引き出せなかった場合でも、

  • ・総支払金額からの端数切捨て
  • ・ボディーコーティング・メンテナンスパック
  • ・登録手数料のサービス・半額
  • ・納車時ガソリン満タン
  • ・ローンを組むなら金利の引き下げ


などは特に契約直前が一番ワガママを聞いてくれるタイミングですから、オマケでお願いするのを忘れないようにしましょう。



特にコーティングは、もともと半分がディーラーの利益なこと、納車前の汚れを落とさなくてよくなるなのでサービスしてもらいやすいです。

また、任意保険の加入・切り替えの時期が近いなら、新車購入時にそのディーラーで加入することで、ディーラー・セールスマンの成績となるので、その分値引きを上乗せしてもらえることもあります。

下取り車がある場合は愛車の査定相場を知っておくことも鉄則!
これでディーラーに安く買いたたかれることもありません!
>>愛車の査定額をチェック

納期は?

1~2か月と標準的な納期です。

趣味にも、遊びにも、仕事にも

ハイエースは商用車として開発された車種です。後席はイスを外すとフラット状態となり、外さなくても使用性に長けた車種となっています。

ディーゼルエンジン車とガソリンエンジン車の2種類が用意されていますが、ガソリン車の燃費は正直良くなく、5km/L程しか行かないようですが、ディーゼル車では10km/Lほどの数字を記録するなど、燃費でも優れています。

商用車としての購入者が多いですが、後ろをカスタムすることであらゆる用途に合わせることができることから、一般の方からも高い評価があり人気の車種となっています。

ほぼトラックと同じような性能となっていますが、それが優秀である証拠だと思います。

評判、評価は?

ハイエースは主に社用車として人気を集めています。後席側が広く設計されていて多くの荷物が乗るようになっています。

また、一般の方でも後席をカスタムすることでキャンピングカー並みの装備を付けることも可能となっており、高い評価につながっています。

無限大のカスタムで幅広く使用することができるので、使用性に長けており、更には乗り心地も柔らかく安定感のある足回りとなっているので、こちらでも評判は良いです。

また、経済面でも燃費は極端には良くないですが、軽油と言うこともあり、1回の給油にかかる金額がそれほど高くならないこともプラスなポイントです。
hiacevan00

スポンサーリンク

コスパで選ぶなら4ナンバーのディーゼル車

若者からある程度年齢の行かれた方まで広く人気のあるハイエースですが、特にアウトドア好きにとってはある意味憧れの車です。

ハイエースはグレードが多岐に渡りその選択に迷う所ではあると思いますが、特に200系の3ナンバー、4ナンバー、1ナンバーとありますが、維持費の面で言えば、4ナンバー(小型貨物扱い)がオススメとなります。

4ナンバーであるがゆえに車検や重量税等の面では、3ナンバーを凌ぐコストパフォーマンスを持っており、2年間の比較で3ナンバーに比較しておおよそ7万円ほど安くあげる事ができます。

車両価格で言えばディーゼルエンジンはガソリンエンジン車に比べ20万円程高くなりますが、燃料代の安さと燃費の良さでその差はほぼ無いと考えます。

10万キロ以上長期間に渡り使用されるので有れば、4ナンバーのディーゼル車がコストパフォーマンスとしては最も高いと考えます。

ハイエースはリセールに強み

ハイエースは、中古車市場でもかなり高めの価格で取引されている事をご存知でしょうか。

通常の場合10年も使用した車はリセール時の価格はほぼ無い状態になってしまいますが、ハイエースの場合には10年乗っても、10万キロ程乗ってもリセールが可能な値段が残っている場合が非常に多く、事故歴が無い場合や、グレードの高い車種の場合には、100万円程の値段が付く場合が有ります。

これは日本国内の人気の高さももちろんなのですが、中古車として再輸出(再利用)する海外での人気の高さがあるからです。

海外での人気の高い理由の1番はとにかく壊れないと言う耐久性の高さです。

トヨタの他車に比べ、ハイエースの耐久試験はとても厳しく、30万キロも走る事ができるとされています。

ハイエースをリセールする場合は、グレードが高い車種ほどリセール価格を上げる事ができますが、人気の高さがベースにありますので、どのグレードであってもリセールの対象になると考える事ができます。

どんな人向けの車か?

ハイエースはとても大きな車のためアウトドアが大好きでよく出かける方や、大家族の方、自営業をしている方などにとても向いている車です。

座席数も多く、1tキャブバン最大クラスの広大な荷室スペースと使い勝手を考えられている作りになっている為車を使用しての「移動」をよくする方にはとても向いている車です。

車内がとても広々としているので大家族や大きめのペット、荷物を乗せてのロングドライブでも車内を広々と活用することができます。

安全装備は?

hiacevan05
ハイエースとても大きな車ですが、「万が一」に備えて前方からの衝突時にはとても大きなエアバックが作動します。

それだけでなく、シートベルトの動きに合わせて乗車している方の頭や胸への重大な障害を軽減してくれる機能も付いています。

車内の安全だけではなく、車体が大きいからこそボディーにも安全性が備わっています。

車体が大きいため、視界も悪くなってしまい万が一対人事故を起こしてしまった場合でも、考えられたボディーによって対人事故の場合に歩行者の頭部などに加わる衝撃が緩和されるようなボディー構造となっています。

収納スペースは?

hiacevan06

人が積み下ろししやすい高さと広さを同時に実現している為、車内に荷物を積んだり、車内から荷物を車外に運んだりする際にはとても人に負担が少なく安全に作業が行えるほど広々とした空間になっています。

ですが、ハイエースは実用性重視のため収納スペースがボトルホルダーや足元、グローブボックスといった一般の車と同じ位なのです。

居住性・快適性は?

車内はとても広いため大きな荷物が積まれていたとしても圧迫感を感じることなく移住性は抜群です。

そして縦にも横にも広いのでバーベキューで洋服が汚れてしまったり、海やプールに行く前に着替えたりすることもできます。

 

走行性能・エンジン性能は?

hiacevan07
大きい車のため重量がかかり雨や雪の時のスリップが気になりますが、ハイエースは雨や雪解けの道の走行をとても得意としています。

どこかのタイヤが空転した場合、どこかのタイヤが駆動力を伝達して走行安全を高めてくれます。

そして、クラッチをしっかり踏み込まないとスターターが作動しないクラッチスタートシステムを搭載しているので安全性だけでなく乗りやすさもあります。

エンジン性能では、燃料を圧縮して微粒化し、燃焼効率をアップしている為以前に比べてとても燃費が良くなりました。

優れているところは

ハイエースはディーゼルエンジン車とガソリンエンジン車の2種類があります。

ディーゼルエンジン車といえばエンジン音がうるさくてあまり走らない、と言うイメージを持っている方は多くいらっしゃると思います。

しかし、エンジン音ではかなり改善されてきていますし、パワーの面でも納得の加速力が味わえると思います。

3000ccで143psの馬力に加え、最大トルクが30.6kgf・mと馬力とトルクで高い数値を残しています。

商業で使うにしろ、一般で使うにしろ、荷物は多く乗せると思いますがそれでも坂道などはストレスなく走行することが可能となっています。

商用車はパワーに劣る車種が多い中で、ハイエースはパワーに優れた車種であると言えます。

hiacevan02

物足りないところは

ハイエースは商用車と言うことがあり、乗り心地は好みが分かれてしまいます。

柔らかすぎることで跳ねるような感じの乗り心地となっています。

商業用に造られているので仕方ないですが、一般として乗るには慣れないかもしれません。

また、ディーゼル車なのでエンジン音もガソリン車と比べるとややうるさいように感じてしまうかもしれません。

先代と比べると大きく改善されているので、走行中は気になるほどではないようですが、こちらも慣れてない方は不満に感じてしまうかもしれません。

しかし、これらは慣れてしまえば気にならなくなるので、大きな問題はないと思われます。

実燃費は?

ハイエースのカタログ燃費が10.4km/Lから11.2km/Lです。ディーゼル車とガソリン車で若干燃費は異なってきます。

実燃費では、街乗りの場合は8km/L程で高速道路では10km/L前後とされています。

商用車としてなら十分な数値と言えると思います。

ハイエースはディーゼル車の方が燃費が良いので、経済的にはディーゼル車の方が良いとされます。

排気量でも2500ccでは109psの馬力しかありませんが、3000ccでは143psと排気量で大きく馬力も変わってきます。

燃費は排気量に関わらずあまり大差がないようなので、多く荷物を積むなら3000ccの方が良いです。

ダサい?デザインや内装は?

hiacevan03
ハイエースの内装は、前席は商用車としては出来の良いものでありデザイン性もシンプルですが、良い質感であると思います。

使用性も良い方で、使い勝手の良い設計となっています。後席は荷物を積むことが前提とされているので、純正では座席シートが質素な感じとなっています。

しかし、荷物を多く積むことを考えた場合は非常に優れた広さがあり良い設計であると思われます。

後席では質感は全く良くないですが、商用車としては優れていると思います。

車体の形が箱型となっているので、視界も広く運転がしやすい設計になっているのも高評価であります。
hiacevan04

スポンサーリンク
<<お得に車を買い替えたい方は必見!>>

車の買い替えに焦りは禁物です。
ディーラーに下取りに出すつもりでも
愛車の査定相場を知らずに交渉すると
何十万も安く買いたたかれて大損をしてしまうかも…。

管理人おすすめのかんたん車査定ガイドで愛車の最高額をチェックしてから値引き交渉に臨みましょう!

かんたん車査定ガイド公式サイトはこちら >>http://a-satei.com/