クルドラ

キャストのおすすめオプションはどれ?後悔しないために本当に必要なオプションを調べてみた

キャストを購入しようとするとき、どうしても悩んでしまうのがオプション選び。

付けすぎると予算をオーバーしてしまいますし、ケチりすぎるとあとでやっぱり付けておけばよかった…と後悔することも。。

管理人
実は管理人は車関係の仕事をしていますので、キャストに乗っている方とお話しする機会もあるのです。

そこで、実際のキャスト購入者の「生の声」を元に

  • ・必須のオプション
  • ・できれば付けておきたいオプション
  • ・必要そうだけど、実はいらないオプション

についてまとめました。

必須のオプション

パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック(¥21,600)


どうせナビを付けるなら純正の方が便利な装備と連動させられます。
ステアリングスイッチ、バックカメラ、6スピーカーがセットで装備されます。
メリットとしては

  • 地図更新が最長5年間無料
  • 3年間(6万キロまで)の長期保証
  • パノラマモニター対応
  • ドライブレコーダー連動
  • 逆走探知
  • 車両情報表示

などがあります。

8インチメモリーナビ(¥152,280)


子どもを乗せて長距離走ったりする場合はDVDやテレビを見せておかないと間が持ちません。

少しでも大きい画面の方が子どもも喜びますのでぜひ付けておきたいオプションです。

バックモニター(¥33,264)


バック駐車時の必須アイテムですのでぜひ付けておきましょう。

できればつけておきたいオプション

ドライブレコーダー(ナビ連動モデル)


万が一の事故や当たり屋、危険運転などへの対策で急速に装着する人が増えているドライブレコーダー。

純正品にこだわる必要はありませんが、安い社外品にはないメリットもあります。

  • 保証期間が長い
  • 位置情報がPCで確認可能
  • 駐車時監視機能
  • 映像をスマホで確認できる
  • 運転中のうっかりを知らせてくれる
  • 夜間でもしっかり記録してくれる

などです。

リモコンエンジンスターター


真夏や真冬には車に入ってから温度調整をするまでにかなり苦痛を伴いますよね。

車に乗る前にエンジンをかけておくことであらかじめ快適な温度にすることができます。

¥46,742とちょっとお高いですが、ぜひ付けたいオプションです。

サイドバイザーとフロアマットは社外品でもOK

あったら便利なフロアマットとサイドバイザーですが、社外品でも機能的には純正品に劣りませんので十分に代用可能です。

スポンサーリンク

ちなみにキャストの場合は両方とも純正でそろえると5万円くらいかかります。

※画像はヤフーショッピングのダイハツ キャスト EZクリーン フロアマット

これが社外品にすると2万もかかりませんので3万ほど浮く計算になります。

ちなみにマットは簡単に付けられますが、

「サイドバイザーは付けるの大変じゃない?」

という方のために参考動画を載せておきますね。

これを見て管理人も自分の車(プリウス)にサイドバイザー付けましたけど10分かかりませんでした。

ちなみにそれでも自信ない方はカーショップやディーラーでも工賃がかかりますが、付けてもらえますよ。

くまのプーさん柄のシートクロスは女性の方にオススメ


男性だと抵抗があるでしょうが、プーさん柄のシートクロス(¥43,200)は普通に丸洗いもできる優れもの。※保護材使用が条件

シートを汚されてイライラすることもなくなります。

ミッキーのワンポイントも選べます。

不要なオプション

イルミネーション系はいらない


イルミネーション系全般が不要です。

日中はほとんど気づきませんし、イルミネーションにお金を使うなら安全装備やインテリアを充実させた方が満足度が高くなります。

オプション選択は後悔の無いように

オプションは購入時にしか付けられないものもあり、取捨選択に頭を悩ますところです。

カスタムパーツや内装オプションを充実させての魅力を引き立たせたいのは山々・・・とは言えいくらでも費用をかけるわけにもいかないですよね。

そこで大切になってくるのが値引き額を把握することと愛車の下取り相場を調べて買い換え全体で損をしないことです。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>新型キャストの値引き相場レポート!評価、評判もチェック!

キャストを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

キャストの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

スポンサーリンク