クルドラ

新型 XVの2018年1月の値引き相場レポート!評判、口コミもチェック!

そんな新型 XVの購入を考えている方が一番気になっているのが“どのくらい値引きが可能なのか”だと思います。

そこで今回は

  • ・XVの値引きの相場・限界
  • ・値引き交渉のコツ
  • ・値引きにプラスして、できること

特にこの辺りの情報を包み隠さず紹介していこうと思います!

どうしてこんな普通はわからないようなリアルな情報を書けるかというとそれには理由があって…

実は管理人の友達がスバルの営業マンをしているのです。

なので最新の値引き情報上手なXVの値引き交渉のやり方などの重要な情報が入ってきます。

営業マンが困る、値引き交渉のやり方】まで伝授しますので是非お読みください。

値引きの相場・限界は?

値引き額の限界をチェックしておくことはとても大切です。
もし、知らないで買ってしまうとかなりの金額を損することにもなりかねません・・・

2018年1月の新型XVの値引き相場はズバリ

車両本体 12万円
オプションを含む値引き16万円

が、合格目標です。

ライバル車種と競合させる

ライバル車種との競合で値引きを引き出すのにはC−HRヴェゼルCX−3などが効果的です。

これらの名前を出すことにより競争意識を煽り、値引きを引き出しましょう。

“どちらかというとメインで購入を検討しているはライバル車”と思わせられれば、気を変えるためにさらなる値引きを引き出せる場合もあります。

XV同士を競合させる

ライバル車種の名前を出しても値引きが思わしくなかった場合、XV同士を競合させることも効果的です。

XVはスバル店で扱われていて、△△スバル○○店の○○部分が少しでも違うところが別会社で別資本ですので、その複数店舗を回り、「他店ではここまで値引きしてくれたよ」ということを伝えれば値引きが大きくなることが期待できます。

基本的には隣の県まで足を伸ばせば必ず別会社になります。

また、いくつかのスバル店を回ることで、中には販売ノルマに未達のディーラーや営業マンに遭遇するときもあります。

そのときは鼻血が出るくらいがんばって値引いてくれますのでかなりラッキーです。

オプション値引き

オプションからの値引きも本体車両からの値引きと同じことですので大切なポイントです。
XVは本体値引きもありますが、オプション値引きある程度期待できますので、粘って交渉を行い、実質的な高額値引きに繋げましょう。

XVの場合は25~30%程度を目標に交渉しましょう。

また、契約直前だけに通用するやり方ですが、「このオプションをサービスで付けてくれたら契約するよ」と言えば、ちょっとしたオプションなら付けてもらえることもあります。

具体的には

・ドアバイザー
・フロアカーペット
・カーゴマット
・リヤビューカメラ
・ウィンターブレード
・キーレスアクセスアップグレード

などがねらい目です。

もちろんサービスしてもらうものなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙うのがポイントです。

また、ハンコを用意しておくなどして本気度をアピールしましょう

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに、“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロです。

黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。

ですのでオススメのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。

「予算は250万円なので、これ以上は出せない。でもこの予算内でオプションなどもサービスしてくれたら即決してもいい」

などと勝負を賭ける方法もあります。

ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。
XV00

値引きのコツ

値引きは粘り強く交渉することが大事です。

XVの場合、最初は8万円程度の値引きを提示されることが多く、粘って交渉しないと、できる値引きもしてもらえないので結果的に損をすることになります。

ギリギリまで粘って交渉するようにしましょう。

下取り車は値引きに有利なのか?

“下取り車があったほうが値引きが大きくなる”

と思いがちですが、これは大いなる錯覚です。

ディーラーは、値引きと下取りの上乗せを合算して、多く値引きしたように見せかける

のが常套手段です。

「下取り車は無し」で商談を進めて、愛車の最大買取価格はネットの一括査定で把握しておきましょう。

下取り車がある場合は愛車の査定相場を知っておくことも鉄則!
これでディーラーに安く買いたたかれることもありません!
>>愛車の査定額をチェック

納期は?

2~4か月と若干長めの納期となっています。

特徴は

XVは以前はインプレッサXVでしたが、モデルチェンジによりXVとしては独立しました。

今回のXVにはアイサイトver.3か装備されており、安全性では特に長けています。

優れた走行性を実現しているスバルの代表車でもあり、SUVで迷っているのであればXVは絶対買いです。

XVは全車が4WDとなっているので、燃費は20.4km/Lと低い数字となっていますが、走行性には優れた能力を持っています。

150psを出すことのできる馬力は他車に全く引けを取らないどころか、大半の車を上回っています。

評判、評価は?

XVの馬力は150psとなっており、加速力に定評があります。

スバルではフォレスターやレヴォーグなど走行性に優れた車種が多いですが、この2台よりも走行性に優れていることから、評価は高いです。

車体サイズも全長が4450mm、全幅1780mm、全高1550mmと大きくなく、運転しやすい大きさなのではばり広い世代から評価されています。

また、日本のみならず最近では海外にも注目されているようで、レガシィのように海外で大ウケする可能性も十分にあると思われます。
XV01

スポンサーリンク

コスパで選ぶならどのグレード、オプション?

XVをコスパで選ぶのであれば最低価格グレードの1.6iEyeSightを検討すると良いでしょう。

AWDによる高い走行性能とアイサイトver.3による予防安全装備、各種エアバッグ、歩行者保護エアバッグなどは低価格グレードながら装備されています。

走行機能ではX-MODE、パドルシフト、ヒルディセントコントロールが省略され、キーレスアクセス&プッシュスタート、リヤシートセンターアームレストなどがインテリア面では省略されています。

これらの装備が必要であれば11万円程度値段は高くなりますが1.6i-LEyeSightを選択すると良いでしょう。

どちらも1.6リッターエンジンを搭載しており、燃費は16.2km/lとなっています。

リセールを考えて選ぶならどのグレード、オプション?

スバルXVをリセールで考える場合、2.0直噴エンジンを搭載した最上級グレードの2.0i-SEyeSightを検討すると良いでしょう。

LEDヘッドライトが標準装備されており、スタイルがよりシャープになっています。

AWDによる高い走行性能とアイサイトver.3による予防安全装備も装備されており、歩行者保護エアバッグも搭載されます。

X-MODE、パドルシフト、ヒルディセントコントロール、SI-DRIVEも装備されており走行性能の向上やドライブモードの選択が可能となっている利点があります。

また、運転席&助手席8ウェイパワーシートも標準装備されています。

アルミホイール装備などフル装備に近いグレードであり、リセールが期待できるオプションは本革シートとカーナビ、アドバンスドセイフティパッケージあたりでしょう。

どんな人向けの車か?

他社の車と比べると走行性と安全性を求めて購入する人が多く、価格に見合った性能が付いています。

アイサイトが付いているのに安いので、ファミリーカーとして購入する人も多いです。

安全装備が充実しているので、通勤やレジャーに使用するにも使い勝手が優れていて安心して運転ができます。

価格も高過ぎないので、ローンを組んでも購入しやすいです。

安全装備は?

XV06
スバルオリジナルのアイサイトが搭載されていて、先進技術で死角を減らす事ができます。

あらゆる場面やあらゆる方向から危険を考慮して、ドライバーを死角の見える化等で支援をしてくれます。

アドバンスドセイフティパッケージを設定しているので、乗る人に安心感をもたらせてくれます。

スバルリヤビークルディテクションは、後方から接近する車両を感知してくれるので警報音やブレーザーでお知らせします。

搭載されていない装備が無いくらい装備が揃っているので安全性には劣るところはありません。

収納スペースは?

ランゲージルームはレガシィOUTBACKやフォレスター等と比べると、狭く感じます。

後部座席を倒すと広くできるので、大型の荷物を乗せる時には後部座席を倒すようにします。

後部座席にはセンターにアームレストとドリンクホルダーが備わっているので、飲み物と小物が置けます。

助手席の後ろのシートにはポケットがあり、雑誌類が収納できます。

エアコンの下にも収納できるスペースがあり、携帯が充電できるUSB出力電源も2か所あります。

居住性・快適性は?

室内の広さはそれなりにありコンパクトなボディでも広く、リアシートの座ってもゆったりとしています。

ただしリクライニングができないので、足を伸ばしてくつろぐ事が出来ないです。

リアシートを倒す事は、ボタン1つで簡単に行えます。

シートの背面からドアの内側がなだらかな形状になっているので、肩と肘と膝周りが余裕があります。

乗り降りがしやすくなっている、ゆとりのドア設計でドアが広くシートの位置が低いです。

フロントワイドビューで、ドライバーとフロントウインドウまでが心地よい距離感で死角の少ない視界になっています。

走行性能・エンジン性能は?

XV07
ピストンが水平方向になっていて往復する事で、互いの力を消し合い低振動でスムーズな走りができます。

新世代BOXERで中低速トルクを重視しているので、優れた燃費と力強い動力性能を両立しています。

排気量にゆとりがあり、ポテンシャルが高いハイブリッド車になっています。リニアトロニックにモーターを内臓していて、燃費の向上を追求しています。

運転領域を活用する事で実現する優れた燃費性能になっており、気持ちの良い加速フィールができるように6速マニュアルモードになっていてハイブリッドシステムとのマッチングがされています。

優れているところは

XVは馬力が150psとなっており、走破性にとても優れています。

車体重量が1400kgと重たくなっていますが、それを感じさせないパワーがあります。

スバルは走行性を重視した車種が多いですが、その中でもXVはトップクラスで、評価も非常に高いです。

4WDなので燃費は高くはないですが、低重心なので安定性にも優れており高速道路でも不安なくスピードに乗ることができます。

また、ガソリン車限定ですがアイサイトも標準装備となっているので、走行性、安定性、安全性の全てが優れています
XV02

物足りないところは

新型XVは全体的に優れており、大きな欠点は見当たらないクルマです。

しかし細かいところを見ていくと、リアシートを倒した際に段差が生じており、フラット状態にはなりません。

つまり荷物の積み方にもよりますが、あまり多くの物が積めず、車中泊などにも向いていない車種
です。

また、燃費も平均で実燃費が11km/L程となっており、コストパフォーマンスでは、ライバル車でもあるホンダヴェゼルに劣ってしまっています。

経済性では物足りなさを感じてしまうこともありますが、「買って損をした。」といまでの意見は聞いたことがなく、欠点を補う程の走行性や乗り心地が実現されているのだと思います。

実燃費は?

XV03

ガソリン車の実燃費(2.0L)

  • ・高速道路中心の燃費:13~16km/L
  • ・郊外・幹線道路の燃費:12~15km/L
  • ・渋滞のある市街地の燃費:6~10km/L

カタログ燃費ではあまり高くはないですが、実燃費ではSUVとしては高い数字です。

ダサい?デザインや内装は?

XV04
スバルXVの内装はシンプルでシックなデザインとなっています。

座席シートも分厚く、運転中の振動も吸収される設計となっているので、座り心地は最高に良いです。

走りを重視した設計となっているので無駄なものはなく、扱いやすいと評判で高級感はないですが、落ち着きのあるデザイン性となっています。

XV05

スポンサーリンク
<<お得に車を買い替えたい方は必見!>>

車の買い替えに焦りは禁物です。
ディーラーに下取りに出すつもりでも
愛車の査定相場を知らずに交渉すると
何十万も安く買いたたかれて大損をしてしまうかも…。

管理人おすすめのかんたん車査定ガイドで愛車の最高額をチェックしてから値引き交渉に臨みましょう!

かんたん車査定ガイド公式サイトはこちら >>http://a-satei.com/