クルドラ

新型ステラの2018年1月の値引き相場レポート!評価、評判もチェック!

stella00
そんな新型ステラの購入を考えている方が一番気になっているのが“どのくらい値引きが可能なのか”だと思います。

そこで今回は

  • ・新型ステラの値引きの相場・限界
  • ・値引き交渉のコツ
  • ・値引きにプラスして、できること

特にこの辺りの情報を包み隠さず紹介していこうと思います!

どうしてこんな普通はわからないようなリアルな情報を書けるかというとそれには理由があって…

実は管理人の友達がスバルの営業マンをしているのです。

なので最新の値引き情報上手な新型ステラの値引き交渉のやり方などの重要な情報が入ってきます。

営業マンが困る、値引き交渉のやり方】まで伝授しますので是非お読みください。

値引きの相場・限界は?

値引き額の限界をチェックしておくことはとても大切です。
もし、知らないで買ってしまうとかなりの金額を損することにもなりかねません・・・

2018年1月の新型ステラの値引き相場はズバリ

車両本体 16万円
オプションを含む値引き19万円

が、合格目標です。

2017年8月のマイナーチェンジからあまり時間が経っていないのでそこまで値引きは期待できません。

ライバル車種と競合させる

ライバル車種との競合で値引きを引き出すのにはワゴンRムーヴN-WGNなどが効果的です。

これらの名前を出すことにより競争意識を煽り、値引きを引き出しましょう。

“どちらかというとメインで購入を検討しているはライバル車”と思わせられれば、気を変えるためにさらなる値引きを引き出せる場合もあります。

ステラ同士を競合させる

ライバル車種の名前を出しても値引きが思わしくなかった場合、ステラ同士を競合させることも効果的です。

ステラはスバル店で扱われていて、△△スバル○○店の○○部分が少しでも違うところが別会社で別資本ですので、その複数店舗を回り、「他店ではここまで値引きしてくれたよ」ということを伝えれば値引きが大きくなることが期待できます。

基本的には隣の県まで足を伸ばせば必ず別会社になります。

隣県まで越境できない方は、スバルの新車を扱っているサブディーラー(中古車販売店など)も同士競合させることができますので、近くにあればぜひ行ってみましょう。

また、いくつかのスバル店を回ることで、中には販売ノルマに未達のディーラーや営業マンに遭遇するときもあります。

そのときは鼻血が出るくらいがんばって値引いてくれますのでかなりラッキーです。

オプション値引き

オプションからの値引きも本体車両からの値引きと同じことですので大切なポイントです。
ステラは本体値引きもありますが、オプション値引きある程度期待できますので、粘って交渉を行い、実質的な高額値引きに繋げましょう。

ステラの場合は20~25%程度を目標に交渉しましょう。

また、契約直前だけに通用するやり方ですが、「このオプションをサービスで付けてくれたら契約するよ」と言えば、ちょっとしたオプションなら付けてもらえることもあります。

具体的には

・ドアバイザー
・ドアミラーガーニッシュ
・ラゲッジトレイ
・サイドシルプレート
・フロアカーペット
・ウインターブレード

などがねらい目です。

もちろんサービスしてもらうものなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙うのがポイントです。

また、ハンコを用意しておくなどして本気度をアピールしましょう

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに、“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロです。

黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。

ですのでオススメのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。

「予算は170万円なので、これ以上は出せない。でもこの予算内でオプションなどもサービスしてくれたら即決してもいい」

などと勝負を賭ける方法もあります。

ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。

値引きのコツ

値引きは粘り強く交渉することが大事です。

ステラの場合、最初は13万円程度の値引きを提示されることが多く、粘って交渉しないと、できる値引きもしてもらえないので結果的に損をすることになります。

ギリギリまで粘って交渉するようにしましょう。

下取り車は値引きに有利なのか?

“下取り車があったほうが値引きが大きくなる”

と思いがちですが、これは大いなる錯覚です。

ディーラーは、値引きと下取りの上乗せを合算して、多く値引きしたように見せかける

のが常套手段です。

「下取り車は無し」で商談を進めて、愛車の最大買取価格はネットの一括査定で把握しておきましょう。

下取り車がある場合は愛車の査定相場を知っておくことも鉄則!
これでディーラーに安く買いたたかれることもありません!
>>愛車の査定額をチェック

納期は?

オプションによっても変わってきますが、基本的に1~2か月です。

キワメル質感。キワダツ日常

ステラはダイハツムーヴと兄弟車種であり、トールワゴンタイプとなります。

ムーヴは昔から人気車種で、ステラもそれに次ぐ人気となっています。

室内空間はトールワゴンとあり天井が高くて広々した設計となっています。

視界も良好で小回りもよく効くので、ステラブランドを確立しつつある車種となっています。

評判、評価は?

初代から消費者の心を射止めていたダイハツムーヴの兄弟車種とあって発売前から人気を集めています。

今ではマイナーチェンジもしており、ムーヴの名がなくとも売れるほどに知名度と評判を高めています。

燃費も軽自動車としては良いとされる実燃費16km/Lから18km/Lとなっており、更に車体価格も113万円からと非常に安い設定となっていることから、経済性でも評価は高いです。

内装のデザインでも、車体価格からすると非常にオシャレな面も持ち合わせており、総合的に評価の高い車種です。
stella01

コスパで選ぶならどのグレード、オプション?

ステラをコスパで選ぶのであればL スマートアシストを検討すると良いでしょう。
予防安全装備のスマートアシストIIが搭載される最低価格グレードですが、リヤシートも一体可倒式ではなく分割可倒式で使い勝手が他グレードより劣るということはありません。

また、Lグレードに比べトップシェイドガラスとシートリフターが装備されるというメリットもあります。
カスタムではR スマートアシストがスマートアシストII装備では最低価格グレードとなります。

スポンサーリンク

カスタムの最低価格グレードにはスマートアシストが装備できないためやや高価格となってしまいますが、アルミホイールやスーパーUV+IRカットガラスなど装備が充実しているメリットもあります。

リセールを考えて選ぶならどのグレード、オプション?

ステラでリセールを考えて選ぶのであれば装備の充実したG スマートアシストがおすすめです。

オプションとしてSRSサイドエアバッグとSRSカーテンエアバッグが用意され、こちらはリセールに強みがあります。

一方カスタムではターボエンジン搭載のRS スマートアシストがもっとも高価格となり、オプションとしてSRSサイドエアバッグとSRSカーテンエアバッグが用意される面は大きいです。

ターボエンジンが不要であれば同じくオプションとしてSRSサイドエアバッグとSRSカーテンエアバッグが装備できるR スマートアシストを検討すると良いでしょう。
カスタム系はアルミホイールが装備されるためリセールが有力なオプションはカーナビ、次いで本革シートとなるでしょう。

どんな人向けの車か?

小回りが利くので運転しやすいため、女性でも楽に運転ができます。

軽自動車にしては室内が広いので、旅行等の遠出をするのにも燃費が良いので向いています。

それに機能が満載なので、ファミリカーとして利用しても乗り降りも楽で子どもでも楽しめます。

ただし坂道や高速道路等でのパワーが不足しているので、若干物足りないかもしれません。

上品なカラーが2色で1色は女性向きで、もう1色は男性が運転しても変ではない色になっています。

安全装備は?


スマートアシストⅡにより、運転中のうっかりをアシストするために衝突回避支援システムが搭載されています。

歩行者や車線逸脱警報機能等を加えて、様々な状況での安全を支援してくれます。
AT誤発進抑制制御機能で、踏み間違いでアクセルを強く踏んでしまった事を判定してエンジン出力を制御してブザーと警報灯で知らせてくれます。

先行車発進お知らせ機能で、赤信号で止まっていた時に前車が発進した事を気付かないと走るように知らせます。

搭載されていない機能としては、走行中に車と歩行者を同時に感知する機能です。

収納スペースは?


カーゴルームの下には大容量のスペースがあって、ボードを跳ね上げて固定すると背の高い荷物も楽に入ります。

荷物に合わせてリアシートを倒せるので、スペースを更に広くする事ができます。

小さい収納スペースが沢山あり、インパネセンタートレーやインパネロアポケット等があり小物や雑誌等が収納できます。

助手席の後ろにはショッピングフックが付いているので、小さいバッグや紙袋が掛けられます。

カップホルダーは運転席と助手席にそれぞれあり、多くの場所はそれぞれの間にあるが反対の場所にあります。

居住性・快適性は?

後部座席は前席の人がシートを倒しても、足を組める程広いです。

コンパクトボディでありながらも、室内は4人が乗ってもゆったりと乗れる広さがあるのでどこに座ってもリラックスできます。

リヤシートは簡単にロングスライドができるので、乗っている時に丁度良い位置に動かせます。

リクライニングもできるため、快適な姿勢になれるのでリラックしてくつろげます。

運転席はメーターが見やすくなっていて、便利な機能が沢山付いているので助かります。視界も広いので、運転していても遠くまで見渡せます。

走行性能・エンジン性能は?


車が止まる少し前からエンジンを自動で止めていき、アイドリングストップにして低燃費にしていきます。

渋滞している時は、微低速前進と停止の繰り返しをして作動をしなません。

駐車時はバック時とバッグ後の前進で、切り返しをしても作動しないのでスムーズに駐車ができます。

坂道では道路の勾配が10%までの坂道なら作動をして、坂道発進の時の後退を軽減します。

マルチインフォメーションディスプレイで現在のエコドライブ度やアイドリングストップ作動中の経過時間等が、エコドライブアシスト照明で確認ができます。

優れているところは

ステラは安全性に特に長けている車種です。

軽では珍しくスマートアシストが標準装備となっています。

また、現在ではエマージェンシーストップシグナルも搭載されているので、安全性に優れています。
トヨタ車では安全装備はオプションが多い中、標準装備としては販売しているのは、本当にありがたい事です。

軽自動車では事故を起こした時に損傷が激しくなりがちなので、1番大切な安全性が優れているのは、現在の人気にも繋がっています。
stella02

物足りないところは

ターボが付いていないので、加速力がイマイチのように感じます。
車体重量が830kgあるので、馬力がなければパワーが足りないですが、ステラの馬力は52psと標準となっています。

そのため、大人4人を乗せた時や坂道走行ではエンジン音だけで、勢いよく登っていくことが出来なくなっています。
カスタム車にはターボは付いているようですが、その分値段が跳ね上がってしまうので、経済的にはあまり宜しくありません。

乗り心地や室内空間が良いだけに、走行性には少し物足りなさを感じてしまいます。

ライバル車種は?

競合車種とどちらを買うか決めかねていることにすれば、さらなる値引きが引き出せます!
ライバル車をチェックしておきましょう!

①三菱ekワゴン
燃費660cc(21.8〜25.8km/L)/価格(税込)103万円から153万程度
②スズキワゴンR
燃費660cc(25.4〜26.8km/L)ハイブリッド(30.4〜33.4km/L)/価格(税込)107万万円から147万程度
③ダイハツムーヴ
燃費660cc(25.6〜31.0km/L)/価格(税込)103万円から153万程度
④ホンダN-WGN
燃費660cc(24.2〜29.4km/L)/価格(税込)109万円から164万程度
⑤ホンダNONE
燃費660cc(23.0〜28.4km/L)/価格(税込)118万円から172万程度

実燃費は?

stella03
カタログ上の燃費は27km/Lとなっていますが、実燃費は平均20.57km/Lです。

ステラの低燃費の理由は、進化しているアイドリングストップ機能があるからです。

①走行中にアイドリングストップインジケーターが点灯するとアイドリングストップ
②減速中に車速が約11km/hになるなどの条件が揃うとエンジン自動停止
③停車中はエンジンを停止(ナビやオーディオは使用可)。

これらは状況に応じて作動し、渋滞や駐車時は作動しないなど快適そして安心な機能となっています。

また、マルチインフォメーションディスプレイとエコドライブアシスト照明によって、日常的に燃費がどれくらいであるか平均燃費を確認できたり、実際にどれくらいのエコなドライブができているのかの確認、アイドリングストップがどのくらい作動しているかなどの時間を知ることができます。

ダサい?デザインや内装は?

stella04
スバルのステラ、デザインがダサいのでは?なんて言われていましたが、実際にはどうでしょうか?

確かに初代のステラはミニカーみたいなちょっと安っぽい印象がありました。
しかし、今のステラは、今までの軽自動車にはないちょっとランクが高い様なおしゃれな質感があります。
ボディカラーも若い女性に人気のパステルカラーから、高級感あるダーク系のカラーもあり、全部で10色から選ぶことができます。

気になる内装ですが、まずは肝心なシート。車内の横幅をいっぱいに使って、運転中も一緒に乗る人も窮屈でないワイドなシートとなっています。
シートは、触り心地の良いシルクの様な見た目のファブリック。

全体的なインテリアカラーはブラック、ベージュ、ホワイトでコーディネートされていて、落ち着いた雰囲気で品があります。
その他、色々なアクセサリーもある様で、自分らしいステラにすることができます。

スポンサーリンク
<<お得に車を買い替えたい方は必見!>>

車の買い替えに焦りは禁物です。
ディーラーに下取りに出すつもりでも
愛車の査定相場を知らずに交渉すると
何十万も安く買いたたかれて大損をしてしまうかも…。

管理人おすすめのかんたん車査定ガイドで愛車の最高額をチェックしてから値引き交渉に臨みましょう!

かんたん車査定ガイド公式サイトはこちら >>http://a-satei.com/