クルドラ

新型イグニスの2018年1月の値引き相場レポート!評判、口コミもチェック!

ignis00
そんなイグニスの購入を考えている方が一番気になっているのが“どのくらい値引きが可能なのか”だと思います。

そこで今回は

  • ・イグニスの値引きの相場・限界
  • ・値引き交渉のコツ
  • ・値引きにプラスして、できること

特にこの辺りの情報を包み隠さず紹介していこうと思います!

どうしてこんな普通はわからないようなリアルな情報を書けるかというとそれには理由があって…

実は管理人の友達がスズキのディーラーに勤めているのです。

なので最新の値引き情報上手なイグニスの値引き交渉のやり方などの重要な情報が入ってきます。

営業マンが困る、値引き交渉のやり方】まで伝授しますので是非お読みください。

値引きの相場・限界は?

値引き額の限界をチェックしておくことはとても大切です。
もし、知らないで買ってしまうとかなりの金額を損することにもなりかねません・・・

2018年1月のイグニスの値引き相場はズバリ

車両本体 18万円
オプションを含む値引き22万円

が合格目標になります。

イグニスの値引き額は軽としてはやや高めの車体価格ということもあり、他のライバル車に比べるとやや緩めとなっています。

ライバル車種と競合させる

ライバル車種との競合で値引きを引き出すのにはデミオフィットヴィッツアクアなどが効果的です。

これらの名前を出すことにより競争意識を煽り、値引きを引き出しましょう。

“どちらかというとメインで購入を検討しているはライバル車”と思わせられれば、気を変えるためにさらなる値引きを引き出せる場合もあります。

イグニス同士を競合させる

さらにイグニス同士を競合させることも効果的です。

イグニスはスズキディーラーで扱われていて、スズキ○○の○○部分が少しでも違うところが別会社で別資本ですので、その複数店舗を回り、「他店ではここまで値引きしてくれたよ」ということを伝えれば値引きが大きくなることが期待できます。

基本的には隣の県まで足を伸ばせば必ず別会社になります。

また、いくつかのスズキ店を回ることで、中には販売ノルマに未達のディーラーや営業マンに遭遇するときもあります。

そのときは鼻血が出るくらいがんばって値引いてくれますのでかなりラッキーです。

オプション値引き

オプションからの値引きも本体車両からの値引きと同じことですので大切なポイントです。

イグニスの場合はおおむね20~25%程度を目標に交渉するようにしましょう。

また、契約直前だけに通用するやり方ですが、「このオプションをサービスで付けてくれたら契約するよ」と言えば、ちょっとしたオプションなら付けてもらえることもあります。

具体的には

・サイドバイザー
・フロアマット
・ドアバイザー
・ラゲッジマット
・トノカバー
・ドアミラーカバー
・携帯リモコンカバー
・ドアエッジモール

などがねらい目です。

もちろんサービスしてもらうものなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙うのがポイントです。

また、ハンコや印鑑証明を用意しておくなどして本気度をアピールしましょう

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに、“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロです。

黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。

ですのでオススメのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。

「予算は○○万円なので、これ以上は出せない。でもこの予算内でオプションなどもサービスしてくれたら即決してもいい」

などと勝負を賭ける方法もあります。

ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。

値引きのコツ

値引きは粘り強く交渉することが大事です。

イグニスの場合、最初は14万円の値引き額を提示をされることも多く、それ以上を求めないと、できる値引きもしてくれないので結果的に損をすることになります。

ギリギリまで粘って交渉するようにしましょう。

下取り車は値引きに有利なのか?

“下取り車があったほうが値引きが大きくなる”

と思いがちですが、これは大いなる錯覚です。

ディーラーは、値引きと下取りの上乗せを合算して、多く値引きしたように見せかける

のが常套手段です。

「下取り車は無し」で商談を進めて、愛車の最大買取価格はネットの一括査定で把握しておきましょう。

下取り車がある場合は愛車の査定相場を知っておくことも鉄則!
これでディーラーに安く買いたたかれることもありません!
>>愛車の査定額をチェック

納期は?

1~3か月と標準からやや長めの納期です。

コンパクトカーのSUV

「イグニス」は、スズキが2016年2月18日に発売した新型車です。

2015年秋の東京モーターショーで市販を前提として出品された中の1台で、コンパクトクロスオーバーと称される独特なスタイルを有したクルマです。

JC08モード燃費28.8km/L、イグニスは全車にマイルドハイブリッドを搭載しています。

現行K12C型エンジンのフリクション低減によるISGモーター組み合わせたマイルドブリッドシステムの燃費向上。

軽自動車以外の小型車にも大きな力を注いでいこうとするスズキの戦略を象徴するクルマです。

「アルト」の拡大版のようなフォルムと、やや高めの地上高と車高が特徴です。

評判、評価は?

セールスポイントは、日常で非常に使い易いことと、国産コンパクトカーでは最小クラスの使い勝手が良いサイズです。

インテリアを見ると、

・インパネ
・メーター
・センターコンソール

などにこだわりを感じます。

「新型だなあ。」と納得できるはずです。

イグニスではセンターコンソールにオレンジなどチタンカラーをボディ色にフィットさせて、瀟洒な感じを演出しています。

メインカラーは「タン」カラーリングでしょうか、2015年はオレンジ色が流行ってました。

ignis01

コスパで選ぶならMX

イグニスはMG,MX,MZの3グレードが用意されていますが、燃費性能では大きな差が無いのが特徴です。

一番大きな違いがあるのはMXとMZ。

MZになるとヘッドランプがLEDになってクルーズコントロールなどのオプションが付きます。

ただ、内輪差の小さいコンパクトな車体でステアリングも小回りが利くので無理につけなければいけないオプションではありません。

運転に自信がない高齢者などはクルーズコントロールが付いたMZにしておいてほうが安心ですが車体価格が上がってしまうので、それ以外の方はMXでも十分でしょう。

どのクラスも4WDなので確かな足回りで走行性能は優秀、かつ馬力も十分あるので街乗りにも遠出にも対応できる器用な一台です。

リセールを考えて選ぶならハイブリッドMX、ハイブリッドMX セーフティパッケージ

現実的な問題としてリセールを考えるならグレードはハイブリッドMX、ハイブリッドMX セーフティパッケージ、カラーは白、黒、グレーが定番です。

イグニスの場合はピュアホワイトパール、プレミアムシルバーメタリック、スーパーブラックパールの3色の中から選ぶと良いでしょう。

ただ、黒系は汚れが目立ちやすく外観の劣化が早い傾向があるのでピュアホワイトかプレミアムシルバーを選ぶのがオススメです。

中古車購入者は中古で買う以上何らかのオプションが付いていて欲しいと思うのが普通なのでフォグランプは最低限つけておくと良いでしょう。

再販売を考えなくても、運転するときについていたほうが安心ですしね。

一方、ボディにアクセントカラーを入れるのは好みが分かれるところなので付けないほうが無難です。

誰から見てもお得な車になるようにオプション選びをしていきましょう。

どんな人向けの車か?

小回りが利く4WDのような感じなので、旅行や遠出を多くする人に向いています。

またコンパクトなのに室内は広く目線が高いので、運転しやすいです。

山道等の不安定な場所を走っても、パワーがあるので実用性を考えて購入するならオススメです。

エクステリアはレトロ感があるので、車が好きな人には魅力的なデザインです。

子ども連れの方はファミリーカーとして、年配の人は夫婦だけで乗ったりとできます。

コンパクトなので、女性には特にお手頃のサイズで運転もしやすく扱いやすくなっています。

安全装備は?

ignis05
衝突被害軽減システムとしてデュアルカメラブレーキサポートと全方位モニターを搭載していて、前方にある車と歩行者を同時に感知して危険から守ってくれます。危険を感じたら、警報と自動ブレーキで回避してくれます。

誤発進抑制機能で、前方に障害物を感知して誤発進と認識するとブザー音とメーター内の表示で警報してくれます。

車線逸脱警報機能で、白線からはみ出すとドライバーに注意を促します。

ふらつき警報機能で、眠気等で真っ直ぐ走行出来ていないとドライバーに注意を警報で知らせてくれます。

 

収納スペースは?

ignis06
ランゲージはコンパクトな本体であるが、趣味やレジャーが楽しめるように広さを確保しています。

リヤシートを倒せば、シーンに合わせて広さを変えられます。

ランゲージの下には小物が収納できるように、サブトランクが設定されています。

助手席にあるグローブボックスには小物が入り、センターコンソールボックスには携帯等の必要アイテムが置けます。

センターコンソールドリンクホルダーが2個運転席と助手席の間にあるので、それぞれに飲み物が置けます。

フロントドアポケットには、雑誌等が収納できます。

居住性・快適性は?

新プラットフォームを採用してエンジンルームを最小化しているので、運転のしやすいゆとりのある室内空間になっています。

前席ヒップポイントが高めに設定されているので、見晴らしが良いです。

シートはリクライニングができるので、足を伸ばしてリラックしてくつろげます。

後部座席はフロントシートの背もたれと間が狭いので、収まりが悪く段差が出来てしまい座り心地がイマイチです。

天井までの高さが拳1つ分あるので、狭い感じはしません。

フロントシートよりも後部座席が高くなっているため、圧迫感が少ないです。

走行性能・エンジン性能は?

ignis07
燃費が28.0 km/Lで、減速エネルギーを利用して発電していて加速する時はモーターで力強くエンジンをアシストしていくマイルドハイブリッドになっています。

アイドリングストップ車専用鉛バッテリーと専用リチウムイオンバッテリーに充電して、加速する時には電力を活かしてモーターでエンジンをアシストして燃費を向上しています。

ハイブリッドでエネルギーを効率的にして、燃費性能を実現しています。

エコドライブが一目で分かるように、メーターパネル内に平均燃費や積算アイドリングストップ時間等を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイを採用しています。

優れているところは

イグニスはコンパクトな車ですが、エクステリアにはその分こだわりを持っていて力強い格好良さがあるデザインになっています。

室内全体はハッチバックなのでとても広いです。

クラス最小コンパクトモデルで全長はわずか3700mmで、全幅も1660mmなので車庫入れ縦列駐車はサクッとこなせる小回りの効く、取り回しがとても楽な車両サイズです。

緩くスラントしたフロントグリルは、メッキラインで囲まれ、センターのSマークを挟むように直線のラインが配置されています。

懐かしさと新しさの融合がテーマのエクステリアデザインです。

Cピーラーのデザインは、往年のスズキ「フロンテ」からの 襲踏で、「フロンテ」を知っている年代には懐かしさを感じさせるラインとなっています。

物足りないところは

弱点は室内の広さか?と思ったりしますが、よく見るとある程度の工夫がなされています。

嫌な言い方をしてしまうととスイフトの方は面白味が無いです。

シートアレンジなどを確認したところ、このクルマで車中泊をするのはちょっと困難だという印象を強く持ちました。

この新型イグニス(IGNIS)の室内超は1,945mmとなっているので、これくらいの広さならば、何とかちょっと頑張れば、車中泊のスペースを作り出すのは可能だとは思うのですが。

ハスラーとの比較

新型イグニスとよく比較されるのが、同スズキのハスラーで、ボディの改造は少し違いますが、この2台で購入を迷う消費者が多いようです。

この2台では、イグニスの方が少しだけ車体サイズが大きくなっているので、その分室内も広くなっています。

燃費ではハスラーがやや上回っていて、経済性ではハスラーに軍配があがると思われます。

乗り心地の面では、イグニスはやや硬めの足回りに対してハスラーは柔らかめと全く逆になっています。

安定感ではイグニスの方が優れていると考えられ、用途にもよりますがイグニス支持者の方が多くなるように思います。

燃費は?

ignis02
新型イグニスの燃費は28.0km/Lから28.8km/Lとされています。

軽自動車でも、かなり燃費に優れた車であると言えます。

通常のSUVは価格設定が高くなっているので、軽でSUVとなるイグニスは低価格で購入できる車となっています。

イグニスの実燃費は17km/L程となっており、雑燃費から見るとやや劣る気はしますが、SUVという観点からすると非常に優れています。

エンジン音が静かで走行性にも定評がありますが、乗り心地には若干難があるようなので、確かめてから購入を決めたいところです。

ダサい?デザインや内装は?

ignis03
新型イグニスの内装はポップなデザインとなっており評価が高いようです。

軽自動車にしてクルーズコントロールが付いている事もあり、機能性に優れています。

しかしハンドルのサイズは軽にしては少し大きいサイズとなっているようで、気になる方もいるかもしれません。

ハンドルの高さ調整も出来ないので、体の大きい方にはやや窮屈に感じてしまうようです。

また、アームレストが運転席側にしか付いていないのは残念な点となります。

総合的なデザイン性では評価の高い車となっているので、実用性はあまり影響しないと思われます。

ignis04

スペック

  • 全長×全幅×全高:3700×1660×1595mm
  • ホイールベース:2435mm
  • パワートレイン:直列4気筒 排気量 1.2L「デュアルジェット」 + マイルドハイブリッド
  • エンジン最高出力:91ps/6000rpm
  • エンジン最大トルク:12.0kgm/4400rpm
  • モーター最高出力:3.1ps/1000rpm
  • モーター最大トルク:5.1kgm/100rpm
  • ミッション:CVT(MTなし)
  • 駆動:FF or 4WD
  • 車重:FF 850kg、4WD 890kg(最重量グレードで920kg)
  • 燃費:28.8km/L
  • 最低地上高:180mm
  • 4WD仕様に「グリップ・コントロール」、「ヒルディセント・コントロール」を装備
  • 運転支援システム「デュアルカメラブレーキサポート」を全車オプション設定
  • Apple「CarPlay」に対応した、「全方位モニター付メモリーナビゲーション」をメーカーオプション設定
<<お得に車を買い替えたい方は必見!>>

車の買い替えに焦りは禁物です。
ディーラーに下取りに出すつもりでも
愛車の査定相場を知らずに交渉すると
何十万も安く買いたたかれて大損をしてしまうかも…。

管理人おすすめのかんたん車査定ガイドで愛車の最高額をチェックしてから値引き交渉に臨みましょう!

かんたん車査定ガイド公式サイトはこちら >>http://a-satei.com/