クルドラ

ワゴンRのおすすめオプションはどれ?後悔しないために本当に必要なオプションを調べてみた

ワゴンRを購入しようとするとき、どうしても悩んでしまうのがオプション選び。

付けすぎると予算をオーバーしてしまいますし、ケチりすぎるとあとでやっぱり付けておけばよかった…と後悔することも。。

管理人
実は管理人は車関係の仕事をしていますので、ワゴンRに乗っている方とお話しする機会もあるのです。

そこで、実際のワゴンR購入者の「生の声」を元に

  • ・必須のオプション
  • ・できれば付けておきたいオプション
  • ・必要そうだけど、実はいらないオプション

についてまとめました。

ワゴンRで必須のオプション

レーダーブレーキサポート(¥96,120)


レーダーブレーキサポートはオススメのオプションで、
・前方の車両をレーザーレーダーが検知する事で衝突を回避出来ないと判断すると自動で強いブレーキが作動します。
・追突の危険等を回避したり、軽減してくれます。フロントガラスに搭載されているカメラが前方車両や障害物との正確な距離を測定してくれます。
・高齢者や初心者のドライバーに多いアクセルの踏み間違えやギアシフトチェンジの操作ミスによる事故から守ってくれるオプションです。
・間違えてアクセルを強く踏み込んだときにエンジンを自動で制御して急発進を抑制して衝突を回避してくれます。
運転があまり得意でない人や、高齢ドライバーの方はぜひ付けておきたいですよね。

カーナビ(¥117,018~)


カーナビは新車で購入する人のほとんどが付けていて、純正ナビであればスマホと連動しているのでスマホアプリによってカーライフが楽しくなります。ワンセグやTV等を楽しむ事ができて、操作もスマホ感覚でできます。スマホのマップルナビで行先を設定すると、ナビで行き方を教えてくれます。

ETC(19,116~)

ETCも搭載さすると、高速道路の利用が多い人には料金も安くなり便利です。
料金の支払いもスムーズにできます。

また割引やポイントも付くのでお得です。

必須オプションの合計

必須オプションの気になる合計のお値段ですが
レーダーブレーキサポート(¥96,120)
ナビ(¥117,018~)
ETC(¥19,116~)で
¥232,254です。他にも欲しいものが出てくると思いますので25万円をめどにしておくといいでしょう。

できればつけたいオプション

ディスチャージヘッドランプ

ディスチャージヘッドランプはキセノンガスを封入した電球に電気を流して発光していて、フィラメントを使用しないので寿命が長いのが特徴です。

長年乗る人には、電球の寿命が長くなると元を取る事ができるのでお得です。

オートライトシステム

オートライトシステムは自動で明るさに応じてonとoffをしてくれるので、手動で行う必要がありません。

昼間は消していて、薄暮れ時はスモールランプを点灯してくれて夜間はヘッドライトを点灯してくれます。

また付け忘れや消し忘れをなくしてくれて、安全運転をサポートしてくれます。

フロアマット(14,202~)


フロアマット(14,202~)は内装をアレンジしたい人にはおすすめで、フロアマットを敷くとオリジナリティある内装にできます。純正のものがズレなくていいでしょう。

ドアバイザー(¥10,746)


ドアバイザー(¥10,746)があると雨の日に運転する事が多い人には、窓を開けていても室内が濡れにくくなるので便利です。

喫煙者にはタバコを吸う時に窓を少し開けておくと換気ができたり、渋滞の時に長時間停車する時に窓を開けておくと曇り防止ができます。

夏場は窓を開ける事が多くなるので、隙間から器具を入れてロックを解除する事が難しくなるなど、少しくらい窓を開けても防犯効果も期待できます。

不要なオプション

全く使わないオプションを付けてしまってあとで後悔しないように、不要なものはなにかピックアップしておきたいと思います。

スポンサーリンク

スペアタイヤセット+スペアタイヤ固定キット


スペアタイヤセット+スペアタイヤ固定キットが最も不要なオプションになります。

これは、タイヤがパンクした時などに、一時的につける応急タイヤとその固定器具のことです。

不要な理由は、スペアタイヤを自分で交換する可能性の低さと、コストパフォーマンス、重量増による燃費の悪化があるためです。

特に女性ユーザーや高齢者、若者などは、仮にタイヤがパンクしたとしても、自分で交換できる人はまずいません。

また、自動車保険には必ずと言っていいほどロードサービスが付いているので、いざというときはプロを呼んだ方が確実です。

しかも、使うか分からないスペアタイヤを常に積んでいることで、燃費にもわずかながら悪影響を及ぼします。

このオプションに3万円以上も払うより、良質なロードサービスに加入して、タイヤの点検をまめに行った方がおすすめです。

オプション選択は後悔の無いように

オプションは購入時にしか付けられないものもあり、取捨選択に頭を悩ますところです。

カスタムパーツや内装オプションを充実させての魅力を引き立たせたいのは山々・・・とは言えいくらでも費用をかけるわけにもいかないですよね。そこで大切になってくるのが値引き額を把握することと愛車の下取り相場を調べて買い換え全体で損をしないことです。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>新型ワゴンRの値引き相場レポート!

ワゴンRを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ


ワゴンRの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「かんたん車査定ガイドって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください
スポンサーリンク