クルドラ

バレーノのおすすめオプションはどれ?後悔しないために本当に必要なオプションを調べてみた

必須のオプション

バレーノには予防安全装備のレーダーブレーキサポートIIやエアバッグなどが標準装備されており、アルミホイールも多くのグレードで採用されているため、ディーラーオプションで装着できるオプションがほとんどありません。

ラゲッジスペースの使い勝手をあげるため、ラゲッジボックスまたはラゲッジマットなどの装備は必須といえるかもしれません。

カーナビを前庭としたインパネデザインとなっており、カーナビは必須度の高いオプションです。

カーナビにはメモリーナビゲーションが用意されており、パナソニック、パイオニア、クラリオン、ケンウッドのものから選ぶことができますが、純正カーナビの設定はないため、価格と性能のバランスを見て必要なカーナビを選ぶと良いでしょう。

タッチパネルであることやフルセグTVチューナーを装備していること、画面サイズなどは各メーカーで共通ですが地図の更新無償特典や容量が異なっており、最低のもので8GB最大のもので32GBとなっています。

カーナビを装備しないのであればラジオ機能を持ったオーディオが必須装備といえますが、CD/USBプレーヤーの1万9008円のものが最低価格となっています。

できればつけておきたいオプション

バレーノの最上級XTグレードにはセットオプションが用意されており、助手席シートヒーター、燃費や航続可能距離などが表示されるカラーマルチインフォメーションディスプレイ、フロントセンターアームレスト、本革シート表皮、リヤシートセンターコンソールトレー、センターコンソールボックスなどインテリアの質感や使い勝手の向上する装備が多数含まれています。

スポンサーリンク

11万200円ほど価格は高くなりますが、それぞれ単独で装備できないオプションでり、トータルで考えれば安くあがるためできれば装備したいところです。
アクセサリーオプションに万が一の対策の装備としてドライブレコーダーも用意されています。こちらはスズキ純正のものとなっており、3万7260円となっていますができれば装備したいところです。

また、安全性を高める装備としてはコーナーセンサーも用意されています。前後方向左右に装着され、6万2640円となっています。
利便性を高めるため装備したいオプションとしてはリモコン格納ドアミラーとオートドアロックシステムが用意されています。

それぞれ単独で装備も可能ですがセット装着の場合4万8438円となり、それぞれが3万5000円以上するためセット装着がお得です。

オプション選択は後悔の無いように

オプションは購入時にしか付けられないものもあり、取捨選択に頭を悩ますところです。

カスタムパーツや内装オプションを充実させての魅力を引き立たせたいのは山々・・・とはいえ無制限にお金を使えるわけではありませんよね。そこで大切になってくるのが

    値引き額を把握すること
    愛車の下取り相場を調べて買い換え全体で損をしないこと

です。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>バレーノの値引き相場は?評価、評判をチェック!

スポンサーリンク
<<お得に車を買い替えたい方は必見!>>

車の買い替えに焦りは禁物です。
ディーラーに下取りに出すつもりでも
愛車の査定相場を知らずに交渉すると
何十万も安く買いたたかれて大損をしてしまうかも…。

管理人おすすめのかんたん車査定ガイドで愛車の最高額をチェックしてから値引き交渉に臨みましょう!

かんたん車査定ガイド公式サイトはこちら >>http://a-satei.com/