クルドラ

スイフトのおすすめオプションはどれ?後悔しないために本当に必要なオプションを調べてみた

スイフトを購入しようとするとき、どうしても悩んでしまうのがオプション選び。

付けすぎると予算をオーバーしてしまいますし、ケチりすぎるとあとでやっぱり付けておけばよかった…と後悔することも。。

管理人
実は管理人は車関係の仕事をしていますので、スイフトに乗っている方とお話しする機会もあるのです。

そこで、実際のスイフト購入者の「生の声」を元に

  • ・必須のオプション
  • ・できれば付けておきたいオプション
  • ・必要そうだけど、実はいらないオプション

についてまとめました。

スイフトで必須のオプション

全方位モニター対応ナビ8インチ(¥177,282)


スイフトはミラーのサイズが小さい、斜め後方の視界が悪いことから全方位モニター対応ナビの取り付けを強くオススメします。

縦列駐車や狭い道でのすれ違いもこれですごく助かります。

地図データの3年間無料更新も付いていますし、システムアップアイテムとして

  • バックアイカメラ
  • ドライブレコーダー
  • ETC2.0

も用意されていますので余裕があれば全部つけちゃいましょう。

ナビの画面サイズが一回り小さくてもいいなら7インチ¥149,958もあります。

セーフティパッケージ(¥86,400)


セーフティパッケージは必須の安全装備として無条件で付けましょう。

後付けは不可能ですし、金額的にも下取りに出した時に半分戻ってくると思えば4万円ほどで付けられます。
セーフティパッケージで付いてくる機能

  • ・SRSカーテンエアバッグ
  • ・フロントシートSRSサイドエアバッグ
  • ・デュアルセンサーブレーキサポート
  • ・誤発進抑制機能
  • ・車線逸脱警報機能
  • ・ふらつき警報機能
  • ・先行車発進お知らせ機能
  • ・ハイビームアシスト機能
  • ・リヤシートベルトフォースリミッター
  • ・リヤシートベルトプリテンショナー
  • ・アダプティブクルーズコントロール
  • ・運転席センターアームレスト

ちょっとこすっただけで3~4万かかることを考えると、これだけの機能が付いてくるのですから安いものですね。

また、アダプティブクルーズコントロールはオートクルーズ機能が付いていて燃費が良くなりますし、長時間高速に乗るときに指先の操作だけで運転できるのは右足の疲れを軽減できて楽です。

冬場や膝が悪い人にとってはありがたい機能です。

ドアバイザー(¥15,066)


ドアバイザーは雨の日に少しなら窓を開けても、雨が入ってきません。

夏場には隙間から器具を入れてもロックする事ができないので防犯効果もあります。

タバコや換気の面から考えても付けておきたいオプションです。

メンテナンスパック(¥60,280)※法定1年点検付き

メンテナンスパックを付けると、万が一故障をしても修理をしてもらう事ができます。

メンテナンスは自分でして、車検もユーザー車検でするような方だと不要なオプションと思うかもしれませんが、半年ごとにエンジンオイルの交換、点検整備が付きますので本当にお得なオプションです。

例えばオイルを純正(0w-16)のもの以外に変えるとエンジン音が大きくおかしくなったり、燃費が悪くなったりしてスイフト本来の走りや性能を楽しめなくなりますのでやはり純正のものがオススメといえます。

フロアマット(¥14,526~)


フロアマットは一番安い物でいいので純正品を付けましょう。ズレルこともないし、安全です。室内空間が綺麗に見えて清潔感あります。

スポンサーリンク

ラゲッジマット(¥9,720~)


ラゲッジマットは荷物を頻繁に積む人にはおすすめです。仕切りを作れるタイプもあります。

以上です。必須オプションの気になる合計の金額ですが、
全方位モニター対応ナビ(¥177,282)
セーフティパッケージ(¥86,400)
メンテナンスパック(¥60,280)
ドアバイザー(¥15,066)
フロアマット(¥14,526~)
ラゲッジマット(¥9,720~)で
¥363,274です。他にも欲しいものが出てくると思いますのでおおよそ40万円前後と考えておけばいいと思います。

できればつけておきたいオプション

チャイルドシート


チャイルドシートを付ける場合は管理人の経験上、絶対純正品の方がおすすめです。

取り付け方、取り外し方もわかりやすいですし、掃除も簡単にできます。

また、長期間付けているとシートがへこみますが、無関係の商品だと変な形に跡が残ります。

ディスチャージヘッドランプ

ディスチャージヘッドランプは、スイスポで唯一のメーカーオプションです。

後からでは変更が効きませんので後悔しないためにも気になるなら付けるようにしましょう。

フロントリアエアロ

フロントリアエアロは、エンジン・ブレーキの冷却効果が増大して車体の汚れも防止できるようになります。

車体の外に取り付ける事が多く、ファッションとして取り付けるのもいいと思います。

サイドミラーの撥水機能


サイドミラーの撥水機能は付けると雨の日でも見やすくなるので、運転している時に便利です。

以上がおすすめオプションです。
合計でも20万円程度あれば自分好みのオプションを付けて楽しめるでしょう。

必要そうだけど、実はいらないオプション

フロントグリル

フロントグリルは見た目のデザインを気にする人には、付いていると本体がお洒落になりますが基本的に不要なオプションです。

イルミネーションセット


こちらも夜のドライブを演出するためにこだわりのある人は付けてもいいと思いますが、ほとんどの人にとっては不要のオプションと言えます。

オプション選択は後悔の無いように

オプションは購入時にしか付けられないものもあり、取捨選択に頭を悩ますところです。

カスタムパーツや内装オプションを充実させての魅力を引き立たせたいのは山々・・・とは言えいくらでも費用をかけるわけにもいかないですよね。そこで大切になってくるのが値引き額を把握することと愛車の下取り相場を調べて買い換え全体で損をしないことです。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>新型スイフト/スポーツの値引き相場は?評価、評判、ウイークポイントまで解説!

スイフトを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ


スイフトの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

スポンサーリンク