クルドラ

エスクードのおすすめオプションはどれ?後悔しないために本当に必要なオプションを調べてみた

エスクードは標準で装備されている装備(オールグリップ4WDやACC、シートヒーター、オートクルーズ等)も多くそこまでオプションは追加しなくても良いですが、それでも悩んでしまうのがオプション選び。

付けすぎると予算をオーバーしてしまいますし、ケチりすぎるとあとでやっぱり付けておけばよかった…と後悔することも。。

管理人
実は管理人は車関係の仕事をしていますので、エスクードに乗っている方とお話しする機会もあるのです。

そこで、実際のエスクード購入者の「生の声」を元に

  • ・必須のオプション
  • ・できれば付けておきたいオプション

についてまとめました。

エスクードで必須のオプション

スタンダードメモリー8インチナビセット(¥168,858)


ナビやテレビ、DVDを観る際に7インチでは小さいので8インチのモデルにしましょう。

対話型音声認識や渋滞や規制を考慮してルートを案内してくれるステイルート案内、3年間の地図データ更新も付いています。

また、インテリア面でもインパネパネルがピアノブラックになりチープ感が軽減されるのもオススメする理由です。

バックアイカメラのオプションも付けられます。

インパネガーニッシュ(¥20,196)


エスクードのインテリアは軽自動車並みの安っぽさなので、インパネガーニッシュくらいは付けておいた方が良いです。
おすすめはホワイトかターコイズブルーです。

予算に余裕があれば
・インパネガーニッシュ
・センターコンソールガーニッシュ
・ステアリングガーニッシュ
・インパネエンブレム
・ダクト&クロックパネルセット

を全部つけてもいいと思います。(¥49,572)

ベースキャリア+ルーフラックアタッチメント(¥30,510+¥26,352)


エスクードは収納スペースが少ないので、屋外スポーツなどが趣味の方や荷物をよく載せる方には必須です。

アタッチメントは以下の3つあるのですが、いずれを付ける際にも土台となる「ベースキャリア」が必要です。

・ルーフラックアタッチメント(¥26,352)
・スキー&スノーボードアタッチメント(¥26,244)
・サーフボードアタッチメント(¥5,238)

ルーフボックスを常時付けておく使い方もありです。

風切音は一般道を走る分には気になりません。

できれば付けておきたいオプション

ラゲッジマット(¥8,640)

ラゲッジ部分の汚れや荷物を置いたときに滑らないようにマットは付けておきたいです。

ラゲッジネット(¥7,560)も購入しておいて使い分けるのがオススメです。

スポンサーリンク

この2つは値段もお手頃ですし、購入時にオマケしてもらえるように商談の際にお願いしてみてたら結構な確率で成功すると思いますよ。

LEDイルミネーションランプベゼル

デイライトとしても役立ちますし、SUVらしくデザインがかっこいいのでできれば付けたいです。

エスクードはヘッドライトのデザインが以前よりも細くなりおとなしくなっていますので、LEDイルミネーションランプベゼルで自己主張をしましょう。

サイドバイザーとフロアマットは社外品でもOK

あったら便利なフロアマットとサイドバイザーですが、社外品でも機能的には純正品に劣りませんので十分に代用可能です。

今の時代、純正にこだわらなくてもオシャレでピッタリなマットやバイザーはたくさんあります。

実際マットやバイザーが純正品かなんて自分以外のほかの人は気にしてませんしね。

※画像は楽天市場 エスクード 21系 フロアマット
ちなみにエスクードの場合は両方とも純正でそろえると4万円以上かかります。

これが社外品にすると合わせて2万もかかりませんので2万以上浮く計算になります。

ちなみにマットは簡単に付けられますが、

「ドアバイザーは付けるの大変じゃない?」

という方のために参考動画を載せておきますね。

これを見て管理人も自分の車(プリウス)にドアバイザー付けましたけど10分かかりませんでした。

ちなみにそれでも自信ない方はカーショップやディーラーでも工賃がかかりますが、付けてもらえますよ。

オプション選択は後悔の無いように

オプションは購入時にしか付けられないものもあり、取捨選択に頭を悩ますところです。

カスタムパーツや内装オプションを充実させての魅力を引き立たせたいのは山々・・・とは言えいくらでも費用をかけるわけにもいかないですよね。

そこで大切になってくるのが値引き額を把握することと愛車の下取り相場を調べて買い換え全体で損をしないことです。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>エスクードの値引き相場レポート!評価、評判もチェック!

エスクードを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

エスクードの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

スポンサーリンク