クルドラ

後悔しないために確認しておきたいディフェンダーの不満点4つ+α口コミまとめ

最終更新日 2024/6/29

2023年暦年で見た場合、輸入車登録台数伸び率のトップは中国のBYDですが、これは前年実績が二桁(11台)という特殊な事情ゆえのもの。まともなセールス環境にあるメーカーで見ると第2位ランドローバーが光ります。前年比では203%となり、続くマセラティ139.8%アストンマーティン130.9%も健闘しましたが、断然高い伸び率を記録しました。

ランドローバー日本でもグローバルでもレンジローバーディスカバリーディフェンダーという3系統SUVシリーズで勝負していますが、今国内でもっとも販売台数に貢献しているのがディフェンダーです。新車販売半数以上ディフェンダーと言われています。

ディフェンダー歴史は古く、1948年に登場したランドローバーシリーズを起源と見た場合は既に76年以上が経過しています。但し、モデルとしては初代ディフェンダー(1983年にランドローバーから改名)が非常にロングライフであったため、2019年に発売となった現行ディフェンダーはまだ2代目という位置づけです。

引用:https://autoprove.net/

それだけに新型ディフェンダー登場は多くのクルマファンの耳目を集めました。砂漠のロールスロイスと呼ばれるレンジローバーに見られるように、SUVオンリーとはいえ今やすっかり高級車メーカーとなったランドローバーですが、そのラインナップにあってもディフェンダーはやや性格が異なります。価格も含め間違いなくハイブランドモデルではありますが、そのルックスキャラクターはタフなクロカンモデルに寄っているのは間違いなく、人気の秘訣もそこにあるはずです。

本稿では現行ディフェンダーを実際に所有した方や、体感した方の様々な口コミ情報を徹底チェック。人気のプレミアムクロカンモデルに見え隠れするマイナスポイントを徹底チェックの上、洗い出し検証していきますので、ぜひ新車購入等の参考にしてください!

現行ディフェンダーってこんなクルマ

引用:https://www.webcg.net/

2019年の発売当初は”110”という5ドアボディからスタートしましたが、その後ショートボディ3ドアの”90”、リヤオーバーハング延長された5ドアロングボディの”130”とバリエーションを増やしてきました。パワーユニットも同様で300PS2.0ℓ直4ガソリンターボでスタートし、3.0ℓ直6ディーゼルターボマイルドハイブリッドを追加(ディーゼルは後に3.5ℓへ排気量拡大)。さらに5.0ℓV8スーパーチャージャーも加わり、現在は3種エンジンラインナップです。

全車共通のフロントマスクは他のランドローバーモデルとは一線を画すデザインライン。堂々たる躯体ながら目元(ヘッドライト)などはどこか親しみを感じさせる造形で、チャームポイントになっています。某三菱軽SUVなどはインスパイアされたようにも映りますね。

クロカンモデルながらアルミ外板を多用したモノコックボディに、前後は贅沢な独立懸架式サスペンションが備わり、一般道での走り乗り心地は当然問題なし。一番のセリングポイントになる悪路走破性トルク可変型4WDスタビリティコントロールヒルディセントコントロールオールテレインプログレスコントロール、さらには4×4iなどの最新電子デバイスをふんだんに奢っていて、文字通り道を選ばずどこまでも進んでいけるプレミアムオフローダーです。

引用:https://news.mynavi.jp/

メーカーオプションディーラーオプションも豊富で、自分のニーズにあったモデルへ仕上げられるのはもちろん、不定期ながらけっこうな頻度で追加される特別仕様車の存在も最新ディフェンダーの魅力となっています。

ディフェンダーの不満点を確認

2020年日本上陸後、コロナ禍を挟んだものの4年近くが過ぎているため、現行2代目ディフェンダー口コミもかなりWEB上に上がってきました。

それらを調べていくと発売から現在まで、装備の改廃などはあっても大きな変更を受けていないことから、各オーナーさんの見解もかなり似通った指摘が多かった印象です。

それらの中から本稿ではネガティブな意見の多いものについて、いくつかご紹介していきます。

「デカいのは織り込み済みだったけど…」使い勝手の不満点はココだ!

ディフェンダーディフェンダーたらしめていることの一つに、威風堂々としたスタイリングがあるのは間違いのないところ。実際、口コミの中にはエクステリアデザイン面に関しての不満はほとんどなく、逆に多くの方が購入動機として挙げていました。

それだけにボディデカさ不満点とするのは本末転倒だと感じているオーナーさんもあるでしょうが、中には普段の生活において「わかっちゃいるけど…」的に発信されている方もチラホラ。

そんなディフェンダー使い勝手に関する不満点をピックアップし、いくつかご紹介しましょう。

最大のネック最小回転半径6.1mにもなること。比較したメルセデスベンツGLEは脅威の5.6mBMW X5でも5.9m。なんなら全長5mオーバーのGLSより悪い。凝ったメカニズムが多く採用されているディフェンダーだけに、他社のような後輪操舵(4WS)的な機能は備えてほしい

「ボディサイズゆえの駐車場問題は覚悟していたが現実は想像以上に大変。機械式パーキングはまず無理。街のスーパーに気軽に停めるのが難しい場面も。自宅のマンション駐車場は規定上、サイズOKだったが重量NGだった

引用:https://www.car-byebuy.com/

「Aピラーと巨大なドアミラーにより左折時の死角が大きく、タイヤの周辺を確認し辛い。とにかく幅が広いから市街地では思った以上にしんどい」

「バックカメラスペアタイヤが映らないので、ギリギリまで後ろに寄せる時は気を使う。あとサイドステップをつけているが、乗り降りの際に掴むグリップの場所がしっくりこない

「オートブレーキホールドセンターパネルでしかON/OFFが出来ないので、使い勝手がちょっと良くない。嫁のダイハツタフトにもON/OFF専用ボタンがあるのに

「走行モードも含めてタッチパネルでの操作が多く、オジさん世代にはもどかしく感じることもある。ディフェンダーキャラからすれば、合理的で操作しやすい物理スイッチが似合っていると思うのだが

スペアタイヤも加えれば全長5メートル超えを覚悟

やはり何人かのオーナーさん理想現実に少し苦しんでいるようですね。もちろん中にはデカくてなんぼ!と言い切る”なユーザーさんもありますが、日常使いする場合にはボディサイズによるネガを感じることもあるはずです。

特に駐車するときなどに前進バックを繰り返すような場面。3ドアショートボディ90ならいざ知らず、ロングボディ110130だと大変そうなのは容易に想像できます。

引用:https://www.968.ne.jp/

いくらボディが長くともイマドキのクルマですから、バックミラーデジタル式モニターには後方画像表示されるのだから大丈夫なようにも思うのですが、ディフェンダーは背面に巨大なスペアタイヤを背負っています。口コミにもありますが、このスペアタイヤモニター後方画像に映らないため、その分の距離感をつかむのが悩ましいわけです。全長4945mm5ドア110でも、スペアタイヤを勘定に入れると5018mm5メートルを超えてきます。

またデジタルルームミラーに関しても口コミ中に、もう少し低い位置まで映るようにしてほしいという要望がありましたので、実際の使い勝手にそれほど寄与してこない可能性もあるようです。ディフェンダーを乗りこなすには、時間を掛けた相応の慣れも必要となりますね。

「プラパーツの質感がらしくない?」インテリアの不満点はココだ!

エクステリア高い評価を受けるディフェンダーですが、インテリアについては乗車中、常にに触れに触れる箇所でもあるためか口コミ不満も散見されました。

内容を確認していくと各オーナーさん指摘している箇所が概ね共通していることも分かります。以下口コミに上がった意見をご紹介していきます。

「インテリアは一言で言えばチープ。好意的に見ればオフローダーらしく堅実で収納もたくさんあり実用的。それでもあまりにプラスティッキーな内装は、レンジローバーとの血縁を感じさせなさすぎ…やっぱり内装ドイツ車が好みかな

引用:https://www.calwing.com/

「プラパーツクオリティがイマイチ。特にドア腰下パネル裏側にあるクリップ部分が波打っている。価格はそこそこするが、この車をレクサスなど高級車クラスとして検討はできない。ランドローバータタグループなのでインド下請けパーツを多用している?

「ノンレザー新素材アバンテックを使用したレジストシートは柔らかい平板座面サイドサポートもグニャグニャした感じ。そこでオプションレザーシートを選んだが、こちらは表皮固くまた短くて、結局はレカロに替えようかと検討中」

「荷室は思ったよりも狭い。うちはがいるのでオプション鉄格子みたいなやつを付けたが、それのせいもあって大型犬用クレートどころか中型犬用クレートすらに入らない。愛犬家サイズチェック必須かと

「荷室があと少し広いとよかったのに残念。ゴルフバッグ真横で載せられると思っていたが、斜めにしないと収まらない。約2m車幅のクルマ斜め積みになるとは…

「シートにもう少しフィット感あればと感じる。前車(ボルボV90)のシートが非常に良かったこともあるが、乗り替えて初めて腰痛になった。あと家族からはリアシート乗り降りが非常にしづらいと不評」

広大な荷室を有する”ディフェンダー130アウトバウンド”もあり

インテリア評価で目立ったのは質感について。特に樹脂パーツクオリティ車格に見合っていない、あるいは価格に見合っていないというもの。ヘビーデューティークロカンモデルとしては質実剛健を良しとする見方もあると思いますが、2代目となりインテリアデザインモダンになったこともあり、ここはやはり砂漠のロールスロイスレンジローバー”を頂くランドローバーモデルとしては、もう一歩という評価のようです。

引用:https://www.webcg.net/

もう一点、荷室(ランドローバーではロードスペースと呼ぶ)についても、思ったより狭いというが多め。これは特に2代目進化したと同時ボディサイズ拡大されたため、相応に荷室の拡大も期待していた方が多かったもよう。もっともランドローバー荷室の容量を気にする向きには、2516ℓのフレキシブルに使えるロードスペースを持つ”130 アウトバウンド”をご検討下さい、ということでしょうか。

「電装系がウィークポイント??」機能/装備についての不満点はココだ!

車種問わずクルマ全般口コミを見て行くと「不満項目」としてもっともに付くのが装備の有無機能に関する部分。特に輸入車の場合には、右ハンドルに合わせたローカライズもあり国産車より難しい制限などもあるはずです。

もっともランドローバーイギリスのクルマであり、彼の地も右ハンドルなので問題は少ないでしょうか。ちなみにディフェンダースロバキア工場で生産されているためイギリス産とはなりませんが、メーカーは「デザインエンジニアリングに関しては英国製品であることにこだわっている」と語っています。

スポンサーリンク

そうした背景を踏まえた上で、実際ディフェンダーユーザー諸氏からは機能・装備についてのコメントは以下のとおり並びました。

「価格のわりに装備ドイツ車国産車に比べてシンプルオフロードをガンガン走る人には良さそうな装備充実しているが、ラグジュアリー装備快適装備価格ほどには付いていない

「オプションメリディアンオーディオを付けたが今のところ冴えない音エイジングが必要なのか?以前乗っていたマツダ8万円BOSEオーディオの方が今のところ優っていると思う

引用:https://huntersprestige.com/

元々電装系が弱いと言われていたランドローバーだが、今回”Pivi Pro4”と言う新しいインフォテインメントシステムが入り少しは期待したものの相変わらずフリーズしまくりで、リセットしながら使用中

「電気系統が何かと簡素。例えば運転席側助手席電動リクライニングスイッチがない。ランバーサポート調整機能がない、エアコン内蔵カーディフューザーがない、テレビ機能もない

「キーレス範囲に難あり。ドアロック開錠3回1回の割合位で上手くいかない。あとドアがそこそこ大きく重いので、イージードアクローザー全ドアに欲しかった

「モニター(ナビゲーション)が直ぐにフリーズを起こすクソボロな上に、目的地の設定がしにくく、暗い時間帯モニター自車両を把握しにくい。デフォルトナビを使いたくないのでCar Playを利用するが、電源ケーブル有線で繋げる手間が毎度かかることや、メーター周りインフォメーション連動しないことがデメリット」

「車内で”ランドローバー”という単語を喋ると高確率で音声認識されてしまう。そのくせ行き先依頼は何を言っても無反応ベンツMBUX5歳児との会話だとしたら、ランドローバー0歳児BMWが世界トップクラスなら、ランドローバー10年は昔というレベル

「低速走行(時速45km/h)のACC利用中、システム前車の前のクルマを検知していないため、前車が他の車線に移動等したら、突然ビックリするほど加速して何度もヒヤリとした

ランドローバーも?輸入車ナビゲーションのローカライズは雑なのか?

引用:https://www.rockbode.jp/

機能および装備面での不満として口コミ集中していたのはナビゲーション運転支援系に関してでした。

ナビについてはランドローバーに限らず、輸入車では厳しいコメントが多く、フォルクスワーゲンアウディ口コミでもかなりヤリ玉に上げられています。ディフェンダーナビ不満の内容を見るとフリーズブラックアウトが相当数あったので、これは個体差というよりは全体的な問題かも知れません。近頃はイタリア車フランス車のようにデフォルトナビは用意せず、端からApple CarPlayAndroid Autoといったスマホアプリによるナビ優先するケースも増えてきました。であればディフェンダーの場合は有線ではなく、ワイヤレスの接続ができるよう改善してもらいたいところです。

運転支援に関してもディフェンダーの評価は厳しく、ACC制御面やとりわけ車線中央維持する機能がないことが不満を高めています。高額輸入車なだけにメルセデスベンツBMWといったジャーマン勢から乗り換えたもいるようで、それらモデルとの比較落差を際立たせるようです。今後のブラッシュアップに期待です。

「出力十分!では燃費は…」走行性能に関する不満点はココだ!

デビュー後数年の間にバリエーションが拡大したディフェンダーパワーユニットについては3機種を揃えます。人気および販売の中心はマイルドハイブリッド仕様ディーゼルエンジンになりますが、その実力はどう評価されているのか気になります。
もちろん走行性能にはエンジンフィールなど以外に静粛性乗り心地燃費性能なども重要な評価軸。そうした走行面に関する諸々につき、各種サイトでは次のような意見が上げられていました。

引用:https://www.calwing.com/

「不満な点ディーゼルマイルドハイブリッドの組み合わせにも関わらず、今いちな燃費出だしのノロさ。2.4トン躯体を駆るにはやはりトルク不足なのか、登り坂が続くとエンジン回転数が上がりっぱなしで重さを感じてしまう

欲を言えば、出足のもっさり感が何とも。ゼロスタートから3速位まではミッション保護のためか、ロックアップ率が低いのかパワーが逃げている感じ

想像以上に燃費が悪いな。短距離だとかなり大食いで、前車ランクル80ガソリン車とほぼ同じくらい。あと2020年モデルの特徴らしいが、ブレーキの効きがクイック過ぎてびっくりすることがある

「実家への帰省に高速道路を利用するが、ほぼACC使用でのノーアクセルで運転。システム作動中加減速が緩やかではなく、燃費悪化原因になっていると感じる。500kmの走行でACC未使用区間11km/ℓだったが、ACCオンだと9.8km/ℓに低下した

前所有のレンジローバースポーツよりは良いので文句は言えないが、2.0ℓガソリンターボで街乗り5km/ℓ未満、高速道路含む遠出では8km~9km/ℓぐらい

昨年追加されたV8グレードフォード製エンジン古さを感じる。ローバーディーゼルマイルドハイブリッドが良く出来ている分、フォードV8在庫処分で載せたでしょという感じが否めない

クロカンSUVは燃費性能を覚悟しないとダメなのか?

引用:http://blog.livedoor.jp/

エンジンパワー感トルク感については、車重からくる出足の鈍さがいくつか指摘されていましたが、不満が集中していたのは燃費性能に関するもの。ディフェンダーのように車重が軽く2トンを超えるモデルであれば当然と言えば当然の気もしますが、昨今はSUVであっても燃焼効率の良いエンジンや、ハイブリッド機構によって驚きの燃費数値を示すクルマもあります。

ディフェンダーについてはディーゼルにかろうじてマイルドハイブリッドが用意されますが、それは燃費というよりは減速時に失われるエネルギー回収蓄積再利用するためのもの。さらに空気抵抗が高いエクステリアデザインであることも燃費にはマイナスです。

こうなると燃費面ではマイルドハイブリッドに変わる電動化モデル上陸待ちでしょうか。

その他の不満アレコレ集めてみた

大きくは括れない部分にも様々な口コミが集まっていました。主観的なところ、あるいはクルマの個体差などもあり感じ方は人それぞれですが、何点か興味深い内容もありました。

「ボンネットチェッカープレートサイドのエアダクトフェンダーアーチモールヘッドライトトリム取付箇所で、ボディと接触する複数個所に塗装欠けを発見。アルミボディなのですぐに錆が出ることはないが、購入された方は一度確認するべき

年々削られていく標準装備品オプション装備。なのにサーチャージ等の上乗せで価格面上昇中。いくら円安とは言えユーザーに対して配慮を欠く

引用:https://www.webcg.net/

「インポーター対応が悪い。3カ月も後に同じグレードを注文した人が、自分より2カ月早く納車されていた。自分はと言えばモデルイヤー2年分も跨ぐ結果になり、装備が削られた2023年型、通称ハズレイヤーモデルが回ってきた

困っているのは走行中ポーンという通知音がよく鳴ること。ディーラーに聞くと渋滞情報などの通知音らしいが何をやっても消えない。どなたか対処法ご存知ないだろうか

「スピーカーからが出ない、メーター内の一部が表示されなくなるなどのトラブル12カ月に一度は必ず発生する。ローバー電気系統が弱いのを実感」

人気のディフェンダーの次の一手は電動化?

もちろん本稿では意図して不満点を抽出しチェックをしてきましたから、それを持ってディフェンダーのクルマとしての魅力度が低いかといえば決してそうではないでしょう。

ランドローバーでは、ディフェンダーを含めて2020年以降全車種電動パワートレイン設定すると発表しています。

引用:https://autobild.jp/

日本国内販売されているディフェンダーにも、ディーゼルエンジン搭載モデルマイルドハイブリッド仕様が用意されます。ですが本国ではディフェンダー110シリーズへ”P400e”というプラグインハイブリッドモデル設定があります。

P400eは最高出力300PS2.0ℓ直4ガソリンエンジン143PSモーターを組み合わせ、システム出力404PSパワーを引き出しながら、その燃費欧州複合モード30.3km/ℓを達成します。また、EVモードでは最大43kmゼロエミッション走行も可能といい、これなら前々項の走行性能口コミで上がっていた燃費の不満も一気に解決しそうです。

今のところランドローバージャパンからは具体的なP400e輸入計画はオープンにされていませんが、ロングライフが約束されているディフェンダーのこと。ここは気長に待つしかありませんね。

引用:https://www.gqjapan.jp/

以上、ランドローバー・ディフェンダー不満点をいくつか検証してみました。

この記事を読んでくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうすれば一番お得な値引き交渉ができるか、次の記事でぜひチェックしてみてください。

>>ディフェンダーの値引き相場レポート!

ディフェンダーをお得に購入するには下取り車を高く売ることがカギ

新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

愛車の査定相場を知っておくためには「ナビクル車査定」が最適。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽ナビクル車査定の公式サイトはコチラ▽

 

 

スポンサーリンク

メニュー