クルドラ

ジープラングラーのおすすめオプションはどれ?ワイルドSUVに絶対選んでおくべきはコレ!

2021年自動車業界ビッグニュースの中に必ず入りそうな話題が、多国籍自動車メーカーステランティスN.V.」の設立でしょう。

フランスの自動車メーカー:グループPSAイタリアの自動車メーカー:FCA(フィアットクライスラーオートモービルズ)が折半出資で合併し本年1月に発足しました。ステランティスにはアルファロメオ、クライスラー、シトロエン、プジョー、マセラティ、オペルなど14のブランドが集い世界第4位自動車メーカーが誕生、FCAの傘下にあったジープも当然ステランティスの一員となりました。

近年SUVジャンルの活況により、日本市場でもジープブランド人気が高まりを見せ、ここ10年以上右肩上がりの実績が続いています。そしてコロナ禍で苦戦するメーカーも多かった2020年国内過去最高となる13,588台販売台数を記録しました。

販売の主役になるのがラングラーです。足元では今年3月1,123台販売を記録し、ラングラー単独で月間1,000台初めて超えることになりました。

今回のクルドラでは、ジープブランドの””として勢いにのるラングラーを実際に購入する際、必ず役立つおすすめオプションをご紹介していきます。

引用:https://www.webcg.net/

ラングラーってこんなクルマ

ジープは第二次世界大戦中にアメリカ陸軍の要請により開発が着手され、1941年から実戦投入された小型四輪駆動車ウィリスがその元祖です。従って2021年ジープの誕生から80周年に当たります。

引用:https://www.tigerauto.com/

今やいくつもの車種を持つジープブランドですが、ジープと聞いて一番イメージしやすいルックスを現代に継承しているモデルがラングラーでしょう。

ラングラー1987年初代モデルが登場し、現行型4代目になりますが、そのエクステリアはほとんど不変とも言えるほどキープされていて、よほど詳しい方でないと歴代モデル違いもわからないかも知れません。しかしそれこそがラングラー価値を高め、他に代えがたいモデルとして強力な存在感を発揮します。

但し、中身の方は着実にアップデートが重ねられていて、2018年登場の現行4代目歴代モデルとしては初めてフルタイム4WDが採用され、大排気量一辺倒だったパワーユニットも新たに2.0ℓ直列4気筒直噴ターボエンジンを用意。ボディ素材にアルミマグネシウムを用いる軽量化と併せ、現代的に環境性能向上も目指されました。

引用:https://motor-fan.jp/

さらに衝突被害軽減ブレーキ全車速追従式ACC(アダプティブクルーズコントロール)などの安全運転支援機能の充実、ラングラー初のヘッドライト、フォグ、テールランプ等の全LED化など、最新モデルらしいアプローチも忘れていません。

ラングラーにメーカーオプションはあるの?

ラングラーボディ形状エンジンによって、3グレード5種類国内ラインナップされていますが、どのモデルにもメーカーオプションの設定はありません。

これはいかにジープ販売実績が伸びていても、ディーラーの絶対数等の違いから国産車ジャーマンブランドほどの台数は期待できないため、ある程度仕様を定めたグレードに絞って輸入せざるを得ないのでしょう。

本来的には本国アメリカのように、好みのグレードに好みのオプションを追加していくスタイルが理想ですが輸入車としてコストを勘案するとそうもいきません。

従ってラングラー装備差を検討し、必要な装備があるならばメーカーオプションを選ぶがごとく、グレード選択することになります。

ではここでグレード違いによる装備の差を見ておきましょう。

2ドアも選べるベーシックモデル”スポーツ”

ラインナップ中、もっともベーシックグレードにあたるのが「スポーツ」です。スポーツの一番のポイントは唯一2ドアモデルを選べることです。

引用:https://www.tigerauto.com/

軍用車両まで遡りルーツを見れば、2ドアジープあるいはラングラーのオリジンだとも言えますね。しかし現在の主流は”アンリミテッド”というサブネームを持つ4ドアモデルであり、2ドアスポーツ受注生産扱いとなっています。

スポーツの装備は2ドアでもアンリミテッドでもはほとんどなく、ライト類はフルLED本革ステアリング、7インチタッチパネルスクリーン、オートエアコン、サイドエアバッグ、ACCブラインドスポットモニター、パーキングアシスト、17インチアルミ等々ベーシックグレードとはいえフル装備とも言える内容です。

引用:https://autoc-one.jp/

グッドルッキングな都会派モデル”サハラ”

サハラ」のポイントは、2.0ℓ直4ターボエンジン3.6ℓV6エンジンが揃うことです。ラングラーのラインナップを見れば主力エンジンは3.6ℓV6の方ですが、前段にあるとおり新投入2.0ℓエンジンターボで武装し、最高出力は若干劣るものの最大トルク3.6ℓを上回ります。もちろん燃費も良ければ、税金も安い魅力的なユニットです。

大排気量アメ車の気分ですが、選択肢があるのは嬉しいですね。

さて、ベーシックグレードスポーツに対して、上級グレードサハラは以下のとおり数多くの装備が追加になります。

引用:https://themotorbrothers.com/

装備的に大きな変更では、レザーシート8.4インチモニター。エクステリアだとボディ同色オーバーフェンダーハードトップ18インチタイヤアルミといったところでしょうか。

ボディ同色パーツと大画面ナビでプレミアム感アップ

スポーツとのを感じさせるところでは、いかにもオフローダー的な絶壁インパネに収まるタッチパネル大型化7インチと並べると一目瞭然ですが数値以上見やすさに違いが出ます。インフォ系情報を得るため、大きく見やすいに越したことはありません。また、単に画面サイズだけの違いではなく、サハラにはナビゲーションシステム12セグ地デジチューナーセットになっています。

Apple CarPlayAndroid Autoミラーリングで地図アプリを使うこともできますが、専用ナビシステムは機能がより高度電波受信状況に左右されないところは魅力。

引用:https://engineweb.jp/

ボディ同色のエクステリアもサハラの美点で、良し悪しは別にしてクロカン的野暮さが薄まり都市の景観に馴染み、大径アルミホイールも相まってライバルのハイクラスSUVにも見劣りしない存在感があります。

これら装備のうちオプション設定されていても絶対付けたい、と思うものがあるならサハラを選ぶしかありません。まぁありがちですが、ボディ色フェンダーは欲しいけど本革シートは要らんのに、、という方もいるでしょうね。

価格差装備内容からすると致し方なしですが、60万円と大きく悩ましいところです。

悪路に挑むフラッグシップモデル”ルビコン”

もう一つのグレードルビコン」は、基本サハラをベースにしながらも本格的オフロード走破性を備えた尖ったモデルです。

引用:https://www.webcg.net/

特に大きな違いが駆動システム4WDである点は他のグレード同様ですが、ロックトラック4×4システムという特殊な4WDシステムが備わっています。ロックトラック4×4システムとは、基本のフルタイム4×4システムをベースにギア比4:1低レンジ化させてオフロードの走破性を引き上げたものです。

4代目ラングラーは辛口が控えめとなり、家族ドライブも楽しめる優しいクルマになったと言われていますが、その本質にはフツーのクルマではたどり着けないような極地へ赴き、自然と対峙できる強靭な走破性にあります。

スパイシーな専用装備でオフローダーの面目躍如

その矜持をストレートに伝えるのがルビコンです。メカニズム面以外でも専用17インチアルミホイールマッド&テレインタイヤフロントグリル、「RUBICON」ロゴ入りレザーシートボンネットデカールなどの装備が加わります。逆にタイヤのインチダウンもそうですが、フェンダーハードトップはカラー仕上げからスポーツと同様の黒樹脂になっていて、ここはグレードキャラクターを意識しての意匠変更でしょう。

引用:https://www.goodspress.jp/

サハラとの価格差39万円。これまた安くないですが、ジープならではの悪路走破性能が凝縮されたルビコンを気になる方も多いはずです。

ディーラーオプションはベーシックなラインナップ

FCAグループ純正アクセサリーを「Mopar®」(モパー)というブランドで展開しており、車種ごとの専用アクセサリーグッズを製造しています。

スポンサーリンク

ジープブランドに関しても国産車によく見られる派手なエアロパーツの類いはありませんが、ベーシックなフロアマットやサイドバイザー、マッドガードなど機能性商品を中心とした品揃えです。

ラングラー乗りならまずはコレから

4代目ラングラーが幾分マイルドなキャラクターになったとはいえ、そこは軍用車をルーツに持つジープ。普通のクルマとは違うワイルドな面があります。
代表的なところで言えば、乗り込んで天井を見上げればすぐ分かりますが”内張り的なものがありません。ルーフむき出しになっているような感じで、当然触れば真夏はやけどしそうな熱さであり、真冬を触っているような感触です。

まぁ見た目は野趣あふれる感じでカッコいいのですが、室温調整に難儀しそうです。そんな状況を改善してくれる純正アクセサリーヘッドライナーです。

引用:https://www.djrkmrym.com/

2列目上部やカーゴエリア上部、クォーターガラス周囲など全9点セットになっていて、装着はマジックテープなので簡単です。優れた断熱効果で車内の温度変化を抑制し、さらに走行中の風切り音も低減するため遮音にも有効。ガチで実用性の高いアイテムであり、寒い地域のディーラーでは必ずおすすめしているようです。

また、今年3月に発売となった特別仕様車アンリミテッドスポーツアルティテュード(限定300台)には、このオプション標準で装着されていますよ。

クロカンらしいサイドビューをアピール

こちらもラングラーならではの実用品となるチューブステップおすすめです。言うまでもなくラングラー車高が高いクルマです。本格クロカンなので最低地上高200mmあるのは当然として、前席シート高895mm!、後席に至っては925mm!!もあり乗降性はかなり厳しい部類。当然標準ステップが付いているのですが、このマストアイテムが何とも味気ない造形。

引用:https://sapporohigashi.jeep-dealer.jp/

純正アクセサリーチューブステップは、表面に成形された凸凹スリップ防止し、安全性を高める効果は元より、デザイン性が高くサイドビューにSUVらしい力強さが加わります。画像を比べると違いは一目瞭然ですね。

小技の効いたドレスアップで個性を

ラングラーにはエアロパーツスポイラーといった系統のアイテムはありませんが、ドレスアップ用品がないわけではありません。例えばフードデカールサイドストライプなどのステッカーチューンもアメ車っぽい雰囲気を醸し出します。また、実用品でもありますがエアディフレクターなどは、フロントマスクにアクセントを与え個性的ドレスアップ効果も得られます。

引用:http://www.chukyo-chrysler.co.jp/

特におすすめフューエルフィラーカバーラングラーガソリン給油口がエクステリアにむき出しになっているので、交換すればドレスアップ効果は高めです。カラーはクロームブラックがあり、この設定は前項のチューブステップと重なっていて、ここをコーディネートしてチョイスすればオシャレ度もアップします。

レジャーに行くなら持ちたい便利アイテム

珍しいアイテムがボーンバーです。アウトドア系趣味を持たない人だと、あまり見かけないアクセサリーかも知れませんが、硬質なステンレス素材ウイリスジープのシルエットを刻印した質感の高さを感じるアイテム。パッと見ただけでは使用方法もわかりませんでしたが、画像の通り車内で休憩する際にこのボーンバーを使用してリアゲート半開きで固定しておけば、ウィンドウだけの時よりも効率的に換気できます。

また、アイデアなのがドリンクの栓抜きとしても使用できるように設計してあるため、アウトドアシーンでのキャンプなどでも重宝しそうです。

SUV定番のルーフ系収納はこの二つ

SUVモデル純正アクセサリーで必ず掲載されているアイテムにルーフボックスがありますが、ラングラーのカタログには入っていません。

おそらく社外品ではいくつも販売されていると思われますが、純正アクセサリーとしてはTHULEルーフボックスソフトルーフバスケットバスケットネットが用意されています。前者はソフト素材ながら悪天候でも使える防水仕様。未使用時には丸めて専用バッグにしまいラゲッジルームに収納しておくこともできます。
後者はスパルタンなラングラーの造形によく似合うスタイリッシュバスケット。キャンプなどに行く際に、車内に積みきれない大きさ・量のかさばるグッズや、終わった後に汚れた荷物なども気軽にたくさん積み込めそうで便利。

引用:https://jeepstyle.jp/

ルーフボックスのように積み込んだ後、フタ閉まるかなどを気にしなくて済みそうですが、積載時には荷物をしっかりと固定するバスケットネットを必ず同時に使用する必要があります。

ドラレコは純正品がお買い得か?

今やクルマの必需品となったドライブレコーダーですが、ラングラーのオプションカタログにも用意されています。

モデル名「DR-SJP1」はWi-Fi専用アプリによりスマホ連携することが前提のモデルで、本体に液晶画面などがない分、小型化され装着時もスマートです。リアカメラフルHD画質STARVISイメージセンサーで夜間録画も鮮明、駐車中の監視機能対応などスペック表を読む限りDR-SPJ1は現行のドラレコマーケットの中ではアッパーミドルクラスの機能を有しています。

引用:https://carview.yahoo.co.jp/

ちなみにこちらの元の製品は、韓国BLACKVUE社が販売するDR590W-2CHという機種です。同社の製品群の中ではいくつかの機能を省いた廉価版という位置づけで、Amazonでは33,900円で売っていました。Jeepロゴが無くても気にならない方なら、半値近いのでポチる方がお得ですね。

追い風を受け特別仕様車が目白押し

最後にラングラー特別仕様車をご紹介しておきましょう。FCAジャパンではメーカーオプションを設定できない代わりなのか、特別装備を付加した限定車ジープ各モデルへ定期的に投入しています。
特にラングラーは今、追い風が吹いている状況なので矢継ぎ早に特別仕様車を送り込んでいます。

2021年に入ってからだけでもわずか5カ月で「80thアニバーサリーエディション」「アンリミテッドスポーツ・アルティテュード」「アンリミテッド・アイランダー」「アンリミテッドサハラ・スカイワンタッチパワートップ」と並びます。

記念すべき年に特別なラングラーが発売

これらの中から今年ジープ生誕80周年を記念した80thアニバーサリーエディションをご紹介。こちらはラングラー以外にもチェロキーレネゲードに同様のモデルが用意されていますが、全車共通のポイントはファン人気投票により決定された特別なボディーカラーの採用、専用エクステリアバッジグラナイトアクセント付きアルミホイール、”ウィリスMBモチーフタグ付きレザーシート80th Anniv.タグ付きフロアマットが標準となります。

引用:https://www.tigerauto.com/

ラングラー独自の仕様は、ベースになるのがフル装備サハラグレードで、外装にダークグレーアクセント入りのフロントグリルヘッドランプベゼルを採用した他、80th Anniv.スイングゲートプレートグレー/ブラックカラーJeepバッジ並びにTrail Ratedバッジを装着。インテリアにも80th Anniv.センターコンソールバッジが備わります。

特別装備も魅力ですが、通常カタログモデルだとサハラ4ドアアンリミテッドにしかないグレードなところ、この限定車では2ドアも用意されています。2ドアサハラ現行車では今回が初登場、気になる方は台数限定ですからディーラーへお急ぎください。

引用:https://www.webcg.net/

以上、ジープラングラーおすすめオプションをご紹介しました。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>ラングラーの値引き相場レポート!

ラングラーを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

 

新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「ナビクル車査定」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽ナビクル車査定の公式サイトはコチラ▽

 

スポンサーリンク

メニュー