クルドラ

フレアワゴンの値引き相場レポート【2023年2月最新・どこよりも詳しいグレード別】実販売データから合格ラインを算出

最終更新日 2023/1/31


スーパーハイト系軽ワゴン”ビッグ3“の一角をなすスズキスペーシア。そのマツダ版OEM車が「フレアワゴン」です。そんなフレアワゴンの購入を考えている方が、一番気になっているのがどのくらい値引きが可能なのかだと思います。そこで・・・

この記事を読めばわかること

  1. フレアワゴンの値引き交渉の効率的なやり方
  2. オプション値引きとオマケゲットの方法
  3. ライバル車競合ならN-BOX、タントが効果的
  4. フレアワゴン同士を競合させるコツ
  5. フレアワゴンの魅力はココだ!

特にこの辺りの情報を包み隠さずご紹介します!

どうしてこんな普通はわからないようなリアルな情報を書けるかいうとそれには理由があって…

管理人
実は管理人の友達がマツダのディーラーに勤めているので現場のリアルな情報が入ってきます。

このページは最新値引き情報とフレアワゴンのおすすめポイントだけにフォーカスしていますので最後まで見ていただけると嬉しいです!

値引きの相場・限界は?【2023年2月最新】

フレアワゴンの値引き相場はズバリ

交渉のレベル車両本体OP値引き
限界まで値引き交渉18万15%
ライバル車を出して交渉15万10%
特に交渉なし6~8万0~5%

が合格目標。

値引き難易度:普通

「異資本のマツダ店同士の競合が効いた」

「タントと競合させると値引きが増えた」

などの口コミが上がってきています。

ちなみにこの目標金額は、月間自家用車、情報誌グーネット、ベストカー、オートックワン、価格.com、みんカラ、管理人独自の聞き取りなどから値引き額の上位30%の平均で出しています。

もちろんグレードやオプションによっても差が出ますし、値引きが目標に届かない場合もありますので、その時は他のサービスを付けてもらうなどで頑張りましょう。

グレード(タイプ)別の値引き相場

グレード駆動車両価格
(税込み)
値引き相場
(オプション含まず)
HYBRID XG2WD1,394,800〜14万円
4WD1,518,000〜15万円
HYBRID XS2WD1,533,400〜15万円
4WD1,656,600〜16万円
タフスタイル HYBRID XS2WD1,725,900〜17万円
4WD1,845,800〜18万円
タフスタイル HYBRID XT2WD1,855,700〜18万円
4WD1,975,600〜20万円
カスタムスタイル HYBRID XG2WD1,663,200〜16万円
4WD1,786,400〜17万円
カスタムスタイル HYBRID XS2WD1,811,700〜18万円
4WD1,934,900〜19万円
カスタムスタイル HYBRID XT2WD1,936,000〜19万円
4WD2,059,200〜20万円

ライバル車種と競合させるのが基本

ライバル車種との競合値引きを引き出すのには、軽ビッグ3のN-BOXタントスペーシアなどが効果的。

特にスペーシアは当然同じクルマなので、好みや性能に優劣はないため価格勝負で検討できます。OEMなためフレアワゴンの実績データは極端に少ないですが、口コミ等ではスズキよりマツダの方が条件が良いという報告もありました。

ライバル車を出すことにより競争意識を煽りどちらにするか本気で悩んでいると思わせられれば、気を変えさせるためにさらなる値引きを引き出せる場合もあります。参考に次記事も読んでみてくださいね。

購入者の声

「旦那に値引き交渉を任せて良かったです」
奈良県 30代 女性
購入したグレード:HYBRID XG
値引き額:10万円
サービス:インパネアッパーボックスパネル、ウインドースイッチガーニッシュ
感想:日ごろの買い物と子供の習い事の送迎用にセカンドカーとして購入を検討していました。
値引きの交渉とかは自分では全然できないので全部旦那に任せました。
タントスペーシアと購入を迷っているふりをして値引きを引き出した旦那がいつもよりも頼もしくみえました。
私の希望で付けたかったインパネアッパーボックスパネルウインドースイッチガーニッシュサービスで付けてもらえるなんて何事も交渉次第なんだなとビックリしました。

フレアワゴン同士を競合させれば大幅値引きも

ライバル車による競合でうまくいかなかったときは、経営資本の異なるマツダ店同士競わせる方法も有力です。

フレアワゴン全マツダ店で扱われていて、㈱〇〇マツダ〇〇部分が少しでも違うところが別資本=別会社です。その複数店舗を回り他店ではここまで値引きしてくれたよということを伝えればさらに条件が良くなることも期待できます。

近所に知っているお店がなければ、マツダ公式サイトから店舗が検索できます。

⇒ http://www.mazda.co.jp/purchase/dealer/?prefecture=14

例えば神奈川県で検索すると下のような画像が出てきます。

少し見づらいですが、画像には全部で6つディーラー名が出ています。このうち赤マルの3つの店舗社名に注目してください。ココが違うところが経営資本が異なる店舗になります。は全て湘南マツダ同系列ですから値引き枠の設定は同じと予想できます。でも、会社が変わりますから違う枠が設定されている可能性です。

管理人
手間も掛かりますが多くの店舗を回ることで、中には販売ノルマ未達のディーラー営業マンに遭遇するときもあります。

そのときは鼻血が出るくらいがんばって値引いてくれますのでかなりお得な買い物ができますよ。

値引きに満足できないときはサブディーラーという手も

ライバル車別資本同士競合でも満足できる値引きを得られなかったときは、サブディーラーを当たるのも一つの方法です。

サブディーラーとは新車販売も手掛けている自動車整備工場中古車販売店のことです。表の看板に「新車・中古車販売」「全メーカー取り扱い」などと書かれていたらソコです。
特にマツダはかつて業販(業者販売の略)も多かったため、サブディーラーでの取り扱いが多いメーカーのひとつでした。店舗や社名に「オートザム」とあるのは、地域にもよりますがサブディーラーに近いお店です。

サブディーラーを簡単に見つけるには中古車販売サイトで、探している車種の「走行距離0~1,000km」「住んでいる地域」を入力し検索してみてください。
新車がヒットすれば、その店舗はサブディーラーとして新車販売もしているということです。

メリットデメリット正規ディーラーとの違いなどは「サブディーラーでも新車はオトクに買えるのか」で解説していますのでぜひチェックしてくださいね。

オプション値引きはマスト

オプションからの値引き車両本体値引き同様、大切なポイント
フレアワゴンの場合は選択用品価格概ね20%程度目標に交渉しましょう。

また、契約直前だけに通用するやり方ですが、このオプションをサービスで付けてくれたら契約するよと言えば、ちょっとしたオプションなら付けてもらえることも。

具体的には

・フロアマット(カジュアル)
・ナンバープレートリム
・ルームランプバルブ
・ルームミラーカバー
・シートバックポケット
・インパネボックストレー
・ラゲッジボード
・アームレストボックストレイ

などがねらい目です。

もちろんサービスなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙うこと。具体的には取付工賃がかからないものを選ぶのがポイント

また、ハンコ印鑑証明を用意しておくなどして本気度アピールしましょう。

細かいサービスのオマケをお願いする

思うように値引きが引き出せなかった場合でも、契約直前が一番ワガママを聞いてくれるタイミングですから、

  • ・総支払金額からの端数切捨て
  • ・ボディーコーティング・メンテナンスパック
  • ・登録手数料のサービス・半額
  • ・納車時ガソリン満タン
  • ・ローンを組むなら金利の引き下げ


などはオマケでお願いするのを忘れないようにしましょう。



特にコーティングは、もともと半分がディーラーの利益なこと、納車前の汚れを落とさなくてよくなるのでサービスしてもらいやすいです。

また、任意保険の加入・切り替えの時期が近いなら、新車購入時にそのディーラーで加入することで、営業マンの成績アップになるので、その分値引きを上乗せしてもらえることもあります。

 

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロ

黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。

ですのでおすすめのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。

予算は○○万円なので、これ以上は1円も出せません。オプション品込みでこの予算内に収まるなら即決するよなどと勝負を賭ける方法もあります。

ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。

値引きのセオリー、セール・決算期を狙う

車検等に余裕があるなら、いっそ腰を落ち着けて期末セール在庫一掃的なフェアに合わせて値引きを狙う方法もあります。

■中間の決算期(8月下旬~9月末)
■年度末の決算期(1月3月
■夏のボーナス時期の6月7月
■冬ボーナス&年末商戦期の12月

上記のようなタイミングを見計らって値引き交渉してみてもいいかもしれません。

今は買っても良いタイミング


フレアワゴンは21年末にマイナーチェンジしたばかり。しばらくは現状のままで販売が続くため、値引きの金額もあまり大きくは動きません。

もうちょっと待てばさらに安く買えていたのに…

といった心配もありませんので今買ってもOKです。

納期は可もなく不可もなく

1~4か月といった納期。現在の半導体不足工場操業の状況を考えると悪くない方だと言えますが、今のようなご時世ではいつ何時、突然状況が変わることもあると考えておきましょう。

スポンサーリンク

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!


ディーラーイメージ
新しく車を買うときにはその販売店で今の愛車を下取りに出すことが一般的です。購入と売却をワンセットで行えるので手間もかからずにお得な気もしますが・・・

管理人
実はディーラー査定は安いことが多いってご存知でしたか?

理由は簡単。競合がいないからです。

なのでこの下取りで損をしている人がめちゃくちゃ多いんです。


営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です


管理人
と言われてもその金額が妥当なのか、安いのかプロでもないのにわかりませんよね。


しかし営業マンに言われるがままでは損をしてしまうことも…

下取り額を大幅にアップさせる方法


査定額イメージ図
同じ車でもどこに売るかで査定額は変わります。

下取りに出すときに損をすることなく、むしろ下取り額アップに成功した人に話を聞くとある共通点がありました!

答えは簡単です。複数の車買取店を競合させて愛車の買い取り相場を知っておく。

そうすればその査定額をディーラーにバシッと言うだけであっさり下取り額がアップします。

営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です(この金額で収まれば何十万と儲かるな)


あなた
他の買取店で90万円の査定をしてもらってます。これが見積書です。


営業マン
汗汗。では下取り100万でいかがでしょうか?


あなた
OKです。よし!やった!


これはうまくはまったパターンですが、もしダメでもその時は買取店で売ればいいだけの話なのであなたに損は全くありません。

しかし一軒一軒買取店を回るのは手間も時間もかかりすぎます。

そんなときに便利なのが一括査定サイト。複数の買取業者に出張査定してもらえるサービスです。

管理人
管理人がリサーチした結果、圧倒的に利用者が多かったのはナビクル車査定(無料)です


ナビクル車査定が選ばれている理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・最大10社の買取店から最高査定額を選べる
・東証一部上場企業グループが運営
・電話がかかってくるのが面倒な人はメールだけで対応可能

↓ナビクル車査定の公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
※査定額だけ確認してすぐに売らなくてもOKですよ!
管理人
無料の一括査定サービスを知らなかったがために、下取りで安く買いたたかれて 「あのとき買い取り査定しておけば・・・」 と後悔している人は多いです。 やったもん勝ちで、100%損をすることのないサービスですのでぜひ活用してください

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「ナビクルって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・中間コストがない直接取引
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)に査定を申し込む↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

フレアワゴンの魅力はココだ!

引用:http://park7.wakwak.com/

フレアワゴン全高1700mmを超えるスーパーハイト系モデル「スズキスペーシア」のOEM車で、現行モデルは3代目に当たります。2012年発売の初代フレアワゴンスズキパレットがベースでしたが、パレットスペーシアへと変わったことで2代目3代目共にスペーシアがベースとなっています。

ベースと言っても実際は完全に同じクルマで、かつてのOEM車のようにフロントバンパーグリル変更するといった差別化はされておらず、基本スズキのバッジがマツダに変わっているだけです(唯一、フレアワゴンホイールカバーのみ専用品)。

従ってフレアワゴンの変遷はそのままスペーシアのそれと重なります。

個性的な選べる3つのエクステリアデザイン

フレアワゴン車種展開は、ノーマルスペーシアに当たるのが「フレアワゴン」。スペーシアカスタムに当たるのが「フレアワゴンカスタムスタイル」、スペーシアギアに当たるのが「フレアワゴンタフスタイル」になっています。

引用:https://motors.toho-co.com/

フレアワゴンの基本デザインモチーフは「スーツケース」。箱っぽいシルエットですが、をまるめて親しみやすさを訴求。平坦なボディパネルに入るビード(断面が円弧形をしている箇所)が、リモアゼロハリバートンを思わせるスーツケース風に見せています。

カスタムスタイルは大胆なフロントマスクが特徴。ノーマル系に対してバンパーグリル、さらにボンネットフードフェンダーまで別物にされているため、並べて真正面から眺めるととても同じクルマには見えません。

タフスタイルSUVテイストを強調したモデルで、丸型ヘッドライトに前後の大型バンパールーフレールガーニッシュなど専用パーツを装備。但し、あくまで雰囲気重視のモデルであり基本ディメンションはノーマル車と同じで、最低地上高前後アングルにも変更はないため本格的な悪路走破性等は備えていません。

インテリアはマテリアルカラーの違いなどあれ、基本3タイプとも同意匠ですが、タフスタイル撥水加工シート防汚タイプラゲッジフロアなど、アウトドアレジャーを意識した内容になっています。

先進安全装備は最新のスズキセーフティサポートになっているため被害軽減ブレーキ誤発進抑制機能ハイビームアシストなど一通り網羅されており、ボトムグレードを除いて全車速対応ACC(アダプティブクルーズコントロール)も装備されています。

21年末のマイナーチェンジでブラッシュアップ

3タイプとも最新モデル2021年末スペーシアマイナーチェンジに合わせた内容で変更を受けています。
フレアワゴンフロントグリルが水平基調のメッキ仕様へ変わり、カスタムスタイルフロントグリルは、まるでアルファードを思わせるようなフルメッキ仕様の派手な意匠に。タフスタイルはエクステリアデザインに変更はないものの、アルミホイールのデザインが変わりました。

インテリアについてはカスタムスタイルタフスタイルのインパネカラーパネルやシートなどのアクセント色が変更された他、カメラが左右の区画線を読み取り、システムが車線逸脱の可能性が高いと判断した際、ステアリング操作をアシストして車両を車線内側に戻すよう支援する車線逸脱抑制機能標準装備されました(フレアワゴンのみメーカーオプション)。

フレアワゴンのグレードと価格

最新フレアワゴングレード価格は以下のとおり。OEM車ですがバリエーション展開は本家スペーシアと同じで、フレアワゴンタフスタイル2グレードカスタムスタイル3グレードが設定されています。
但し、ボディカラーの設定数はスペーシア半分程度になります。

エンジンはカスタムスタイルタフスタイルにはターボ仕様もあります。また、全車マイルドハイブリッドシステムが搭載されていて、低燃費に寄与する他、発進時にはISG(モーター機能付き発電機)のアシストも得られます。

おすすめモデルは旬なルックのタフスタイル

3つボディタイプを擁するフレアワゴンシリーズですが、その中からオススメのモデルをピックアップするなら”タフスタイル”がイチ推しです。

流行りのSUVテイストでまとめているルックスは、他スーパーハイト系ライバルにはないものであり強い個性が感じられます。
これはフレアワゴンの母体となるスペーシアの話になりますが、22年5月軽自動車販売台数においてスペーシア首位となりました。軽自動車NO.1と言えば長らくホンダN-BOX一人勝ち状態が続いてきましたが、ついに今年5月、わずか39台差で悲願の月間第一位を奪取したわけです。

そんなスペーシアシリーズ全体の販売のうち4割を占めているのがスペーシアギアで、販売台数全体引き上げに大きく貢献していることがわかります。

引用:https://www.kubo-car.co.jp/

一時期よりミニバンから変わってSUVがブームと呼ばれ始めましたが、今やブームではなく人気セグメントとして確立された感もあります。スーパーハイト系軽ジャンルでは、現在唯一のSUVライクスペーシアギア。そのマツダ版に当たるフレアワゴンでも同様にタフスタイルがもっとも旬な選択でしょう。

フレアワゴンでのデータは少ないですが、スペーシアを見ればリセールバリューで最も残価率が高いのはスペーシアギアですから、タフスタイルでも同じ結果が期待できます。

ナビはディーラーオプションをオススメする理由

フレアワゴンシリーズにはどのタイプにも標準設定メーカーオプションナビゲーションオーディオはないため、すべてディーラーオプションから選ぶことになります。

そうなるとディーラーオプション品よりも安い価格で手に入る社外品のナビに行きたくなるところですが、ここは純正ナビオススメです。

引用:https://minkara.carview.co.jp/

大きな理由はフレアワゴン各タイプに標準メーカーオプションで備わる「全方位モニター用カメラ」に対応しているためです。
このカメラに対応するナビを取り付ければクルマの前後左右4つカメラを使い、様々な映像などをモニターに映し出すことができます。

全方位モニターにすれば使える機能が盛りだくさん

前後カメラにより、見通しの悪い場所人などが近づいてくるとお知らせする「左右確認サポート機能」、狭い道でのすれ違い死角を減らし、壁や対向車との接触防止をサポートする「すれ違い支援機能」、目視が難しいエリアの周辺確認をサポートする「3Dビュー表示」など、純正ナビなら便利な機能が使用可能となります。

これらの機能を使わない手はありませんので、ぜひ純正ナビからチョイスしましょう。

全方位モニター対応ナビ8インチ7インチがありますが、オススメは断然8インチナビモニター大画面化はかなり進んでいて登録車なら12インチ10インチ軽自動車でも9インチがあるご時世なので、8インチでも決して大き過ぎるということはありません。

価格差26000円ほどなので、最初は7インチで見積りを取り、商談大詰めに8インチへの変更サービスでお願いするという戦法も”アリ”でしょうね。

フレアワゴンとスペーシアならどっち?

フレアワゴンと本家のスペーシアならどっちがいいか?と考える方もいるでしょう。もちろんクルマとしてはエクテリアインテリアパワーユニットも前述のとおり全く同じですが、実は昨年暮れのマイチェン時に少し違いが生じました。

それが”スズキコネクト対応機能”です。

トヨタから始まったクルマとネット経由でつながるコネクテッド機能は各社独自に展開していて、スズキでもようやくスペーシアマイチェンからスタートしました。
24時間オペレーター対応スマホでのリモート操作など、内容は他社と似たものになっていますが、さすがにこの機能フレアワゴンには省かれています。マツダはマツダでコネクトサービス展開していますが、スズキOEM車へは繋げられないため、フレアワゴンではどちらのコネクト機能も使えない結果に。

このあたりに拘りがあるかないかで、どちらのクルマを選ぶかの分かれ目になりそうですね。

以上、フレアワゴン値引き相場レポートをお届けしました。

引用:http://park7.wakwak.com/

スポンサーリンク

メニュー