クルドラ

車を売るのに実印や印鑑証明書がいる?必要書類などをまとめてみた

車を売るのには実印や印鑑証明書が必要なの?

車の査定をしてもらい、いよいよ売却するときになって必要な書類が無いと困りますよね。

手続きのためにはどんな書類をそろえればいいのでしょうか?

結論から言うと、軽自動車以外の普通の自動車の売却をするときは「実印」が必要です。

実印が本物であることを証明するための書類、「印鑑証明書」も必要になります。

 

印鑑証明書の有効期限は3ヶ月以内

あらかじめ用意しておく必要がある印鑑証明書ですが、これはいつの取得したものでも良いわけではありません。

発行から3ヶ月以内のものと決まっています。

これは住民票などほかの公的書類全般に言えることなのでなるべく覚えておいてください。

 

車の売却が決まってから新しいものを役所に取りに行く場合は問題ありませんが、以前取ったものを再利用する場合は3か月経過しているものは使えませんので注意してください。

実印とは

 

実印は、重要な契約や取引をするときに大切な役割を果たすハンコです。

印鑑の中でも市区町村の役所で印鑑登録を済ませた、法的な効力を持つハンコをいい、「あなた自身が自分の意志で決定した」ことを証明する役割を果たします。

車の売却に実印が必要な理由

なぜ車の売却のときに実印が必要かというと、委任状、譲渡証明書に押印しなくてはいけないからです。

また車売却の場においても例外なく印鑑は必要となり、「ここに実印を押してください」と言われることも多々あります。

委任状や譲渡証明書はだいたい買取業者が書面を用意してきて、車を売却する側は捺印するだけですので、車売却に合わせて用意する必要のある書類というと、実質この印鑑証明のみが該当します。

軽自動車の場合

登録自動車(普通の自動車)では車売却に伴う名義変更で実印が必要になりますが、軽自動車ではそのあたりの手続きが大幅に簡略化されています。

実印でなくとも認印でよく、必然的に印鑑証明も不要です。

また、譲渡証明書も必要なく、委任状が申請依頼書という形になっており、必要書類の枚数が少なくなっています。

スポンサーリンク

軽自動車の売却に実印などが不要な理由

ちょっと難しい話になりますが、普通車の売買時には「動産」として国土交通省にて登録・抹消する必要がありますが、軽自動車はこれが無いためです。
「軽自動車検査協会」に届け出をするだけで事足ります。

この届け出は実印を必要とせず、住民票などを提出するだけでOKです。

なお、これは自動車を購入する時もそうで、例えば普通車を購入する場合でもローンを組むときに所有権がついて、自分名義ではなく所有者がローン会社などになっている場合は印鑑証明書及び実印は必要ありません。

実印を失くした、作ったことが無い

実印は「実印用の印鑑」「身分証明書」を用意して、自分の住所地の市区町村役場で印鑑登録するだけでOKです。

登録費用に100円~300円くらいかかります。
引用:http://xn--wlr53q.net/inkan_register.html
早ければ5分程度で終わります。

紛失した場合も新しく登録し直せばOKです。

ちなみにこの実印にする印鑑は100円ショップで売られている様な三文判ではなく、できるだけオリジナルのものの方がセキュリティの面で安心です。※三文判は全国に出回っているので複製が容易い

身分証は運転免許証やパスポートなど、顔写真付きのものが必要です。※健康保険証などの場合は登録申請後に郵送で照会書が届くので、それを役場に持参して本人確認。

車検証に記載されている名前と住所に変更がある場合は、

  • 名前が変わっている→戸籍謄本
  • 住所が変わっている→住民票

も必要になります。

 

車の売却で必要な書類

まず自分で用意するものは

  • ・自動車検査証
  • ・自動車損害賠償責任保険証明書
  • ・自動車納税証明書
  • ・リサイクル券

の4つです。
 

だいたいダッシュボードの中入れっぱなしにしている人がほとんどだと思いますが、車売却の際には必要ですのでちゃんとあるかどうか確認しておきましょう。

その他、売却に際しては

  • ・委任状
  • ・譲渡証明書

が必要ですが、この2つは車買取店が用意してくれます。

必要書類は必ず営業マンに確認しよう

その他、ケースバイケースで住民票や戸籍謄本などの必要書類が増えることもありますので、車買取店の担当営業マンに必ず確認しましょう。

 

不明なことは何でも質問すれば丁寧に答えてくれます。

スポンサーリンク

メニュー