クルドラ

日産 キックスの値引き相場レポート!実販売データから合格ラインを算出!

キックス購入を考えている方が一番気になっているのがどのくらい値引きが可能なのかだと思います。

そこで今回は

  • ・キックスの値引きの相場、限界
  • ・商談、交渉のコツ
  • ・実際の購入者の口コミ

特にこの辺りの情報を包み隠さずご紹介します!

どうしてこんな普通は手に入らないようなリアルな情報を書けるかというとそれには理由があって…

管理人
実は管理人友達日産営業マンをしているのです。

なので現場リアルな情報が入ってきます。

このページには最新値引き情報とキックスのおすすめポイントだけをフォーカスしていますので最後まで見ていただけると嬉しいです!

値引きの相場、限界は?【20214月最新】

キックス値引き相場はズバリ

車両本体 15万円
オプション値引き 20%

合格目標になります。

値引き難易度:普通

値引きは普通で、付属品を含めて25万円以上を狙って行きましょう。

「C-HRとのライバル車競合が効果的だった」

「日産店、プリンス店、サティオ店で競わせて値引きがUPした」

などの口コミが上がってきています。

ちなみにこの目標金額は、月間自家用車、情報誌グーネット、ザ・マイカー、ベストカー、オートックワン、価格.com、みんカラ、管理人独自の聞き取りなどから値引き額の上位30%の平均で出しています。

もちろんグレードやオプションによっても差が出ますし、値引きが目標に届かない場合もありますので、その時は他のサービスを付けてもらうなどで頑張りましょう。

ライバル車と競合させる

もうキックスに決めてしまっている場合でも、値引きのためには他のクルマと迷っていることにするのは鉄板です。

カテゴリ性能が全然違うクルマを出してしまっては効果も薄いので、キックスに近いクルマを出しましょう。具体的にキックスの場合はヴェゼルC-HRCX-3名前を出すとライバル車として値引き効果的です。

これらのライバル車見積もりをあらかじめ取っておけば、営業マンにもより本気度が伝わります。

購入者の声

「C-HRと競わせてうまくいきました」

愛知県 男性 30代
グレード:x ツートーンインテリアエディション

値引き額:車両本体15万
サービス:オプションから20%値引き

キックスかライズ、C-HRのどれかを買おうと考えていたんですが、試乗してみてキックスに決めました。値引きは最初は10万円と販売店側も様子見してる雰囲気を感じたので粘って交渉することに。

「実は妻がC-HRがいいんじゃない?って話しててどちらにしようか迷っている。私自身はよくしてくれるあなたから買いたいんだけど」
と営業マンの気持ちに訴える作戦に出たところ、営業マンさんが「これ以上は私では決済できないので店長に相談してみます。」

と奥で5分くらい話した後戻ってきて「15万までなら値引けます。これが限界なのであとは下取り車を3万高くします」とのこと。

総額でも23万値引きまで出て、妻も大喜びのとても満足できる買い物になりました!

キックス同士を競合させる

ライバル車による競合でうまくいかなかったときは、経営資本の異なる日産同士競わせる方法も有力です。

日産○○○○の部分が違えば実際は別会社ですので、同じキックスでも違った値引きが出てきます。

基本的には、隣県まで足を伸ばせばまず間違いありません。

オプション値引き

オプションからの値引き車両本体値引き同様、大切なポイントです。

キックス場合選択用品価格概ね20%程度目標交渉するようにしましょう。

また、契約直前だけに通用するやり方ですが、「このオプションをサービスで付けてくれたら契約するよ」と言えば、ちょっとしたオプション品なら付けてもらえることもあります。

具体的には

・フロアカーペット
・マッドガード
・プラスチックバイザー
・リヤバンパープロテクター
・バックドアアクセント(クロームメッキ調)
・ラゲッジソフトトレイ

などがねらい目です。

もちろんサービスしてもらうものなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙うのがポイントです。ハンコ印鑑証明を用意しておくなどして本気度アピールしましょう。

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロです。

黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。ですのでおすすめのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。

「予算は○○万円なので、これ以上は1円も出せません。オプション品込みでこの予算内に収まるなら即決するよ」

などと勝負を賭ける方法もあります。

ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることが多いです。

値引きのコツは何度でも交渉すること

値引きは粘り強く交渉することが基本です。

キックスの場合、最初は5万円程度値引き額を提示されることが多く、それ以上を求めないとできる値引きもしてくれないので結果的損をすることになります

交渉停滞したら必要に応じて「また後日に、、、」と仕切り直しを求め、こちらには余裕がある雰囲気を感じさせるのも大事なポイント。

人気のSUV値引きが少ないとあきらめず、ギリギリまで粘って交渉するようにしましょう。

セール・決算狙い

期末セール在庫一掃的なセールに合わせ値引きを狙う方法もあります。

決算期も相場以上のビックリするような値引きもあり得ますので
■中間の決算期(8月下旬~9月末)
■年度末の決算期(1月3月
■夏のボーナス時期の6月7月
■冬ボーナス&年末商戦期の12月
こうしたタイミングを見計らって値引き交渉してもいいかもしれません。

納期は標準的

タイ生産輸入車であること及び新型コロナの影響から納期が読みづらく、以前は5カ月待ちと言われることもあったようですが、2021年に入り改善が見られ1~2カ月程度で納車可能になっているようです。

今は買っても良いタイミング

キックスは今後しばらくマイナーチェンジフルモデルチェンジ予定はありませんので値引きの金額もあまり動きません。

2~3カ月待てばもっと安く買えていたのに…」

といった心配もありませんので今買ってもOKです。

細かいサービスのオマケをお願いする

思うように値引きが引き出せなかった場合でも、

  • ・総支払金額からの端数切捨て
  • ・ボディーコーティング・メンテナンスパック
  • ・登録手数料のサービス・半額
  • ・納車時ガソリン満タン
  • ・ローンを組むなら金利の引き下げ


などは特に契約直前が一番ワガママを聞いてくれるタイミングですから、オマケでお願いするのを忘れないようにしましょう。



特にコーティングは、もともと半分がディーラーの利益なこと、納車前の汚れを落とさなくてよくなるなのでサービスしてもらいやすいです。

また、任意保険の加入・切り替えの時期が近いなら、新車購入時にそのディーラーで加入することで、ディーラー・セールスマンの成績となるので、その分値引きを上乗せしてもらえることもあります。

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!


ディーラーイメージ
新しく車を買うときにはその販売店で今の愛車を下取りに出すことが一般的です。購入と売却をワンセットで行えるので手間もかからずにお得な気もしますが・・・

管理人
実はディーラー査定は安いことが多いってご存知でしたか?

理由は簡単。競合がいないからです。

なのでこの下取りで損をしている人がめちゃくちゃ多いんです。


営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です


管理人
と言われてもその金額が妥当なのか、安いのかプロでもないのにわかりませんよね。


しかし営業マンに言われるがままでは損をしてしまうことも…

下取り額を大幅にアップさせる方法


査定額イメージ図
同じ車でもどこに売るかで査定額は変わります。

下取りに出すときに損をすることなく、むしろ下取り額アップに成功した人に話を聞くとある共通点がありました!

答えは簡単です。複数の車買取店を競合させて愛車の買い取り相場を知っておく。

そうすればその査定額をディーラーにバシッと言うだけであっさり下取り額がアップします。

営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です(この金額で収まれば何十万と儲かるな)


あなた
他の買取店で90万円の査定をしてもらってます。これが見積書です。


営業マン
汗汗。では下取り100万でいかがでしょうか?


あなた
OKです。よし!やった!


これはうまくはまったパターンですが、もしダメでもその時は買取店で売ればいいだけの話なのであなたに損は全くありません。

しかし一軒一軒買取店を回るのは手間も時間もかかりすぎます。

そんなときに便利なのが一括査定サイト。複数の買取業者に出張査定してもらえるサービスです。

管理人
管理人がリサーチした結果、圧倒的に利用者が多かったのはナビクル車査定(無料)です


ナビクル車査定が選ばれている理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・最大10社の買取店から最高査定額を選べる
・東証一部上場企業グループが運営
・電話がかかってくるのが面倒な人はメールだけで対応可能

↓ナビクル車査定の公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
無料の一括査定サービスを知らなかったがために、下取りで安く買いたたかれて 「あのとき買い取り査定しておけば・・・」 と後悔している人は多いです。 やったもん勝ちで、100%損をすることのないサービスですのでぜひ活用してください

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「かんたん車査定ガイドって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・中間コストがない直接取引
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)に査定を申し込む↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

スポンサーリンク

 

キックスの魅力はココだ!

NISSAN NEXTと呼ばれる2020年に発表された日産事業構造改革計画。その第一弾モデルとなったのがキックスです。軽自動車を除くとリーフ以来、実に10年ぶりとなる新規投入モデルだったこともあり大きく注目を集めました。

引用:https://clicccar.com/

発売後の受注状況も悪くなかったようですが、残念ながら世界中で猛威を振るった新型感染症により、タイ生産輸入車となるキックス納期等で影響を受けました。しかし2021年に入ると製品供給も安定し、今後街中で見かける機会も増えてくるでしょう。

キックスの出自はグローバルでは2016年に発売されていたモデルで、今回そのマイナーチェンジのタイミングで日本国内へも導入。時期的に国内販売を終了した先代ジューク後継モデルのようにも取れますが、プラットフォームを含め欧州等で売られている現行ジュークとは別モノです。

キックス日本導入に当たっては内外観のブラッシュアップ、e-POWERの搭載、プロパイロットの設定が命題とされ、今もっとも競争が激しく人気のある”コンパクトSUV”セグメントで戦うのに十分な対策が施されました。

日本投入に向け各所をブラッシュアップ

2016年グローバル版キックスは小さいながらも本格派の佇まいを持つコンパクトSUVで、シャープなショルダーラインと控えめながらしっかりと張り出した前後フェンダーが特徴。そのモデルを日本向けにリファインするにあたり、大きく変更されたのがフロントマスクです。

元より日産おなじみのVモーショングリルが採用されていましたが、今回太いVの内側に細いラインでVを重ねるダブルVモーショングリルへと進化。よりワイド感が強調され、フルLEDヘッドライトの薄目化と併せ上質感もアップ。刷新されたフロントに合わせ、リヤ周りもバンパーやコンビランプが新造されています。昨今クーペ風SUVが増えてきている中では、キックスのエクステリアは本格志向のデザインです。

インテリアは基本造形やシートはグローバルモデルと共通ですが、随所に日本仕様も施され例えばセンターコンソールシフトノブアームレスト新規造形。他にもメーターパネルインパネパッド部のディテールも変わっています。

引用:https://www.webcg.net/

ナビはグローバルでは7インチ基準ですが、もはや国産車も含め9インチスタンダード化しつつあり、キックスでもインパネパッドに埋め込むようなデザインでまとめられています。

ボディカラーが豊富なのもキックスのセリングポイント。モノトーン9色ツートーン4色も揃うのは軽自動車も顔負けの設定数でしょう。訴求色はプレミアムホライズンオレンジツートーンですが、日産では若々しいイメージカラーとしてサンライトイエローも推しているようです。

歴代日産スポーツではフェアレディZやスカイライン、あるいは先代ジュークなどカタログモデルイエローが印象に残るモデルも多かったですよね。

e-POWERとプロパイロットで勝負!!

キックスのメカニズム面のポイントはe-POWERプロパイロットの二つでしょう。
e-POWERとはエンジン発電した電力を使ってモーターを駆動する”シリーズ式”と呼ばれるハイブリッドの一種。燃費ではプリウス等でお馴染みのパラレル方式のハイブリッドには勝てませんが、エンジン駆動輪が機械的につながっていないため、上手く制御すればピュアEV車のような走行フィールを得られます。

先行発売していたノートe-POWERのものよりモーター出力2割も上げていることや、低速でのエンジン稼働抑制する制御など改良が加えられ、自慢のワンペダルドライブ”e-POWER Drive”もアクセルオフ時(回生制動時)のつんのめり感が軽減され、滑らかな減速が可能となりました。

引用:https://kakakumag.com/

プロパイロットは渋滞停止まで対応する先行車追従型ACC(オートクルーズコントロール)と車線中央走行を支援するステアリングアシスト機能を統合したものです。ハードウェアは前方センサーに単眼カメラミリ派レーダーを併用した最新のものをキックス用にチューニング、最適化して搭載されています。

もちろん運転支援システムプロパイロットだけでなく、歩行者対応もできるようになったエマージェンシーブレーキ、操舵アシスト機能の付いた車線逸脱防止システム、全方位をカメラで監視する移動物検知機能付アラウンドビューモニターデジタルルームミラー(オプション)など日産インテリジェントモビリティ思想を反映したものが漏らさず用意されています。

キックスのおすすめグレードは?

引用:https://motor-fan.jp/

キックスは2021年の4月時点では基本モノグレードになっています。但し、インテリアカラーのチョイスでXXツートーンインテリアエディションがあります。前者はファブリック&合皮のブラック内装で、メイン素材の織物やサイドステッチにブルーの差し色が入ります(前々項のインテリア写真のとおり)。

後者はオレンジタン×ブラックのハイコントラストなツートーン合皮シートや、鮮やかなオレンジのインパネソフトパッドをあしらったモデル。シートの素材カラーリングが違うだけでなく、Xツートーンインテリアエディションには寒冷地仕様、および前後シートとステアリングにヒーター標準装備となります(Xにはオプション)。

価格差は11万円になりますが、Xに寒冷地仕様やシートヒーター等をオプション装備すると5.5万円掛かりますので、ツートーン化のコストは実質5万円程度です。

引用:https://www.goo-net.com/

カラーの選択は個人の主観によりますので、どちらが良いとは決めづらいですが、ボディカラーオレンジを選ばれる場合にはツートーンインテリアとのマッチ度は高いので特におすすめですね。

ブルーが映えるオーテック社製モデルあり

キックスは実際には、もう一つオーテックジャパンが仕上げたモデルがあります。株式会社オーテックジャパンは、日産自動車グループ会社で主にカスタムカー、福祉車両、商用特装車の製作を手がけていて、今年の4月現在でエルグランド、セレナ、ノートなど7車種カスタマイズし販売しています。

キックスAUTECHもその内の1台でグリルやフォグのフィニッシャー、フロントやリヤのプロテクターなどがAUTECH専用エクステリアとなり、フォグランプ17インチアルミ専用品に換装されます。

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

また、インテリアも通常モデルにはないブルー/ブラックコンビレザレットシートにAUTECH刺繍やブルーステッチが入ります。オーテック社のイメージカラーでもあるダークブルー&ブラックツートーンボディカラーは、キックスAUTECHにだけ設定されています。

車両本体だけで311万円と他のグレードより24〜35万円アップになりますが、アルミホイールまで含めたドレスアップ費用としては悪くなく、カスタムをお考えならぜひ検討に加えてみてはどうですか。

ライバル比較:ヴェゼルとの勝負は第2ラウンドへ

競争の厳しいクラスですがキックスライバル筆頭は、日産開発主管のコメントにも上げられていたホンダヴェゼルでしょう。曰くヴェゼル日本で非常に売れていて好評であったため、日本向けに仕切り直すキックスベンチマークにされていたとか。もっともそのヴェゼルはこの4月フルモデルチェンジされたので、あくまで先代ヴェゼルが対象モデルです。

先代のヴェゼルはフィットをベースに開発されたコンパクトSUVで、2013年の発売以来、飽きの来ないデザインと使い勝手の良い室内、ホンダらしい走りの良さで高い人気をキープしてきました。途中でRSツーリングモデューロXなどスポーティなグレードを追加したり、直噴ターボの設定やHonda SENSINGの拡充など小まめにアップデートしたりと商品向上に余念がなく、モデル末期の2019年でさえ暦年における販売55,866台を記録、2019年SUV新車販売台数第1位を獲得しています。

パワーユニットは1.5ℓ直41.5ℓ直4ターボ1.5ℓハイブリッド3タイプが揃いますが、キックスと比較するならハイブリッドヴェゼルのシステムは軽量コンパクトな1モーターシステムながら、モーターのみのEV走行が可能な”SPORT HYBRID i-DCD”を採用。直噴エンジンとの組合せでシステム最高出力2.0ℓエンジンに匹敵する152PSを発生します。

引用:https://motor-fan.jp/

キックスe-POWERに比べると電動感は薄めで、有段ギアのDCTによりリニアで気持ちの良い走りを実現。エンジンサウンドまで込みでホンダスポーツを実感させてくれるでしょう。

対してキックスe-POWER純電気モーターによる駆動のため、ゼロ発進の力強さ速さなどではヴェゼルを寄せ付けません。電気モーターエンジン車に比べて圧倒的にレスポンスに優れ、わずかなアクセル開度でも余裕ある走りが楽しめます。加えて補助的にしか機能しないエンジンは音が静かなため静粛性も高くなりますが、そもそも強力な電気モーターアクセル全開で踏み込む機会などあまりないかも知れません。

先進的なキックスに比べるとやや古典的なヴェゼルと映りますが、前述のとおりヴェゼル新世代へ刷新されており、パワーユニットも1モーター式から2モーター方式の”e:HEV“に変更されています。今後の勝負の行方はわかりませんね。

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

キックスの不満点はココ

先の新型ヴェゼルの他、ライズヤリスクロスが好調なトヨタ勢、内燃機関の深化で勝負にくるCX-3CX-30マツダ勢などライバル強力ですが、今後キックスがクラスの頂点を目指すには着実な商品力の強化は必須。

そのためにも現時点キックスに見られる不満点を確認しておきましょう。

まずはグレード展開。前項にもあるとおり実質1グレードしかないのは、輸入車なのを差し引いても少ないです。しかもナビを付ければ300万円になる高額モデルしかないのは、セグメントを考えても厳しい条件です。e-POWER以外のパワーユニットでもあれば、価格も抑え込めるのでしょうが、海外向けのICE(内燃機関)キックスの導入は難しいのでしょうか。

引用:https://bbs.kakaku.com/

日産得意の特別仕様車等でも良いので、幅の広いグレード展開は期待したいところです。

次に4WDがないこともウィークポイントです。特に都市部ユースが主体となりそうなコンパクトSUVでも、降雪地方やウィンターレジャーのニーズはあるはずで、やはりSUV四駆が選べないのは片手落ちな気がします。

機構的にe-POWER搭載車でもノートには4WDが設定されているので、キックスにもぜひ搭載検討してもらいたいところです。

以上、日産キックス値引相場レポートをお届けしました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

メニュー