クルドラ

キューブのおすすめオプション6つとナビ、不要なオプションを実際の購入者の声をもとにご紹介!

キューブを購入するとき、悩ましいのがオプション選び。

付けすぎると予算をオーバーしてしまいますし、ケチりすぎるとあとでやっぱり付けておけばよかった…と後悔することも。。

管理人
実は管理人は車関係の仕事なので、キューブに乗っている方とお話しする機会もあるのです。

そこで、実際のキューブ購入者の「生の声」を元に

  • ・必須のオプション
  • ・できれば付けておきたいオプション
  • ・最もコスパの良いカーナビ
  • ・不要なオプション

についてまとめました。

キューブで必須のオプション

バックビューモニター


安全面においては、バックビューモニター(ディーラーオプション)が映し出され、死角に潜む危険を察知することができます。

日産で提供している『NissanConnectサービス』を利用すれば、スイッチひとつでオペレーターに繋がり、突然のトラブルの際に様々な情報を提供してくれます。

さらに、専用アプリをダウンロードすることで、広い駐車場で自分の車の位置を把握したり、鍵の閉め忘れに気づいた時に遠隔操作でロックできたり、車の警告灯が点いた際に携帯に通知してくれるなど、便利なサービスが受けられます。

ナビをオプションに付けるだけで、行動範囲が広がるだけでなく、安全で快適な運転をサポートしてくれます。

チタンクリアブルードアミラーがあれば雨の日でも後方視界がクリアに


チタンクリアブルードアミラー(¥14,979)はミラー面に水滴をなじませ、雨天時に見づらい後方視界をクリアにしてくれます。

特にバックするときなどは危険ですのであれば助かるオプションです。

できればつけておきたいオプション

キューブの特徴といえば、その個性的な箱型のエクステリアと、コラムシフトを生かしたベンチシートのあるインテリアです。

この2つのデザインをうまく組み合わせて、自分だけのキューブを手に入れる、これが一番の醍醐味ではないでしょうか?

シートインテリア


インテリアでは、シートがオプションにより自分好みの色や材質が選べます(グレードによります)。

  • 黒またはベージュのキルティングスェード調シート
  • 高級感のある本革/カブロンコンビシート
  • パイピングがオシャレな本革シート(アクシス専用)
  • スポーティな印象の格子柄ニットシート(ライダー専用)
  • 明るい発色のキャメル色のスエード調シート
  • 落ち着きのあるインディゴブルーのスエード調シート
  • 暖かみを感じるブラウンのクラッシュベロアシート
  • 個性的なチェック柄のスエード調クロスシート

など、ボディカラーとの組み合わせで、他には無いオリジナルのキューブに仕上がります。

ガラスルーフ


エクステリアで個性を出したい時は、開放感を味わえるだけでなく、星空を眺めたり、花火大会を車中から楽しみたい時などに便利なガラスルーフがおすすめです。

ドライブレコーダーで安全対策

最近良く見かけるようになったドライブレコーダーです。

万が一の事故の際に証拠映像が残る事にくわえ、あおり運転などの抑止にもなります。

それ以外にも「付けるようになって自分でも安全運転を意識するようになった」という人も多く、安全へのプラスの効果が大きいです。

また、防犯カメラにもなり、走行中だけでなく、駐車中の衝撃でも録画機能が作動するタイプもあります。

プラスチックバイザーとシャギーカーペットは社外品でもOK

あったら便利なシャギーカーペットとプラスチックバイザーですが、社外品でも機能的には純正品に劣りませんので十分に代用可能です。

今の時代、純正にこだわらなくてもオシャレでピッタリなマットやバイザーはたくさんあります。

※画像はヤフーショッピングのキューブ フロアマット ベーシックカラー6タイプ
ちなみにキューブの場合は両方とも純正でそろえるとベーシックパックを付けることになり6万円以上かかります。

これが社外品にすると合わせて2万もかかりませんので4万以上浮く計算になります。

ちなみにマットは簡単に付けられますが、

「プラスチックバイザーは付けるの大変じゃない?」

という方のために参考動画を載せておきますね。

これを見て管理人も自分の車(プリウス)にバイザー付けましたけど10分かかりませんでした。

ちなみにそれでも自信ない方はカーショップやディーラーでも工賃がかかりますが付けてもらえます。

最もコスパの良いカーナビは

キューブに設定されている純正カーナビは3種類あります。

プレミアムナビ MM518D-W228,864円~
ベーシックナビ MM318D-W179,728円~
シンプルナビ MJ118D-W128,604円~

表に記載している価格はすべて取付費込み・消費税込みとなっています。「プレミアムナビ MM518D-W」と「ベーシックナビ MM318D-W」の価格は、コンパクトカーであるキューブのカーナビとしてはやや高価な印象です。

カーナビは基本的に、価格が高価なほど高性能だといっても過言ではありません。実際にプレミアムナビやベーシックナビは、価格に見合う性能・機能性を実現しています。

 

管理人

ですが、せっかく車両価格が安価なキューブを購入するにもかかわらず、高価なカーナビを装着しては車両総額が高くなってしまい、本末転倒のように感じます。個人的には、キューブの純正カーナビの中で最も機能が抑えられている「シンプルナビ MJ118D-W」でも十分です。

※シンプルナビ

シンプルナビ MJ118D-Wの主要機能

まずはシンプルナビの主要機能を紹介します。

  • 内蔵メモリー(16GB)
  • ワイドVGA
  • タッチパネル
  • 4ヶ国語対応
  • 地デジフルセグ4チューナー
  • FM/AMラジオ(ワイドFM対応)
  • USBオーディオ(USBケーブル別売)
  • iPod・iPhone対応(USBケーブル別売)
  • CD再生
  • WALKMAN対応(音楽のみ対応)
  • SDカード再生(SDカード別売)
  • VICS WIDE対応
  • Bluetooth対応
  • ドライブレコーダー ナビ連動※1
  • バックビューモニター対応※1

※1 オプション装備

スポンサーリンク

上記がシンプルナビの主要機能です。キューブの純正カーナビの中で最もリーズナブルな価格を実現しているにもかかわらず、これだけの多彩な機能が盛り込まれています。

プレミアムナビやベーシックナビとの大きな違いとして、映像メディアを再生することができないという点が挙げられます。車内でDVDなどを視聴することができないので、長時間の移動や空き時間での暇をつぶすことができません。

ですが、キューブ購入層の主な用途は街乗りです。街乗りがメインであれば、DVDなどが視聴できなくても困ることはありませんし、テレビやラジオなら視聴することができます。昨今はスマートフォンを所持している人が大半なので、車内で暇をつぶす方法なんていくらでもあるでしょう。

※CD録音機能イメージ

「CD録音機能」が採用されていないところもシンプルナビの欠点です。CD録音機能とはその名の通り、再生したCD音源をカーナビ本体に録音できる機能のこと。こちらもあれば便利な機能であることに変わりはないのですが、最近はスマートフォンをBluetooth接続して音楽を聴くという人が多いです。

PCを所持している人なら少し手間はかかりますが、CD音源をSDカードに取り込んだあと、そのSDカードをカーナビに挿入すればCDがなくても音楽を楽しむことはできます。これならCD録音機能なんて必要はないはずです。

このように、上位機種に採用されている機能を代替する方法はいくらでもあります。そのため、キューブに装着するカーナビは快適機能の多さよりも、価格の安さを重視すべきです。

ナビゲーション機能に大きな差はない

カーナビで最も重要な機能といえば、もちろんナビゲーション機能ですよね。上位機種に比べると機能が充実していないシンプルナビですが、ナビゲーション機能に関しては上位機種と大きな差はありません。

シンプルナビは「VICS WIDE」と呼ばれるナビゲーション機能を採用しています。VICS WIDEとはFM多重放送の伝送量を従来比の2倍にしたことで、リアルタイムの交通情報をより正確に取得できるようになったシステムのこと。

これにより、多彩なルート検索や渋滞回避ができるだけでなく、目的地を決定して案内を開始したあとでも、到着予想時間が早くなるルートを常に模索してくれます。リーズナブルといえど100,000円をオーバーする価格帯なので、本体の性能が低く使い物にならないということもありません。

シンプルナビが採用している画面サイズは7インチ。昨今のカーナビとしては決して大きな部類ではないものの、コンパクトカーのキューブでは必要十分な画面サイズでしょう。文字やスイッチのサイズも従来比で約150%拡大されているため、扱いやすさに関しても格段に向上しています。

タッチパネルはフリック・スクロール・ピンチイン・ピンチアウト操作に対応しているので、お使いのスマートフォンと同じような直観的操作が可能です。機能が少ない分操作が複雑でない点は、シンプルナビの大きな魅力のひとつだと思います。

 

不要なオプション

全く使わないオプションを付けてしまってあとで後悔しないように、不要なものはなにかピックアップしておきたいと思います。

リモコンエンジンスターター

離れた場所からエンジンをスタートできる、リモコンエンジンスターターですが、一般的な生活において、遠隔でエンジンをスタートさせる必要が少ないように思います。

寒冷地においては、外出前に暖房で車内を温めておくことができるので、便利な機能かと思いますが、車内の温度が極端に寒い(暑い)時期は、一年を通してみると半分もありません。

オプション選択は後悔の無いように

オプションは購入時にしか付けられないものもあり、取捨選択に頭を悩ますところです。

カスタムパーツや内装オプションを充実させての魅力を引き立たせたいのは山々・・・とは言えいくらでも費用をかけるわけにもいかないですよね。そこで大切になってくるのが値引き額を把握することと愛車の下取り相場を調べて買い換え全体で損をしないことです。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>キューブの値引き相場レポート

キューブを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

キューブの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

それでも・・・

あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「かんたん車査定ガイドって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

スポンサーリンク

メニュー