クルドラ

新型リーフ(MC)の値引き相場レポート!評価、ウイークポイントもバシッと解説!

エコだけでなく、スポーティさも兼ね備えるEV車。

そんな新型リーフの購入を考えている方が一番気になっているのがどのくらい値引きが可能なのかだと思います。

そこで今回は

  • ・新型リーフの値引きの相場・限界
  • ・値引き交渉のコツ
  • ・実際の購入者の口コミ

特にこの辺りの情報を包み隠さずご紹介します!

どうしてこんな普通は手に入らないようなリアルな情報を書けるかというとそれには理由があって…

管理人
実は管理人の友達が日産の営業マンをしているのです。

なので現場のリアルな情報が入ってきます。

営業マンが困る、値引き交渉のやり方】まで伝授しますので是非お読みください。

2019年10月の値引きの相場、限界は?

新型リーフの値引き相場はズバリ
車両本体 10万円
オプションを含む値引き15万円
が合格目標になります。

値引き難易度:普通

本体値引きは伸び悩んでいます。

「日産店、プリンス店、サティオ店で同士競合したら上手くいった」

「プリウスPHVやクラリティPHEVと競合させると反応が良かった」

などの口コミが上がってきています。

その他補助金が40万円程度出ます。

ディーラーによっては充電用の工事費は負担してくれたりとお得もあります。

充電バッテリーは24kwhと30kwhの二種類があり、容量で補助金の金額が変わりますのでご留意を。

ライバル車と競合させる

もうリーフに決めてしまっている場合でも、値引きのためには他のクルマと迷っていることにするのは鉄板です。

カテゴリや性能が全然違うクルマを出してしまっては効果も薄いので、リーフに近いクルマを出しましょう。

具体的にはプリウスPHVアウトランダーPHEVの名前を出すとライバル車として値引きに効果的です。

これらのライバル車の見積もりをあらかじめ取っておけば、営業マンにもより本気度が伝わります。

リーフ同士を競合させる

ライバル車による競合でうまくいかなかったときは、経営資本の異なる日産同士で競わせる方法も有力です。

リーフは日産店、プリウス店、サティオ店間で競合が可能です。

加えて○○日産の○○の部分が違えば実際は別会社ですので同じリーフでも違った値引きが出てきます。

基本的には隣県まで足を伸ばせば間違いありません。

オプション値引き

オプションからの値引きも本体車両からの値引きと同じで大切です。

おおむね20%程度を目標に交渉するようにしましょう。

また、契約直前だけに通用するやり方ですが、「このオプションをサービスで付けてくれたら契約するよ」と言えば、ちょっとしたオプションなら付けてもらえることもあります。

具体的には
・寒冷地仕様
・プラスチックバイザー
・ラゲッジアンダーボックス
・ウィンドウ撥水12ヶ月
・バックビューモニター
・クリーンフィルター(花粉/におい/アレルゲン対応タイプ)
・ラゲッジフルカバー
・デュアルカーペット

などがねらい目です。

もちろんサービスしてもらうものなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙うのがポイントです。

また、ハンコ、印鑑証明を用意しておくなどして本気度をアピールしましょう。

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに、“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロです。

黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。

ですのでオススメのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。

「予算は○○万円なので、これ以上は出せないです。この予算内でオプションなどもサービスしてくれたら即決するよ」

などと勝負を賭ける方法もあります。

ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。

値引きのコツ

値引きは粘り強く交渉することが大事です。

リーフの場合、最初は5万円程度、または値引きなしと提示されることが多く、それ以上を求めないと、できる値引きもしてくれないので結果的に損をすることになります。

ギリギリまで粘って交渉するようにしましょう。

思うように値引きが引き出せなかった場合でも、契約時の

  • ・総支払金額からの端数切捨て
  • ・ボディーコーティングのサービス
  • ・登録手数料のサービス・半額
  • ・納車時ガソリン満タン

などは特に契約直前であればサービスしてくれることが多いですからお願いするのを忘れないようにしましょう。

値引きが大きくなる時期

1年のうちでもさらに値引きが大きくなる時期があり、一般的に以下の表のようになっています。

値引きが多くなる時期
1月~3月末
(年度末決算セール)
約2万円
6月~7月末
(夏のボーナス商戦)
約1万円
8月中旬~9月末
(お盆明け~中間決算セール)
約2万円
11月~12月末
(ボーナス&年末商戦)
約1万円

この時期にリーフを買うタイミングならさらに大きい値引きが期待できます。

決算期も相場以上のビックリするような値引きもあり得ますのでタイミングを見計らって値引き交渉してみてもいいかもしれません。

細かいサービスのオマケをお願いする

思うように値引きが引き出せなかった場合でも、

  • ・総支払金額からの端数切捨て
  • ・ボディーコーティング・メンテナンスパック
  • ・登録手数料のサービス・半額
  • ・納車時ガソリン満タン
  • ・ローンを組むなら金利の引き下げ


などは特に契約直前が一番ワガママを聞いてくれるタイミングですから、オマケでお願いするのを忘れないようにしましょう。

オマケお願いイメージ

特にコーティングは、もともと半分がディーラーの利益なこと、納車前の汚れを落とさなくてよくなるなのでサービスしてもらいやすいです。

また、任意保険の加入・切り替えの時期が近いなら、新車購入時にそのディーラーで加入することで、ディーラー・セールスマンの成績となるので、その分値引きを上乗せしてもらえることもあります。

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!


ディーラーイメージ
新しく車を買うときにはその販売店で今の愛車を下取りに出すことが一般的です。購入と売却をワンセットで行えるので手間もかからずにお得な気もしますが・・・

管理人
実はディーラー査定は安いことが多いってご存知でしたか?

理由は簡単。競合がいないからです。

なのでこの下取りで損をしている人がめちゃくちゃ多いんです。


営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です


管理人
と言われてもその金額が妥当なのか、安いのかプロでもないのにわかりませんよね。


しかし営業マンに言われるがままでは損をしてしまうことも…

下取り額を大幅にアップさせる方法


査定額イメージ図
同じ車でもどこに売るかで査定額は変わります。

下取りに出すときに損をすることなく、むしろ下取り額アップに成功した人に話を聞くとある共通点がありました!

答えは簡単です。複数の車買取店を競合させて愛車の買い取り相場を知っておく。

そうすればその査定額をディーラーにバシッと言うだけであっさり下取り額がアップします。

営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です(この金額で収まれば何十万と儲かるな)


あなた
他の買取店で90万円の査定をしてもらってます。これが見積書です。


営業マン
汗汗。では下取り100万でいかがでしょうか?


あなた
OKです。よし!やった!


これはうまくはまったパターンですが、もしダメでもその時は買取店で売ればいいだけの話なのであなたに損は全くありません。

しかし一軒一軒買取店を回るのは手間も時間もかかりすぎます。

そんなときに便利なのが一括査定サイト。複数の買取業者に出張査定してもらえるサービスです。

管理人
管理人がリサーチした結果、圧倒的に利用者が多かったのはかんたん車査定ガイド(無料)です


かんたん車査定ガイドが選ばれている理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・最大10社の買取店から最高査定額を選べる
・東証一部上場企業グループが運営
・電話がかかってくるのが面倒な人はメールだけで対応可能

↓かんたん車査定ガイド公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
無料の一括査定サービスを知らなかったがために、下取りで安く買いたたかれて 「あのとき買い取り査定しておけば・・・」 と後悔している人は多いです。 やったもん勝ちで、100%損をすることのないサービスですのでぜひ活用してください
それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「かんたん車査定ガイドって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

 

納期は一般的

オプションによっても変わってきますが、基本的に1~2か月です。

スポンサーリンク

電気自動車ならではの良さ

日産リーフは完全電気自動車で、ガソリンを一切使用しないので維持費がかなり安くなります。

アクセルレスポンスや加速性能も上々です。

車体価格も270万円からあり、ずば抜けて高いわけではありません。

車内の広さも折り紙つきで、大人4人が乗っても窮屈にならない程です。

エクステリアでも独自性が生かされており、外装の評価も高いです。

発売された当初からバッテリー関係のリコールがないことからも、人気と共に信頼も絶大です。

評判、評価は?

発売された当初は充電箇所が少ないと問題視されていましたが、現在はそれも改善されてきています。

航続可能距離は多くはないので、遠出には適していませんが、街乗りには最適です。

エンジン音も静か過ぎるほどなので、快適なドライブが楽しめる車として年代問わずに人気があります。

LEAF01

コスパで選ぶならSグレード

コスパのみで選ぶのであれば、低価格グレードに当たる280万3680円の24kWhバッテリー搭載車のSグレードとなります。

Sグレードは走行距離が228kmと比較すると短いのですが、リーフに対して支給される補助金自体はすべてのグレードで同額となっており、バッテリー容量で差が出るのですが、補助金の金額が1割程度なのでバッテリーを大容量にした場合決定的に補助金が増えるわけではありません。

全グレードEVならではの排ガスを一切出さない走行性能をもち、エマージェンシーブレーキや車線逸脱警報のLDWなどの予防安全装備は全グレードで共通なので低価格グレードでもそれほど装備に困るタイプではありません。

リセールを考えて選ぶならXグレード以上

リセールに強いのはバッテリー性能の高く走行距離が延長された40kWhバッテリーを持つタイプのXグレード以上のグレードでしょう。

XグレードからはEV専用のナビゲーションが装備され、バックビューモニターも装備され安全性が高まるだけでなく、リモート充電機能など機能面での利便性が高まるためリセールが期待できます。

内装もピアノブラックとなるなど高級感が高められる上に最上級のGグレードよりも約48万円も安いのでお得感が光ります。

GグレードはLEDランプの標準化やエアコンの高性能化、アルミホイールの装備などが特徴ですが、Xグレードの時点でナビなど装備が充実しているため、特別なリセールの強さまでは無いのではとも思われます。

オプションでリセールの価値があり利便性が高まるのはアラウンドビューモニターと本革パッケージといったところでしょう。

安全装備は?


モニターと連動して車体の位置を知ることができるアラウンドビューモニターが装備できます。

また、先進安全装備として衝突回避のためのエマージェンシーブレーキと、車線逸脱警報のLDWが装備されます。

誤発進抑制機能や車線維持システムや車間距離を自動で維持するレーダークルーズコントロールに類する装備は搭載されません。

車体制御には横滑り防止機能に空転防止機能を追加したビークルダイナミクスコントロールが搭載されます。

エアバッグはフロント、サイド、カーテンエアバッグが装備されます。

収納スペースは?


荷室容量はVDA方式の計測で370Lとなっており、5人乗車時でもゴルフバッグ2個またはスーツケース2個を積載できるスペースを持っています。

セダンではないため荷室とリヤシート部分の空間はつながっており、荷物を積み込みやすくなっています。

リヤシートは6:4分割で格納ができるタイプで3人乗車時や2人乗車時に荷室を広げることが可能で、シートバックポケットやカップホルダーも用意されており使い勝手が向上しています。

また、充電ケーブル格納用のネットが標準で付属しています。

居住性・快適性は?

室内は高めの全高を活かし、頭上にゆとりのあるスペースとなっています。

運転席と助手席にはリクライニングが可能でシートヒーターが搭載され、ステアリングヒーター、センターアームレストも装備されます。

なお、リアシートはクッションヒーターが装備されますが、スライド機構やリクライニング機構はついていません。

タイマーエアコンの設定ができ、乗車前に室内を快適な状態にすることが可能です。

メーターはツインメーターとなっていてスピードの確認とバッテリー残量の確認が見やすく快適に行えるようになっています。

走行性能・エンジン性能は?


電気自動車ならではのアクセルと同時に最大トルクに達する特性のため加速力は非常に高くなっており、さらに非常になめらかな加速となっています。

モーターは最大109馬力と1.5リッター車並みの馬力ですが、トルクは25.9kgf・mとなっており、2.5リッター車の日産ティアナの23.9kgf・mを上回っています。

航続距離は280kmモデルと230kmモデルが用意されています。

非常に低騒音でエンジンノイズもなく、変速も電気的に行われるため新たなドライビング感覚のある車と言えるでしょう。

LEAF02

ウイークポイントは航続距離と充電時間

航続距離の短さはウイークポイントです。

フル充電で航続可能距離は400キロと大々的にアピールされていますが、実際にフル充電した時に表示される「走行可能距離」は190~220km程度です。

現実的な目安は往復で180km程度、エアコンを使わなければ220km程度、冬に暖房を使うと航続距離はもっと減ります

遠出をしなければ大丈夫とは言え、充電し忘れなどがあるとすぐに充電が切れそうなのは不安材料です。

急速充電でも80%まで回復するのに約40分かかるのでドライブ途中でも休憩や観光を取り入れながらになります。

標準の3kW充電ではMAXまで約16時間かかります。6kW充電器もオプション設定されていますがやはり急速充電でないと物足りません。

また、高速走行をした場合に電池の減るスピードが早くなるといったウイークポイントも報告されています。

最近ではコンビニやスーパーなどにも充電スポットが設置されてきているので、充電場所に困ることがなくなってきたのはプラスです。

それ以外に物足りないところは、登場から5年以上経過していながら大掛かりなデザインの変更がなく、日産のガソリン車はその間にL字型ライトの採用やVモーションデザインなどかなりのデザイン変更を行っており、他社ではトヨタのプリウスやCH-RやMIRAI、ホンダのヴェゼルやマツダのCX-3など斬新なデザインの車が登場していることもありデザインが古くなり、かなり見劣りしてきたところです。

日産の電気自動車の車種がバンしか増えていないこともあり、リーフは顔の違う別バージョンを出してもよかったのではとすら思います。

ダサい?デザインや内装は?

LEAF03
リーフの外見デザインはライトがLEDにかわり、若干印象は変わったものの、全体のイメージを大きく変えるような変更はありませんでした。

リーフは電気自動車ながら普通の車に見えるという部分ではとてもわかりやすいデザインなのですが、シャープさや押し出しの強さはあまりなく、現在の日産のデザインの基本であるV字型のグリルを採用したVモーショングリルなども採用していないため、日産の中でやや浮いた存在になっている面も否めませんが、フルモデルチェンジまでこのデザインでいくのではと思います。

内装は派手すぎず外観に似合ったものだと思います。
LEAF04

スポンサーリンク

メニュー