クルドラ

新型RVRの値引き相場レポート!277件の実販売データから合格ラインを算出!

三菱のコンパクトクロスオーバーSUV、RVR。4WD車はロックモードがあり、悪路走破性が高いです。


そんなRVRの購入を考えている方が一番気になっているのがどのくらい値引きが可能なのかだと思います。

そこで今回は

  • ・RVRの値引きの相場・限界
  • ・値引き交渉のコツ
  • ・実際の購入者の口コミ

特にこの辺りの情報を包み隠さずご紹介します!

どうしてこんな普通は手に入らないようなリアルな情報を書けるかというとそれには理由があって…

管理人
実は管理人の友達が三菱自動車の営業マンをしているのです。

なので現場のリアルな情報が入ってきます。

営業マンが困る、値引き交渉のやり方】まで伝授しますので是非お読みください。

2019年8月の値引きの相場、限界は?

RVRの値引き相場はズバリ

車両本体 25万円
オプションを含む値引き29万円

が合格目標になります。

値引き難易度:普通

2010年2月デビューでモデル末期となっていますので値引き幅はかなり大きくなっています。

「XVとヴェゼルと競合させて上手くいった」

「オプション用品を多めにサービスしてもらった」

などの口コミが上がってきています。

ちなみにこの目標金額は、月間自家用車、情報誌グーネット、ザ・マイカー、ベストカー、オートックワン、価格.com、みんカラ、管理人独自の聞き取りなどから値引き額の上位30%の平均で出しています。

もちろんグレードやオプションによっても差が出ますし、値引きが目標に届かない場合もありますので、その時は他のサービスを付けてもらうなどで頑張りましょう。

ライバル車と競合させる

もうRVRに決めてしまっている場合でも、値引きのためには他のクルマと迷っていることにするのは鉄板です。

管理人

三菱の営業マンが思わず値引きしたくなるようなライバル車はC-HRヴェゼルインプレッサXVなどが効果的です。

大幅改良したばかりのCX-3との競合も忘れないようにしましょう。

これらのライバル車の見積もりをあらかじめ取っておけば、営業マンにもより本気度が伝わります。

RVR同士を競合させる

ライバル車による競合でうまくいかなかったときは、RVR同士を競合させる方法も有力です。

RVRは三菱店で販売されていますが、三菱店であればどこでも同士競合ができるわけではなく、経営資本の異なるディーラー同士で競わせなければいけません。

見分け方は簡単で、関東三菱自動車販売○○店などの○○の部分が少しでも違えば実際は別会社ですので同じRVRでも違った値引きが出てきます。

基本的には隣県まで足を伸ばせば間違いありません。

 

オプション値引き

オプションからの値引きも本体車両からの値引きと同じで大切です。

おおむね20~25%程度を目標に交渉するようにしましょう。

また、契約直前だけに通用するやり方ですが、「このオプションをサービスで付けてくれたら契約するよ」と言えば、ちょっとしたオプションなら付けてもらえることもあります。

具体的には
・オート防眩ルームミラー
・オートライトコントロール
・ヘッドライトマナースイッチ
・テールゲートプロテクター
・シフトノブ
・ドアエッジモール
・トノカバー
・ラゲッジマット

などがねらい目です。

もちろんサービスしてもらうものなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙うのがポイントです。

また、ハンコ、印鑑証明を用意しておくなどして本気度をアピールしましょう。

予算は伝えるべきか?


値引き交渉をするときに、“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロです。

黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。

ですのでオススメのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。

「予算は○○万円なので、これ以上は出せないです。この予算内でオプションなどもサービスしてくれたら即決するよ」

などと勝負を賭ける方法もあります。

ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。

 

細かいサービスのオマケをお願いする

思うように値引きが引き出せなかった場合でも、

  • ・総支払金額からの端数切捨て
  • ・ボディーコーティング・メンテナンスパック
  • ・登録手数料のサービス・半額
  • ・納車時ガソリン満タン
  • ・ローンを組むなら金利の引き下げ


などは特に契約直前が一番ワガママを聞いてくれるタイミングですから、オマケでお願いするのを忘れないようにしましょう。

オマケお願いイメージ

特にコーティングは、もともと半分がディーラーの利益なこと、納車前の汚れを落とさなくてよくなるなのでサービスしてもらいやすいです。

また、任意保険の加入・切り替えの時期が近いなら、新車購入時にそのディーラーで加入することで、ディーラー・セールスマンの成績となるので、その分値引きを上乗せしてもらえることもあります。

セール・決算狙い

RVRは、期末セールや在庫一掃的なセールを狙うことで値引きを狙うの方法もあります。

決算期も相場以上のビックリするような値引きもあり得ますので
■中間の決算期(8月下旬~9月末)
■年度末の決算期(1月~3月)
■ボーナス時期の6月
■ボーナス&年末商戦期の12月
タイミングを見計らって値引き交渉してみてもいいかもしれません。

納期は?

1~2か月と標準的な納期です。

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!


ディーラーイメージ
新しく車を買うときにはその販売店で今の愛車を下取りに出すことが一般的です。購入と売却をワンセットで行えるので手間もかからずにお得な気もしますが・・・

管理人
実はディーラー査定は安いことが多いってご存知でしたか?

理由は簡単。競合がいないからです。

なのでこの下取りで損をしている人がめちゃくちゃ多いんです。


営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です


管理人
と言われてもその金額が妥当なのか、安いのかプロでもないのにわかりませんよね。


しかし営業マンに言われるがままでは損をしてしまうことも…

下取り額を大幅にアップさせる方法


査定額イメージ図
同じ車でもどこに売るかで査定額は変わります。

下取りに出すときに損をすることなく、むしろ下取り額アップに成功した人に話を聞くとある共通点がありました!

答えは簡単です。複数の車買取店を競合させて愛車の買い取り相場を知っておく。

そうすればその査定額をディーラーにバシッと言うだけであっさり下取り額がアップします。

営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です(この金額で収まれば何十万と儲かるな)


あなた
他の買取店で90万円の査定をしてもらってます。これが見積書です。


営業マン
汗汗。では下取り100万でいかがでしょうか?


あなた
OKです。よし!やった!


これはうまくはまったパターンですが、もしダメでもその時は買取店で売ればいいだけの話なのであなたに損は全くありません。

しかし一軒一軒買取店を回るのは手間も時間もかかりすぎます。

そんなときに便利なのが一括査定サイト。複数の買取業者に出張査定してもらえるサービスです。

管理人
管理人がリサーチした結果、圧倒的に利用者が多かったのはかんたん車査定ガイド(無料)です


かんたん車査定ガイドが選ばれている理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・最大10社の買取店から最高査定額を選べる
・東証一部上場企業グループが運営
・電話がかかってくるのが面倒な人はメールだけで対応可能

↓かんたん車査定ガイド公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
無料の一括査定サービスを知らなかったがために、下取りで安く買いたたかれて 「あのとき買い取り査定しておけば・・・」 と後悔している人は多いです。 やったもん勝ちで、100%損をすることのないサービスですのでぜひ活用してください

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「かんたん車査定ガイドって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

新型RVRはダイナミックシールドフェイス

新型RVRは2010年から販売を開始した三菱としては最も小さなSUVで、全幅のみ3ナンバーサイズの5人乗りの5ドアハッチバックとなっています。

前輪駆動車と四輪駆動車が用意されています。
エンジンは1.8リッターのものを搭載し、139馬力を発生。

変速機は6速スポーツモードCVTで、最も燃費の良いグレードで15.4kmを記録しています。

2017年のマイナーチェンジによってダイナミックシールドと呼ばれる新たな三菱のデザインテーマに合わせたデザインが採用されました。

評判、評価は?

販売面ではライバル車に大きく差をつけられた感があり、現在ほとんどのメーカーが参入している小型SUVのジャンルでは影に隠れた印象になっています。

評価サイトでのユーザー評価はエクステリアデザインと走行性能への評価は高めですが、燃費の評価は低めです。

ハイブリッドやディーゼルなどを搭載したライバル車が多数販売されている中で、今回のマイナーチェンジでもエンジン周りや燃費には変化がなかったため、今後時間の経過とともに他車との相対的な評価は下がってしまうかもしれません。
RVR03

コスパで選ぶならMグレード

RVRのMグレードはGグレードより20万円ほど安価となっています。

インテリアの本革巻ステアリングが装備されず、メーターのマルチインフォメーションディスプレイが単色表示になり、マニュアルエアコンになるなど様々な部分が省略されていますが、燃費や走行性能は同じなためコスパ的には有利と言えるでしょう。

また、自動ブレーキなどの予防安全装備はRVRには搭載されないため、装備面において上位グレードの決定的な差が少ないともいえます。

オプション設定されている純正カーナビは30万円台と高いため、一般的なメーカーのカーナビの装着をしたほうが安くあがるでしょう。

また、カーテンエアバッグは装備可能なので装備がおすすめです。

リセールを考えて選ぶならGグレード

RVRのGグレードは低価格のMグレードより装備が充実しており、HIDヘッドライトやカラーマルチインフォメーションディスプレイ、オートエアコンなどのポイントでリセールはやや高いといえるでしょう。

本革シート生地をもった運転席パワーシート、座面・背もたれ面に設置された運転席助手席シートヒーターとフロアコンソールボックスが装備されるフルパッケージはリセール面で特に本革シートのアピール度が高いといえるでしょう。

パノラマガラスルーフもフルパッケージはでは装備可能です。小型SUVでは装備例が少ないため、アピールポイントになるかもしれません。

カーナビは純正ナビのリセールの良さ家導入費用の安いものかはバランスを取って考えたほうが良いでしょう。

どんな人向けの車か?

RVRは5人乗りの3ナンバーの幅を持つコンパクトなSUVで、大型ミニバンなどと比べて燃費がよく、取り回しが良いので通勤用途などにも使えますし、レジャーにも使える幅広い用途を持った車です。

スライドドアを装備しておらず、室内の広さが売りの車ではないため、家族の送迎用途であったり、常に5人乗るような家庭にはあまり向いていないかもしれません。

車体サイズ的には一人暮らしから4人家族あたりに適した車で、価格帯は230万円程度からなのである程度若い世代も視野に入れた車と言えます。

安全装備は?

RVR06
オプション装備のSRSサイド&カーテンエアバッグや標準装備のニーエアバッグなど、3つのエアバッグが装備でき、エマージェンシーストップシグナルシステムや、ライト系の装備で左右方向も含めてより広範囲に光が届くスーパーワイドHIDヘッドライトが装備可能です。

一方、エマージェンシーブレーキシステムや、車線維持システム、自動車間距離調節システムなどは搭載することができません。

ボディは衝突安全強化ボディを採用していますが歩行者衝突被害軽減に関しては特に記載されていません。

収納スペースは?

RVR07
リヤシートは6:4分割可倒式で、二人乗車時には奥行き1510mmの荷室を用意することが可能で、三人乗車時にはシートを片側だけ格納することができます。

ルーフレールが装備できるため、積載量を大幅に増やすことが可能です。

荷室はフラットで使いやすさに配慮しており、さらに床下収納的なラゲッジフロアボックスが用意され、濡れたものなどの収納に役立ちます。

フロントのコンソールボックス、アームレストのカップホルダーなど小物の収納スペースも用意されています。

荷室に設置されたラゲッジフックで荷室の荷物を固定可能です。

居住性・快適性は?

RVRは日産ジュークやトヨタC-HRなどと比べて後席の窓が大きく、視界が良くなっています。

運転席はパワーシートとなっており、助手席とともにシートヒーターが座面と背もたれ面に設置されているなど、特にフロントシートの居住性は高められています。

またリアシートは二段階ではありますがリクライニングが可能で、センターアームレストも装備されています。
メーカーオプションにパノラマガラスルーフという大型のガラス屋根が装備できる点は同クラスのSUVにはない快適性を上げる装備です。

走行性能・エンジン性能は?

RVRに搭載されているエンジンはすべてSOHCの1.8リッターエンジンで139馬力を発生しているのですが、これに近いクラスのトヨタC-HRの1.2リッターターボ車やホンダヴェゼルの1.5リッターガソリン車よりも馬力があり、燃費面で劣っているもののパワフルな走りが可能です。

SOHCエンジンということを考えると低回転のほうが得意という面もあります。

変速機は6速スポーツモード付きCVTとなっていますが、CVTはこのクラスのSUVでは標準的な装備のため、乗った感覚が好みであるか以上にはアドバンテージはないともいえます。

優れているところは

日産ジュークやホンダのヴェゼルやトヨタC-HRなどのデザイン重視型のSUVと比べると実用的なデザインで後方視界も十分に確保されている面は優れている面の一つです。

ガソリン車として1.8リッターの139馬力はこのクラスのライバルとなるSUVと比べると比較的高出力であることも利点です。

このクラスで本革シートを装備できることも優れている面で大型ガラスルーフが搭載できることは他にない特徴です。

RVR01

物足りないところは

ボディの安全性自体は高いのですが、いわゆる自動ブレーキなどの先進安全装備が搭載されておらず、ライバル車に大きく遅れを取っている面があります。

また、燃費の面でもハイブリッドやディーゼルに追いつけないのは致し方ありませんが、ガソリン車としてそれほど優れた数値ではありません。

1.5リッターなどのエンジンの搭載で燃費向上を目指しても良かったかもしれません。
また、今回のマイナーチェンジで外観の変更がありましたが、メカ部分はほとんど変更がなかったことも物足りない部分です。

実燃費は?

RVR02
新型RVRの燃費は14.4km/Lから15.4km/Lとなっています。
この数字はSUVとしては決して低い数字ではないので、実用性はあると思います。

アウトランダーの弟分となるRVRですが、総合評価は高く維持しています。

知名度があまり高くないが故に売上台数が上がっていませんが、実力的にはもっと売れていいクルマです。

HVではないので、燃費やエンジン音に物足りなさを感じてしまうかもしれませんが、実際に乗ると想像以上に満足感を得られる車です。

ダサい?デザインや内装は?

RVR04
新型RVRの内装は車体価格の割には質感がよく評判が良いです。

高級感のあるデザインとまでは言えませんが、無難なデザインで男性陣には好評です。

車体価格が高くないだけに、あまり高い質感を求めない方が良いですが、同等クラスの車と比較すると少し物足りないように感じます。

しかし、派手さがない故に飽きが来ないのでずっと楽しんで乗ることのできる車でもあります。
RVR05


メニュー