クルドラ

実際に確認して初めて気づいたN-WGN(ワゴン)/カスタムの良くないところ6つ!【女性の意見付き】

7月から特別仕様車も追加され、ますます人気の出ているN-WGN/N-WGNカスタム。

勢いで買ってしまいそうになりますが、後で嫌なところに気づきそうで心配じゃないですか?

管理人
実は管理人もN-WGNの購入を考えていて近くのホンダディーラーに奥様(31歳)と一緒に実車を見に行きました。

これから購入しようとしている方に、N-WGNのここが気に入らないなら購入を控えた方がいい

という点をまとめましたので、見ていただければと思います。

バックカメラの画質が悪い

引用:価格.com
メーカーで装着するバックカメラ(リアカメラ)の画質が荒いのが不評です。

「今の時代何ギガの画質と思うほどの画像が出てきてすごく残念」

「ホンダ・スバルの純正カメラのい画像はいまいちとの評判」

「前車(旧型Nbox)よりも画質が悪くなった。ナビも純正8インチをつけてるのに」

「夜間の映像が光って見づらい」
などの口コミが出ています。

気になるならオートバックスなどのカー用品店でカメラの画素数の大きいものを買って取り換えた方が良いと思います。

奥様にも「女性の意見」を聞いたところ、

奥様
ちょっと見づらいけど、ずっと見ているわけじゃないし気にならないかな

ということでした。

ライバル車よりも値段が高い

 

 

「ムーブ等のライバルより価格が高い」
「装備は良いけど値段をもう少し下げて欲しい」

最も売れているG・Lパッケージに人気色のプラチナホワイト・パールを選んだだけで150万円になります。

N-WGNカスタムならさらに20万円ほど高くなります…。

N-BOXと比べるなら安い気もしますが、ムーヴやワゴンRなどのライバル車と比べても割高な感じを受けます。

 

斜め後方の視認性が悪い

 

N-WGNには、ラゲージスペース付近にガラス窓がなく、デザイン性重視なので、斜め後方の視界が少し悪くなっています。

ムーブやワゴンRには小さなガラス窓があるので同じようにイメージしていると買った後で

「斜め後ろが見づらいな…」

ということにもなりかねません。

駐車技術にあまり自信がない方は試乗でチェックしてから購入された方が良いでしょう。

奥様
バックカメラもあるし、視界も言うほど悪くないからこれなら大丈夫!

 

チップアップ機能がないなど、後席の使い勝手が悪い

チップアップとは「はね上げ」のことで画像のように後席をはね上げてたくさん荷物を積めるようにできる、ホンダの軽自動車オリジナルの機能ですが、残念ながらN-WGNにはこの機能が付いていません…。

画像は同じNシリーズのN-BOXのものです。

代わりにN-WGNには下の画像のように後部座席にアンダートレイが付いています。

こちらは靴や傘を置く用ですね。特に濡れた傘を置けるのは便利ではあります。

どちらがいいか奥様に聞いたところ、

奥様
 後席がしまえるよりも、アンダートレイの方が実用的だよ。使う回数が全然違うし

とのことでした。やはり実用性を考えるとちょこちょこ使えるアンダートレイの方が便利なのかもしれませんね。

スポンサーリンク

差別化と言ってしまえばそれまでですが、チップアップの方がなにかの時に荷物をたくさん積めるので必要になる機能だという口コミが多いです。

ただ、N-WGNには床下収納もかなりあるのでそこまで気にしなくていいんじゃないかなというのが管理人の意見です。

フルフラットにならない

後席の背もたれを倒しても、ラゲッジスペースから前席にかけてフルフラットにならないのは残念です。

 

ワゴンRは、ほぼフルフラットになりますし、ムーヴはフロントシートをフルフラットにしてロングソファーモードにすることができるので、ライバルたちと比べると少し物足りないのかなという気がします。

左右独立してスライドしない

スライド機能が標準装備されているのでスペースを確保できますが、座面が左右一体型で片方だけスライドさせることができません。

これはこれで一度で座席を移動させたいときなどは楽というメリットもあるのですが、あまり良く思っていない口コミもありました。

特に後席の片方に乗車して、もう片方をスライドさせて荷物を置く、といった使い方をしたい人には使いづらいかもしれません。

奥様
 3人で乗って長めの荷物を積みたいってシチュエーションがほとんどないんじゃない?

 

シティブレーキアクティブシステムは歩行者対応していないのが欠点

N-WGNには、あんしんパッケージと呼ばれる安全装備が採用されていてその中にシティブレーキアクティブシステムがあるのですが、約30km/h以下での前方車両との衝突の回避・軽減を、自動ブレーキで支援してくれる機能ですが、これが歩行者や自転車に対応していないのが残念な点です。

 

ムーブやワゴンRは歩行者に対応しているだけでなく、作動するスピードも50~80km/h以下と機能性も高いです。

 

奥様
 確かに50km/hくらいまでで歩行者対応だったらうれしかったかも

毎回ECONモードがONになる

N-WGNはエンジンをかけるたびにECONモードのONになるようになっています。

特にエンジンが温まるまではパワー不足だしECONモードを使わない人も多いので、

「自分で設定できるようにしてほしかった」

という口コミが多いです。

ハンドルの右側にあるボタンを押すだけなので、ON/OFFするのは簡単ですが、毎回やらないといけないので不便に感じている人が多い印象です。

 

少ないがマイナスの口コミ

「ムーヴに比べて静粛性で負けている」

「スライドドアを付けてほしい」

「後部座席のすわり心地が硬く、乗り心地が悪い」

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>N-WGN(N-ワゴン)の値引き相場は?評価、評判をチェック!

N-ワゴンを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

N-ワゴンの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「ナビクル車査定」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽ナビクル車査定の公式サイトはコチラ▽

 

スポンサーリンク

メニュー