クルドラ

N-BOXの【グレード別】値引き相場レポート!2142件の実販売データから合格ラインを算出!

最終更新日 2021/10/26

現在日本での新車販売台数において絶対的な王者に君臨しているのがホンダN-BOXです。

ライバル達も次々とモデルチェンジしてN-BOX追撃を試みますが、今のところどのクルマもその牙城を崩すには至っていません。2020年末には初のマイナーチェンジが行われ、そのリードを更に広げようとしています。

そんなN-BOXの購入を考えている方が一番気になっているのがどのくらい値引きが可能なのかですよね。

そこで今回はN-BOXの

  • ・値引きの相場、限界
  • ・商談・交渉のコツ
  • ・実際の購入者の口コミ

特にこの辺りの情報を包み隠さずご紹介します!

どうしてこんな普通はわからないようなリアルな情報を書けるかというとそれには理由があって…

管理人
実は管理人友達ホンダ営業マンをしているのです。なので現場リアルな情報が入ってきます。

このページは最新値引き情報とN-BOXのおすすめポイントだけにフォーカスしていますので最後まで見ていただけると嬉しいです!

値引きの相場・限界は?【2021年10月最新】

N-BOX値引き相場はズバリ

車両本体 18万円
オプション値引き 20%

合格目標になります。※カスタムも同じ

値引き難易度:普通

昨年末にマイナーチェンジがありましたが、フルモデルチェンジから間もない強力なライバル達との競争は激しく値引き条件がそれほど引き締まることもなく、最初から二桁は出ています。

地方よりも大都市圏のほうが緩い傾向ですので、足を延ばせる方は都市部販売店を攻めると成果が得やすいです。

値引き率も約11%と軽にしては緩めです。

「ベタだけど、スペーシアと競わせるのが営業マンに響いた」

「N-BOXの同士討ちがもっとも好条件を引き出せた!」

などの口コミが上がってきています。

グレード別の値引き相場

N-BOX(標準)駆動車両本体価格(税込み)値引き相場
(オプション含まず)
GFF142万8,900円16万円
4WD156万2,000円17万円
L(1番人気)FF155万9,800円17万円
4WD169万2,900円18万円
GスロープFF162万9,000円18万円
4WD175万0,000円18万円
EXFF165万8,800円18万円
4WD179万1,900円18万円
LスロープFF174万8,000円18万円
4WD186万9,000円19万円
LターボFF175万8,900円18万円
4WD189万2,000円19万円
L(コーディネートスタイル)FF177万9,800円18万円
4WD191万2,900円19万円
EXターボFF180万9,500円18万円
4WD194万2,600円19万円
Lターボ(コーディネートスタイル)FF188万9,800円19万円
4WD202万2,900円20万円
Lターボ・スロープFF192万9,000円19万円
4WD205万0,000円20万円
Lスロープ(コーディネートスタイル)FF194万8,000円19万円
4WD206万9,000円20万円
管理人

グレードの違いがよくわからない方は下の記事を参考にしてください。

参考⇒N-BOXのおすすめグレードを価格、装備で比較して検証!後悔しないために選んでおきたいのは?

管理人

ワンポイント


コロナ禍と半導体の供給不足のダブルパンチで中古車価格が高騰しています。
新車を売りたい販売店は大幅値下げで攻めてくる場合も。
下取り車の査定額も高くなっていますので買い替えのチャンスです。

"カーナビ無料装着"や"期間限定の低金利ローン"などのキャンペーンは誰でも付けてもらえるものなので、満足せずに本体値引きを狙うのが鉄則です!
ちなみにこの目標金額は、月間自家用車、情報誌グーネット、ザ・マイカー、ベストカー、オートックワン、価格.com、みんカラ、管理人独自の聞き取りなどから値引き額の上位30%の平均で出しています。

もちろんグレードやオプションによっても差が出ますし、値引きが目標に届かない場合もありますので、その時は他のサービスを付けてもらうなどで頑張りましょう。

ライバル車種と競合させるのが基本!

ライバル車種との競合値引きを引き出す際に効果的なのはタントルークススペーシア直球ライバル変化球としてはムーヴキャンバスなども検討してはいかがでしょう。
昨年12月マイチェンしたとはいえ、直球ライバル4車の中では一番デビューが古いN-BOX。この辺りを攻めどころにライバルを前面に出し、より競争意識を煽り値引きを引き出しましょう。

営業マンどちらにするか本気で悩んでいると思わせれば、成約を勝ち取るためさらなる好条件が出る場合もあります。

管理人

それぞれの車に良いところと悪いところがあるので

「N-BOXの悪いところが気になる…」風を装えばばっちりです。

欠点、不満点に関しては下の記事を参考にしてください。

参考⇒買って後悔しないために知っておきたい!新型N-BOXの不満点、欠点のまとめ

大きな値引きを狙うならN-BOX同士を競合させる

ライバル車による競合でうまくいかなかったときでも、経営資本の異なるホンダ店同士競わせる方法は切り札になります。
N-BOX全ホンダ店で扱われていて、ホンダカーズ○○○○部分が少しでも違うところが別資本=別会社です。その複数店舗を回り他店ではここまで値引きしてくれたよということを伝えればさらに条件が良くなることも期待できます。

近所に知っているお店がなければ、ホンダ公式サイトから店舗が検索できます。

⇒ Honda|クルマ|四輪販売店検索|検索結果

郵便番号、または都道府県市町村を選択すると近くの店舗一覧が出てきます。
たとえば、東京都豊島区の店舗を検索するとこんな感じです

画像の3つの店舗名称に注目してください。この3店舗の内、社名の違いから真ん中のお店だけ経営資本が異なる店舗なのが分かります。つまり豊島店駒込店値引き枠は同じでも、飯田橋店違う枠が設定されている可能性です。
もし近くに店舗が少なくても、隣の県まで足を伸ばせば必ず別会社は見つかります。
隣県まで越境できない方も、ホンダ新車を扱っているサブディーラー整備工場中古車販売メインとするいわゆる町のモーター屋さん)なら十分競合させることができますので、近くにあればぜひ行ってみましょう。

購入者

「経営の異なるホンダディーラーで同士競合に成功!」
長野県 40代 男性
購入したグレード:カスタム Lターボ
値引き額:15万円
サービス:フロアマット
感想:普通のミニバンに乗っていましたが、代車で借りたスーパーハイト軽に乗って目からウロコ。維持費も安く普段の使用に何ひとつ過不足ないことを実感し、車検のタイミングで乗り換えることにしました。

各社から色々なモデルが出ていたものの、ダントツで評価の高いN-BOX一択で検討することに。自宅から比較的近い場所にホンダディーラー2店舗あったのも理由のひとつです。

早速A店B店を訪れたわけですが、どちらも値引き額は大差なく下取り車の査定納期の見通しもほぼ同じでした。ただ翌日からは、A店の営業さんからは連絡をもらうのですが、B店からは音沙汰なし。週末に再び両店を訪問しようと思い、先にA店へ行った際「お客さんはA店で担当しますので、もうB店に行かれる必要はありませんよ」と営業さんから告げられました。
よくよく聞くとA店B店同じ会社のディーラーで、自宅の住所から担当店を振り分けているとのこと。どうりで条件が全部同じはずです。店の雰囲気はかなり違ったのですけどねぇ。
そうであればと思い調べると、会社の側のディーラーC店はまったく違う系統のお店と分かりました。自宅からは遠いのですが、会社帰りに訪問してA店の条件を伝えると一気に値引き5万円もアップしました!

思わず契約しそうになりましたが、一応翌日にA店を訪問して営業さんにC店の条件を伝えたところ、やっと真剣になったようです(笑)。奥へ引っ込み十数分後、店長さんらしき人を伴って戻られると「この場で決めてもらえるなら」との前提で希望額+フロアマットのサービスの提示。

C店ともう一往復しようかとも考えましたが、やはり後々自宅から近いお店の方が便利だと思い契約しました。店舗が違っても経営母体が同じだと意味がないのを実感した商談でした。

オプション値引きはマスト

オプションからの値引き車両本体値引き同様、大切なポイントです。

ホンダはよくキャンペーンでオプションサービスなど行っていますが、そこで満足する事なく交渉し実質的な高額値引きに繋げましょう。
N-BOXの場合は選択用品価格概ね15〜20%程度目標に交渉します。

また、契約直前だけに通用するやり方ですが、このオプションをサービスで付けてくれたら契約するよと言えば、ちょっとしたアクセサリー類なら付けてもらえることもあります。
具体的には

・マッドガード
・ドアハンドルプロテクションカバー
・ブラックエンブレム
・ルームミラーカバー
・アームレストコンソール
・シートコンソール
・オールシーズンマット

などがねらい目です。
もちろんサービスなので、あまり贅沢は言わずに簡単に付けられるものを狙うのがポイントです。ハンコを用意しておくなどして本気度アピールしましょう。

管理人

どのオプションを付けるかまだ決めかねている方はこちらの記事を見てから決断してくださいね。

参考⇒N-BOXのおすすめオプション【リセールバリューも考えて】

購入者

「合計10万円分の付属品が無料サービスに」
京都府 50代 男性
購入したグレード:G 4WD
値引き額:13万円
サービス:フロアカーペットマット、ドアバイザー、マッドガード他
感想:10年使ったホンダライフがくたびれてきたので、乗り換えを検討。以前からN-BOXがいいなと思っていたので、付き合いの長いホンダ店で相談してみたところ、N-BOXはモデルチェンジ直後で納期2カ月近く掛かるとのこと。
それでは車検に間に合わないため、即納可能なN-WGNでもいいかなと考え始めましたが、セールスさんから「新型N-BOXキャンセルが出たのでいかがですか」と連絡が入りました。

これ幸いと思いましたが現車を確認すると4WDでした。グレードと色は希望どおりながら4WDはそれほど必要性を感じていませんし、車両本体価格も約13万円ほどアップになります。そのことをセールスさんにアピールすると、特別にFF車同額まで値引きしますとの条件提示。
少しグラッと来ましたが、もともとFFでいいと思っていた者からすると”それでいいのか?“という気も・・・
そこでダメもとで付けようと思っていた純正付属品を「全部サービスしてくれたら決めます」と迫ってみました。フロアマットやドアバイザーなど総額では10万円近くになるところ、まぁ半額くらいになればヨシと考えていましたがまさかの”OK!“。
同店での乗り換えなため特別サービスとのことでした。考えてみれば私の住む地区でも年に何度かは雪に見舞われることもあるし、4WDもいいかなと思えるようにもなりました。車検には間に合い、好条件で希望の新型N-BOXを手に入れることができ今回はラッキーでした。

細かいサービスのオマケをお願いする

思うように値引きが引き出せなかった場合でも、契約直前が一番ワガママを聞いてくれるタイミングですから、

  • ・総支払金額からの端数切捨て
  • ・ボディーコーティング・メンテナンスパック
  • ・登録手数料のサービス・半額
  • ・納車時ガソリン満タン
  • ・ローンを組むなら金利の引き下げ


などはオマケでお願いするのを忘れないようにしましょう。



特にコーティングは、もともと半分がディーラーの利益なこと、納車前の汚れを落とさなくてよくなるのでサービスしてもらいやすいです。

また、任意保険の加入・切り替えの時期が近いなら、新車購入時にそのディーラーで加入することで、営業マンの成績アップになるので、その分値引きを上乗せしてもらえることもあります。

予算は伝えるべきか?

値引き交渉をするときに“こちらの予算を伝えない”というやり方もありますが、営業マンもその道のプロです。黙っていてもおおよその予算は見抜かれます。

ですのでおすすめのやり方としては、これは営業マンにはもしかしたら嫌われてしまうかもしれないのですが、最初に少なめの予算を伝えて値引きを引き出しましょう。
予算は○○万円なので、これ以上は1円も出せません。オプション品込みでこの予算内に収まるなら即決するよ
などと勝負を賭ける方法もあります。ちょっとやり過ぎかな?と思うくらい無理めの予算を伝えてしまっても意外となんとかなることも多いです。

納期は標準的

1~3カ月と標準的な納期です。世界的な半導体不足で新車の納期遅れが聞かれる中、この納期なら優秀です。さすがホンダの看板車種だけにN-BOXは工場で優先的にフル操業されているようですね。

今は買ってもいい時期

N-BOXマイナーチェンジしたばかりなので、値引き額は当面大きくは動きません。しばらく待てば値引きが大きく増える…ということもなさそう。

むしろライバル達進化も目を見張るものがあり、王者N-BOXといえども話の分かる商談が行われています。

新古車を狙うという手も

新車購入する際、新古車登録済み未使用車を狙う方法もあります。実体としては中古車となりますが、ほとんど走行していないタマも多く、納期が極端に短くなるのもメリット。

特に軽自動車新古車が多く、中にはその専門店もあるくらいです。N-BOXのような人気車種は完売確実なので、ボディカラーグレードもかなり幅広く展示されていることもあります。

そんな新古車低距離走行中古車を狙うなら「ズバット車販売」がオススメです。

>>N-BOXの登録済み未使用車を無料で探す

※ズバット車販売は、欲しい車の条件を可能な範囲で登録して待つだけで、車探しのプロが非公開車両を含む膨大な車両情報から、希望の未使用車、中古車を探してくれるサービスです。

スポンサーリンク

ディーラーで下取りすると安く買いたたかれることが多い!


ディーラーイメージ
新しく車を買うときにはその販売店で今の愛車を下取りに出すことが一般的です。購入と売却をワンセットで行えるので手間もかからずにお得な気もしますが・・・

管理人
実はディーラー査定は安いことが多いってご存知でしたか?

理由は簡単。競合がいないからです。

なのでこの下取りで損をしている人がめちゃくちゃ多いんです。


営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です


管理人
と言われてもその金額が妥当なのか、安いのかプロでもないのにわかりませんよね。


しかし営業マンに言われるがままでは損をしてしまうことも…

下取り額を大幅にアップさせる方法


査定額イメージ図
同じ車でもどこに売るかで査定額は変わります。

下取りに出すときに損をすることなく、むしろ下取り額アップに成功した人に話を聞くとある共通点がありました!

答えは簡単です。複数の車買取店を競合させて愛車の買い取り相場を知っておく。

そうすればその査定額をディーラーにバシッと言うだけであっさり下取り額がアップします。

営業マン
コチラのお車の下取りは70万円です(この金額で収まれば何十万と儲かるな)


あなた
他の買取店で90万円の査定をしてもらってます。これが見積書です。


営業マン
汗汗。では下取り100万でいかがでしょうか?


あなた
OKです。よし!やった!


これはうまくはまったパターンですが、もしダメでもその時は買取店で売ればいいだけの話なのであなたに損は全くありません。

しかし一軒一軒買取店を回るのは手間も時間もかかりすぎます。

そんなときに便利なのが一括査定サイト。複数の買取業者に出張査定してもらえるサービスです。

管理人
管理人がリサーチした結果、圧倒的に利用者が多かったのはナビクル車査定(無料)です


ナビクル車査定が選ばれている理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・最大10社の買取店から最高査定額を選べる
・東証一部上場企業グループが運営
・電話がかかってくるのが面倒な人はメールだけで対応可能

↓ナビクル車査定の公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
※査定額だけ確認してすぐに売らなくてもOKですよ!
管理人
無料の一括査定サービスを知らなかったがために、下取りで安く買いたたかれて 「あのとき買い取り査定しておけば・・・」 と後悔している人は多いです。 やったもん勝ちで、100%損をすることのないサービスですのでぜひ活用してください

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「ナビクルって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・中間コストがない直接取引
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)に査定を申し込む↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください

N-BOXの魅力はココだ!

引用:https://kei-passion.com/

令和3年の現在、国内自動車販売台数において圧倒的な強さを誇るのがホンダN-BOXです。

世間ではコロナ禍で落ち着かない日々が続いていますが、そんな状況もどこ吹く風と言わんばかりに2020年も含め4年連続新車販売NO.1軽自動車マーケットに限定すれば6年連続を継続中。2016年ホンダ史上最速100万台突破を記録したのも束の間、今年5月にはシリーズ累計200万台を超える正に”モンスターモデル”です。

2017年には初のフルモデルチェンジが行われ、2代目モデルへと移行。エクステリアデザインこそキープコンセプトを感じさせますが、その中身は異例全面刷新。異例と言うのは初代モデルにはプラットフォームエンジンともに新開発のものが投入されていて、普通のクルマのサイクルを考えれば2代目3代目くらいまではキャリーオーバーされるものですが、N-BOXはそれらを一代限り刷新してしまったのです。

引用:https://www.webcartop.jp/

コスト的にはやや不採算なことも窺えますが、それもこれも初代モデルが売れに売れて資金が潤沢であったこと。さらにホンダN-BOXにかける意気込みは相当なものであったとも感じさせます。

2017年に登場した2代目モデルは、その時点でもちろんクラス最強のスペックを備えていたのは間違いありませんでしたが、強力なライバル達も次々にフルモデルチェンジを行いN-BOXに勝るとも劣らないモデルに進化してきました。

そこで絶対王者地位を不動とするべく、N-BOX2020年末マイナーチェンジの実施となります。

引用:https://dressup-navi.net/

フロントマスクを中心にリファイン

2代目N-BOX全体のディメンションは初代同様、軽自動車規格目一杯ですが全高はFF車で+10mm、4WD車で+15mmさらに引き上がり、4WDはついに1,800mmを超えてきました。

このジャンルの慣例どおりN-BOXにもノーマルカスタムが設定されていますが、マイチェンによりどちらのエクステリアも変更を受けました。

まずノーマルは従来からの丸目温和な表情に変化はありませんが、ヘッドライト内部円形エクステンションがやや大きくなった他、グリルのデザインも変わりメッキの加飾部分が増えています。またフロントロアグリルに横長基調のメッキバーも追加となっていますが、パッと見でマイチェン前を識別できるほどの変化とは言えません。

これに対しカスタムの方はもう少し変更幅は大きく、アッパーグリルメッキを二段構えにして立体化中央部グリルを横方向へワイドにしたことでバンパーも新造されています。またその際、ナンバープレート位置を右よりのオフセットから中央へ移動させました。

カスタムリヤバンパー下部にもメッキバー加飾を加えています。

インテリアの変更はカラーリング

インテリアのマイチェンによる変更箇所は主にカラーリングの見直しとなり、ノーマルはこれまでの明るい色味からダークブラウンへと刷新され、やや落ち着いた雰囲気となりました。また、インパネにあったホワイト系加飾ステアリングスポーク部へも追加し、差し色がコーディネートされています。

引用:https://car.motor-fan.jp/

カスタムブラック基調のカラーリングに変更はなく、加飾マルチブラック塗装されたものへ変更。シートアクセント材ガンメタのものへ変え、内装全体の色調を揃えて質感を高めてきました。

マイチェンのタイミングからノーマルカスタム双方へシートバックテーブル標準装備されることになったのも朗報です。

低床化が生み出すパッケージングの妙

N-BOXの最大の魅力とも言えるパッケージングについては従来どおりですが、ホンダ自慢センタータンクレイアウトが生み出す低床設計は未だに他車にない強み。荷室高に余裕があるのでバックドアから大きな荷物自転車等の積み下ろしは楽ですが、N-BOXなら後席チップアップ機構が付くためリヤドアから、高さのあるベビーカーなどを積み込むことだって可能です。

引用:https://www.hondacars-tokyochuo.co.jp/

2017年2代目が登場した際に話題となったスーパースライドシートは、助手席570mmもスライドさせることができ、前席から後席へのコンタクトを容易にするものでしたが、後発ライバル達運転席(タント)や後席(ルークス)と位置を変えて同様の機能を持ち込んでいるため、もはやオンリーワンの装備とは言えなくなりました。この辺は競争の厳しいセグメントであることを感じさせますね。

パワートレインは制御系のブラッシュアップ

エンジンに関してはマイチェン前から変更なく、直3DOHC660ccS07B型が搭載され、NA(自然吸気)とターボ2種類を用意しています。ともにCVTとの組み合わせです。

引用:https://dressup-navi.net/

スペックも従来同様で、軽初VTEC機構を持つNAユニットは最高出力58PS、最大トルク65Nmターボユニットが最高出力64PS、最大トルク104Nmを誇ります。スペックに変更はないもののターボでは燃料蒸発量を抑制する環境対応が実施されています。
エンジン以外のパワートレインでは、アクセル開度にリニアに反応する”Gデザイン制御”とブレーキ時にシフトダウンを行なう”ステップダウンシフト制御”がCVTへ採用されています。それ以外にもドライブシャフトなどの改良による低振動・低騒音化など、商品力向上を目指したブラッシュアップも実施されています。

ホンダセンシングもアップデート

2代目から全車標準となったホンダの先進安全装備である”Honda SENSING”は最新バージョンへアップデート。後方誤発進抑制機能では、従来の2センサーから4センサー化することでパーキングセンサーとしても活用できるようになり、車線維持支援システム等が高速道路なら120km/hまで対応するなど各機能がリファインされています。

引用:https://www.car-and-driver.jp/

さらに後席置き忘れをメーター上で注意喚起する「リアシートリマインダー」など、普段の生活で役立つ機能もさり気なく追加されているのはさすがです。

N-BOXのおすすめグレードは?

軽自動車の中にはノーマルだとターボ仕様がなく、カスタムだけに設定とするモデルもありますがN-BOXはどちらにもNAターボ選択可能なのはうれしいところ。そのためターボが欲しければカスタムを選択するしかない、といったことで悩むことはなくグレード間装備ノーマルカスタムはほぼ同じ。あとはご自身のお好みデザインラインを選択するだけです。

丸目がアイコンのノーマル新型フィットにも通じる”ほっこり系デザインで、女性を中心に好まれそうな雰囲気です。

引用:https://www.nextage.jp/

対してカスタムダーク系ボディカラーが多く、外装もメッキ加飾が目立つせいか男性ユーザーが好みそうなデザインです。とは言えN-BOXカスタムはライバル車のそれに比べて「オラオラ感」は薄め。むしろ抑揚の効いたバランスが絶妙でオラ感よりも上質感を覚えます。

ノーマルカスタムは同グレードの価格差が約21万円カスタムには標準アルミホイール8スピーカーシーケンシャルターンランプ、エアコンのプラズマクラスター機能LEDフォグライトインテリアイルミネーションなどの装備が上乗せされるため、専用エクステリア専用インテリア加飾に伴うコストアップはそれほどでもなく、これで21万円差なら妥当価格設定と言えます。

引用:https://www.jcar.co.jp/

NAターボについてですが、N-BOXNAエンジンホンダ自慢のVTEC機構付なのでパワー燃費、双方に長けたユニットであるのは間違いありません。ですが仮にカスタムを選ぶなら、その外観に見合う”運転の楽しさ”まで担保してくれるのはやはりターボでしょう。1.0ℓNAエンジンに匹敵するパワーなら、家族4人のフル乗車での高速も不足なし。またアルミ15インチへアップするため、走行安定性も向上します。

N-BOXのもう一つの選択肢スーパースライドシートを付けるかどうかです。前述のとおりスーパースライドシート助手席スライド量が増えるわけですが、小さなお子さんのいる世帯ならとても便利な機能。またそうでなくとも通常N-BOXのシートは「ベンチシート仕様」ですが、スーパースライドシートならフロント左右シートが独立した「セパレート仕様」になります。走行中のホールド感などはセパレートの方が優れていることはあるでしょう。

引用:https://car.motor-fan.jp/

スーパースライドシートが必要ならノーマルでも、カスタムでも、NAでも、ターボでもEXグレードを選択することになります。

リセールバリューは視界良好!

リセールバリューを基準に考えた場合は、総じてN-BOXの評価は高く3年落ち買取価格の平均が70%前後で安定していて、今もっとも安心して買える1台と言えます。
3年落ちと言えば先代モデル後期あたりも含まれますが、N-BOXに関しては先代値落ち率が低いことも特徴。さすがにモデルチェンジ直前まで月間1万台以上のセールスを記録していただけのことはあります。

細かく見るとノーマルよりもカスタムの方がやはり評価が高いのは分かりますが、逆にグレードFF4WDかなどでは目立った差はないようです。反面カラーについては、N-BOXもご多分に漏れず人気が突出しています。

引用:https://k-smile.jp/

結論としては、N-BOXおすすめは「カスタム」「ターボ」「ブラック」。ここを抑えておけばグレードお好みでと言ったところです。

新設定のコーディネートスタイル

マイチェンのタイミングで従来の2トーンモデル進化しています。名称も「コーディネートスタイル」となり、これまではルーフミラー色変更だけであったものがグリルホイールインテリア加飾変更も加え、その名のとおり車両全体をコーディネートするものです。

ノーマルのエクステリアはブラウンルーフへと統一し、専用のスチールホイールメッキドアハンドルを追加。インテリアはブラウン色調塗装加飾シート表皮が採用されています。

引用:https://car.watch.impress.co.jp/

カスタムの方は外観のメッキ加飾をすべてダークメッキへと変更、アルミも切削ブラッククリア塗装の専用品に。インテリアは軽初となるフル合皮のシートにマルチボルドー塗装加飾を加え、高級感あふれるスタイルを実現しています。

惜しいのはコーディネートスタイルには、EX系に備わるスーパースライドシートの設定がないことでしょうか。

ライバル比較:先進装備満載の日産ルークス

軽自動車どころか全乗用車を合わせても絶対王者と呼べるN-BOXですから、全ての軽メーカー打倒N”を掲げて新型モデルを投入していると言っても過言ではないでしょう。

軽スーパーハイトクラスは他にもタントスペーシアなどビッグネームが揃いますが、本稿ではセグメント最新モデルの日産ルークスを取り上げます。

引用:https://kuruma-news.jp/

現行ルークス2020年初頭にフルモデルチェンジされた3代目モデルです。設計製造は三菱自動車と協業の軽自動車開発会社NMKVになりますが、今回の3代目は初めて日産が開発の主導を務めて完成した正真正銘の”日産の軽”と言えます。
開発目標は”広さと使い勝手”を徹底的に追及し、”家族の安心を守る先進安全技術”をとことんまで搭載していくことでファーストカーとして通用するクルマ。

としては異例にヒップポイントを高くして、ミニバンのように見下ろす感じが出るようにもしてあります。またリヤロングスライドシートを配備したパッケージングを確立して広々とした後席、クラストップの荷室容量を実現しました。

引用:https://www.goodspress.jp/

また日産らしさをもっとも感じられるのが先進安全装備の充実で、軽初となるプロパイロットSOSコールを搭載して話題を集めました。プロパイロット全車速追従式ACCに、車線中央維持機能を組み合わせたものですが、ルークスでは電動パーキングブレーキを備えているためACC完全停止保持再発進までカバー。これはN-BOXにはない機能です。同様に先進ライトN-BOXオートライトに止まるのに対し、ルークスなら左右合計24個あるLEDランプを独立制御するアダクティブLEDヘッドライトシステムになります。

こうした先進装備の惜しみない投入により、もはやルークスは従来の軽の枠で捉えることができないクルマへ進化したと言えるでしょう。

この辺りはN-BOXがいくらマイチェンを施したとはいえ、基本設計年度の違いは如何ともしがたいところ。

引用:https://response.jp/

しかしながらルークスが生まれ変わった2020年度を見ても、販売台数ではN-BOXが依然リードしています。クルマは様々な要素が絡み合って成り立つため、個別の機能の優劣のみで勝負が決まるわけではありません。

N-BOX強さは大きなところではセンタータンクレイアウトを採用したことによる圧倒的なユーティリティとか、細かいところではリヤシートにも2名分アームレストが備わるだとか様々あるでしょう。
でも案外売れていること自体が強みなのかも。「なぜ皆N-BOXを買うのか?」「どこがそんなにイイのか?」という興味の連鎖が切れず、次から次へと来店を呼び込み”成約の分母が絶えることがない、こうしたことが理由かも知れませんよ。

引用:https://www.gqjapan.jp/

以上、ホンダN-BOX値引き相場レポートをお届けしました。

スポンサーリンク

メニュー