クルドラ

フィットのおすすめグレードを比較して検証!後悔しないために選んでおきたいのは?

フィットを買うことは決めていても、どのグレードにするかは迷ってしまうもの。

そこでこのページではどのグレードが一番あなたにピッタリなのか、それぞれの特徴を解説しながら見ていきたいと思います。

関連記事:>>フィット値引き
>>フィットおすすめオプション

13G・特別仕様車Fパッケージ ファインエディションの特徴



<主な特別装備の内容>
●13G 特別仕様車 Fパッケージ ファインエディション
 (13G・Fパッケージの装備に加えて)
 ・ナビ装着用スペシャルパッケージ
 ・アームレスト付センターコンソールボックス(アクセサリーソケット付)

●13G 特別仕様車 Lパッケージ ファインエディション
 (13G・Lパッケージの装備に加えて)
 ・ナビ装着用スペシャルパッケージ
 ・コンビシート(プライムスムース×ファブリック)&専用インテリア
 ・リアセンターアームレスト

フィットの最廉価タイプであるガソリン1.3GをベースにULTRシートやIRカット機能、UVカット機能付きのフロントガラスなどを装備したFパッケージに、ファインエディション専用の特別装備としてナビ装着用スペシャルパッケージとセンターアームレストが装備されます。

色は1.3Gから追加されず、プレミアムホワイトパール、クリスタルブラックパール、アラバスターシルバーメタリック、ブリリアントスポーティブルーメタリック、ミラノレッドのみとなります。外見には変化はありません。

13G・特別仕様車Lパッケージ ファインエディションの特徴



Lパッケージファインエディションはフィットの最廉価タイプであるガソリン1.3GをベースにFパッケージを追加して、予防安全装備とサイドエアバッグのあんしんパッケージ、LEDヘッドライト、クルーズコントロールなどを追加したLパッケージに、ファインエディション専用の特別装備としてプライムスムースとファブリックを使用した専用のコンビシートとナビ装着用スペシャルパッケージとリアセンターアームレストが装備されます。

色は1.3Gから追加されず、プレミアムホワイトパール、クリスタルブラックパール、アラバスターシルバーメタリック、ブリリアントスポーティブルーメタリック、ミラノレッドのみとなります。

13G・特別仕様車Fパッケージ コンフォートエディションの特徴



13G・特別仕様車Fパッケージコンフォートエディションはフィットの最廉価タイプであるガソリン1.3GをベースにULTRシートを装備したFパッケージに、ファインエディション専用の特別装備として窓ガラスの遮熱装備である360°スーパーUV・IRカットパッケージと運転席&助手席シートヒーターが装備されます。

スポンサーリンク

色は1.3Gから変更され、プレミアムホワイトパール、クリスタルブラックパール、アラバスターシルバーメタリック、、特別仕様専用色のプレミアムディープモカパール、プレミアムクリスタルレッドメタリック、プレミアムピンクパールが選べます。

RSの特徴



RSはフィットの1.5リッターガソリンエンジン搭載車のスポーティモデルで、6速マニュアルとCVTが選べ、外見は専用テールゲートスポイラーやサイドシルガーニッシュ、フォグランプ、RSのエンブレム、16インチアルミホイールなどが装備されます。

サンセットオレンジIIという専用色が設定されます。シートも専用のものになっており、ペダルも専用のステンレス製のものが装備されます。

あんしんパッケージやLEDヘッドライトなどグレードによってはオプションとなっている装備の多くが標準装備されています。

15XLの特徴



15XLはフィットの上級グレードでRSからスポーツ系の内装や外装、パドルシフトなどを取り除いた装備となっていますが、リアセンターアームレストが標準で装備されます。

あんしんパッケージやLEDヘッドライトなどグレードによってはオプションとなっている装備の多くが標準装備されています。専用色としてミスティックガーネットパールという紫系の色が用意されます。

窓ガラスの遮熱装備である360°スーパーUV・IRカットパッケージは装備されず、フロントドア、ウィンドウのみ同機能のスーパーUV・IRカットガラスが装備されます。

おすすめはどのグレードか

1.3リッター車であればFパッケージコンフォートエディションは最新の特別仕様車だけあって、ガラスの遮熱性能などに力が入っており、走行性能や燃費性能は他の1.3リッター車と同等で、あんしんパッケージも装備できるという点ではおすすめ度が高いです。

ついでLパッケージファインエディションは基本装備が充実していて4人乗車が多い方にはリアアームレストの装備面で快適性が向上している点などおすすめです。

RSは独自のスタイルを持ちエンジンも高性能なので1.3シリーズは比較対象ではなく、RSが気に入った人向けという感がある一台です15XLは装備の全部のせに近いですが、パワーの有るエンジンで価格と燃費面でどうしても1.3シリーズにに劣るため走行状況によってはおすすめです。

フィットを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

フィットの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

スポンサーリンク

メニュー