クルドラ

シャトルのおすすめグレードを比較して検証!後悔しないために選んでおきたいのは?

シャトルを買うことは決めていても、どのグレードにするかは迷ってしまうもの。

そこでこのページではどのグレードが一番あなたにピッタリなのか、それぞれの特徴を解説しながら見ていきたいと思います。

関連記事:>>シャトル値引き

関連記事:>>シャトルおすすめオプション

Gの特徴



シャトルGグレードは唯一のガソリン車で、低価格グレード的な装備となっています。シティアクティブブレーキとサイドエアバッグ、サイドカーテンエアバッグのあんしんパッケージはオプションで設定されます。

外観面ではLEDヘッドライトがオプションで設定され、標準装備ではプロジェクターヘッドライトとなり、グリルの装飾が少ないなど、フロントデザインがやや異なります。窓ガラスはフロントウィンドウのIRカット機能がオプション設定となります。

室内装備ではリアセンターアームレストが装備されないことも特徴です。マルチインフォメーションディスプレイは装備されず簡易型のインフォメーションディスプレイとなります。

HYBRIDの特徴


HYBRIDはハイブリッド車では最も低価格なモデルとなります。シティアクティブブレーキとサイドエアバッグ、サイドカーテンエアバッグのあんしんパッケージはオプションで設定されます。

外観面ではLEDヘッドライトがオプションで設定され、標準装備ではプロジェクターヘッドライトとなり、フロントデザインがやや異なります。ハイブリッドでは唯一クルーズコントロールが装備されないグレードで、フォグランプも装備できません。

室内装備ではリアセンターアームレストが装備されずシート表皮も上位グレードとは異なります。

HYBRID Xの特徴



HYBRIDXはハイブリッドでの中間的なグレードとなります。シティアクティブブレーキとサイドエアバッグ、サイドカーテンエアバッグのあんしんパッケージは標準装備されます。

スポンサーリンク

外観面ではLEDヘッドライトが標準装備され、プロジェクターヘッドライトは装備できず、シャトルの広告画像などで使われるフロントデザインとなります。パドルシフト、クルーズコントロールが装備されます。フォグランプは装備されません。

室内装備ではリアセンターアームレストが装備され、シート表皮はプライムスムースとファブリックのコンビシートにグレードアップされます。荷室にマルチユースバスケットが付属することも特徴です。

HYBRID Zの特徴



HYBRIDZはシャトル全体での最上級グレードとなります。シティアクティブブレーキとサイドエアバッグ、サイドカーテンエアバッグのあんしんパッケージは標準装備されます。

外観面ではLEDヘッドライトが標準装備され、プロジェクターヘッドライトは装備できず、シャトルの広告画像などで使われるフロントデザインとなり、フォグランプは標準装備されます。パドルシフト、クルーズコントロールが装備されます。

室内装備ではリアセンターアームレストが装備され、シート表皮はプライムスムースとファブリックを使用したダブルステッチ付きコンビシートにグレードアップされます。シートヒーターが前席に装備され、荷室にマルチユースバスケットが付属することも特徴です。ルーフレールも装備されます。

おすすめはどのグレードか

HYBRIDシリーズで選ぶ場合は価格面と装備のバランスの良いXがおすすめとなります。

Zはルーフレールの装備やフォグライトの装備、シートのグレードアップなどが施されていて、これらの装備にXとの価格差に見合った魅力を感じた場合はZでも良いでしょう。

HYBRIDはあんしんパッケージができるのが利点ですが居住性などはやや劣る部分があり、低価格という点のメリットを強く感じるならばおすすめです。

ガソリンGグレードは装備がかなり簡略化されており、どちらかと言うと商用車的な立ち位置の感もありますがハイブリッドには乗りたくないという方にとっての5ナンバーワゴンとしては数少ない選択肢と言えます。

シャトルを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

シャトルの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

スポンサーリンク

メニュー