クルドラ

シャトルのおすすめオプション9つと不要オプションを実際の購入者の声から紹介!

シャトルを購入しようとしているあなたがどうしても悩んでしまうのがオプション選び。

付けすぎると予算をオーバーしてしまいますし、ケチりすぎるとあとで後悔することも・・・

管理人
実は管理人は車関係の仕事をしていますので、シャトルに乗っている方とお話しする機会もあるのです。

そこで、実際のシャトル購入者の「生の声」を元に

  • ・必須のオプション
  • ・できれば付けておきたいオプション
  • ・もっともコスパの高いカーナビ
  • ・必要そうだけど、実はいらないオプション

についてまとめました。

シャトルで必須のオプション

あんしんパッケージ(¥61,560)


HYBRIDグレードとガソリンGグレードには

・低速域衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制機能によるシティブレーキアクティブシステム
・サイドカーテンエアバッグシステム

によるあんしんパッケージが装備されていないのでぜひとも装備しておきましょう。

この装備による外観の変化はあまりなく、室内のフロントウィンドウ上部内側にセンサーユニットが装備されるだけです。

スーパーUVカットガラス(¥172,858)

ガソリンGグレードは遮熱機能のIRカットと紫外線カット機能のスーパーUVカットガラスがフロントドアガラスとフロントウィンドウともにオプション装備となっています。

遮熱機能がつくことで室内の温度上昇を防げるという利点があり、装備しておきたい装備です。

Hondaスマートキーシステムとパワースイッチ(¥77,100)


また、ガソリンGグレードはHondaスマートキーシステムとパワースイッチ(ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器とセット)がオプション装備となっています。

こちらも乗り降りや発進といった必ず行う動作を便利にしてくれるオプションのため、商用用途などでは無い限り装備したほうがより便利になるでしょう。

ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器(¥43,200)


HYBRIDグレードとガソリンGグレードにはナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器(¥43,200)が装備されていません。

ナビを装備する場合には操作性の向上の面などで必須の装備といえます。

必須オプションの合計

気になる必須オプションの合計金額ですが、
あんしんパッケージ(¥61,560)
スーパーUVカットガラス(¥172,858)
Hondaスマートキーシステムとパワースイッチ、ナビ装着用スペシャルパッケージ+ETC車載器とセット(¥77,100)
で¥311,518です。

しかしこれは最下位グレードのガソリンGでの試算で、上位オプションには標準装備で付いているものも多いので実際にはもっと安く収まるでしょう。

できればつけておきたいオプション

LEDヘッドライト(¥68,158)


HYBRIDグレードとガソリンGグレードにはインラインタイプのLEDヘッドライトが装備されておらず、プロジェクターヘッドライトの装備となっています。

LEDヘッドライトの方が点灯が早く、オートレベリング、オートライトコントロールが装備されるなどのメリットが有り、デザイン的にウィンカーの点灯スペースが大きめに作られているため、上位グレードとの価格差に見合っていればできればつけておきたい装備といえます。

フロアカーペットマット(デザインタイプ)(¥49,680)


画像で見ると少しごちゃごちゃしていてあまり高級感が無いですが、実物はデザイン性が高く、足元から気分よく運転することができます。

少々高いですが、できれば付けておきたいオプションです。

リアカメラ de あんしんプラス(¥18,360)、フロントカメラシステム(¥32,400)、リアワイドカメラシステム(¥21,600~)

また、インターナビと同時に装備できるオプションとしてリアカメラ de あんしんプラス 、フロントカメラシステム、リアワイドカメラシステムなどがあり、安全性が向上するという面ではできればつけておきたいオプションです。

最もおすすめのカーナビは「Honda インターナビ」

シャトルには6種類のカーナビがラインナップされています。

  • Honda インターナビ
  • 8インチ プレミアム インターナビ
  • 8インチ ベーシック インターナビ
  • スタンダード インターナビ
  • ベーシック インターナビ
  • エントリー インターナビ

Honda インターナビはシャトルのメーカーオプションですが、それ以外のカーナビはすべてディーラーオプション扱いです。ニーズに応じて、様々な機能・価格帯のカーナビが用意されているのは非常にありがたいですよね。

この中で、私が最もおすすめしたいカーナビは断然Honda インターナビです。ホンダの純正カーナビはどれも質が良いと評判ですが、Honda インターナビは特に高機能で、魅力的な機能が充実しています。

※Honda インターナビ参考イメージ画像

そもそも「インターナビ」と名のつくホンダのカーナビはすべて、常に走行情報をホンダのインターナビ情報センターに送信しています。これにより、ホンダは独自の交通情報を蓄積していて、渋滞情報だけでなく災害情報や安否情報など、様々な情報を提供してくれます。

これにどんなメリットがあるのかというと、正確な到着予想時間を表示してくれたり多彩なルート案内を提案してくれたりなど、柔軟性が非常に高いのです。

しかも、通信費は無料で利用できます。このインターナビをベースに、ホンダが機能をさらに充実させて世に送り出したのがHonda インターナビです。

  • 高精細7インチワイドディスプレイ
  • リアワイドカメラ(3ビュー切り替え式)
  • ETC車載器(ナビゲーション連動)
  • Bluetooth対応ハンズフリーテレホン機能
  • ナビ・オーディオリモートコントロール+音声認識ナビゲーション機能
  • インターナビ・ルート
  • リンクアップフリー
  • VICS FM多重レシーバー
  • 3Dマップ/リアル高速入口拡大図
  • ECO情報表示機能
  • インターナビ警告灯サポート
  • 安全運転コーチング
  • Turn by Turn表示オーディオ&ビジュアル機能
  • TV(12セグ/ワンセグ)
  • DVD/CDプレイヤー
  • AM/FMチューナー
  • 4スピーカー
  • HDMI入力端子
  • USBジャック(2カ所)
  • Bluetooth対応
  • Apple CarPlay対応

Honda インターナビには、ざっとこれだけの機能が搭載されています。充実したナビゲーション機能だけでなく、車内での快適性や予防安全性を高める機能が盛りだくさんです。

スポンサーリンク

日本人はiPhoneを使用している人が多いので、「Apple CarPlay」への対応も非常にありがたいですよね。Apple CarPlayを使用すると、ディスプレイの表示がiPhoneのようなインターフェイスに切り替わります。

※参考イメージ画像

これにより、iPhoneやiPadを操作しているような感覚で、カーナビを直感的に操作することが可能です。

個人的に最大の魅力だと感じるのか、その洗練されたデザイン性。

Honda インターナビ以外のカーナビはディスプレイを囲むようにスイッチ類が配置されていて、見た目がなんだかガチャガチャしています。シャトルのインテリアと組み合わせたときも後付け感が拭えません。

しかし、Honda インターナビはスイッチ類をすべてタッチパネル式にすることでシンプルな見た目を実現しています。そのため、シャトルのインテリアとの相性が非常に良いです。それでいて、価格は183,600円(税込)とリーズナブル。

スタンダード インターナビは165,240円(税込)、8インチ プレミアム インターナビは205,200円(税込)なので、いかにHonda インターナビのコストパフォーマンスが高いのかが伝わると思います。 シャトルのカーナビ選びで後悔したくないなら、絶対にHonda インターナビを選択するべきです。

必要そうだけど、実はいらないオプション

プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンディショナー

これをつけて効果があったというのを聞いたことが無いですし、そもそもプラズマクラスターといっても空気中のイオンは人間が感じ取れるものでもないので芳香剤や消臭剤でも代用可能です。

シャトルX専用オプションホイール


ハイブリッドだけではなく、ガソリン車にも取り付け可能ですが、見た目の変化以外は何もありませんのでお金をかけてまで付ける必要はありません。

燃費に関しても誤差程度しか変化しないでしょう。

こちらの記事もどうぞ>>【元ホンダ営業マンがシャトルのデメリットもズバッと解説!】購入を検討している方に知っておいてほしいこと

オプション選択は後悔の無いように

オプションは購入時にしか付けられないものもあり、取捨選択に頭を悩ますところです。

カスタムパーツや内装オプションを充実させての魅力を引き立たせたいのは山々・・・とは言えいくらでも費用をかけるわけにもいかないですよね。そこで大切になってくるのが値引き額を把握することと愛車の下取り相場を調べて買い換え全体で損をしないことです。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>シャトルの値引き相場は?評価、評判をチェック!

シャトルを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

シャトルの新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「かんたん車査定ガイド」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽かんたん車査定ガイド公式サイトはコチラ▽

それでも・・・
あなた
ネットの一括査定って個人情報が洩れたり、めちゃめちゃ電話がかかってくるんじゃないの?それは嫌だな~
管理人
そんな不安をお持ちの方は「かんたん車査定ガイドって実際どう?キャンセルできる?管理人が実際に使ってみた」をご覧ください。きっと不安が解消します。
管理人
もし、あなたが個人情報をできるだけ開示したくないならユーカーパックがオススメです

ユーカーパックが人気の理由
・申し込み後すぐに査定金額がわかる
・連絡が来るのがユーカーパックのコールセンターからのみ
・査定は1回だけ。そのデータをもとに各業者が買取価格を提示

↓ユーカーパック公式サイト(無料)で愛車の査定額をチェック↓
管理人
ユーカーパック?どういうサービス?なにが得なの?という方は「ユーカーパックが車一括査定よりも良いところはどこ?」をご覧ください
管理人
最高額を提示してくれる1社とだけ電話をしたいなら「車査定・買取の窓口見積もり(無料)」がオススメです。
今ならご成約者全員にamazonギフト券5000円分プレゼントと太っ腹!※過去1か月以内に一括査定サイトを利用していないことが条件
車査定・買取の窓口が選ばれている理由
・しつこい電話がない
・最高額の買取会社のみ紹介してくれる
・個人情報は1社にしか公開されない
・入力項目が10個以下とほかの一括査定と比べてかなり少ない

▽車査定・買取の窓口公式サイトはこちら▽
管理人
車査定・買取の窓口ってなに?大丈夫なの?と心配な方は「「車査定・買取の窓口」のメリット・デメリットを他のサービスと比較!」をご覧ください
スポンサーリンク

メニュー