クルドラ

メルセデスベンツGLBの厳選おすすめオプションとナビはどれ?

世界自動車販売ムーブメントは、今やSUVなくしては語れない状況にあり、あらゆるセグメントラインナップされています。

業界の雄、メルセデスベンツもご多分に漏れずSUVの拡充を進め、2020年の今年、日本でもブランニューSUVGLB」が発売となりました。時期的には兄弟車ともいえるGLAフルモデルチェンジと併せての発表となり、これでメルセデスベンツSUVGLAGLBGLCGLCクーペGLEGLEクーペGLSGクラスEV車EQCと上から下まで隙の無い商品展開が完成しました。

予算用途に応じて、どのセグメントからでもSUVがチョイスできるため、今後メルセデスベンツ販売ボリュームに占めるSUV比率はますます向上していくでしょう。

今回のクルドラでは、”ドラえもん”と共にやってきた初代の新型GLBを実際に購入しようとしたとき気になる豊富なオプションの中から、厳選したおすすめ品をご紹介していきます!

引用:https://dora-world.com/

GLBのプロフィール

Aクラスが切り拓き、今やすっかり定番化した「コンパクトメルセデス」というジャンルですが、Aクラスセダン追加となったり、背が高くマルチパーパスBクラス誕生したりとすそ野は広がるばかりです。そこへGLAというSUVラインが加わるのは業界的には当然の流れでしたが、そこへもう一枚カードを切ってきたのがGLBです。

AクラスBクラス関係性をそのままSUVへ持ち込んだ格好で、クーペライクなフォルムのGLAに対し、ミニGクラスを彷彿とさせるスクエアデザイン7シーターSUVGLBとなります。

引用:https://www.webcg.net/

メカニズムグレード構成なども双子同然ですが、エクステリア乗車人数でキャラ分けをし、よりパーソナルGLA、よりファミリーGLBで棲み分けを図っています。

GLBスリーサイズは、もはやコンパクトというには少し気が引けるようになってきましたが、それでも4650mm全長3列シートを組み込んでいて、国産3列シートSUVエクストレイルアウトランダーCX-8よりも短い全長で7名乗車を実現しました。

引用:https://www.gqjapan.jp/

グレードはシンプルに2種類で、標準車の「200d」はFF2ℓ直4ディーゼルターボを搭載。上級の「250 4MATIC Sports」は4WDのみで、エンジンガソリン2ℓ直4ターボとなっています。いずれもトランスミッションには、新開発のデュアルクラッチ式8段AT8G-DCT」の組み合わせです。

インテリア現行Aクラスから続くカウルなしインパネメーターパネルなどの液晶ディスプレイが並ぶお馴染みのデザインが採用されています。

引用:https://www.netcarshow.com/

GLBのメーカーオプションはどうなっているか

GLBカタログをチェックしてみたところ、メーカーオプションは「200d」にしか設定がありません。「250 4MATIC Sports」にはある程度AMGラインエクステリア等標準となっていますが、サンルーフのように一部「200d」にしか設定できないオプションもあるようです。

引用:https://www.autoscout24.de/

メーカーオプションは高額ながら魅力的

クルマ購入する際に、まず決めなければならないのがメーカーオプションです。納車された後から、アレこれ付けることができませんので、じっくりと検討する必要があります。逆に言えば、新車購入の醍醐味でもありますね。

GLB200d」に用意されているメーカーオプションは以下の通りです。

純正ナビゲーションならこれ一択

GLBには10.25インチディスプレイ2枚も並んでいますが、このディスプレイナビを使おうと思えば、「ナビゲーションパッケージ」の選択が必須です。

トヨタなど国産車で増えてきているコネクテッド方式によるスマホナビで十分、とお考えの方もいるかも知れませんが、GLBではスマホとの連携機能がありません。正確に言えば従来コマンドシステムでは、USBケーブル接続したスマホからApple CarPlayAndroid Autoを使って地図アプリディスプレイ表示することができましたが、現在のMBUX(メルセデスベンツユーザーエクスペリエンス)では、その機能が搭載されなくなりました。

引用:https://web.motormagazine.co.jp/

ここは筆者のあて推量ですが、技術的に困難とも思えないので背景にはMBUXのシステムの範疇でナビからコミュニケーションに至るまで全てを囲い込みたいというメーカーの意図があるよう感じます。MBUX自慢音声認識精度も、外部端末等を介さない方がより高まる気もしますし。

ということでナビスマホの音声だけで十分という強者を除けば、今どきクルマナビが付いてないことは考えにくく、オプション選択おすすめします(但し、ディーラー筋によれば輸入分のほとんどにこのパッケージは付いているとか)。

安全装備の拡充がスゴ過ぎ!

引用:https://intensive911.com/

また、ナビゲーションパッケージ選択することにより、ナビの他にフルセグのTV機能も加わりますが、それ以上に安全装備関連充実魅力です。具体的には「トラフィックサインアシスト」「アクティブステアリングアシスト」「アクティブレーンチェンジングアシスト」さらにアクティブディスタンスアシストディストロニック(いわゆるACC)に「自動再発進機能」も加わる大盤振る舞いです。

トラフィックサインアシスト一般道高速道路で、カメラが制限速度などの標識を読み取り、ディスプレイに表示。制限速度を超えた場合は警告してくれるので、初めての道でも安心して走ることができます。

引用:http://syachiraku.com/

ステアリングに手を添えているだけで、車線キープしてくれるアクティブステアリングアシストウインカーさえ出せばセンサー安全を確認の上、自動で車線変更してくれるアクティブレーンチェンジングアシストも未体験なら”未来のクルマ感”を半端なく実感できるでしょう。

またACC自動再発進が付くのは大きいですよね。これがあるとなしとではドライバーの負担が大幅に違いますし、ACCの恩恵を最大限に享受したいなら外せません。

スポーティ感は2割増し!?AMGライン

引用:https://motor-fan.jp/

エクステリアに関しぜひおすすめしたいメーカーオプションが「AMGライン」です。

もはや説明不要のメルセデス車テッパンのドレスアップ仕様ですが、もともとGLAに比べるとGLBは背を高くし、ファミリーユースも見越したボクシーエクステリアに仕上がっています。その分、牧歌的な雰囲気がありそれが個性でもありますが、AMGラインをまとえばその印象も違ってきます。

下のように並べてみれば一目瞭然ですが、AMGラインの方がシャープスポーティに感じませんか?

オプション価格280,000円とけっして安くありませんが、上記表にあるとおりフロントマスクだけでなく、19インチサイズアップしたアルミ専用の本革ステアリングシートカーボンインテリアトリムなど追加され、特に安全装備マルチビームLEDヘッドライト&アダプティブハイビームアシスト・プラスがこのオプションセットに入っているのは見逃せません。

この装備は、片側18個LEDを瞬時に制御することで前走車対向車眩惑せずにより広い範囲を自動で照らし続ける先進ライトシステム安心感のある夜間走行を実現します。

引用:ttps://performancedrive.com.au/

他社のオプション価格で見るとこのアダプティブハイビームアシスト10万円近い価格なので、専用のエアロパーツシートトリム19インチアルミまで付くことを考えるとコスパは悪くないオプションでしょう。

250AMGラインはひと味違う

ちなみに「250 4MATIC Sports」のエクステリアは、標準AMGラインになっていますが、「200d」にメーカーオプションで付くものとは同じではありません。

250 4MATIC Sports」用のものは”ナイトパッケージ”と呼ばれる仕様で、サイドスカートインサートドアミラーウインドゥライントリムルーフレールアルミホイール(20インチ)、フロントグリルシングルルーバーフロントスプリッターリアエプロントリムブラック処理されています。

スポンサーリンク

200d」にはナイトパッケージは設定されていませんが、20インチアルミディーラーオプションで同じものを選択することができます。但し、タイヤ込み4本セット539,000円もして、なおかつAMGライン標準で付いてくる19インチタイヤアルミが余るというムダも生じるため、このチョイスは悩ましいですね。

こちらの内装もけっこうイイ!

本革シートメーカーオプションについては2種類ありますが、一つは前項AMGライン選択した場合の「AMGレザーエクスクルーシブパッケージ」。こちらは単にツートーン本革シート(クラシックレッド/ブラックorチタニウムグレイ/ブラック)が装着できるだけです。

もう一方の「レザーエクスクルーシブパッケージ」はAMGライン非選択の場合の本革シート(ブラックorマキアートベージュ/ブラック)オプションです。こちらの方はシート以外に64色のアンビエントライトブラウンウォールナットウッドインテリアトリムが付きます。アンビエントライトは今回からAMGラインに含まれているので、AMGレザーエクスクルーシブパッケージの方には入っていません。

ウッドインテリアトリムはこのレザーエクスクルーシブパッケージだけの装備で、シートカラーマキアートベージュとの組み合わせは、GLBの内装パターンの中ではもっとも華やかな印象を与え、AMGクラシックレッドスポーティでイイけどこちらも捨てがたいと感じさせます。

250Sportsにはない装備がある

引用:https://genroq.jp/

アドバンスドパッケージ」のヘッドアップディスプレイアドバンスドサウンドシステムは「200d」にしか選べないオプションです。なぜか上級モデルの「250 4MATIC Sports」には設定がありません。

詳しい方なら従来のメルセデス車アドバンスドパッケージには、360°カメラシステムが入り3点セットだったとお気づきでしょう。GLBではそのカメラシステム標準装備品になるため、アドバンスドパッケージ2点セットになりました。ちなみに同じくこれまでメルセデス車メーカーオプション定番であったACC緊急ブレーキ等を組み合わせた「レーダーセーフティパッケージ」も標準となっていますので、今のモデルには25万円相当オプションは含まれている本体価格なのです。

運転に必要な情報を前方の道路状況から目を離さずに確認できるヘッドアップディスプレイは、かなり装備されるクルマは増えてきました。GLBのそれは約2.5m前方に浮かんでいるように見える高解像度カラー画像に、車速ナビACCの設定内容などを表示します。

アドバンスドサウンドシステムは、GLBインテリア専用に開発された、高性能10スピーカー225Wアンプオーディオシステム。豊かな臨場感とともに心地よいナチュラルサウンドが愉しめます。

200d」を選択する方なら「250 4MATIC Sports」にはないこれら装備、ぜひ選択することをおすすめします。

ディーラーオプションは機能性重視で選択

ディーラーオプションメーカーオプションと違い、あとから欲しくなったときや、ボーナスが出たときなどでも追加できるわけですからじっくりと検討できます。むしろ新車購入する時点が一番熱くなっているときなので、ついつい不要なものまで購入しがちなので注意が必要ですね。

エクステリアは標準で完成形?

GLBオプションカタログには、カッコいいアルミホイールは何点か紹介されていますが、それ以外にエクステリアを彩るパーツはほとんどなく、せいぜいルーフスポイラーがある程度です。

昨今、国産車オプションカタログには派手目なエアロパーツがズラリと並びますから、比較するとわりと実用品を中心にした控えめな品揃えに映ります。

裏を返せばエクステリア購入した状態で十分な完成形であるというメーカーの自負かも知れませんね。

セットで買えばお買い得!

その実用的アクセサリーについて、カタログには下記のように「GLBおすすめパッケージ」なるものが用意されていました。

フロアマットドライブレコーダーETC2.0車載器タッチスクリーン保護フィルムUSBケーブル5点セットで、別々に購入するよりも22,000円お得になる価格設定です。いずれも新車には欲しいものばかりで、ドラレコが入っているのが今ドキです。

この中で気になるものとしては、ETC2.0車載器でしょうか。純正品ETCは少々高額になりますが、純正ならではの特徴としてGLBに標準の最新インフォメントシステムMBUXに対応する機能があるためです。このETC2.0を装着した場合、VICS3メディアになり、自動渋滞回避ルート案内機能など、より充実した道路交通情報インフォメントシステム表示できるようになります。

社外品ETC2.0車載機でも対応できるか動作確認は不明ですが、MBUXは現行メルセデス車の大きなセールスポイントだけに、使える機能は皆使いたいですよね。

ドラレコ+デジタルミラーが新定番

GLBおすすめパッケージ」の中に含まれるドラレコは、2020年版として若干従来のものからマイナーチェンジしているようですが今や市販品の種類も大きく増えており、低価格高スペックなものが選べる環境です。例えば市販品4万円以上出すなら前後別体の2カメラモデルも楽に手に入ります(純正品OP2カメラにした場合は5~7万円弱)。

カタログにはもう一点、「ドライブレコーダー付きデジタルルームミラー」が掲載されています。後席同乗者や大きな荷物で見えにくくなる後方視界を、リヤカメラ補助するデジタルルームミラーは、今や軽自動車にも設定されるほどメジャーになってきました。このミラードライブレコーダー機能を組み合わせたのがこのアクセサリーです。

メルセデスベンツでは従来Vクラス専用オプションでしたが、ようやく他モデルにも展開となりました。トヨタでも2020年に発売となった新型ハリアー装備されていますが、今後一気に拡大していくと思われます。

GLBのデジタルミラーでは、エンジン停止後前後監視カメラとして、指定時間を継続し録画当て逃げや、車上荒らし等の記録高画質(フルハイビジョン)で残すことができるなど、トヨタのものよりドラレコとしてのスペックになっています。

価格は少々お高いのがネックですが、今新たにドラレコ購入するならぜひこちらのデジタルルームミラー一体型おすすめします!

スリーポインテッドスター付きアクセサリー

ベンツオーナー所有欲を満たすベンツマーク付きアクセサリーってけっこう揃っています。

カーペットはもちろん、アッシュトレイチャイルドシートフロントサンシェード等々しっかりとマークが入っています。

例えばルーフボックスは、おそらくTHULE(スーリー)かINNO(イノー)のライセンス商品だと思われますが、サイドリアメルセデスのロゴスリーポインテッドスターがプリントされているだけで、ベンツ専用デザインのように感じられるから不思議です。

GLBの最新購入情報

今年6月25日発売となり、8月6日現在まだ2カ月も過ぎていませんが、早くもGLB初回輸入ロット売り切れ目前のようです。

引用:https://minkara.carview.co.jp/

上級の「250 4MATIC Sports」は既に店舗に在庫がある分だけ、「200d」ももはやカラーオプション自由に選べるような状態ではありません。もちろん今後も継続して輸入されるわけですが、コロナ禍による本船の配船スケジュールにも不透明なところはあり、年内に間に合うかどうかといった状況です。

GLBヨーロッパ市場では4グレードが設定され、ガソリンエンジン2種類あるし、7シーターだけでなく5シーターモデルもありますから、時間は掛かるでしょうが今後はローンチにはなかったワイドバリエーション輸入されることもあるのでは。

今やどこのメーカーSUV頼みの傾向があり、売れるものはしっかりとを揃えてくるはず、気長にいきましょう。

引用:https://www.carscoops.com/

以上、メルセデスベンツGLBおすすめオプションのご紹介でした。

この記事を見てくれた人には新車購入時に絶対損をしてほしくないので、どうやって騙されずに値引き交渉すればよいのか、次の記事でチェックしてみてください。

>>ベンツGLBの値引き相場レポート!

メルセデスベンツGLBを安く買うには下取り車を高く売ることがカギ

 

新車を買うときに、下取り車があるならさらにオトクに購入可能です。

下取り車をそのままディーラーに出してしまうと、相場よりも安く買いたたかれてしまいます…。

査定額の相場を知らなかったばかりに20~30万も損をした人がたくさんいます!

自分の愛車の査定相場を知っておくためには「ナビクル車査定」が最適です。

最大10社の査定が無料で受けられて、しかも入力はたったの45秒で完了。

▽ナビクル車査定の公式サイトはコチラ▽

 

スポンサーリンク

メニュー